プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

先日のポスティングに行った時の留守中のレコーダーを、長い時間を掛けて聞きました。

いつもの声立て、男、女、子供が間を空けて、一日に何回も近くで大きな声を立てています。

資源ごみの回収日だったので、何度もピーピー、大音量でスピーカーをレコーダーに向けて流している感じです。
小学校で使っている、ピアニカでも吹いている様なブーブーという音。

ゴミ車とピアニカ風ブーブーは、私が家に居る時もやっています。

特徴的だったのは、水を流す音でした。
数分おきに御手洗いの水洗を流したような音がします。
その後、水漏れの様なポタ ッポタッという音が続いています。

夜になると、シャワーでも浴びている様な音が入っていました。
その後は、凄い音が入っているのですが、何の音か分かりません。
掃除機を掛けているのか?と前にも思った事があります。

これで、もしかして下の部屋の音?と思ったのですが、水のポタポタという音は階下からはレコーダーに入らないでしょう。

私の下の部屋の住民も、隣の部屋の住民も、生活音はありません。
階下の御手洗いの音も、シャワーの音も、引っ越してから一度も聞いた事がありません。

階下の音は、戸を当てるバンッという音と、私が眠っているのを確認するかのようなラジオの音ぐらいです。
隣も、たまに食器を当てている様なガチャンという音、食事を作っている訳ではないので、匂いもして来ません。

一度、深夜の2時過ぎに起こされると、食事の支度をしているような匂いがして、驚いた事がありました。

数分おきに、私の家の水洗を流したのであれば、今月の水道料の支払いを見れば分かるでしょう。

音はトリックと言っていた被害者の方がいらっしゃいますが、さぁ、どんなトリックを使ったのでしょう。


今日のニュース GIZMODO より抜粋

ぶわーっと広がる天の川を1枚の画像に収めてみると…

2015.10.31 19:00

天の川1

いくら眺めても見飽きないかも。

こんなに大きな天体写真があっただろうか…。ドイツのルール大学ボーフムの天文学者たちが、丸5年の歳月かけて天の川を撮影したところ、画像のサイズがとんでもないことになりました。たった1枚なのに460億ピクセルにも及ぶ、特大天体写真が誕生したのです。

フルサイズだとあまりにも大きすぎるため、セクションごとに分けて公開するしかなかったというほど。実際に画像は268個のセクションに分けられ、トップ画像のりゅうこつ座イータ星も、そういったセクションの1つです。撮影された天の川からは、新たに星だと思われる天体が5万個以上見つかったとか。

抜粋終わり


ブログに挿入したら、小さな画面になってしまいますが、宇宙の大きさが想像出来ます。
毎日、被害に追われて生きている自分が、とても小さく思えます。
大きな宇宙を見習いたいと思います。


スポンサーサイト
私は登園拒否児でした。
途中から保育園へ行かされた為か、いじめっ子が居て、行くのが嫌でした。

小さな子供ですから、いじめと言っても手で叩く位の事で、今思えば、それ程の事ではありません。
元々、人見知りのせいもあったと思います。

近所の友達を誘って、保育園へは行かずに、竹藪でお弁当を食べた事があります。
以来、父母のどちらかが、送って来るようになってしまいました。

小学校は、一年生の時に良い先生にめぐり会った為か、法定伝染病で休まなければならない時の他は皆勤賞です。
中学校は、二年生の修学旅行の時から孤立した感じがあります。

この二年生の時に、保育園のいじめっ子と同じクラスになっています。
友達が居なかった訳ではありませんが、一番仲の良い友人が、修学旅行に来られませんでした。

やはり子供の時から被害者だと思います。

昨日、YouTubeを見ていたら、ラジオの人生相談のような番組に辿り着きました。
中学生の男の子供さんが、学校が怖くて行けないという相談でした。

本人は、いじめられている訳ではないが、周り中が敵に見える。
何処かへ行こうと友人を誘ったが、結局誰も来なかった。
携帯のメールは無視されている。

という事で、一カ月位、登校していないという事でした。

誰でも気に入らない、馬が合わない人というのは居ると思いますが、周り中、友達全員が無視しているとの事で、この子供さんは集団ストーカーの被害者ではないかと思いました。

不登校の子供の中に、被害者がいると思われます。
精神科誘導、自殺を防ぐ為には、どうすれば良いのでしょうか。

今は知らない子供に声を掛けると、不審者扱いされるように出来ています。
不登校児をお持ちの親御さんは、集団ストーカー、テクノロジー犯罪で検索してみて下さい。


今日のニュース NHK NEWSweb より抜粋


千葉県警の交通統計問題 事故死を「病死」に
10月30日 17時55分

千葉県警察本部がおととしまでの10年間にまとめた交通死亡事故の統計に165件が計上されていなかったことが警察の内部調査で分かりました。中には「交通事故による死亡」と医師が書いた死体検案書の写しに警察官が手を加えて「病死」としたケースもあり、千葉県警察本部は7人を訓戒などの処分にしました。

