プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

テクノロジー犯罪、集団ストーカー、嫌がらせ犯罪を一般の方に気付いて頂きたいと思います。
ストーカー規制法の改正の為、何よりも、この犯罪の解決の為に!

このYouTubeも先日の津波のものを見ていて見つけました。

内部告発のものは、告発者はどのような人なのか分からないと、信用しない方も多い様です。
陰謀論と言われる方もいらっしゃいます。

情報の一つとして見て頂いて、判断して頂きたいと思います。


「テロリストの黒幕はアメリカとイスラエル」スノーデン氏の先輩の内部告発(経済テロは気付きにくい)





今日のニュース ITmedia ニュースより 抜粋

怪しいドローンを安全に強制着陸させる“兵器”「DroneDefender」(動画あり)

米Battelleが、飛行中のドローンの制御を乗っ取って強制着陸させるライフル状の「DroneDefender」を発表した。重さ約4.5キロで“射程”は400メートルだ。

米研究開発機関のBattelleは10月13日(現地時間)、ドローン(無人機)の飛行を阻止するための“兵器”、「DroneDefender」を発表した。

 一見、ドローンを撃ち落とすツールに見えるが、周波数制御を妨害する技術を採用し、照準を合わせたドローンを“打つ”ことで制御を乗っ取って着地させることができる。

重さは4.5キロで0.1秒以内に起動し、約5時間持続する。“射程”は400メートル。

 米メディアMotherboardによると、来年には製品化される見込みで、複数の米連邦政府機関から引き合いがあるという。

 ただし、DroneDefenderで使う周波数は米連邦通信委員会(FCC)の管理下にあるので、当面は政府機関以外は使えない見込みだ。



抜粋終わり 下線は私


スポンサーサイト

 | ホーム |