プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

私が引っ越しを始めたきっかけは、隣の家で、朝の5時頃から「ナンミョ~」というお題目が聞こえ、一日中やり続けるという嫌がらせが発端でした。

この時のアパートの隣のKも、創価学会員でしたが、その他には近所に公明党のポスターを見る事もありませんでした。

I市に引っ越してからは、一戸建ての時から今現在も、私が駅へ行く、買い物に行く、その間に公明党のポスターは一ヶ所も貼ってありませんでした。

多摩川の方へ行くと、ポスターの貼ってある理容院、聖教新聞の販売所、今のアパートの最寄り駅の近くにタイコを叩きながら「ナンミョ~」と大人数でやっている施設?と思われる所が有るだけです。

引っ越してから、此処で創価学会に囲まれているとは思っていませんでした。
今のアパートも、同じです。

以前からカルト№の車の付き纏いはありました。
ヘリが飛んだり、「ピーポー」が鳴ったり、郵便屋のバイクが来て録音してレコーダーを止めるとカルト時間!

9時42分に「ウ~」、9時46分にジェット機、16時(4時)44分に近隣の車が戻って来る等。
私のタイミングにピタリと合わせる時は、カルト時間になりませんが、その他は殆んどがカルト時間です。

この事はとっくに認識し、気にもなりませんでした。
デモ中のレコーダーを聞き終わって気が付いたのは、留守中にもカルト時間で音立てをしていました。

レコーダーは、出掛ける前にONにします。
すると4時間9分過ぎ、4時間49分過ぎ、9時間51分過ぎ(苦来い)、ゾロ目、〇時11分、こんなカルト時間が並んでいます。

何故、こんな馬鹿馬鹿しい事をやっているのでしょう。
やはり、私を囲んでいるのはカルト集団なのでしょうか?

これで何が出来るというのでしょう?
呪いでもかけているつもりでしょうか?

仄めかしは、何の実害も無く、全く気になりません。
異常だという証拠になると思い、録音を続けています。


今日は、12時59分にヘリが飛び始めました。

次が13時24分、14時6分、14時8分、14時10分、14時59分~2分間、15時4分、15時6分~12分間、15時25分~43分間、延々と大きな音でヘリの音を立て続けられました。

初めはレコーダーを止めていたのですが、止めると直ぐ次のヘリ音が鳴り始めるので、連続で録音しました。

I市に来てから、ヘリの音を1時間位立て続けるという嫌がらせは3回目だと思います。
警察でしょうか、自衛隊でしょうか?
以前、航空局に問い合わせた時は国体と言いましたが、私の家の上を1時間飛ぶという偶然は無いでしょう。

もう、問い合わせる気もありません。



今日のニュース テレ朝news より引用

JR三鷹駅の構内で20代女性の尻を…都職員を逮捕(2015/11/30 11:57)

東京都庁の職員の男が、JR中央線の三鷹駅の構内で女性の尻を触ったとして現行犯逮捕されました。

 東京都建設局の職員・古谷宏一容疑者(28)は28日午後11時ごろ、JR中央線の三鷹駅の構内で20代の女性の尻を触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、痴漢被害に気付いた女性が声を上げ、近くにいた男性らが古谷容疑者を取り押さえたということです。古谷容疑者は酒を飲んで帰宅する途中でした。取り調べに対し、「酒に酔っていて、よく覚えていない」と供述しているということです。

引用終わり


この犯罪に気付かされてから、ニュースを書いてあるまま、聞いたままを信じなくなりました。
集団ストーカーが口裏を合わせれば、簡単に冤罪を作り出せます。
布団叩きおばさん、騒音おばさんの例でよく分かります。

テクノロジー技術の脳操作を使っても、冤罪を作り出せます。

自分にはこの様な犯罪は関係無いと思われる皆様。
被害者にならなくても、犯罪者に見せ掛けられてしまう可能性もあります。
是非、関心を持って調べて頂き、理解して頂きたいと思います。


スポンサーサイト
今日は、昨日の続きで、デモに行った時の留守中のレコーダーを聞いていました。

以前から思っていたのですが、私の行動に合わせたタイミングで音がしています。

駅に着き、電車に乗った頃に目立つ音がしていました。
これは、私が家に戻るには時間が掛かるので、家宅侵入OKの合図だと思っていました。

デモ当日、急に目立つ音が多くなった時間がデモを始めた時間。
終わった頃には、大きな音立てが少なくなっていました。

デモ中は、大声立て、ザーッと水洗を流す様な音、工事をしている様な音、表現しようの無い変な音が続いていました。

日曜日ですが、小学校で野球の練習をしている様な音、金属バットにボールが当たる様なカンッという高い音、大声、ピアニカ風のブーブー音、ポンポンポーンと時報の様な音が入っていました。

