プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去の事

この犯罪に気付かされた時はパニック状態でした。
周りの全ての人が疑わしく、友人も変だと思いました。
家に居る事も出来ずに遅くまで外を歩き回っていました。

被害者の会で他の被害者の話を聞くと、色々な事が分かって来ました。
私を今の状況に追い込む為には、相当前から情報収集をしていた筈です。
振り返ると、変だと思う事は沢山ありました。

そして私だけがターゲットではなく、一家を狙った犯罪だという事も分かりました。
もう両親は亡くなり、被害と思われる事があった時の状況を聞く事も出来ません。
取り敢えず、私が分かる事だけは書いておこうと思いました。

まだ書けない事もあります。
これらを書ける時が来るかどうかは分かりません。
生きているうちに書けたら良いのですが…。


最近、寝る前にパソコンで落語を見ています。
好きな本も読めなくなり、旅行にも行けなくなりました。
食べる事位しか楽しみがなくなりました。

その食べる事さえも作る時から様々な妨害をされます。
食べ始めれば飲み込み辛くされ、咽させられ落ち着いて食べる事も出来ません。
それで落語を見る様になりました。

桂枝雀さんを見ながら、何故この方は自殺をしてしまったのだろうと残念でなりません。
話をしている最中に、ふっと表情が変わる時があり何が原因なのだろうと思ってしまいます。
話が横道に逸れました。

昨夜も落語を見始めると、そこからネット妨害が始まりました。
誰のを見ようとしても【このページは表示できません】となりました。
織田哲郎の歌も駄目でした。

気象庁の週間天気などは見る事が出来ました。
要するに私の邪魔、妨害なのでしょう。
1時近くに接続出来ましたが動作が遅く、パソコンを切りました。

1時02分  お手洗いへ下りる前に ピーポー!
1時15分頃に布団に入りました。
尿意で起こされ、階下で時計を見ると2時43分でした。

布団に戻りラジオをつけましたが雑音で聴き取れませんでした。
周辺の変な音を聞いている内に眠ってしまった様です。
起こされると昼間の様に明るくなっていました。

起きて階下へ下りると4時52分でした。
2時過ぎに起こされた時に防御の一部を外しています。
そこを狙う為に眠らされている様に思います。

7時19分  髪を梳かし頭の防御を終ると 小さな音で延々と ピーポー! ベランダからラップ様の音が多!
今日はピーポーが少な目だった様です。
代わりに?ピーピー車が度々位置替えをしていました。

9時02分  久しぶりにカレーを作りました。 野菜を切り終わると 飛行機音 大!
以後もグ~、キーン、様々な大音量の飛行機音を聞かされました。
この様な時は夜になっても大きな飛行機様の音を立てています。

今日も工事の音はタイミングに合わせた数分間を数回だけです。
大きな車の動く音だけはしょっちゅうでした。
工事様の音はアチコチでしています。

今日も起こされた時から圧迫が酷く、首が動きません。
脚への加害が酷く、痺れ、熱感、、痛み、脱力感で動きません。
パソコンを始めてからもウトウトと眠らされ、朦朧としています。



今日のニュース Hazard lab より引用

世界中で同時出現した巨大竜巻の恐怖!欧州〜北米で目撃
 2017年07月13日 18時22分

トルネード
オーストリア・ウィーン国際空港近郊に出現した巨大トルネード(撮影:Olga Bystrina/World Weather Nerd)

今月10日から11日にかけて世界各国で巨大トルネードが相次いで目撃された。ご存知のとおり、竜巻多発地帯のアメリカでは「ストーム・チェイサー」と言って、竜巻を専門に追跡するプロ集団も多く、『イントゥ・ザ・ストーム』や『デイ・アフター・トゥモロー』などのパニック映画が多数作られているが、ご紹介するのはオーストリア・ウィーンとカナダ中部だ。
 
