プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去の事 30

一般の会社に勤めましたが、ここは数カ月で辞めました。
営業事務の仕事を与えられました。
営業には男性が10人位いたと思います。

営業の一番年上の人を他の人達でいじめというか、嫌がらせをしていました。
会議にお茶を持って行くと、その人の分だけ足りない…。
頂き物のお菓子が、その人の所だけ置いていない。

伝票を遅く回す等々、チマチマといびっている感じでした。
若いガッチリした男性が中心となって一人をターゲットにしていました。
こんな事に加わるのが嫌でした。

理由はもう一つあります。
常務から言われた仕事をやり、終わったら間違いが無いかを確認して貰いました。
これは終わったら見せる様にと言われていた訳ではありません。

初めてやる仕事なので、確認の為に見て貰っていました。
何度かやれば間違いは無くなります。
何の指摘も無く戻って来る事が続いたので、理解出来たと思い見せるのを止めました。

すると常務から何故見せないのかと言われました。
理解出来て間違いが無くなったからと言いましたが、見せるのが当たり前の様な事を言いました。
それならば検閲欄でも作って置けば良いのに!

新入社員で、それ程大変な仕事だった訳でも無いのに馬鹿馬鹿しくなりました。
同じ部屋の中にいる営業の人達の雰囲気と、常務のやり方が嫌で辞める事にしました。
営業は病院の医師と同じで、何をやっても、言っても通るという事なんだなぁと実感しました。


昨日も0時近くにパソコンを切りました。
0時18分  片付けていると ピーポー!
0時半過ぎに布団に入りました。

胸が詰まり、息が出来なくて目が覚めました。
痰が絡んで喘鳴の様な呼吸になっていました。
寝返りが打てないので、何処かが詰まったのかも知れません。

ラジオをつけると2時過ぎの様でした。
寝る前に聞こえたラジオはガーガーと雑音が入って聞こえませんでした。
止めたり点けたりしている内に3時を過ぎ4時の時報で起きました。

洗濯を干し始めた7時過ぎから ピーポー!
今日もしょっちゅうウ~ピーポー!
狂った様に数台でウ~、数台でピーポーと異常な感じがします。

10時09分 洗い物が終わると 行き止まりの家でドアバンッ! 飛行機音 大! しつこくドアバンッ! 飛行機音 立て続け!
今日も一日中、不自然な飛行機音、ヘリ音を浴びせ続けられています。
21時25分 にも、すぐ近くでヘリの大きな音がしていますが、急に音が小さくなります。

今日も圧迫波が酷く、顎が胸に付いたまま、上から押され、起き上がるのも大変な時があります。
脱力感、倦怠感が酷く、筋肉に力が入らない様にされているみたいです。
手足の痺れも続き、右手は何も出来ません。



今日のニュース GIZMODO より抜粋

300gの空飛ぶデジカメ。DJIから新小型ドローン「Spark」が離陸します
2017.05.25 10:47

重量は300g、日本の規制重量は200g。残念だけど、室内でも飛ばしやすいと考えればいい?

予告どおり、DJIから新型ドローン「Spark」が発表されました。見たところMavic Proと同じようなデザインですが、サイズはぐっとコンパクトに。プロペラを含まない対角寸法は170mm(Mavic Proは335mm)に収まっています。

ただしプロペラアームの折りたたみ機構がないため、幅143×奥行143×高さ55mmの状態で持ち運ばなくてはいけません。なおペットボトルサイズといわれるMavic Proの収納状態は198×83×83mm。


video: DJI / YouTube

2軸のジンバルに、1/2.3インチCMOS有効1,200万画素のカメラが備わります。焦点距離は25mm(Mavic Proは28mm)で明るさはf2.6(Mavic Proはf2.2)。これで1080p 30fpsまでの動画と、1,200万画素の静止画撮影が行なえます。PVを見ると、撮れる映像はシャープですね。ブレも少ない。

パノラマの撮影も簡単ですし、3Dビジョン技術により背景をボカした撮影にも対応。なんですか、このカメラマンすごくないですか。


DJI - Spark - Capture Every Moment

電源を入れるとカメラがユーザーの顔を認識して離陸。手のジェスチャーで機体の位置をコントロールして、同じくジェスチャーでシャッターを切ります。自撮り目的ならコントローラー(プロポ)もスマホも必要ありません。