練習であれば、ピアニカ風の音も、時報の様な音も、音の大きさはそれ程変わらないと思います。
家の中で鳴らしているのではないかと思われる様な大きなブー、ポンが入っていました。

家の中の音は、大きなラップ音、家の中の物が揺れている音、後はザーザー音に消されています。
家の近くでウロツキ回る音、足音やガシャンという様な音も、多く入っていました。

ずっと私の行動に合わせているとは、思いませんでした!

上記は台所に置いたレコーダーですが、部屋に置いた物に、女の高笑いが入っていました。
よく聞かされるものですが、本当に異常な感じです。

加害者は被害者を精神病に見せ掛けて精神科に誘導しますが、加害者の方が余程異常です。

今日も、日曜日という事で階下は一日中バンッ音立て、昨日布団に入った後の深夜0時過ぎから今迄で28回。

レコーダーのザーザーを聞いている時に玄関前で音がするのでレコーダーを止めると、【達磨さんが転んだ】の様にピタリと音が止まり、レコーダーを聞き始めると又ゴトゴトと隣家が動き始めました。
そして、お決まりのドアバンッ。

身体攻撃も酷く、心臓ドキン、頭の痺れ痛み、マイクロ波による暑さ、電磁波でクラクラとしています。


今日のニュース テレ朝news より抜粋

車がアーケードを30m暴走 85歳男性はね柱に激突(2015/11/29 17:33)

東大阪市の駅前アーケードで乗用車が暴走し、歩行者をはねました。男性がアーケードの入り口付近に車を止めたところ、警察官に「ここは止められません」と言われたために、いったん車をバックさせました。しかし、車は縁石にぶつかり、急発進します。前を歩いていた男性をはねるなど約30m暴走し、柱に激突してようやく止まりました。

 29日午前10時ごろ、東大阪市の近鉄瓢箪山駅の近くにある商店街で、68歳の男性が運転する乗用車が約30mにわたって暴走しました。乗用車は当時、車両通行止めとなっていた商店街で急発進し、歩いていた85歳の男性をはねた後、アーケードを支える柱にぶつかって止まりました。はねられた男性は軽傷で、車を運転していた男性もけがをしました。男性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということです。

引用終わり


いつ頃からか、この様なニュースを度々見る様になりました。
テクノロジー技術、ブレインマシンインターフェイス(BMI)は脳の信号を読み取り、人間をコントロールする事が出来ます。
悪用すれば、様々な事故を演出する事が出来ます。

ブレイン・マシン・インターフェースで検索して下さい。


度重なると…

昨日は、被害者の方達が来て、おしゃべり、飲み食べ交流をしました。
引っ越しの時に手伝って頂き、その後も何度か来て貰って、家具の組み立て等もして頂きました。

この犯罪の特徴として、何度か同じ事をする、同じ店に行く、同じ道を通る、というような事をすると、初めは被害も感じず、付きまといもそれほど居なかったのに、度重なる内に、被害が酷くなっていきます。

住んでいる私自身も酷くなっていますが、いらしてくれた被害者も、全く無事という方は一人も居ません。

皆さん、それぞれ防御をしたり、居場所を変えてみたり、体制を変えたりしながらで、なかなか大変でしたが、普段はおしゃべりも出来ないので楽しい時間を過ごしました。

楽しい時間を過ごした後は、大変な被害になります。

被害者の方が帰り、私一人になると近隣の音立てと共に、電磁波が酷くなり、頭の痺れ、クラクラとしてふらふらと家の中を歩く事になりました。
心臓に来る加害も酷く、報復をされる筋合いはありませんが、被害者間では報復と言われている仕返しです。

それでも、家の中に一人で居ると楽しいなどという事は皆無なので、又来て頂きたいと思います。

被害者の方に教えて頂いたのですが、ベランダに置いてある室外機の蓋が外されているそうです

ベランダに置いたセンサーも鳴らし、いつもゴソゴソと音がしているので、人が入っているのは間違いないと思いましたが、これで確実になりました。

昨日気付いたのですが、窓の鍵が開けてありました。
部屋の中まで入っているのは、最近気が付いたのですが、いつ頃から開けてあったのか分かりません。
雨戸は閉め切っていますので、部屋の中からと思われます。