 ウィーンから18キロほど南東に位置するウィーン国際空港では、今月10日、搭乗客の多くが空港に迫りくる巨大な竜巻を目撃した。この日、中央ヨーロッパ各地では、オーストリアの隣のハンガリーやスロヴェニアでも、「スーパーセル」と呼ばれる巨大な積乱雲が発生し、雷を伴う豪雨をもたらした。
 
 10日から11日にかけては北半球の広い範囲で竜巻が相次いで報告されており、大西洋の向こう側のカナダ中部のサスカチュワン州では11日夕方、「ビースト(野獣)級」の積乱雲が発生。カナダから米国中部にかけて広い範囲で複数の竜巻が目撃されている。
 
 米国や中央ヨーロッパでは、北極からの寒気と、南(カリブ海や地中海)からの暖かな空気が衝突して、大気が不安定になったときに竜巻が発生しやすくなる。竜巻は上空にいくに従って、はっきりとした時計回りの回転に変化し、巨大な積乱雲「スーパーセル」に発達する。

セル
カナダ中部サスカチュワン州サスカトゥーンに11日に発生したスーパーセル。手前の教会を呑みこむ勢いで近づいてくる(Beth Allan@adolwynさんのTwitterアカウントより)

セル
同じ日には、カナダ国境に近い米国中部のノースダコタ州からミネソタ州にかけて、上空を不気味なスーパーセルが覆った(Chad Cowan@stormtimelapseさんのTwitterアカウントより)

引用終わり


日本でも被害の起こる様な竜巻が出来る様になりました。
HAARPは関係無いのでしょうか。
更に強力になれば、台風と並んで脅威になります。


スポンサーサイト

過去の事 61

始めに住んだアパートの階下からオジサンが引っ越して暫く後です。
確かに何人かの声は聞こえて来ていました。
騒ぐわけではなく、煩くも無いので気にもしていませんでした。

何かの用事で不動産屋へ行った時に、階下に数人が住んでいたという事を聞きました。
アラブ系の人が大勢で住んでいた様です。
契約に反したという事で追い出されてしまった様ですが、誰が見ていたのでしょう。

変な事はまだありました。
ある深夜、怒鳴り声が聞こえたかと思うと外階段をダダダダと誰かが上がって来ました。
台所の前で止まり、向かいの部屋のガラスが割れる音がしました。

男と女の声がしましたが何を言っているのかは分かりませんでした。
110番をしようかと迷いましたが、その内に下りて行きました。
翌日、そのマンションに入っているクリーニング屋さんに聞きに行きました。

女の人が逃げて来ているという様な事を言っていました。
これも今思うと三文芝居臭く、わざとやった様に思います。
このアパートは101.102.201.202の4部屋でした。

私は外階段側ですが202でした。
少し変なのは101です。
洗濯物は干してありましたが10年の間に住人を見た事はありません。

今住んでいる所と同じで、生活実態が無い感じです。
音も声もありませんでした。
やはり、このアパートから既に誘導され監視されていたのだと思います。


昨夜は心配してくれた方と電話をしていて遅くなりました。
0時24分  お手洗いへ下りる前に ピーポー!
0時45分頃に布団に入りました。

何時頃か分からないのですが、息苦しさを感じて防御を外しました。
すぐに眠り、起こされると明るくなっていました。
ラジオをつけると聞いた事の無い番組をやっていました。

起きて階下へ行くと4時34分でした。
シンクの前に立つと急な尿意!
洗濯、食事の支度、バイクがうろつき回っていました。

9時57分  煮物を作り、お鍋に調味料を入れる前に ピーポー! 毎日同じタイミングに同じ音!
私が遅くなれば、その時間に合わせてピーポー!
以後もいつも通り、何かと言えばピーポーピーポー!