また新機能の「QuickShot」では、4パターンの自動操縦が選択でき、初心者でも簡単に空撮ができます。「ロケット」は、カメラを下向きにしたまま真上に上昇しつつ撮影、「Dronie」は被写体にフォーカスを合わせたまま斜め上に上昇しながら撮影、「サークル」は被写体の周囲を回りながら撮影、「螺旋」は被写体を中心に周囲を回りながら上昇しつつ撮影します。被写体を追尾するActiveTrack機能も使えます。

そして着陸するときは、手乗り機能も備えているんですよ。手の位置を認識して、その場所に着陸するってなにそれ可愛い。

3次元認識システム、ビジョンポジショニングシステム、デュアルバンドGPSなどの機能を合わせた「FlightAutonomy」システムもすごい。自動帰還や周囲の障害物を認識し衝突を防止するなど、安全な操作をサポートしてくれます。

飛行時間は最大16分、最高速度50km/hと、ドローンそのものの性能はなかなかのものです。カラーは5色で価格は6万5800円(6月15日発売)。Mavic Proの半分くらい! これには機体、プロペラ3ペア、バッテリー、充電器、microUSBケーブル、保管ボックスが含まれます。プロポは別売りで1万8800円ですが、前述したように自撮り用であれば不要かもしれませんね。

Sparkは小型ドローンですが、本体質量が300gを超えているため、人口密集地区などの飛行制限地域では飛ばすことができません。しかしアウトドアが趣味で自撮りもしたいという方にとっては、頼れるデジカメとなるでしょう。三脚もいらなければ画角の調整も不要なのですから。

Phantom、Mavicに続く新ライン「Spark」に期待です!

image: DJI, DJI ストア, DJI ニュース
source: DJI, DJI ストア(1, 2), DJI / YouTube(1, 2)

(武者良太)

抜粋終わり


どこから狙われて撮られているか分かりませんね。
気を付けようもありません。
カメラだけでなく、色々な機能を付けて様々な事が出来そうです。


スポンサーサイト

過去の事 29

社名に化学と入っている会社には実験室がありました。
白衣を着た男女が数人いました。
一風変わった感じの人が多く、会社員とは違う雰囲気でした。

女性で目に髪の毛が入ったと言って、病院へ行った人がいました。
10cmもの長い髪の毛が出て来たそうです。
そんな事もあるのかと思って聞いていましたが、入る時の事を考えると不自然…。

男性で、しょっちゅう職務質問をされるという方がいました。
これは私への仄めかしかもしれません。
私は、今まで職務質問をされた事はありません。

被害者さんの中には、職務質問をされたという方を何人か知っています。
職務質問をされたら警察手帳の提示を求めて良いのだそうです。
もし職務質問と言われたら、必ず警察手帳を確認して下さい。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
「カーマは気まぐれ」という曲を聞いてラジオを止めたと思いました。

眠った気もしなかったのですが、起こされてラジオを探しましたが見付かりませんでした。
明るい方が加害が酷くなるので、なるべく灯りは点けません。
暫くすると耳元で小さくラジオが鳴り始めました!

音源から私の位置特定が出来そうなので、耳元にラジオを置く事はありません。
2時過ぎに起こされた時によく聞こえず、耳元に持って来たところで眠らされたのでしょう。
以後は加害波による雑音が入り、音も大きくなったり聞こえなくなったりされました。

韓国だか朝鮮だかの放送が入ったりしていました。
天気予報が始まった様なので、起きました。
階下へ行くと4時02分、今日もひどい睡眠妨害です。

6時46分  お米を研ぎ終わると ピーポー!
以後も狂った様にウ~、ピーポー!
昼食の支度を始めるとピーポーを鳴らし始め、食べ始めてからも30分以上小さく鳴らし続けていました。

10時19分 便座カバーを変えると ヘリ音 大! 2回! ウ~!
今日も不自然なヘリ音が多く、私の家の上だけ飛んでいました。
グ~ッという低周波加害の飛行機音も散々やられました。

17時過ぎから、アチコチでガンガン工事様の音立て!
今日も午前3時05分のバイクを皮切りに多数がウロツキました。
ピーピー車も近くに止めていました。

今日も圧迫波が酷く、体のアチコチを押され続けています。
手足のしびれが酷く、皮膚の表面がピリピリと痛みます。
脱力感、倦怠感が酷く、思う様に動けません。



今日のニュース 西日本新聞 より引用

「共謀罪」衆院通過 参院審議29日以降 与党、採決を強行
2017年05月24日 06時00分

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は23日の衆院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会の修正案を賛成多数で可決、衆院を通過した。民進、共産両党は反対し、自由、社民両党は採決に抗議して欠席した。与党は24日の参院本会議での審議入りを目指したが、野党と折り合わず、審議入りを見送った。政府、与党は6月18日までの会期の延長も視野に、今国会成立を目指す。