NHKが去年、千葉県内で起きた交通死亡事故について調査や取材を行ったところ、おととしまでの3年間に死亡事故の件数が統計に少なく計上されていた疑いがあることが分かり、千葉県警察本部は全面的な調査を行うと表明して、内部調査を進めていました。
その結果、平成16年からおととしまでの10年間に、発生直後は死亡事故として取り扱われたものの、その後、病死や自殺などとされて統計に計上されなかった事故が合わせて165件あったことが分かりました。
千葉県警は、このうち143件については当時の判断の誤りで意図的な不正ではないと説明していますが、22件については警察官による不正があったとしています。
交通死亡事故は発生から24時間以内に死亡した人を計上しますが、不正があった22件のうち21件は、24時間を超えて死亡したことにしていました。
また、残る1件は「交通事故による死亡」と医師が判断した死体検案書の写しに警察官が手を加えて「病死」に改ざんしたということです。
交通事故による死者数を正しく計上すれば、平成24年の千葉県は死者が27人増えることになり、全国でワースト8位だったのがワースト2位になるなど、順位も大幅に変わります。
千葉県は毎年、交通死亡事故が多く、県警は事故の件数を減らすというプレッシャーも背景にあったとしています。
千葉県警察本部は10年分の統計を修正するとともに、直接改ざんに関わった警察署の交通官や監督する立場だった幹部ら、いずれも警視以上の7人を30日付けで訓戒などの処分にしました。

県警本部長「信頼損ね誠に遺憾」

千葉県警察本部が調査の対象としたのは、平成16年からおととしまでの10年間に起きた792件の死亡事故です。これらの事故は、発生直後には死亡事故として取り扱われましたが、その後、病死や自殺だったことが分かったとか、発生場所が道路ではなかったなどとして統計に計上されていませんでした。
千葉県警察本部の黒木慶英本部長は、「交通安全対策の重要な資料となる交通死亡事故統計の信頼を損ねる事態を生じさせたことは誠に遺憾です。今後、統計に関する手続きの厳格化を図るとともに、全職員に対し統計の重要性を改めて認識させ、再びこうした事態が生じることがないよう指導を徹底します」とコメントしています。

背景にはプレッシャーも

今回の問題について、千葉県警察本部は事故の件数を減らしたいというプレッシャーも背景にあったとしています。
千葉県警察本部によりますと、今回の問題に関与した警察官の一部は、事故の件数を減らしたいというプレッシャーを感じたなどと話したということです。そのうちの1人は、「死亡事故が減少している流れをとめたくなかった。自分の警察署では死亡事故の件数が多かったので、プレッシャーを感じていた」などと話したということです。
また、内部調査の対象期間に在籍していたある警察官OBは、NHKの取材に対し、「交通部門に所属する警察官ならだれしも死亡事故を1件でも減らしたいと思っている。それを勘違いして、幹部から『事故が多い』とか『目標が達成できない』などと言われ、プレッシャーを感じる人もいた」と話しています。このOBは、「死亡事故を統計に計上するかどうか、警察署と県警本部とがやり取りするが、借金があった人が事故で亡くなった際に、警察署の担当者が本部から明確な証拠がないのに『自殺の可能性が高いですよね』と言われ、自殺として処理したケースもあったと聞いた」と話しています。

死者数はさらにワースト上位に

おととしまでの10年間、千葉県は都道府県別の事故の死者数で毎年、ワーストの上位にあり、統計が修正されれば順位がさらに上がる年も出てきます。
都道府県別の交通事故による死者数で、平成16年からおととしまでの10年間をみると、千葉県はワースト3位から8位の間にありました。
件数を正しく計上すれば、ワースト8位だった平成24年は死者が27人増えて202人となり、愛知県に次いで全国ワースト2位になります。また、ワースト7位だった平成21年はワースト3位に、いずれもワースト3位だった平成18年とおととしはワースト2位になります。
統計が修正されれば、千葉県は10年間、毎年ワースト4位以内に入っていたことになり、順位が大幅に変わることになります。

抜粋終わり


統計は、取り方によって結果が変わるそうです。
言われてみれば、その通りですが、同じ事は同じ条件でやっているのだろうという思い込みがあるようです。

ここ何年か自殺者数が年間3万人を切っています。
一見、自殺者が減ったように見えますが、不審死、変死、事故死としてしまう事で数字は変えられるのではないでしょうか。


昨日は、被害者の方達とポスティングに行って来ました。
引っ越してから、ほとんど外出をしないで歩いていなかったので、足に豆が出来、アチコチ痛くなりました。

付きまとい、待ち伏せも大量に準備、ピーポーも鳴り響き、帰りにはパトカーが、グルグルと駅前のロータリーを回っていましたが、声をかけた通行人の方にも、結構チラシを受け取って頂きました。

懇親会で遅く帰り、布団に入ったのは深夜の1時10分過ぎ頃でした。

すぐにラップ音、カンッという高い音が外から壁、窓に当たる音がします。
胃と、お腹が、グーグー、グルグルと鳴り始めます。

全身が痺れるような感じと、マイクロ波で暑く、いつもの揺れで眠れません。
やっとウトウトとすると、ガーッとトラックの走る音で起こされ、またウトウトすると、バイクがバリバリと走り、男の声が聞こえます。

全く眠れず、しかたないのでラジオをつけると3時を少し過ぎたところでした。

これで、眠るのは諦めました。
寝かさないのなら、何をするのか聞いていようと思いました。

ベランダでゴソゴソする音と、走行音立て、どこかでガンガンと何かを打っている音。
いつもと変わりありませんでした。

明るくなってくる5時半頃に起きました。

全く、一睡も出来なかったのは被害に気付かされてから初めてです。
細切れに起こされて、全部足しても2時間も眠っていないなぁというのは、何回もありましたが…。

此処は、大変質が悪いです。


デモのお知らせです。

11月22日(日)に渋谷エリアにて関東の被害者有志が発起人となり「集団ストーカー周知撲滅デモ」を開催します。

11月22日(日) 集合場所 渋谷区みやした公園・北側広場

            集合   13:30
            出発   14:00  

*雨天決行(ただし猛雨が予想される場合は当日10時までに判断して当サイトにてお知らせします)