留守中の音

デモミーティングに出掛けた時のレコーダーを途中まで聞きました。

特徴的なのは、男のクシャミ、空咳が、大きな音で、何度も入っていました。

時報の音が立て続けに入り、その後に野球のバットにボールが当たるような音がしていました。
スポーツは苦手で分からないのですが、機械でボールを投げて打つ、その機械の音でしょうか。

それにしては大きな音で入っていて、一体どこでやっているの?と思います。


今日のニュース 産経ニュース より引用

2015.11.28 16:44更新

【緊迫・南シナ海】
フィリピンが韓国からFA50戦闘機導入 10年ぶり「戦闘機不在」解消も性能は…

フィリピンが韓国から購入したFA50戦闘機2機が28日、ルソン島のクラーク空軍基地に到着した。フィリピン軍は10年間にわたって戦闘機部隊が存在しない状態が続いていたが、中国との領有権争いが激しさを増す南シナ海情勢を反映した軍近代化の一環として導入された。

 FA50は韓国航空宇宙産業が製造し、2017年にかけて計12機が納入される。総額は189億ペソ(約492億円)。部隊編成後は、南シナ海を臨むスービック湾の飛行場に配備される予定だが、防空レーダー網などは未整備のため、どれだけ効果的に運用できるかは未知数だ。

 2機は28日早朝に韓国を出発し、済州島と台湾南部の高雄で給油。フィリピン空軍の操縦士ロランド・ペニャ中佐は「領域警備を行う上で画期的だ。より素早く現地に到達できる」と喜ぶが、FA50は練習機を基に開発されており、性能は高いとは言えない機種だ。(共同)

引用終わり


どの国も戦争出来る国造りなのでしょうか…。
戦争を止められない、地球人…。


テクノロジー犯罪の被害者でも、人それぞれ被害が違います。
他の被害者が言う事を、信じられないと言う方もいらっしゃいます。

この犯罪は、被害者の生体信号、生体情報を盗み取り、それによって様々な加害行為をしています。

人間は電気信号で動いています。
シナプスという言葉だと分かりやすいと思います。

脳の電気信号を読み取れば、全ての事が出来ます。
その人の記憶の再送、書き換え、消去。
味覚の送信、筋肉を動かす、感情の操作をする、何でも出来ます。

脳の操作が出来るのですから、病気だと思わせる事も出来ます。
マイクロ波等、科学技術を使って、本当の病気にする事も出来ます。

被害に気付かされた時は、この様な事は全く知りませんでしたので、他の方の言う被害が理解出来なかった事も多くありました。
現在は、どのような事を言われても否定出来ません。

話が横道にそれてしまいました。
被害者の方でも、そんな事は有り得ないでしょうと思う事を記事にしようと思いました。

引っ越す前の一戸建ての時から気が付きました。
被害者は24時間盗み見られています。
壁が有っても、雨戸を閉めても、真っ暗にしても、何らかの方法で見ています。

どうやっても見ていますが、明るければ余計に見やすいと思い、外からは出来るだけ見えないようにしました。
今も、薄暗い中で生活しています。

すると、加害者が私を見たい時、今まで曇っていた空に、お日様が射して明るくなるのに気が付きました。
以前は居間の他は陽も入らない様にしていましたので、部屋で何かをしようとすると晴れて来ました。

今のアパートでは、雨戸は閉めてありますが、台所の窓は何もしていないので、そこから陽射しが入ります。

シンクやガスコンロの前に立ち、洗い物や料理をしようとすると、今日も曇っていたのにパーッと晴れて来ました。
部屋に戻り、被害ノートを書き始めると曇り、部屋の中は薄暗くなりました。

ここでも、この被害を確認したので、記事にしました。
まさか私一人の為にHARRPは使わないでしょうが…。

では何でしょう?
どこかから太陽光に見せかけた物で、ブライティングをしている?
普通の光、サーチライトの様な物で照らしているのに、私が太陽光と認識する?

