プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

11月22日、渋谷デモのダイジェスト版です。
参加して下さった皆様、拡散して下さった皆様、ありがとうございました。



昨日は、被害者の方に誘って頂いて【自衛隊の犯罪を斬る】というブログの方の勉強会に参加して来ました。

〇米国空軍特許 送信機からマイクロ波を人間の頭部に照射して、音声を送信する無線通信技術

テレパシー通信。
戦争の為に作っている物ですから、世界中に送信出来なくては役に立ちません。
遮蔽は不可能だろうとの事でした。

考えれば、すぐに分かる事でした。
一般人が防御出来るような物なら、戦地に届かなくなってしまいます。

ただ、全ての音声送信の被害者の方に、この技術が使われているとは思えません。

指向性スピーカーを使っていると思われる物。
周りの人には聞こえませんが、ICレコーダーで録音出来ます。

骨伝導で聞かされている方。
こちらも録音出来るそうです。

私は、音声被害が無いのですが、脳内に送信していると録音、遮蔽が難しいのではないでしょうか。

〇私は、マイクロ波と思われるものを照射されると、その辺りが暖かく感じます。
その数秒後に、ドッと汗が出て来ます。
これは、体の内部からの熱です。

電子レンジでも分かる様に、マイクロ波は物質の中から暖めます。
体の表面から暑く感じるという事は、マイクロ波だけではなく他の物と一緒に照射されているのだろうとの事でした。

大変、勉強になり、ありがとうございました。
ただ、会場でも加害が酷く、頭のてっぺんから足の先まで、家に居るのと同じ感じでした。

お決まりのピーポー、押し付けるような低周波の飛行機音で具合が悪く、終了後早々に退散させて頂きました。


スポンサーサイト

 | ホーム |