13時24分 歯を磨き終わると ヘリ様飛行機音 大!
今日は日曜日ですが朝からグ―グ―という低周波音が鳴り続けていました。
バイクと車のウロツキも次から次へと何十台もです。

今日も圧迫が酷く、顎が胸を押し続けています。
脚への加害が酷く、痺れ、熱感、痛みと脱力感も酷くやられています。
パソコンを始めると痰が絡み息が苦しくなりました。



今日のニュース BLOGOS より引用

NEWSポストセブン 2017年07月09日 10:35
スマートキーの電波を増幅させて車を盗む事件が増加中

自動車の「スマートキー」は、従来の鍵のようにシリンダーに差し込む必要がなく、ポケットに入れたままで車に近づけば、解錠ができ、エンジンをかけられる。輸入車にはまだ少ない装備だが、現在、国内生産車の約570万台に導入されている。

 その仕組みを簡単に説明すると、スマートキーが常に発している電波を車が受信することで、解錠などができるというものだ。最近、その“電波”を盗み、車も盗んでしまう事件が起きている。

 この犯行は通常複数の人数で行われるという。犯行グループの1人が車から離れた運転者に近づき、特殊装置でスマートキーの電波を受信する。その電波を増幅させて、車の近くに待機している仲間に送る。

 すると、車が、近くにスマートキーがあると誤認。その結果、犯人が車を解錠して、エンジンをかけ、あっという間に車を盗んでしまう。

 警察庁は、「スマートキー盗難」の被害件数を公開していないが、「スマートキー盗難」は徐々に増えてきているようだ。この手口は、スーパーや駅の駐車場だけでなく、電波が届く場所であれば、どこでも犯行可能なため、私たちにも他人事ではない。

 盗まれないためにはどんな対策が有効か。ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)などの科学捜査指導も担当した民間の鑑定機関、法科学鑑定研究所・社長の山崎昭さんは、こう説明する。

「この技術は、クレジットカードの非接触型のスキミングと同じで、その対象物、今回なら鍵そのものと接触しなくてもできるので、防ぐのが難しいです。メーカーも、これといった対策を見つけられていない。警察も注意を呼びかけるしかないのが現状です。もし唯一できる対策があるとしたら、スマートキーを鉛のケースに入れておく。鉛は、電波を外に放出しないから。それで、自分の車に近づいたら、ケースからキーを出す…」

 もはやこれは未来を風刺したコントでしかない。

「車の窃盗は昔からあって、盗む人はいろいろな技術を持っています。防ぐのは非常に難しいということです」(山崎さん)

 外出時にレストランなどのテーブルの上にスマートキーを置かないなど、なるべくスマートキーを持っていることを他人に知られないようにするしかないようだ。

※女性セブン2017年7月20日号

引用終わり


電波を増幅させてとあるのですが、簡単に増幅出来るのですか?
被害者に使われている攻撃波も増幅していると言っている方がいらっしゃいます。
外出するとスマホや携帯を大量に向けられますが、一台ではどういう事も無いでしょう。


過去の事 60

隣にヤマザキパンに勤めている女性が住んでいた時と時期が同じだったのか忘れてしまいました。
私は2階に住んでいました。
1階にはオジサンが住んでいる様でした。

日曜日のお昼になると素人のど自慢?でしたっけ、NHKの音が聞こえて来ました。
これはお互い様だろうと思い気にもなりませんでした。
平日は静かだった階下からトントンと毎日音がする様になりました。

靴でも修理している様な音です。
これをずっとやられるのは煩くて敵いません。
不動産屋に何をしているのか聞いて貰えないかと頼んでみました。

数日後、女の人が数人訪ねて来た様でした。
工場長が云々とか聞こえて来て、この人もヤマザキパンに勤めているのかと思いました。
暫くすると、引っ越した様でした。


昨夜も0時近くにパソコンを止めました。
御手洗いへ下りる前に ピーポー!
今日も1時近くに布団に入りました。

起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
1曲終わると天気予報、3時の時報でした。
暑く、息苦しいので防御の一部を外しました。

サザンと松田聖子の特集を聞き始めるとバイクが2台、相次いで位置替えをしました。
左脇腹から鳩尾、右脇腹へと痛みが広がって行きました。
東側の少し離れた所をバイクが走ると、痰が絡み咳が出ました。

特集が終わったところで4時少し前に起きました。
4時32分  食事中、鼻水を拭くと ピーポー!
5時00分  食べ終わる頃に また ピーポー!