 衆院通過後、自民、民進両党の参院国対委員長が会談。自民側は24日に安倍晋三首相が出席する参院本会議での審議入りを提案したが、民進側は拒否した。自民党は他の法案審議への影響に配慮し、24日の審議入りを見送った。首相は先進7カ国(G7)首脳会議出席のため25日にイタリアへ出発することから、参院審議入りは29日以降となる。

 衆院本会議に先立つ議院運営委員会は、「共謀罪」法案の本会議採決を佐藤勉委員長(自民)の職権で決定。野党側は「審議が尽くされていない」などとして19日の衆院法務委員会での採決強行に反発し、法務委への差し戻しを求めたが、与党側は採決を強行した。

 可決後、金田勝年法相は記者団に「国民の安全安心のために必要で、重要な法案だとご理解いただいた結果だ。引き続き丁寧に説明をしていきたい」と述べた。民進党の蓮舫代表は「いとも簡単に数の力で押し切った。国会における熟議という役割を放棄した瞬間だ」と批判した。

 「共謀罪」法案は277の犯罪について、計画段階での処罰を可能とする内容。適用対象を「組織的犯罪集団」と規定し、2人以上で犯罪を計画し、少なくとも1人が資金の手配や関係場所の下見などの「準備行為」をすれば、計画に合意した全員が処罰される。

 政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策としての必要性を訴え、国際組織犯罪防止条約締結の前提になると主張。野党側は、捜査機関の恣意(しい)的な運用で一般市民に捜査が及ぶ可能性を排除できず、内心の自由が脅かされるなどとして廃案を訴えている。

=2017/05/24付 西日本新聞朝刊=

引用終わり



南京だより http://mirushakai.jugem.jp/ より抜粋

皆様 先日、プライバシーの権利の特別報告者に共謀罪の情報提供をしたところ強い懸念を表明され、政府あてのレターが昨日公表になりました。日本人権協会でレターの要約をしてくださった方がいるので拡散します。藤田
================================2017.5.19
  国連プライバシー権に関する特別報告者 ジョセフ・ケナタッチ氏が、5月18日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあると懸念を示す書簡を安倍首相宛てに送付しました。
 書簡では、法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的であり恣意的な適用のおそれがあること、対象となる犯罪が幅広く、テロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいることを指摘し、いかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとしています。さらに、プライバシーを守るための仕組みが欠けているとして、次の5つの懸念事項を挙げています。
 1 創設される共謀罪を立証するためには監視を強めることが必要となるが、プライバシーを守るための適切な仕組みを設けることは想定されていない。
 2 監視活動に対する令状主義の強化も予定されていないようである。
 3 ナショナル・セキュリティのために行われる監視活動を事前に許可するための独立した機関を設置することが想定されていない。
 4 法執行機関や諜報機関の活動がプライバシーを不当に制約しないことの監督について懸念がある。例えば、警察がGPS捜査や電子機器の使用のモニタリングをするために裁判所の許可を求める際の司法の監督の質について懸念がある。
 5 特に日本では、裁判所が令状発付請求を認める件数が圧倒的に多いとのことであり、新しい法案が、警察が情報収集のために令状を得る機会を広げることにより、プライバシーに与える影響を懸念する。
書簡の全文はこちらからごらんいただけます。
http://www.ohchr.org/Documents/Issues/Privacy/OL_JPN.pdf

抜粋終わり


日本は民主主義でもないし、先進国でもありません。


過去の事 28

転職が激しく、一ヵ所忘れていました。
もう、病院は止めようと思いました。
クリニックの前に、一般企業に勤めました。

ビルのワンフロアーが会社でしたが、私も名前を知っていたので中小企業というところでしょうか。
常務の下に女性の事務員が3人だったと思います。
この会社もとても変な雰囲気でした。

同僚の女性の事務員が、ほぼ無視という感じでした。
帰りに私が駅のホームにいると、この女性は階段の上にいて下りて来ませんでした。
何故かは分かりませんが、嫌われているらしいという事は分かりました。