   当日は撮影が入りますのでサングラス・帽子・マスクのうち2点まで着用可とします。



皆様、この犯罪の周知、撲滅の為、御協力を御願い致します。


カルテ開示

日本は、お医者様は偉い方。
患者があれこれ聞いてはいけない、という様な風潮があったと思います。
今は、変わったでしょうか。

引っ越しをする前に、父のカルテ開示をしました。


ウィキペディアより抜粋

日本で一般に知られている「カルテ」はドイツ語で「カード(Karte、英語のcard)」という意味である。

医師法・歯科医師法[編集]

医師法第24条1項に、医師は患者を診療したら遅滞なく「経過を記録すること」が義務づけられている。これを「診療録」としている。また、2項で記録後最低5年間は保存することが義務づけられている(医療機関内で診療したものについては、その医療機関の義務である)。

診療録は単なるメモにとどまらず医療訴訟においても証拠としての重要性は非常に大きく、たとえ必要な処置を行っていたとしてもカルテに記載がない場合、行ったとの主張は認められない可能性もある。歯科医師法も医師法と同様の規定がなされている。

カルテの開示[編集]

現在では診療録、その他診療に関する諸記録等すべての「診療情報」の管理、開示等の規定は個人情報保護法を基にして運用されている。ちなみに同法第2条においてこの法律で扱う「個人情報」は「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」と規定されている。

多くの医療機関は「診療情報」という個人情報を扱う「個人情報取扱事業者」とされているため、患者本人から開示請求があった場合には原則としてこれを開示することが義務付けられている。一方、患者の家族、または遺族に対しては開示規定はなく、患者死亡の際の医療訴訟では遺族が裁判所に証拠保全を申し立てるといった法的措置を行う場合もあるが、現在では、各医療機関もこれに対応してきており、厚生労働省は診療録開示のガイドラインを制定している。

欧米諸国では、医学界の排他性や密室性を排除するために多くの努力を払っており、アメリカでは転院する時はカルテが自動的についてくる。カルテは患者に属するもので医師や病院のものではないという考え方が徹底している為である

抜粋終わり 下線は私


ほとんどの病院では、カルテ(診療録)は5年で廃棄していると思います。
5年を過ぎると捨てられてしまうので、重い腰を上げて病院通いをしました。

父が救急車で運ばれた病院と、専門医が居ないとの事で、転院した2つの病院を回りました。
大学病院とは違い、一般の病院でカルテ開示をする人は居ない様で、受付では不穏な感じを受けました。

医療ミスで訴えられるとでも思ったのでしょうか。
2つの病院ともに事務長が出て、廃棄される前に記録として残しておきたい旨を説明すると分かって頂けた様です。

私は知らなかったのですが、上記のウィキペディアにもあるように、カルテ開示は本人が請求をしなければいけなかったようです。
それは、事務長にも言われ、では死亡した場合はどうするのかと聞きました。

父と私の関係を証明する物、私の身分証明、と病院既定の開示請求の書類を揃えて、病院で協議するとの事でした。

カルテ開示が出来る事になり、費用を持って行きます。
カルテのコピー、検査結果のコピー、レントゲン写真(CDで来ましたが、壊されていたのか見る事は出来ませんでした)を取りに行くのは大変なので、送って貰う様に依頼しました。

今回、2つの病院を同じ日に回った事で、対応の違いがよく分かり、病院によって違うものだと実感しました。

早い方の病院は1週間も掛からずに来ました。
もう一方の病院も、それから数日後に来ました。

受付では、変な人が来たという顔をされましたが、案ずるより産むが易しで、カルテを保存しておく事が出来ました。



誤嚥

一昨年の夏頃から、食事中にむせたり、歯を磨いている時にむせて咳を止める事が出来ずに、周りを汚したりする事が何度もありました。
口の中に物が入っている時を狙われていると気が付いたのは、大分経ってからでした。

飲み物を飲もうとすると、飛行機の音がしたり、犬が吠え始めたりするので分かりました。

咽喉を絞められる様な感じになり、飲み込みづらくなります。
むせて、肺の方に入り、呼吸困難になった事も数回あります。

喘息の喘鳴の様な音で、空気を少ししか吸う事が出来ない、そんな感じです。

始めは、喉を狙われていると思いましたが、その内に過換気症候群の様になり、横隔膜を操作しているのではないかと思っています。
息を吸えない感じなのですが、息を吐き出す事が出来ないので、吸えないのだそうです。

紙袋を被ると良くなると聞いた事があり、一度やってみましたが、効果はよく分かりませんでした。
過換気症候群は精神的な問題が原因との事で、精神科誘導にも使われそうです。

2007年から2008年にかけて、こんにゃくゼリーによる死亡事故が立て続けに報道されました。
乳幼児、高齢者なら、この様な加害で窒息してしまいます。

今は、食事、歯磨き、口に物を入れる時は気を付けています。


ウィキペディアより抜粋

誤嚥(ごえん)とは、食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。また異物を消化管内に飲み込んでしまうこと。

概要[編集]
窒息死することがあり、適切な方法ですみやかに除去する必要がある。
喉周辺の筋肉や嚥下中枢(延髄)の機能が衰えた高齢者による事故が多く、後に誤嚥性肺炎を招くこともある。

抜粋終わり


今日のニュース 朝日新聞 DIGITAL より抜粋

成田でボディースキャナー試験運用 透視で不審物検査

 航空機の乗客の衣服を透視して不審物をチェックする「ボディースキャナー」の試験運用が27日に成田空港で始まり、来月に羽田空港でも実施される。来年度以降、全国の主要空港の国際線で導入される見通しだ。2020年東京五輪に向けたテロ対策の一つで、国は保安検査の見直しを進めている。