いずれ、解明される時が来るでしょう。
この様な話でも、信じて下さる被害者の方もいらっしゃると思います。

夜は、小学校の体育館から照らしています。
これは分かりやすいです。
デモから10時半頃に遅く帰った時も、休日の小学校の体育館入口に煌々と明かりが点いていました。


今日のニュース テレ朝news より引用

「中国人と結婚応じる日本人探せ」40組を偽装結婚

40組以上を偽装結婚させたとみられています。

 結婚ブローカーの平山東子容疑者(51)はおととし、風俗店従業員で中国人の芦秀梅容疑者(45)に長期在留資格を取得させるため、日本人の男と嘘の婚姻届を提出させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、平山容疑者は、仲介役の武井俊夫容疑者(70)に「中国人との結婚に応じる日本人の男を探してくれ」と指示し、40組以上を偽装結婚させていました。報酬として約3000万円を得ていたとみられています。取り調べに対し、平山容疑者は「お見合いさせただけで、偽装結婚なんて知らない」と容疑を否認しています。

引用終わり


この犯罪の目的は、戸籍の乗っ取りと言う方もいらっしゃいます。
どの様に防げば良いのでしょうか?
私と同年代前後に、結婚をしていない友人、同僚が沢山居ます。



6月の下旬に、現在の所に引っ越して来ました。
大家さんと一緒にリフォームをしたり、荷物を片付けたりで家の中でやる事があったので、殆んど外出しませんでした。

付き纏い、待ち伏せ、スーパー等、お店での嫌がらせが出なくなった理由でもあります。

9月の半ば頃から、Eの会に参加したり、デモの関係で外出したり、被害者の方に誘って頂いて、あちらこちらと外出する事が多くなりました。

家の中では、身体攻撃が酷いので、色々な方に教えて頂いた防御をしています。
人前には出られない格好になります。
防御は完璧には出来ませんが、被害が減衰するものもあります。

家の中の同じ所に居ると、その場所を狙って攻撃を続けます。
頭の上から、足の先まで、アチコチがじわ~っと痛くなります。
なので、なるべく、家の中でも、ウロウロと位置を変えます。

何をやっても、変わらない、防御出来ないものがあるのと、防御すると余計に出力を上げるのか、さらに酷い加害をして来る事もありますが、何もやらないよりはマシだと思い、アレコレとやってみています。

テクノロジー犯罪は、何を、どの様に、何処からやっているのか、推測が出来るものはあっても、確実には分かりません。
階下から電流が流され、足の筋肉がピクピクと動いても、階下に訪ねて行って、家に入る事は出来ません。

テクノロジー犯罪は、私個人の生体信号、生体情報を盗み取り、私だけにしか認識出来ない電気的加害行為をしている犯罪です。
やれる事をやるしかないのです。

2ヵ月半位は、ほぼ引き籠りの状態でした。
心臓への攻撃が減っていた様に思います。
揺れも、少なく感じました。

出掛ける事が多くなると、心臓加害も揺れも戻った様に思います。

心臓も、口から飛び出そうな不整脈様の加害をされたり、ドキンと単発のものは、しょっちゅうやられています。
デモの懇親会場へ着き、座った途端にグラグラと揺れていました。

やはり、ウヨウヨと私の近くを付き纏う奴らが、生体情報を盗み取っているのでしょうか?
それとも、留守中に家の中に入り込んで、加害する物を沢山仕掛けて行った結果でしょうか?

引き籠れば寝たきり老人、出ると身体攻撃が酷くなる。
動けなくなるのは困るので、やはり出るしかないでしょう。


今日のニュース izaイザニュースまとめ より抜粋

ベルギー市民、テロの脅威にネコで“対抗”

ことの発端は国防相のツイート。捜索の動向を投稿しないように要請した

ことの発端は、11月22日夜、ベルギー国防相がTwitterで、「警察は、SNSに警官らの動向を投稿しないように要請しています。みなさんの支援とリツイートをお願いします。#BrusselsLockdown(=ブリュッセル封鎖)」と、市民に呼びかけたこと。

「ブリュッセル封鎖」でネコ画像ツイートが大流行 ベルギー〔2015年11月23日 AFP〕

市民は代わりにネコ写真を投稿…Twitterがネコだらけに

市民は国防相の要望を受け、捜索に関連しそうなツイートを自粛。さらに、現場や警察の動向を投稿する代わりに、ネコ写真を投稿し始めた。オランダ放送協会(NOS)のカメラマンが飼いネコの写真を投稿すると、それを見たユーザーも同様に投稿し始め、ベルギーのTwitterは“ネコ”であふれ返った。

厳戒態勢下のベルギーで突如猫ツイ祭りが勃発〔2015年11月24日 engadget日本版〕

“発起人”オランダのカメラマンのネコ投稿

発起人1

Twitterを埋め尽くした“ネコ投稿”の数々…

#BrusselsLockdownが“合言葉”