今日も早朝からピーポーピーポー!
毎日決まった事をやっている間は、しょっちゅうピーポー!
食事に、 シャワーに、頭の防御に ピーポーピーポー!

9時29分  はたきを掛け終わると グ~ッ 飛行機音 大!
14時過ぎだったと思います。
地鳴りのような振動というか波動の様な物に家が包まれました。

地震かと思ったら飛行機?ヘリ?の様な音が後に続きました。
車、バイク、ピーピー車、ヒュ~ン車のウロツキ!
声立てもしつこく、工事音も立てていました。

今日も圧迫が酷く、顎が胸を押しているので顎も胸も痛いです。
火傷をした足は紫色だった皮膚が肌色に戻って来ましたが、治ると加害を始めます。
鼻水を大量に出し、痰が絡んで咳が出ます。



今日のニュース ナリナリドットコム より引用

騒音苦情で駆けつけた警官が“神対応”
2017/07/08 13:13 Written by Narinari.com編集部

先日、米ノースカロライナ州西部の街・アッシュビルで、地元警察に「近所で騒音がする」という通報がありました。そのとき、現場に駆けつけた警察官たちの対応が話題を呼んでいます。

7月2日、その“騒音”の対応にあたったのは、アッシュビル警察のジョー・ジョーンズさんと、キャリー・リーさんの2人。しかし、現場に駆けつけた彼らが見たのは、夏休みで水遊びを楽しむ子供たちと、その親たちでした。彼らはゆるい傾斜のついた道路脇にビニールシートを敷き詰め、そこに水を流して滑りを良くさせ、滑り台のようにして遊ぶ「Slip 'N Slide」という遊びをしていたのですが、楽しさ余って声が大きくなってしまっただけだったのです。

この状況を見てジョーンズ警察官らは「犯罪性はとても薄い」と判断。しかし、子供たちの遊びがあまりにも楽しそうだったため、そのまま立ち去らずに、思わず「僕たちにもやらせて」とお願いすることに。

最初は警察が現れたことにびっくりし、「怒られるかも……」と心配していた子供たちは、違う意味でまたびっくり。リー警察官が、制服が濡れるのも気にせずにスライドの上にしゃがんでツルツルと滑っていくのを見て、これまた大喜びしたそうです。そして今度はジョーンズ警察官もゴムボートに乗り込んでツルツル。

ツルツル繝・Ν繝・Ν2017-07-08-130752_convert_20170708224320

この様子を動画に撮ってFacebookにアップロードしたチャッキー・ベルベットさんは、「ここは本当に住むには最高の場所。警察官もベストだ!」とコメント。その投稿には、多くの「最高!」「これぞ、いい警察官の見本だね」「なんて素敵な街なんだろう」「こういう心のゆとりが大切だよね」「今はなんでもギスギスしすぎている。ほっこりした」といった絶賛の声が寄せられました。

ツルツル

米国では、一部の警察官の市民に対する、威圧的で暴力的な態度が社会問題として取り上げられることもしばしば。また、日本でもよく話題に上る「子供が外で遊ぶ声は騒音か否か」というテーマは米国でも議論されるところですが、今回の警察官2人の対応は多くの米国人が「素晴らしい」と称賛しています。

引用終わり


子供が外で遊ぶ声は騒音ではありません。
歓声も騒音ではありません。

奇声は騒音です。
嫌がらせをしているキーキーキャーキャーは騒音です。
私が違う事を始めれば直ぐに止める、遊んでなどいない騒音です。


過去の事 59

始めのアパートと西武線の線路の間には酒屋さんがありました。
行き止まりに酒屋さんも珍しいですが、配達をするお客さんが多かったのでしょう。
今日気が付きましたが、初めて引っ越した時から、行き止まりの所です!