■テロ対策 欧米が導入

 ボディースキャナーは、搭乗者が箱形の機器に入り、全身に弱い電波を数秒あてて服の内側の不審物を調べる。爆発物や拳銃など不審物を確認すると、モニターに、体の形のイラストと不審物がある箇所が示される。電波はミリ波と呼ばれ、携帯電話よりはるかに弱く、健康への影響はない。

 ボディースキャナーは2009年、アムステルダム発デトロイト行きの米航空機内に男が下着に縫い付けた爆弾を持ち込んだ爆破テロ未遂事件があり、欧米で導入が始まった。爆弾は金属探知機で検知できない火薬が使われていた。

 日本でも10年、導入に向けて国土交通省が成田空港で試験をした。だが、使われた機器に、体の線がくっきりと映し出されるものがあった。参加した乗客3088人でアンケートに応じた9割がプライバシーに「問題ない」と答えたが、日本航空などには「ボディーラインがさらされるのが嫌」との声が寄せられた。1台数千万円前後の導入費もネックとなり、導入が進まなかった。

 国が再度、導入を目指すきっかけは、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人殺害事件と、20年東京五輪。同省は「国際テロの脅威も高まり、五輪に向けて空港保安対策を強化する必要がある」と主張する。機器も改良が進み、体のラインが出ないものになったという。

抜粋終わり  下線は私


被害者の方で、自分を盗撮した物がネットに流出していると仰っている方に数人会いました。
一人の方は携帯に保存をしてあり、裸の様に写っていました。

どんな事でも、悪用する人が居ます。
技術は、どんどん進み、被害者も増えています。


毎日、遠隔から様々な加害行為を受けていますが、実際には何が照射されているのかは分かりません。
今迄に、電磁波とかマイクロ波とか分かっている物を、体に照射した事が無いからです。

分かり易い加害は電流、静電気、これらは自分の感覚で分かります。
光も分かり易く、暗い時に光が来れば分かります。

電流は、スタンドのコードにキズが有った様で、触った途端に手がビリビリと痺れた事があります。

今は、それが床下から、体が接している所全てにビリビリと来ます。
これは、一日中ではなく加害の機械をONにすると、ビリビリとして来ます。

酷い時は、学校の実験でカエルの脚に電極を付けましたが、あれと同じ様に足の筋肉がピクピクと動きます。

静電気は、どの様にしているのか分かりませんが、自分がいつも帯電しているようなので、常時、部屋の中に静電気が発生している感じがします。
酷い時には、体全体を静電気で蓋われたようになります。

光はブライティングと言って、自転車、自動車のライトを私に向けて走って来たりします。

部屋を暗くしていると、外から光がサ~ッと入って来ます。
始めは、盗み見る為に照らしているのかと思っていましたが、レーザー光線による加害の様です。

今迄、ブライティングは嫌がらせと思っていました。
レーザーは兵器にも使える危険な物のようです。

声被害の方に、加害者がメーザーを使っていると言っていると聞いた事があります。


ウィキペディアより 抜粋

レーザー(laser)とは、光を増幅して放射するレーザー装置を指す。レーザー光は指向性や収束性に優れており、また、発生する電磁波の波長を一定に保つことができる。レーザーの名は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語(アクロニム)から名付けられた。

レーザー光は可視光領域の電磁波であるとは限らない。紫外線やX線などのより短い波長、また赤外線のようなより長い波長のレーザー光を発生させる装置もある。ミリ波より波長の長い電磁波のものはメーザーと呼ぶ


メーザー(英語: maser)とは、誘導放出によって発生するコヒーレントなマイクロ波のこと。Microwave Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出によるマイクロ波増幅)の略称である。メーザーはレーザー同様、非常に指向性・単波長性が高い。指向性の高さから、先端科学用ピンポイント加熱装置などに用いられることがある。

目潰し用レーザー兵器 (BLW: Blinding Laser Weapon)人の目に向けてレーザーを照射し、その出力によって網膜に損傷を与えて視力を奪う兵器である(→光線銃)。可視領域外の波長が使える、使用が著しく容易でしかも継続的に作動できる、一瞬でも目に飛び込むと効果を及ぼす、網膜に及ぼした損傷が多くの場合不可逆的で永久的に失明する恐れがある、などの特徴から非人道的兵器と見なされている。1980年代後半には中国で歩兵用レーザー銃ZM-87(英語版)の開発が始まったとされる。これは敵兵の失明のほか、敵兵器の光学機器の破壊をも目的としていた。1990年前後からアメリカなども実用的な実験を行っている。1995年10月、特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW) 議定書IVが採択され、この種のレーザー兵器の使用・移譲禁止が規定された。また1996年のジュネーブ協定では、実戦配備されない段階にもかかわらず、使用が禁止された。この背景には、テロリストの手に渡るほど量産・普及してからの規制では手遅れだという各国の一致した判断があったという見方がある。さらに2002年7月に「New Scientist」誌に掲載された報告をきっかけに、戦闘機の空対空兵器として搭載が検討されているレーザー兵器についても、地上の民間人に偶発的に同様の効果を及ぼす恐れがあるとして反対運動が起こっている。

抜粋終わり  下線は私


メーザーは不可視だそうです。
光でも、見えなければ、いつ、どこから照射されたのか分かりません。

直径数ミリの火傷の様な傷が出来る事があります。

目に照射されると、いつまでも痛く、目を閉じると青、白、と光の消えない時が増えました。
見える光が入って来る時は、頭から足まで、全身を狙っています。

通販でレーザー光線を探すとレーザーラインユニットという物が安い値段で出て来ました。
手で持てるような物ですが、付き纏いの中に、何かを指でつまんでいるようなのが出て来るのですが、関係ないでしょうか?