前もって私の誹謗中傷でも流した人がいたのかもしれません。
初めは私の仕事と直接の関係は無かったので、私は普通に接していました。
ある仕事をその人から教わる事になり、そこから少し変わりました。

私の方がずっと年上でしたが初めての仕事は教えて貰わなければなりません。
その態度が良かったのでしょうか、少しずつ話す様になりました。
元々、人見知りの様でおとなしい感じでした。

私が辞める事を話すと、自分も辞めたいと言っていました。
私が辞める時に、ディズニーのマグカップを貰いました。
このカップは、クリニックで割れてしまいました。

コーヒーを入れてくれた人が割れてしまったと言いました。
新しくて、それほど使っていないのにアッという間に無くなりました。
他の部署にも変な人がポツポツといました。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
ラジオをつけると騒々しい曲をやっていたので止めました。

暫くしてからつけると3時のニュースをやっていました。
デュオの特集でヒデとロザンナを聞こうと思っていると眠らされてしまいました。
次に起こされると、部屋の中がうっすらと明るくなっていました。

頭の防御を直していると急な尿意!
雨戸を開けずに階下へ下りると4時19分でした。
雨戸のせいか、朝食時の飲み込み妨害だけは少し遅く始まった様です。

6時07分  髪を梳かす前に ピーポー!
以後もしょっちゅうピーポーピーポー!
子供の声立てをする時にはピーポーを鳴らしている事が多いです。

7時29分  だし昆布を出す(これからやる事が分かる)と 飛行機音 大! 隣家の雨戸音立て! ピーポー!
以後は二階に上がって横になると低周波加害の飛行機音を大量に浴びせられました。
昨夜はブログを終わった後に動画を見始めると、22時過ぎから23時前まで飛行機の音だけ立て続けていました。

今日は火曜日、バイク、車、ピーピー車がウロツキ回っていました。
近くで急に子供の大声立ても何度もやっていました。
ベランダからの加害音が南北両方から多数入っています。

今日も圧迫派が酷く、乾燥機を引き摺る様にしないと動きませんでした。
飲み物をほとんど飲まなくなりましたが、そうすると食べ物をつかえさせる様になりました。
睡眠操作が酷く、加害者のプログラムに合わせる様に眠らされているみたいです。



今日のニュース GIZMODO より引用

たしかに便利だけど…少し不安。デルタ航空が導入する顔認証システム
2017.05.23 17:11

空港

空港での手続きが簡単になりそうです。でも…

オーストラリアやフランス、カナダなど、乗客の追跡のために顔認証システムを導入する空港は世界的に増えています。アメリカでもドナルド・トランプ大統領の掲げる「過剰な審査(extreme vetting)」制度改革の一環として、保安検査場で顔のスキャンを要求するなど米国民に対する顔認証が始まっています。

米・デルタ航空も、60万ドルを投資した試験的プログラムを今年の夏に開始します。新たな顔認証システムとして、パスポート写真と乗客が一致するか識別検査するマシン「バイオメトリック・バッグドロップ」をミネアポリス・セントポール国際空港に設置するんです。

預け入れ荷物のセルフサービスの導入も合わせて、今回の新技術によって乗客の空港手続きの簡易化や時短が期待されています。プレスリリースでは「お客様の旅行をこれまでになく簡単に、一流の顧客体験を提供し続けます」とシニアバイスプレジデントのGareth Joyce氏がコメントしました。一方で、プライバシーに関する詳細が希薄だという指摘も。広報担当によれば「デルタ航空はすべてのプライバシー法を遵守する」とのことですが、それでもまだ懸念が残るのには要因がいくつかあります。

ひとつは、どこがやるのか。アメリカ国土安全保障省、税関、国境警備局であれば、連邦政府の機関として、どんなデータを収集・使用するかについて透明性が求められます。その一方で民間企業に求められるのは、プライバシー法を遵守すること。アメリカでは、バイオメトリックデータを収集することについて(テキサスとイリノイの2つの州を除いて)主な規制がないのが現状です。そのため、バイオメトリックスやフェイススキャンといった領域に足を踏み入れる民間企業が、人々の不安を呼び起こすのは当然だと言えそうです。