数年後、酒屋さんはお店のあった所をアパートに建て替えました。
お店は少し離れた所に移っていました。
このアパートに住むオバサン二人が、今思うと変でした。

私の部屋の向かい側の手摺にのり出す様にしておしゃべりをしていました。
近くから声が聞こえるので、ブラインドの隙間から見るとすぐそこにいました。
私が見ていたテレビで松山千春の歌が始まると「松山千春があーだこーだ」と話し始めたりしていました。

酒屋さんからは灯油を届けて貰っていました。
始めは普通でしたが、引っ越しをする前には対応が変化しました。
特に奥さんは嫌な感じを受けたので、何か誹謗中傷が流されていたのかも知れません。


今日も1時近くに布団に入りました。
寝ていても怠い感じがして目が覚めました。
防御を外したり、寝たまま動いたりしてみましたが酷く怠さを感じました。

ラジオをつけると4時を過ぎていました。
なんとか起きて階下へ行くと4時15分でした。
怠いからと横になっていたら寝たきり老人になってしまいそうです。

5時56分  歯を磨き、歯ブラシを洗面所に戻しに行くと数回だけ鳴らす ピーポー!
以後も午前中はしょっちゅうピーポーピーポー!
洗濯を干したり、お米を研いだりと毎日決まった事をやるとピーポーピーポー!

13時40分 階段にクイックルワイパーを掛け始めると 飛行機音 大!
今日も朝から中音レベルの飛行機音を立て続けていました。
大きな音は少なく、グ~ッという低周波の音が殆んどでした。

今日はヤマト運輸の荷物を19時~21時の指定にしていました。
18時頃にシャワーから出ると、何台もの車が次々と動きました。
近隣の動きが変わりました!

今日は寝ている時から圧迫されている様で、それが一日中続いています。
脚への加害も酷く、痛み、痺れ、脱力感、熱感で歩くのも大変です。
飲み食べしていなくても鼻水や痰を出し呼吸困難にされています。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

「やまゆり園」施設公開ルポ 犯行が奪ったもの大きく
2017年7月7日

発生から一年を前に、報道陣に初めて公開された相模原市緑区の県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」の事件現場。既に入所者が引っ越した居住棟に家財道具はなく、殺人罪などで起訴された植松聖(さとし)被告(27)による凶行をうかがわせる痕跡は残されていなかった。一方で、入所者の生活していた名残から、犯行が奪ったものの大きさも感じられた。 (宮畑譲)

 「筆舌に尽くしがたい現場。血痕で被疑者が動いたルートが分かる」。事件直後、捜査幹部がそう表現した現場は、クリーニングが施され、がらんとしていた。畳が撤去されている和室もあったが、中には血痕が付着したものもあったという。植松被告がハンマーで割って侵入した東側一階の部屋の窓ガラスも修理されていた。

 施設の敷地面積は約三万平方メートル。犯行当夜、居住棟には、入所者百五十七人が寝泊まりし、夜勤の職員八人が働いていた。居住棟は二階建てで、一~二人用の部屋十室ほどにトイレや浴室、食堂が一つのセットになった「ホーム」と呼ばれる男女別の八つの区画で構成されている。一つのホームの廊下は、長さ約四十メートル。記者や同行したカメラマンは「想像していたよりも広い」と感じた。

やまゆり園
公開された「津久井やまゆり園」内部の廊下=相模原市緑区で

 植松被告は、このうち六ホームで犯行に及び、県や県警などへの取材から、少なくとも施設内を五百メートルは移動したと推測される。多数の部屋が並ぶ広大な施設で深夜、一時間以内に入所者十九人を刺殺し、職員を含む二十七人に重軽傷を負わせた、その強固な殺意にあらためて慄然(りつぜん)とする。