レーザー、メーザーで検索して下さい。


家宅侵入 №5

昨日は、被害者の方達と被害者の御宅へ御邪魔して、その後は美味しく楽しくおしゃべりをして来ました。

留守中のICレコーダは、全部は聞いていないのですが、いつもの通り、家の近くでの大声立て。
小学校のチャイムの音が、大きく、小さく、しょっちゅう入っていました。

家の中の音は明白で、私が台所を歩いている時のギッというような特徴のある音が入っていました。

この他にも、家の中の物が揺れて、カタカタと鳴っている音。
たぶん、アパートの階段を、わざとドタドタと下りて家の中の物を揺らしている音。

相当、侵入されていると思い、開けたら分かるようにしているのですが、お手洗いの水洗を流している音が入っているように思います。
水道代を上げる為でしょうか、何回も入っています。

後は、いつものラップ音、家の中のコソコソ音、ビンに何かを当てているような音がいつもと同じように入っていました。

その他の被害は、今後分かるかも知れません。


今日の記事 週刊朝日より抜粋

「プリンシプルの男」か「狂人」か 遺族が明かす餓死判事の死の真相

(更新 2015/10/24 07:00)

今から68年前の10月11日、妻・矩子と幼い子供を残して一人の若き判事が死んだ。東京地裁判事で食糧管理法違反など経済犯を担当していた山口良忠(享年33)だ。闇米を拒否した末の餓死で、それに米国のマスコミは「プリンシプルの男」と最大限の敬意を表した。あの矛盾と欺瞞に満ちた戦後の混乱の時代を彼はいかに生きたのか。ジャーナリスト・徳本栄一郎が取材した。

*  *  *
 白石町は佐賀県の有明海沿岸にあり、秋には見渡す限り稲穂の波が揺れる。

 1947年10月12日、その田んぼの間の道を葬列が進んでいた。位牌を抱いて憔悴した女性と幼い2人の男の子、その後ろに親族や近所の住人が続く。

 その翌月の11月6日、米国を代表する大手紙ワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズにある記事が載った。山口良忠という東京地方裁判所の判事が飢えと病気で死亡したとの内容で、“a man of high principles”(プリンシプルの男)と紹介していた。プリンシプルとは原理原則という意味で、命を賭けて信念を貫く高潔さを指す。

 戦争終結からわずか2年、まだ反日感情が根強い米国で一人の日本人に最高の敬意を表したのである。

 きっかけはその2日前、朝日新聞西部本社版に載った記事だった。

「食糧統制に死の抗議」「われ判事の職にあり」という見出しと、その横に男性の写真がある。白石町出身で東京地裁判事の山口良忠(享年33)は食糧管理法違反など経済犯を担当していた。だが人を裁く身で闇米は食べられないとし、配給食糧だけで生活した。そして栄養失調による肺浸潤で倒れ、故郷で療養中に亡くなったとの趣旨だった。

 記事は本人が病床で書いたとされる日記を引用していた。

「自分は平常ソクラテスが悪法だとは知りつゝもその法律のために潔く刑に服した精神に敬服している。今日法治国の国民には特にこの精神が必要だ」「自分等の心に一まつの曇がありどうして思い切つた正しい裁判が出来ようか」

1945年8月の敗戦で日本は連合国軍総司令部(GHQ)の占領下に置かれた。GHQは新憲法制定や教育改革など民主化を推し進めたが、当の日本人はそれどころではなかった。敗戦の年は冷夏と水害も重なり米が記録的な凶作となった。旧植民地からの食糧輸入も途絶え、数百万の人々が海外から引き揚げてきた。そのため翌年には全国で未曽有の食糧不足が発生する。戦時中から政府は食糧管理法で米などの配給を導入したが、敗戦直後は遅配や欠配が相次いだ。

では人々はどうやって生きていたか。正規の配給以外のルートで食べ物を買いつける、いわゆる闇市場である。大都市の住民はすし詰めの列車で地方の農家を回り、わずかばかりの着物などを米や野菜と交換した。タケノコの皮を一枚ずつ剥ぐような「タケノコ生活」で、むろん食管法違反だ。見つかった場合は逮捕され食糧も押収、こうして捕まった者を裁くのが良忠の仕事だった。

山口良忠は1913年、佐賀県白石町で生まれた。彼の生涯を追った伝記『われ判事の職にあり』(山形道文著)によると、京都大学法学部に進んだ良忠は、1938年に司法試験に合格、横浜や甲府の勤務を経て大戦中に東京地裁に配属された。そして戦後の1946年10月、経済事犯担当判事に任命された夜、妻の矩子にこう告げたという。

「人間として生きている以上、私は自分の望むように生きたい。私はよい仕事をしたい。判事として正しい裁判をしたいのだ。経済犯を裁くのに闇はできない」「これから私の食事は必ず配給米だけで賄ってくれ。倒れるかもしれない。死ぬかもしれない。しかし、良心をごまかしていくよりはよい」(山形の著書が引用した矩子の手記)

 この1年後に良忠は亡くなるのだが、そもそも配給だけで生きる事は可能だったか。何がそこまで彼を追い詰めたのか。

良忠が判事に任命された同月、司法省は検事総長名で「経済取締の徹底強化」を命じている。同省は翌年3月にも経済関係の判検事会議を開いて闇撲滅を決議、その直後、全国一斉に列車の持ち込み荷物取り締まりが始まった。