ところが、規制されてもなお問題は残ると考えられます。2016年のジョージタウン大学ローセンターの調査によると、アメリカの成人の半数以上がFBIの顔データベースに記録されています。 当初は凶悪犯罪者向けに作られたものですが、FBIがパスポートや運転免許証の画像を扱いはじめてから一般市民のデータが急増。結果として、大多数は犯罪歴のない人々のデータまで蓄積されていて、多くの人は自分の顔が記録されているさえ知らない状態だといいます。フェイススキャンが一般化されると、将来的には空港にいただけでデータベースに追加されることだって懸念されます。すでに難民に対するソーシャルメディア検閲を行なっている米国務省では、同様のデータベースを構築していることが明らかになっています。

デルタ航空は、今回の顔認証システムが「乗客の写真を保管することはない」と主張しています。ただ、乗客のデータが悪用されようとそうでなかろうと、今回のシステム導入は空港での顔認証プロセスの一般化につながる重要なステップになり得るでしょう。

今回の新技術はたしかに空の旅を簡単にするかもしれませんが、ひとつの民間企業が巨大な顔認証システムを保有することのリスクにも目を向けたほうがよさそうです。とりわけ、顔認証、預け荷物のチェック、保安検査場など一連の空港審査プロセスでバイオメトリックデータや渡航歴など非常にセンシティブな情報が扱われるのですから。

top image: Sorbis / Shutterstock.com
source: Engadget
reference: Pr Newswire, The Guardian, Bloomberg Technology, CBC News, The Verge, Gizmodo US, Proskauer Rose LLP

Sidney Fussell - Gizmodo US [原文]
(Rina Fukazu)

引用終わり


マイナンバーカードの時に出ていましたが、役所も顔認証システムを導入している様です。
事件をでっちあげる、犯罪者に仕立て上げる事が出来るのですから、何もしていない人のデータまで取っているのではないでしょうか。


過去の事 27

1年もいなかったと思いますが、クリニックに勤めていた時も被害に通じると思われる事があります。
帰る頃になると急に高熱が出ました。
看護婦と一緒に帰り、何か冷たい物なら食べられるのではないかと言われてお店に入りました。

パフェだったかを一口食べただけで、後は何も入りませんでした。
小児科があったので、何かの感染症になったのかと思いました。
家へ帰ってからも何もしなかったと思います。

薬は飲みませんでしたが、翌日は何事も無かった様に熱も下がり普通でした。
加害波による攻撃だったのでしょう。
初めの会社を辞めた時も42度の高熱が2日間続きましたが、他の症状はありませんでした。

リハビリの職員の男性に、手相の勉強をしているので見てあげると言われました。
見てもらうと、複雑過ぎて分からないと言われました。
確かに細かい線は沢山ありましたが、被害者としての生活を暗示された様にも思えます。

西部新宿線で通勤していました。
白のジャケットを着て行き、家へ帰ると肩の辺りにボールペンで線が書かれていました。
その時は朝の満員電車でボールペンが当たったのだろうと思いました。

これは集団ストーカーの嫌がらせだった様です。
既に周り中に付きまといがいたのでしょう。
過去を振り返ると、気づかされる前にも相当の嫌がらせをされている事に気付きます。


昨日も0時近くにパソコンを切りました。
0時05分  片づけ始めると ピーポー!
0時半頃に布団に入りました。

トイレ誘導で起こされ、階下で時計を見ると2時05分でした。
布団に戻りラジオをつけましたが知らない曲ですぐに止めました。
眠ったと思うと、またトイレ誘導で起こされました。

時計を見ると3時40分でした。
ここへ来るまで、夜中にお手洗いへ起きる事は年に数回しかありませんでした。
ここの加害は執拗です。

布団に戻りラジオをつけると加害が始まりました。
右脇に殺人波照射! 足底が感電した様にビリビリとしてきました。
4時の時報で起きましたが、全く眠った気がしませんでした。

11時08分 食事を始める前に ヘリ音 大!
今日も朝からヒュルヒュル、ゴーゴーと上空の音がしていました。
ポイントではグ~ッ飛行機音や軽飛行機の音を立てていました。

ピーポーも朝から度々鳴らしていました。
お手洗いの掃除を始めると、しつこくピーポーピーポー!
パソコンを始めると小さな音ですぐに止めるピーポー!