 二月に記者が被告に接見した際、遺族に「申し訳ございませんでした」と謝罪する色白で気弱そうに見えた被告と、犯行の凶悪さが今でも結び付かない。

 一方、入所者の生活が垣間見られる跡もあった。ある部屋の引き出しには「パジャマ」「スウェットは奥にしまう」などと書かれた色つきのテープが張られていた。しまった場所を忘れないようにしていたのだろうか。廊下には、入所者の活動予定や、食事のメニューが書かれていたとみられるホワイトボードも。利用者が散髪するスペースのシャンプー台には、まだ髪の毛が残されていた…。

 施設は来年度に取り壊されることが決まっている。十九人の命だけでなく、多くの入所者が慣れ親しんだ生活の場を奪った、犯行の罪深さを思わずにはいられなかった。

引用終わり


大量殺傷事件ですが、結局何の痕跡も見られない…。
職員が居たにも係わらず、鍵を開けて入り19人も殺せるでしょうか。
とても不可解と思うのは、裏読みのし過ぎでしょうか?


過去の事 58

街宣活動のお知らせです。
是非、ご参加下さい。


目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
名古屋街宣、チラシ配布活動告知!

2017年7月10日(月曜日)午後12時から15時
名古屋ゆりの噴水広場前
名古屋駅太閤口
★連絡先★
relax@kxe.biglobe.ne.jp



一人暮らしを始めて、休日には本を見ながら凝った料理も作っていました。
ある日、本に書いてある通りにウズラの卵を揚げていました。
いつまで経ってもきつね色になりません。

変だなぁとお鍋を覗き、火を強くしようとした途端に卵が爆発しました。
大袈裟ではなく、本当に爆発!です。
お鍋の油は半分量になり、中は何も無くなりました。

ウズラの卵は油と一緒に天井に貼り付いていました。
周りにも油がはねていました。
ガスの火を見ようとしたのが少しでも遅ければ大火傷でした。

ガスコンロの前で、火を見ようと姿勢を低くした時だったので私には油が当たりませんでした。
後から下手をすれば失明をしていても不思議では無かったと、ゾッとしました。
天井の掃除は大変でしたが、これは被害とは関係ないでしょうか?


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎ、ロマンティックコンサートをやっていました。
数曲聞いて3時の時報、研ナオコの特集でした。

こちらも殆んど唄えます。
暑くて少し動くと脚が動かせない程痛い事に気付きました。
研ナオコの曲に合わせて足の指を動かし、体操をしました。

暫くするとベランダからピシッ、カンッなどという加害音が入って来ました。
ラジオの音がすると、周辺もゴーゴーと音が始まります。
研ナオコの特集が終わったところで起きました。 3時58分。

9時22分  煮物を作り、お鍋に調味料を入れる前に グ~ッ 飛行機音 大!
以後も一日中、頭の上を押さえ付ける様な飛行機音を聞かされました。
頭上ヘリ音も4回だったか5回だったか!

10時09分 掃除機を掛ける前に ピーポー! 延々!
10時19分 掃除機を掛け終わると、隣家でガンッ! ピーポー!
今日は一日中ピーポーピーポー!

午後にクイックルワイパーを掛け始めると、頭上ヘリ音を立て始めました。
掃除を止めて少し横になりました。
起きて階段にクイックルワイパーを掛け始めると ピーポー!

階下でクイックルワイパーを掛け終わる頃に ピーポー!
続いて頭上ヘリ音!
人為的だと思われませんか?

今日も多数の車がうろつき回っていました。
水道の検針なのか、蓋をガン、ガンとやっていました。
11時42分 門を開ける音がしてインターホンが鳴りました。

出ないで無視しているとそのまま静かです。
門を閉める音はしていません。
一昨日も不審なインターホンが鳴りました。

今日も朝から圧迫が酷く、顎の当たっている胸の所がとても痛いです。
脚の痺れ、脱力感が酷く階段の上がり降りや歩くのさえも大変です。
今日も加害が酷く、皮膚がピリピリと痛みます。



