プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

家宅侵入

被害報告集を書いた時、家宅侵入の被害として、服から取れたボタンが無くなったと書きました。
このボタンは、結局出て来ませんでした。

靴下の片方が無くなり、これは大分経って段ボール箱の下から出て来ました。
自分で、そのような所へは入れません。

一戸建てに住んでいる時から、外出する時には、必ずICレコーダーと人感センサーを置いて出ます。
昨年からは、防犯カメラもセットして出ていました。

アパートに来てから、ベランダに人感センサーを置いたのですが、加害者がすぐに鳴らしました。
雨戸を閉めてあり、ベランダにはすぐに出られません。
このセンサーを鳴らしたのは、ベランダに人が居たのでしょうか、それとも遠隔から何らかの方法で鳴らしたのでしょうか。

ICレコーダーには、留守宅には有り得ない、コトコト、カサカサというような小さな音が沢山入っています。
長い時間、外出すると工事、飛行機、ヘリコプターなどが大きな音で長時間入っている事もありました。

センサーの音は、留守中に小さく鳴っているのではと思った事が2度ほどありますが、私が出る時と音が違うので、何故鳴ったのか分かりません。

留守宅に誰かが入っているようですが、防犯カメラには私しか写っていません。

アパートへ引っ越して、長時間留守にした事が2回ありました。
ICレコーダーに入っていたのは、1回目は子供が近くで騒いでいる声。
2回目、1泊で留守にしていた時に長く入っていたのは大雨の音でした。

無くなった物は今のところ分かりません。
まだ片づけていない物もあり、置き場所が自分でも定まっていない物もあって、分かりませんが、動かされている処は何か所かありました。

家宅侵入を訴える被害者の方も多くいらっしゃいます。
被害者の方で、防犯カメラを付けている方も沢山いらっしゃいますが、家宅侵入の犯人を撮ったという方は、聞いた事がありません。

被害は、物が無くなるだけではありません。
自分の使っている物と違う物が置いてある、例えばシャンプーとか、中身が違ってたという話も聞いた事があります。
ガスライティングです。

ガスライティング(英: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。 Wikipediaより

家宅侵入で、外出出来なくなる方もいらっしゃいます。
様々な被害で、毎日様々な妨害をされています。

是非、被害者ではない方に、この被害を分かって頂きたいと思います。
ガスライティングで検索して下さい。
スポンサーサイト

 | ホーム |