ベルギーのTwitterは、投稿された挙動不審なネコ、おびえたネコなどの写真でいっぱいに…。シュールレアリスムの巨匠ルネ・マグリットを生んだベルギーからは、シュールな投稿も相次いだ。WSJによると、ツイートは複数言語にわたり、ハッシュタグは11月22日だけで20万6000回以上使用された。

「ブリュッセル封鎖」でネコ画像ツイートが大流行 ベルギー〔2015年11月23日 AFP〕
水面に映った姿は…

水面に

「外に出るなって言われてるけど、彼らがその指示を聞いたかは不明…」

外に出るな

抜粋終わり


国家はテロと言って、国民の恐怖を煽るのでしょうか。
こんな機転の効く対応が出来たら、素敵です。

【ベルギー流のユーモア】で検索して下さい。
シュールな、可愛い、考えさせられる写真が沢山です。


ブログに書くと、同じ事をすると、以前の記事に書きました。
昨日、同じ事が起きました。

11月の17日に、前の一戸建てで、私が煩くしているから更新出来ない、出て行く様にと大家と裏の男が来たと記事に書きました。

昨日、17時55分にインターホンが鳴り、出ないでいるとドアを叩き、ドアノブをガチャガチャとやり、ドアポストにも何かやっている音がしました。

訪ねて来るのは加害者しかいませんので、出ませんでした。
これが、不動産屋だったようです。

夜、大家さんから、不動産屋が、私の階下の人が、私が音を立てていて煩いと言っていると苦情の電話が入ったとメールが来ました。

私の下の住民がバンバンと音を立てているのは以前から書いています。
大家さんが来た時も、被害者の方が来た時も、バン音立てをしています。

何人も聞いた人が居るのに、よく不動産屋に言って行けるものだと感心します。
自分は静かに生活していると、良い人ぶっています。

私がお手洗いに行けば真下で、部屋で座っていれば、その真下で、何度でもやっています。

今日は、平日でしたが9時49分、カルトな時間にバン音立てを始め、今迄に19回です。
全てをレコーダーに録る必要も無いと思い、メモを残す事にしました。


今日も、留守中のレコーダーを聞いていました。

すると、レコーダーでクラクションの音がする前にはクラクション、キ~ッという音がする前には同じ音と、合わせる様に音を立てていました。

どういう意味が、あるのでしょう。
本当にバカバカしい犯罪です。

音で気が付いた事は、東側の道路に面した部屋へ置いた物には、工事の様な大、小、音、西側の台所に置いた物には、シャ~ッという様な大きな音が延々と入っていました。



被害者団体ではありませんが、精神医療被害、向精神薬の薬害で活動している、市民の人権擁護の会のYouTubeです。
テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は精神科誘導をされている方も多いので、是非、ご覧になって下さい。

歌を借用させて頂きましたが、シンポジウムのYouTubeもありましたので、市民の人権擁護の会で検索して、見て頂けたらと思います。




昨日は、集団ストーカー周知、撲滅の為の渋谷デモでした。
54名の方に参加して頂き、無事にデモを終了する事が出来ました。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。

デモの拡散をして下さった皆様、ありがとうございました。

デモに対しても、被害者個人個人にも、様々な妨害が有りましたが、デモ本番では、いつもの被害と同じで、デモ隊の撮影、待ち伏せ、重低音車、バイクによる嫌がらせの音立て位だったと思います。
デモに集中する事が出来、懇親会まで、滞り無く終了する事が出来ました。


家宅侵入 鎌倉に出掛けた留守中の音!

最近は、レコーダーに「シャーッ」という音を送信され、小さい音を聞こえなくしている様です。
家の中での大きなラップ音は何度も入っていますが、コソコソと動く音が、分からなくなりました。

特徴的だったのは、【時報】です。
割りと高い音で「ボッポッポッポーン」と一時間毎ではなく何度も入っていました。
この様な音を使う作業が有るのでしょうか?