 この強硬さの裏には占領当局の思惑もあった。GHQは米国政府に、飢餓が発生すれば占領遂行に支障をきたすとして対日食糧輸出を要請していた。だが米国民の血税を使う以上、日本側も最大限の努力をせねばならない。闇撲滅はその一環でもあった。

 だが現実に逮捕されるのは大物ブローカーどころか名もない庶民の方が多かった。夫が戦死し子供を抱えた女性なども容赦なく摘発されたが、10日以上の遅配が続けば誰しも闇に頼らざるをえない。

 いわば食管法は守れるはずのない法律、矛盾の塊であった。その中で良忠はどうしていたか。

「全くの配給だけなので、生活ぶりは、まことに惨めでございました。主食は缶詰のときは缶詰だけ、豆のときは豆ばかり食べるほかなく、目方を計りまして四人で分け合っていただきました。子供は、可哀想なので、出来るだけ多くやり、後を二人で分けあいました。野菜も魚類も統制され、身動きできない有様でした」(山口矩子手記)

 そして1947年8月27日、良忠は東京地裁で倒れた。栄養失調による肺浸潤と診断され、郷里の佐賀で療養する事になった。

今から6年前に良忠の出身地・白石町を訪ねた時、私はある女性をインタビューした事がある。井崎萩子、亡き良忠の妹である。彼女は半世紀以上も昔の兄の思い出を語ってくれた。

「じつは兄が亡くなった時、地元でも『あいつは気が狂っただけたい』という声があったんです。餓死してまで闇米に手を出さんのは異常すぎるというんです。でも東京から戻った後の兄は出された物は何でもよく食べとりましたよ」

 良忠が闇の食糧を拒否したのはあくまで判事として働いた間だった。

 職務を離れればもう良心の呵責に悩まずにすむ。まるで肩の重荷が取れたように配給以外の食べ物も口にしていた。

 やがて10月に入って風が冷たくなる頃、良忠の容態は悪化した。言葉を発するのも辛く、東京から駆けつけた妻とも筆談でやり取りした。そして10月11日午後2時20分、まるで力尽きるように息を引き取ったのだった。

抜粋終わり


私は、この方の事は、どなたかから伺って知っていました。
今日、この記事を目にして、戦争など関係無い、昔の事と思っている方に読んで頂きたいと思って長く抜粋させて頂きました。

元の記事は、もっと長いですが、出来れば元の記事を読んで頂きたいと思います。

この方は、狂人でしょうか?
戦争で、人間の殆どが狂っていたのではないでしょうか。
だから、この方が狂人に見えたのではないでしょうか。

証拠隠滅

千葉へ引っ越した時に、始めて所轄の警察へ相談に行きました。
生活安全課に通されて話すと、「被害は一つ一つ」「何故貴方が狙われるのか」「証拠は」等々、言われました。

被害は一つ一つという意味は、不特定多数の人からのストーカー、嫌がらせという事で、集団ストーカーと言ったのですが、その時点では集団ストーカーというのは無いという警察の言い分だったようで、あの人からストーカーされているという個人の特定が必要だった様です。

嫌がらせも同じ事で、通りすがりの知らない人が嫌がらせをしても、それで終わり、そんな人は放っておくよりしょうがないでしょう、気にしない方が良いですよ、という感じでしょうか。

毎日、様々な人から嫌がらせをされているという事は認識出来ないのか、しないのかは分かりません。

何故、私が狙われるのかは私が教えて欲しいと言ったのですが、被害届を出す時には、相手の動機を書く必要があるようです。
分かる訳がありません。
全く見ず知らずの1000人以上の人ですから。

証拠はと言われてICレコーダーで録音し、写真を録るようになりました。

レコーダーで録り始めると、私のする事は全て盗み見ていますので、証拠になる様な事は直ぐに止めるようになりました。

隣の犬の吠えたて、近隣の人の声立て、近所の布団叩き等は録音し始めると止めます。
人物が特定出来るものは止めます。

レコーダーは直ぐ電池切れになります。
変な事を言うと思われますか?
同じ事を訴えている被害者の方は、沢山いらっしゃいます。

写真は付き纏いを撮ろうとして、何度も危ない目に遭っています。
街頭活動に行った時、やくざ風の男に「撮っただろ」と絡まれ、その時は写していなかったので警察を呼ぶと言うと離れて行きました。

スーパーの中では、自分の事を写したのだからと、私の名前、住所、電話番号を教えろと言った女性がいます。
その人は制服を着ていて、自分の名前が分かったのだから、私の名前も教えろという事でした。

名前を言って、住所と電話番号は、貴女のも教えて貰えるなら言うと言ったら離れて行きました。

後日、他の被害者の方が私の周りをポスティングして下さった時に、その制服のお店にも周知しに行きました。

スーパーでは、南米系の女性に「貴方盗撮でしょ」と大きな声で言われた事もあります。
手提げに「組織的ストーカーに遭っています」というタグを下げていたので、これが読めますかと言ったら、さっさと出て行きました。

一番危ないと思ったのは、以前の記事に書いた、裏に住んでいる男を写して、駐在を呼ばれた時です。
精神科誘導、犯罪者に仕立て上げられない様にと、注意しながら話しました。

今思えば、男の顔も写っていないので、それほど緊張する必要も無かったのかも知れません。

この様にしながら証拠を録ろうとしているのですが…。

カメラは、幾つも壊されました。 遠隔からです!
写した物を確認しようとパソコンで見ていると、突然、画面が真っ黒になり、そのメモリカード自体が駄目になってしまいました。