今日のニュース NewSphere より引用

ヒアリの驚異の生命力 この時期、日本が特に注意しなければならない理由

ヒアリ

強毒のヒアリが兵庫、愛知、大阪で相次いで発見されている。環境省は大阪南港の一部の個体を女王アリと断定し、日本でも繁殖・定着の初期段階に入っている可能性があると発表した。家畜や人間を死に至らしめるこの種は世界中に勢力を広げており、海外のマスコミも警戒を呼びかける。

◆水害を味方にする高い生命力 日本では要注意シーズンが続く
 ヒアリは非常に強い生命力を持つ。その生態はワシントン・ポスト紙が詳しく解説しており、巣が洪水に見舞われた後も生存することができるとのことだ。濁流が迫ると、個体同士が体を絡ませてボール状の「イカダ」を形成し、コロニー全体で水面に浮き、安全な土地まで移動する。災害を機に生息範囲を広めるしぶとさだ。

 USAトゥデイも同様の行動を紹介しており、こちらによると2分以下でイカダを完成させる。こうして移動した群は洪水後に家屋の中でも発見されるとして、同紙は注意を呼びかける。

 生存力の強さのほか、強力な毒性にも注意が必要だ。スミソニアン協会の記事によると、アナフィラキシーショックを引き起こす毒を有し、特に夏場は多量の毒液を体内に蓄えているという。
 
日本では当面、梅雨・夏場・台風シーズンと、ヒアリの広まりやすい条件や毒素の強くなる時期が続く。まだ日本で完全に定着したわけではないとはいえ、巣に近づかないよう、国内の報道に注意を払いたい。

◆欧米でも広がる被害 食器用洗剤で対抗?
 定住の進んだ国では、ヒアリによる深刻な被害が出ている。ヒアリの生息域が南部全域に広がっているアメリカでは6月22日に熱帯低気圧「シンディ」がルイジアナ州に上陸した。ワシントン・ポスト紙は、水害が起きてもヒアリが死ぬわけではないと警告する。特にコロニーの卵や幼虫は上述の「イカダ」に強い浮力を与え、乾いた土地に流れ着くまで最大で12日間ほど浮き続けるとのことだ。

 被害はオーストラリアでも出ている。オーストラリア放送協会の伝えるところでは、同国で2001年に初めて発見されて以来、すでに定着が進んでいる。発見地点を中心に「バイオセキュリティゾーン」を設定して一定区域内に封じ込めようとしているが、先月27日にはこの区域外から70キロも離れた地点で大発生が確認されるなど、対処は容易でない。オーストラリア政府は新たに3.8億豪ドル(約326億円)を対策に投じるなど、行政への負担も甚大となっている。
 
アラバマ州政府職員は、「希釈した生分解性の食器用洗剤が(ヒアリの)活動力を奪って溺死させるのに役立つかもしれません」(ワシントン・ポスト紙)とアドバイスする。見つけても近づかないのが一番だが、身近な道具でできる駆除の方法として覚えておくと良さそうだ。

◆世界的な流行の背景に人間の影響も
 アメリカとオーストラリア以外にも世界的に広まるヒアリだが、この厄介な状況は人間の活動が招いたとの見方もある。「イカダ」の漂流は最大12日前後であるほか、海水にも弱い(『エクステンション』)といわれており、自然に海を渡ったとは考えにくい。では、何が原因で広まったのだろうか?
 
スミソニアン協会は、人間による貿易活動が主な原因と分析する。歴史を遡ると、南米原産のこの種は、16世紀にスペインの貿易船がアメリカ、台湾、オーストラリアなどに運んだ経緯があるようだ。事実、日本の4件も全てコンテナまたはコンテナヤードで発見されている。生活を豊かにするはずの貿易が災害をも運んでくるとは悩ましい。

 世界を悩ませるヒアリ問題だが、夏場や台風シーズンを控える日本でも継続的な注意が必要だ。

Text by 青葉やまと

引用終わり


東京の大井埠頭でもヒアリが確認されたそうです。
洪水で生息範囲を広げるなど、自然は凄いと思います。
人間が移動する時には他の生き物達もついて来る、大昔からそうだったでしょう。


 | ホーム |  前のページ»»