今日も朝から圧迫波が酷く、起き上がるのも大変な時があります。
手足の痺れも酷く、右手は使えません。
午前中に眠らされて加害者の時間設定に合わせられました。

被害者さんのブログに、自宅前のマンホールの蓋だけ青く塗ってあると写真が出ていました。
私の家に一番近い急な階段の手摺も真っ青に塗ってあります。
これは鍵を取りに来た時には青くありませんでした。

引っ越しの日には青く塗ってありました。
青い物は、近くにターゲットがいるという印なのでしょうか。
加害者にだけ分かる印。



今日のニュース Viewpoint より引用

仙台市中学生自殺を体罰のせいにするな
  森口 朗  2017/5/22(月)

新聞報道によると、4月に仙台市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、教諭2名が生徒の頭を拳でたたいたり、粘着テープで口を塞いだりするなどの体罰を加えていたことが判明した。それまでは、いじめを苦にした自殺と考えられていたが、奥山恵美子市長は「体罰が自殺の引き金になった可能性は高い」という。奥山氏の発言は、150万円の恐喝があっても「いじめとまでは言えない」とした横浜市教育長に比較すればはるかにマシだが、万一、いじめ加害者を庇う目的があるとすれば、巧妙であるが故に悪質だ。

公務員は法に基づいて職務を行うものであり、教師も例外ではない。公教育における体罰は、実態はともかく、戦前から一貫して違法であり、今回の教師の体罰は厳しく罰せられて然るべきだ。しかし、中学生が体罰を受けたからといって果たして自殺するだろうか。授業中寝ていて拳骨で殴られても、授業中に騒いで口を粘着テープで塞がれても、中学生のプライドは死を選ぶほどには傷つかない。何故なら、しょせん教師は中学生にとって「他者」だからである。思春期において決定的に重要なのは生徒間、すなわち「仲間内」での評価だ。現代の子供達の関係性を語る際のキーワードである「スクールカースト」に言及する者が最近多くなったが、彼らの中でスクールカーストの決定要因に「教師の覚えがめでたい」ことを挙げる者はいない。進学のための内申書という実利を除き、中学生にとって教師からの評価など些細なものであり、体罰も教師への憎悪を生んでも、自殺感情を生むとは一般的には考えにくい。

 では何故「体罰が自殺の引き金になった可能性は高い」という発言が巧妙なのか。

 中学生が自殺した原因は、同級生からのいじめでほぼ間違いないだろう。ただ、日常的にいじめられており、そのいじめを解決してくれるかもしれないと期待していた教師、最後の砦と思っていた教師から体罰を受けた事で、自殺者が絶望した可能性は否定しきれない。その意味で奥山氏の発言には妥当な一面はある。だが、それ以上に、権力者発言が真相究明に与える危険性は大きい。

 自殺者の周辺に、明確に法を犯した大人(2名の教諭)がおり、体罰行為も明らかになっている。一方で、同級生を自殺に追い込んだであろう者たちは未成年に過ぎず、いじめ行為の詳細は不明である(それを知るためには綿密な聞き取り調査が必要だ)。さて、教育委員関係者、警察関係者、第三者委員会など、事件の真相を究明すべき立場の人は、「教師の体罰により自殺した」という物語と「同級生のいじめにより自殺した」という物語の、どちらが平穏な解決と考えるだろうか。
 
彼らが、市長発言を奇貨として事なかれ主義に陥ることなく、徹底的に「いじめ」行為の詳細を調査し、自殺事件の全貌を明らかにすることを願ってやまない。

引用終わり


なぜ、この生徒さんを加害者がいじめたのか、納得の行く理由を聞いてみたいと思います。
教師には、この生徒と他の生徒の違いを説明して欲しいと思います。
何らかの理由があって暴力をふるったのでしょうから。


過去の事 26

今度は都心のクリニックに勤めました。
事務員は私を含めて4人と、忙しい時間だけ来る人が1人いました。
ここで不思議だった事は、一番古い御局様のような人の後を他の人が付いて回る事でした。

一番古い人だけは帰る方向が逆で、他の人達と食事をして帰る事が多くなりました。
直接言った訳ではありませんが不思議に思っている事を言うと他の人達も分かった様です。
忙しい医院で、ほぼ一日中立ちっぱなしで大変な所でした。

ここは院長の奥さんが患者さんのマッサージ等をやっていました。
リハビリの職員も2.3人はいたと思います。
院長が内科、小児科、息子が整形外科をやっていました。

この奥さんが細かく、口煩い人でした。
自動でマッサージをするベッドがあり、昼休みに職員が使うとカルテに書けと!
治療費は請求されませんでしたが、何らかの病名を付けてレセプト請求をしていたのでしょう。