携帯で写したもの、カメラで写したものを見てみると無い…。
どうも、消去されているようです。
携帯、カメラの電源を写している最中に切られている事も度々です。

このように、無くなっているものほど、何か写っていたのではないかと思いますが、どうしようもありません。
加害者は、証拠隠滅もお手の物です。


今日のニュース CNN.co.jpより抜粋

コカイン小包が体内で破れ死亡、興奮し乗客噛む 欧州旅客機

2015.10.22 Thu posted at 18:15 JST

(CNN) アイルランドの警察当局者は22日までに、密輸目的ともみられるコカイン入りの小包をのみ込んでアイルランド航空(エアリングス)機に搭乗したブラジル人の25歳の男が機内で興奮状態を呈し、他の乗客に噛(か)み付くなどの騒ぎを起こしたと報告した。

のみ込んでいた小包の1つが体内で破れたのが原因とみられる。ポルトガル・リスボンからアイルランド・ダブリンに向かっていた同機は、アイルランドのコーク空港への臨時着陸を強いられたが、男は直後に死亡した。

アイルランドの警察は、検視の結果、男は死ぬ前に白い粉状のものを体内で消化していたことが判明したと報告。コカインの可能性が大きいと判断した。

アイルランドの地元メディアは、男は小包80個に分けたコカイン約800グラムをのみ込んでいたと伝えた。末端価格は推定約5万6000ユーロ(約762万円)。

抜粋終わり


このニュースを見て、マイクロチップに毒物を入れ、何かの時にはそれを体内に出せば自然死、事故死に見せ掛けられると言っている方がいたのを思い出しました。

今、マイクロチップを検索してみると、スニーカーが出て来るのですが、マイクロチップが入っているという事なのでしょうか。

皆様、御存知でしたでしょうか。
御存知で無い方は、マイクロチップで検索して下さい。
ペット用ならば、獣医で入れられます。


此処へ引っ越してから、ほとんど外出しなくなりました。
荷物を片付けていたという理由もあるのですが、買い物にも行かなくなりました。

引っ越す前に行っていたスーパーが一番近いのですが、付きまとい、嫌がらせが酷いので行きたくありません。

外出しないと、一日中、付きまといがやって来ます。

車が何台も交代でウロツキ回ります。
子供、女、男、爺、婆、次から次へと声立て、大声で笑い声立て、咳、くしゃみ、口笛、ご苦労様です。

先日のストリートシアターのコメントで頂いた動画も同じですが…。
借家に住んでいた時からやっている事は同じ、マニュアルのようです。
家の近くを、ノロノロとゴソゴソと車でウロツキ、回転して行きます。

今の所は、ヘリなどの大きい音を立てている時に分からないように東側の駐車場に入り込みます。
住民しか止められない駐車場ですが、被害者の周辺は無法地帯です。

私の何かのタイミングで、ドアバンッを何回かやり、又コソコソ、ノロノロとアパートの西側に入り込む。
出て行ったのか、車を置きっぱなしにしてあるのかは分かりません。

声立てをしている奴も、西から東へ、また西へとウロツキ回ります。
時には、アパートの階段を上って来てドアの前をウロツキます。

何の為に、ノロノロと動かなければならないのでしょう。

被害者は何らかの方法で、生体電気信号、生体情報を盗み取られています。
他の人と一緒に居ても、私だけが認識出来る加害行為をして来る為、そのように理解しています。

私の生体信号、生体情報を盗む為?加害行為をする為?
近隣を訪ねている訳でもない車が、ただ私の近くをウロツク訳は、そういう事でしょうか。

外出すると、見も知らぬ人がすぐ近くに来て、気持ちが悪い思いを、度々経験します。


今日のニュース 河北新報 ONLINE NEWS より抜粋

<天童いじめ自殺>やまぬ悪口 孤立の果て

◎なぜ起きた集団いじめ 追い詰められる少女

 昨年1月、天童一中(山形県天童市)1年の女子生徒=当時(12)=がいじめを苦に自殺した問題は、第三者調査委員会がまとめた調査報告書で、いじめの詳細な実態が明らかになった。報告書はクラスと部活動で続いた悪口や嫌がらせ、仲間外れを「集団いじめ」と断定し、傍観した多くの生徒、教職員らの責任も問うた。集団いじめはなぜ起きたのか。女子生徒のSOSをなぜ見落としたのか。134ページに及ぶ報告書から検証する。(山形総局・伊藤卓哉、長谷美龍蔵)

 いじめが自殺の主要な原因と認定した報告書は、女子生徒を取り巻く人間関係をつぶさに描き出した。
 クラスには遠慮なく大声でしゃべり、誰彼構わず悪口を言う女子グループがあり、いじめを主導した加害生徒らが中心にいた。所属したソフトボール部でも、加害生徒ら重複するメンバーがグループを形成。クラスと部活動で影響力を持った。

<泣きながら訴え>
 女子生徒はおとなしく、1人で小説を読むことも多かったが、話せば面白い印象を持たれていた。個性の強いグループには気後れし、嫌悪感もあった。グループはそんな態度が「異質」に思え「気に食わず」「いら立ち」を覚えたとみる。
 2013年5月下旬、女子生徒への悪口が始まった。「いじめは部活動とクラスで複数の生徒により行われ、身体的攻撃は認められない悪口や陰口、集団からの排斥といった集団いじめ」があったと判断した。
 女子生徒は表情を変えることなく、聞いていない、気にしていない雰囲気を漂わせた。だが、7月上旬、「私何か言われてる?」とクラスメートに尋ね、普段は感情をあらわにしないが、悪口への不満を漏らした。
 部活動では、ペアを組む多くの練習でいつも1人余る存在にされ、相手を探し回る姿を嘲笑された。捕球できないボールをわざと投げられる光景も見られた。
 2学期になり、女子生徒は誰も名乗りを上げないクラスの役職に立候補し、積極的な様子を見せていた。
 ところが、9月10日前後にあった部活動のミーティングをきっかけに、いじめはエスカレートしていく。
 顧問は「陰口でなく、みんなの前で」言うよう指導し、女子生徒は「仲間外れをしないでください」と泣きながら訴えた。だが、加害生徒の悪口や問題行動を非難する声が上がり、加害生徒は逆恨みの感情を持って行動を激しくした。