後は、いつもの近くでの大声立てと、小学校でピアニカでも吹いている様な音が多く入っていました。



今日のニュース livedoorNEWS より引用

アフリカ系米国人、35歳まで生きると確信しているのはわずか半数

2015年11月23日 17時51分  AFPBB News

【AFP=時事】アフリカ系米国人の若者のうち、35歳まで生きられると確信しているのは約半数だけだという研究結果が18日、発表された。

 論文が掲載されたのは、米専門誌「保健・社会行動ジャーナル(Journal of Health and Social Behavior)」12月号。米国で暮らすメキシコ生まれの若者ではその数はさらに低く、38%だったという。

 一方、白人の若者では、35歳まで生き延びられると「ほぼ確信」しているのは66%だった。

 論文によると、白人米国人とキューバ系米国人の若者では、将来について楽観的な人が圧倒的に多かったという。

 米ネブラスカ大学リンカーン(University of Nebraska-Lincoln)校のタラ・ワーナー(Tara Warner)助教(社会学)によると、移民や米国生まれの人種・民族的少数派は、組織レベルでも個人レベルでも人種差別や偏見を経験することが多く、そのことが健康や幸福感の他、現実的もしくは本人が認識する人生のチャンスを阻害しているが、白人はそうした人種差別を受けることがないと指摘する。

 迫害や国外退去への不安を含むそうした経験は、人種・民族的少数派や移民にとって慢性的なストレスの原因になる可能性があり、さらには若者たちの間でさえ、幸福感を阻害するという。

 論文「Adolescent Survival Expectations: Variations by Race, Ethnicity, and Nativity」は、人種、民族、移民の各団体すべてを通じて、生き延びることへの期待感をパターンとして立証する初めての論文として作成された。

 データは、12~25歳の若者1万7100人を対象に行われた全米調査の結果を基にしている。

 主執筆者のワーナー氏は、共同執筆者でオハイオ州のボーリング・グリーン州立大学(Bowling Green State University)の社会学教授であるレイモンド・スイッシャー(Raymond Swisher)氏とともに、白人、黒人、メキシコ人、プエルトリコ人、キューバ人、アジア人と自身を特定できる人々に対象を絞って調査を行った。
【翻訳編集】AFPBB News

引用終わり


私も平和ボケにコントロールされていたようで、人種差別などという問題は、とっくに解決したものだと思っていました。
集団ストーカーの被害に気付かされてから色々調べて、地球が平和になった事など一時も無いという事が理解出来ました。

戦争を止めない、軍事技術の開発を止めない、自然を壊し続ける、これが地球人です。


以前にも告知させて頂きましたが、明日は「集団ストーカー周知、撲滅デモ」を行います。
この犯罪を解決する為に、皆様の御協力を御願い致します。



【集合日時】22日 日曜日 午後1時30分(時間厳守)
【集合場所】東京都渋谷区・宮下公園北側広場

デモは渋谷界隈を約1時間程歩くコースです。
上り坂もあります。

事前申し込みは不要です。自由参加です。

デモ終了後は懇親会があります。
懇親会はデモ参加者であることが条件です。
懇親会のみの参加はできません。

懇親会参加ご希望の方は、2500円をお釣りがない様に御用意下さいますよう、御協力を御願い致します。


今日のニュース livedoor゜NEWS より引用

東京外環道 くい打ち機が突然倒れ、道路に

2015年11月21日 17時48分  日テレNEWS24

21日朝、東京・練馬区で東京外環道を延長する工事をしていたくい打ち機が倒れる事故があった。

 警視庁と東日本高速道路によると、21日午前10時頃、練馬区の東京外環道の大泉ジャンクション(JCT)付近で、道路の延長工事をしていたくい打ち機が倒れた。

 くい打ち機は、高さが約30メートルあり、東京外環道の内回りの道路を横切るように倒れた。現場で機材を移動していたところ、突然傾き、そのまま倒れたという。ケガ人はいなかった。

 倒れた杭打ち機を切断し撤去する作業を行っているが、外環道内回りでは午後5時現在、大泉ジャンクションの手前約5キロにわたって車が連なり、動けなくなっているという。

引用終わり


この様な事も、テクノロジーを使って事故に見せ掛ける事が出来るのではないかと思っています。

以前にも、解体工事中に残っていた壁が崩れ、下敷きになって亡くなった方もいらっしゃいます。
このニュースを聞いた時は、被害に気付かされてはいませんでしたが、本来の仕事をしていれば、有り得ない話だと思っていました。

足場が崩れたという事故もあります。

被害者の行動の全ては、加害者に把握されています。
被害者が通りかかった時に事故に見せ掛けて倒す…、有り得ない話でしょうか…。

加害者の最終目的は、事故死、自然死、自殺に見せ掛けて殺す事です。
世界中で被害者が訴えています。
誰でも、被害者になる可能性がある犯罪です。


家宅侵入№7

今日は、デモミーティングに出掛けた時の留守中のレコーダーを聞いていました。

どうも部屋にも入り込んだようです。
戸を開けたら切れるように紙を貼って行きました。
帰った時に、切れてはいませんでしたが、戸を引いた時に紙がそのまま剝がれて来た様な感じがしました。