私は数回しか使った事がありませんが、毎日やっている人もいました。
患者さんが事務員にと持って来るお菓子等も、必ず奥(院長の家)に持って行っていました。
そして事務員には古くなった物を持って来ました。

これは、この前の病院も同じで、院長付きの運転手が全てを院長の家へ運んでいました。
リンゴが沢山になっても自宅へ持って行っていたそうです。
こんな事を知る様になると、段々と嫌気がさして来ました。

そんな時に前に勤めていた救急病院から、外来に人がいなくなるので来て欲しいと誘われたのです。
聞くと、経理、事務長補佐、運転手、掃除の人の他はほとんど変わっていました。
出戻りは嫌でしたが、外来という事でクリニックを辞める事にしました。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
由紀さおりがテレサテンの歌をカバーしている特集でした。

終わるとウトウトとしていた様で、北島三郎の歌で起こされました。
3時過ぎ、北島三郎と都はるみの特集で、またぁ!と思いながら聞いていました。
外では妙な音が始まり、ラジオの音が勝手に大きくなったり小さくなったりします。

私の音を使い、加害者が遠隔から操作をします。
右脇の痛みと足底の痺れ、痛みが酷くなり4時の時報で起きました。
階下へ行くと加害者の配置は終わっていた様で、早くからドアバンッ!ウロツキ始めました。

5時54分  髪を梳かす前に 変なヘリ音 3回 立て続け!
以後もプロペラの音だけしている様な変な音を多く使っていました。
大音量のヘリ音も私の上だけです。

8時30分  以前使っていた頭の防御をまだ使えるか考えていると ウ~ピーポー!
以後は小さな音で鳴らしていました。
工事の音は今日も数分のドリル音だけ!

今日も一日中圧迫波が酷く、四方八方から押さえ付けられています。
鼻を噛むと痰が絡み呼吸妨害、咳が出ます。  
手足の痺れ、脱力感が酷く、右足を引きずる様に歩いています。



今日のニュース 河北新報 ONLINE NEWS より引用

<仙台中2自殺>保護者絶句 「まさか先生が」

 いじめ被害を訴え、4月にマンションから飛び降りて死亡した仙台市青葉区の市立中2年の男子生徒(13)は、2人の教諭から体罰を受けていた。「まさか、先生が…」。耳を疑うような事態を知った保護者らは19日、驚きのあまり絶句した。

 男子生徒は自殺前日も体罰を受けており、市教委は自殺と体罰の関係性を否定しなかった。同じクラスだった生徒の保護者は「体罰が自殺の引き金だったとすれば本当に許せない。学校は原因究明をする気があるのか疑問だ」と憤った。
 別の保護者の関係者は「(特定の教諭が)何かと理由を付けて、男子生徒の頭を日常的にたたいていたと聞いた。男子生徒は『先生が怖い』とおびえていたようだ」と明かした。
 遺族関係者によると、男子生徒は同級生から嫌がらせを受けて教諭に相談しても、他の生徒の言い分が優先され、逆に怒られることが度々あった。男子生徒は周囲に「先生に言っても自分が悪いことにされる」と打ち明けていたという。
 仙台市では2014年9月に泉区の館中1年の男子生徒が、16年2月に同区の南中山中2年の男子生徒がいじめに絡み自殺。中学生の自殺の連鎖に、それぞれの遺族は学校への不信感をさらに強めた。
 館中の父親は「先生が暴力を振るえば、生徒がまねをするのは当然。学校全体が加害者だ」と非難。南中山中の父親は「学校は外部から指摘されるまで知らぬ存ぜぬばかり。息子の時から何も変わっていない」と批判した。
 市教委は19日夜、学校で2年生の生徒の保護者を対象に説明会を開き、教諭による体罰があったことを謝罪した。
 校長は保護者会後に取材に応じ「教諭による体罰は痛恨の極みだ。教育の信頼を損ない、深くおわびしたい」と語った。

引用終わり 下線は私


この生徒さんは集団ストーカーの被害者ではないでしょうか。
同級生からの嫌がらせ=近隣からの嫌がらせ
他の生徒の言い分が通る=近隣で口裏を合わせ被害者が悪いことにされる
学校全体が加害者=係わってくる全てが加害者に見える
学校は知らぬ存ぜぬ=加害者と思われる人に、何を聞いても答えは返ってこない

アパートに住んでいた時の近くの小学校は、私のタイミングに合わせて色々な事をやっていました。
先生も生徒も!


 | ホーム |  前のページ»»