<「校舎に来るな」>
 11月になると、悪口は言葉や黒板への書き込みを含め「常態化」した。他の生徒には無視や、仲間外れにするよう働き掛け、話しているだけで干渉した。
 女子生徒は授業中までノートに絵や小説を書くことに没頭するようになり、教師に注意されている。友人としゃべらなくなり、「見て分かるくらいの孤立感」があった。悪口は、冬休み前最後の練習まで続いた。
 女子生徒は3学期が始まる14年1月7日、山形新幹線にはねられ自殺した。新築した校舎を初めて使う日だった。遺族側は、新校舎に来ないよう言われたことが引き金になったとみる。
 報告書は「一生懸命やってみたが状況の改善につながらず、自分を押し殺して心を閉ざしたが、孤立しただけでいじめは収まらず、追い詰められ、自殺を選んだ」と結論付けた。

●報告書の提言
 ・心理的な嫌がらせなど暴力を伴わないいじめを過小評価してはならない。日常的な悪口や嫌がらせは被害生徒にとってダメージが大きく、深刻な事態を発生することを正しく認識した対応と措置を実践する必要がある。

[天童いじめ自殺問題]天童一中1年の女子生徒が3学期が始まる2014年1月7日午前8時ごろ、登校途中に山形新幹線にはねられ死亡した。自宅からは「陰湿な『イジメ』にあっていた」「ダレカ、タスけテよぅ」などと書かれたノートが見つかった。学校は1月15日、全校生徒約530人を対象にアンケートを実施した。13人が女子生徒へのいじめを直接見聞きし、100人以上がいじめに関して記述した。

抜粋終わり


集団ストーカー、嫌がらせ犯罪は被害者を孤立させ、自殺させる事も目的としています。
集団ストーカーは自殺強要ストーカーとも言われます。

昔の村八分のように、近隣で口裏を合わせ、被害者が悪いという誹謗中傷をアチコチにばらまきます。

天童で自殺された方は、集団ストーカーの被害者ではなかったでしょうか。
学校のいじめと、集団ストーカーの根本は同じではないかと思っています。
他人事と思わず、集団ストーカーと言われる組織的犯罪を知って下さい。

ストリートシアター、色々。

改札を入ると、椅子に座って携帯を警官に向け、何かを怒鳴っている男。
周りには 4.5人の警官。

電車が駅に着くと、降りた乗客が喧嘩を始める。
そこへ駅員が登場、電車を遅らせる。

改札を通ろうとすると、横に居た老夫婦の男の方が、杖で床を叩きながら女を大声で怒鳴る。

車で駅へ向かっていると、車が渋滞して進まなくなる。
延々と進まないので事故かと思っている。
やっと動き始め、300m位進むと、警官が5.6人、車2台、大した事故の跡も無い。

以前記事に書いた、家の近くでパトカー、白バイ、警官の交通違反待ち伏せ。

何故か、ストリートシアターの登場人物に警官が多いのですが…。

では、何の目的でしょう。
私の目を引き、足止めして時間妨害をする為。

始めは、立ち止まったりしましたが、やらせと認識してからは無視です。
家の近くで待ち伏せの時だけ、理由を聞きましたが。

何故、無視をしているのに止めないのでしょう。
コメントを入れて下さった方のシアターも同じですが、加害者の動きは不自然です。

YouTubeで街宣の動画を見ていると、同じ様に不自然な動きをする加害者が沢山写っています。

ただ、被害者の気を引く為だけならば、同じ様に不自然な動きをする必要はありません。
何をしているかは分かりませんが、何かの目的が無ければ、この様にはならないと思います。


YouTubeを見ていて、気になったので、書かせて頂きます。

眠剤で攻撃性助長と言っていました。

薬剤には必ず副作用があると聞いた事があります。
医者には話し難いという事もありますが、医師、薬剤師に処方された薬について説明して貰って下さい。


ウィキペディアより抜粋

睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。

他害行為[編集]

アメリカ食品医薬品局 (FDA) の有害事象報告システム (AERS) のデータを解析し、殺人や傷害などの他害行為のリスクは、トリアゾラム8.7倍(ハルシオン、ベンゾジアゼピン系)、ゾルピデム6.7倍(マイスリー、非ベンゾジアゼピン系)、エスゾピクロン4.9倍(ルネスタ、非ベンゾジアゼピン系)、ジアゼパム3.1倍(セルシン、ベンゾジアゼピン系)、アルプラゾラム3.0倍(ソラナックス、ベンゾジアゼピン系)、クロナゼパム2.8倍(リボトリール、ベンゾジアゼピン系)であった。他害行為の副作用は、短時間作用型のものの傾向がみられる。アメリカと日本での承認状況が異なる。アメリカでは、フルニトラゼパムは医療用に承認されていないが、ほかの国の調査で健忘を伴う暴力行為との関連が見られている。

抜粋終わり


睡眠薬で検索したところ、大量の情報で、他害行為の部分だけを載せました。
ほんの一部分だけですので、皆様も睡眠薬で検索して下さい。


 | ホーム |  前のページ»»