プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日も暑い

8月の初め、猛暑日が続いている時に、電気代が勿体無いので昼間は扇風機で過ごしていました。
一週間を過ぎたら具合が悪くなりました。

家の周り中、加害者に囲まれていますので、窓も開けられません。
I市の一戸建てに引っ越した当初は、窓も開け、洗濯も外に干していましたが、私が見ていない時に洗濯物を動かす、すだれを壊す等の嫌がらせをされ、窓も開けなくなり、洗濯も部屋干しにしました。

アパートに引っ越してからも、窓も開けられません。
仕方なく、エアコンと扇風機を併用して、具合は良くなりました。
鼻水がポタポタと出て、被害とも思いましたが夏風邪でしょうか。

8月11日のブログにHAARPの事を書きましたが、こんなニュースを見ました。

CNN.co.jp

今年のエルニーニョ現象、史上最強の可能性

3エルニーニョ

(CNN) 太平洋東部の赤道海域で海面水温の上昇が続いている。異常気象の原因とされるエルニーニョ現象について、米海洋大気局(NOAA)は13日、今年は「かなりの強さで、さらに強さを増している」と発表し、過去最強の1997年のレベルに達する恐れがあるとの見方も出ている。

NOAAは2015~16年の冬いっぱいエルニーニョ現象が続く可能性を90%超、16年春まで続く可能性を約85%と予測する。

1997年のエルニーニョ現象は米西部で洪水、インドネシアで干ばつを引き起こした。また、アフリカでは致死性のウイルス感染が流行し、コーヒー豆の価格上昇の原因にもなったとされる。

エルニーニョ現象は、太平洋上の赤道付近を流れる西向きの風が通常より弱まったり逆方向に吹く影響で、インドネシアやオーストラリア方面に押しやられている暖水が南米付近にも広がる現象を指す。2~7年おきに発生し、海水温は平均より最高4度も上昇する。

強いエルニーニョ現象は上空の大気を暖め、太平洋上のジェット気流などの流れを変える。その結果、カリフォルニア州をはじめとする米西部は強い暴風雨に見舞われ、南米の西海岸も雨量が増加する。一方、南アジアやオーストラリアでは少雨となり干ばつの原因となる。

3エルニーニョ

また東太平洋ではハリケーンが増え、西太平洋でも台風が数、勢力ともに増す。風速が毎秒67メートルを超えるスーパー台風は今年既に5個発生しており、例年のこの時点での平均1個を上回っている。一方、大西洋では上層の風量の増加がハリケーンの発達を抑えるためその発生数は減少する。

影響は天候にとどまらない。暖水が広がることで中南米諸国の漁業の柱である寒流魚の漁獲量の減少をもたらす結果にもなる。

気候変動がエルニーニョ現象に及ぼす影響については議論が続いている。国連は気候変動がエルニーニョ現象に影響を与える確率は低いとの見方を示しているが、研究者の中には、エルニーニョの発生数自体は変わらないものの、強いエルニーニョの数が2倍に増えると予測する者もいる。

以上CNNより

異常気象を齎しているものは何でしょうか。
私が子供の頃は、猛暑日なんて言葉は無かったと思います。
地球が壊れてしまう事はないのでしょうか。
スポンサーサイト

 | ホーム |