きっと一度剥がして、又、貼って出たのでしょう。

レコーダーは、東西に置いていましたが、道に面した方のレコーダーの音が、一時的に大きくなっていました。
襖を開けたまま何かやったのだと思います。

最近、加害が酷いので、部屋の防御を少し変えました。
それを見て行ったのでしょうか?
それだけではないかも知れません。

防御は様々な事を試していますが、完璧に防げる物はありません。
現に、今もマイクロ波を照射され、暑くなって汗が出て来ました。
冬は直ぐに寒くなり、脱いだり着たりが大変で、そんな事に時間を取られてしまいます。

私が在宅している時には聞こえない工事の音が、留守中と深夜に入るようになりました。

在宅中の昼間は飛行機、ヘリの空系と車、バイクの道系、今日も小学校で大音量の音楽を流し、「ピンポンパンポン」を何度も使っていました。

Twitterに書いていた被害者の方が居らっしゃいますが、冬になると使える灯油売りの車が、大音量で「たき火」を流しながら私の周りを回って行きました。

今もキーンという高い音が聞こえています。
何処かに、超音波発信器でも仕掛けて行ったのでしょうか。
グ~ッという低周波の飛行機の様な音もして来ました。


今日のニュース Jcastニュース より抜粋

地上300メートルANA機にレーザー照射の謎 市販のものではそんな威力はない?

2015/11/20 19:00

大阪・伊丹空港で全日空(ANA)の旅客機の操縦席付近に地上からレーザー光が照射されていた事件で、ANA機が地上から300メートル付近に差しかかったときに狙われたことがわかった。

レーザー照射は、目に当たると一時的に視覚が奪われる恐れがある、非常に危険な行為。操縦していた機長らに当たり、あわや大惨事につながった可能性が指摘されている。

どこからどのように照射されたのか・・・

事件が起こったのは、2015年10月17日18時50分ごろ。松山発伊丹行きのANA1648便ボーイング737型機(乗員乗客107人)が、大阪府豊中市の伊丹空港から南東約4キロメートル地点の上空約300メートル付近で着陸体勢に入ったとき、緑色の光線がコックピットの窓にあたったことに操縦士が気づいた。

また11月15日夕には、伊丹空港に着陸しようとした日本航空(JAL)の旅客機の操縦席付近にもレーザー光が照射されていたことも判明した。このときも運行に支障は出ておらず人的被害もなかったが、空港周辺では同様のケースが4月以降に数件確認されているという。いたずら目的か業務妨害かは不明だが、頻繁に起っていたようだ。

ANAは国土交通省大阪空港事務所に報告するとともに大阪府警に相談。府警は威力業務妨害容疑を視野に捜査に乗り出している。

今のところ、どこからどのように照射されたのかは特定できていないが、飛行中の機体に空中からレーザー光を当てるのはむずかしく、ビルや地上から照射されたとの見方が有力。ANAは「警察の捜査がはじまっており、詳細はお話ししかねます」というが、そのうえで「着陸態勢に入っているときだったので、滑走路に向かって一直線になっている状態でした。進行方向の地上側、空港ターミナルが目に入っていた状況であったといえます」と話す。

一方、犯行に使われたレーザー光を照射する機器(レーザーポインターなど)は、出力が高くなるほど明るくなるので、暗い場所での視認性も上がる。最近ではプレゼンテーションや教育現場で、書き示された図表やプロジェクターで表示した映像などを指し示すための「指し棒」として利用されている。また高出力になると、暗い場所では散乱光による綺麗なレーザー光線の軌跡が見られるので、業務用としてショーやコンサートなどでも利用されている。

その半面、高出力になるほど、目に当たったときのトラブルも深刻化する。

抜粋終わり


10月頃から目を狙われ、とても痛くてもどうする事も出来ません。
目は、防御する事が出来ません。
何かで覆えば、見る事が出来なくなってしまいます。

被害者を失明させれば効果的でしょう。
レーザー光線でも使っているのではないかと思っています。
此処は、身体攻撃が大変酷い所です。

以前から、目を瞑ると青い光が見えました。
布団に入ってからも、青い光が見えます。
ブライティングも、家の中でも外でも多くやられますが、その為でしょうか。

レーザーが飛行機に当たったのであればニュースになります。

テクノロジー犯罪の被害者が、警察に行って、誰かにレーザーで目を狙われると言ったら、精神科誘導されるかも知れません。
本当に、何処までも卑劣な犯罪です。


いざ鎌倉

昨日は、被害者の方に誘って頂いて鎌倉へ行って来ました。
一人では、何処へ行くのも煩わしく、買い物にも出なくなって足が弱って来たので、誘って頂いたのを幸いに歩いて来ました。

雨の予報でしたが、途中までは降られず、お寺も、七里ガ浜の公園も綺麗でした。
海も煙って、サーファーがチラホラと居ただけで、波の音と自然の雄大さで、心が落ち着きました。

今日も聞かされていましたが、ヘリ、ジェット機、ダンプ、バイク、クラクション、近隣のドアバンッと、何という違いでしょう。
近頃は、電気自動車でしょうか、とても変な音を聞かされています。

私が何か始めようとすると、小学校で「ピンポンパンポン」何を言うかと思えば、何も言わずに「ポンパンポンピン」。
ただ、音を鳴らしたいだけ!

ずっと睡眠妨害も酷く、3時間位しか眠れず、昨日のように出掛ける時は、5時近くなってから眠らされて6時半頃に起こされました。

家宅侵入をされて、冷蔵庫、食器棚などを開けられると、何をされているか分からずに気持ちが悪いので、侵入防御ならぬ、開けたら切れるように10カ所位に紙を切って貼って出掛けます。

それだけでも、かなりの時間を要します。
一戸建ての時には切られていた事が数回ありましたが、此処へ来てからは切られてはいません。

御手洗いにも、お風呂場にも貼って行きます。
それでも、留守中のレコーダーには水を流す様な音が入っています。
シンクの音ではありません。

通販で買った物でも、段ボールのテープを跡形も無く開け、又貼っておく事が出来るそうです。

音は、指向性スピーカーによる、送信でしょうか?
何故、その様にしなければならないのでしょう…。

昨日のレコーダーは聞いていないのですが、デモミーティングに出掛けた時のものには、火災予防週間?の為か、消防の「カンカン」という音が頻繁に入っていました。
大きく2回位鳴らし、急に小さく鳴って、又大きく数回鳴らす。

一体、どの様な設定なのでしょう。
不自然極まりないと思うのですが。

この様に出続けると、何故か心臓への加害が酷くなります。
出掛けた2.3日後に身体攻撃が酷くなります。

生体情報、生体信号を、外に居る無防備な時に、盗まれているのではないかと思っています。
付き纏いは、何故かとても近くに寄って来ます!


今日のニュース Jcastニュース より引用

「トイレ貸して」大阪の小学生?2人組の驚くべき窃盗手口 高齢者だけ狙って連続6件、エスカレートの恐れ

2015/11/19 18:35

大阪市鶴見区で、小学校高学年ほどの男児2人組による現金窃盗事件が相次いでいる。手口は共通しており、まず「家のトイレを貸して」という口実で高齢者の住居に入り込み、居間やリビングの財布や小銭入れなどを盗んでいくというもの。

小学生に「トイレを貸して」と言われても不審に思う人が少なかったのか、すでに同区内で6件、計約13万円の被害が出ている。大阪府警鶴見署の担当者も「犯行がエスカレートしないよう、早く補導しなければ」と語っている。

授業のない土日や放課後に集中

最初の事件は2015年10月中旬ごろに起こった。男児2人組が鶴見区の70代女性宅に「トイレを貸して」と上がり込み、家の中から現金1万円を盗んだ。相手が小学生だったためか、家の中へ入れた。トイレへ入っていた時間も数分で、特に不審な点はなかったようだ。

しかし、2人組が去った後、女性は自宅から現金1万円が消えているのを見つける。警察へ通報したものの、現金が盗まれる瞬間は見ていなかった。

11月になると、同じ手口の窃盗事件が多発する。3日に80代女性宅から約3000円の入った貯金箱と現金5000円が丸ごと、4日に80代男性宅から現金9万円が盗まれ、被害総額はどんどん膨らんでいった。

10月の事件と同一犯かは不明ながら、盗んだのはいずれも男児2人組。被害が集中している時間帯も授業のない土日祝日や放課後の平日夕方だった。また、被害者の年齢は全員60代から80代で、高齢者をターゲットにしているのも明らかだった。なお、鶴見区以外での被害は確認されていない。

引用終わり


恐ろしい世の中です。
子供も、テクノロジー犯罪、嫌がらせ犯罪に使われています。
テクノロジー犯罪、嫌がらせ犯罪を信じられないという方は、是非ネットで検索して下さい。


 | ホーム |  前のページ»»