プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

急所を狙う

今日は朝から強風という事で、雨戸をガタガタと鳴らしていました。
台所の方へ行くと、電気、ガスのメーターボックスの戸をガンガン!
お昼頃からは、隣のメーターボックス?を「キッキッ」と金属の擦れる音が加わりました。

留守中のレコーダーに入っていた「キッ」というのは、この音の様です。
今日は立て続けにキッキッとやっていたので分かりましたが、留守中は殆んど1回ずつ鳴らしているだけです。

音と被害は直結しているので、心臓、肝臓を後ろから狙っています。
心臓は肩甲骨の下辺りを狙うので、肺が痛くなります。
階下からは畳全面、座っていると足、お尻から全身に広がる感じです。

食事時は、横隔膜の辺りを狙い、飲み難くされ誤嚥させられそうです。
眼と耳を執拗に狙っています。
耳は携帯電話で長話をすると、電磁波の影響で脳の温度が上がるそうなので、耳を狙う事によって、脳の生体情報が盗れるのではないでしょうか。

眼を狙うのは失明させたいのでしょうか。
それとも、眼を狙う事によっても脳にアクセスが出来るのでしょうか?


先日、NWOという記事を書いたのですが、井口和基博士のブログに、リチャード・デイ博士の回顧記録があり、転載させて頂きます。
是非、博士のブログを御覧になって下さい。

昨日の、シオン長老の議定書に通じる物があります。


井口和基博士のブログより抜粋

リチャード・デイ(Richard Day)博士の講演の回顧記録である。以下のものである。

NWO(ニューワールドオーダー)のおぞましき実態! 最終回
Dayが話した話題(目次)

(第1巻)
人口調節:子供をもつことの許可
セックスの目的の切り替え-生殖なしのセックスとセックスなしの生殖
性教育と世界政府の道具としての若者を肉欲的にすること
人口調節としての税で基金化された堕胎
同性愛の推奨・・・・同性愛に行く何事もまた推奨される
(2012-10-05 19:46 既載)
安楽死と“死に至るピル”
入手可能な医療介護を利用することの制限は老人を容易に排除させる
医療の厳しい制限;開業医の排除;診断するのが難しく対処できない新しい病気
人口調節の1つの方法としてガン治療の抑制
暗殺の一つの方法としての心臓発作
思春期と進化を早めるための方法としての教育
(2012-10-06 15:03 既載)
すべての宗教の融合・・・・古い宗教は消え失せねばならなくなるだろう
キーワードの改定による聖書の変更
教化の道具としての教育の再構築
学校により長く置くこと、しかし、生徒には何も学ばせない
情報にアクセスすることの制限
学校をコミュニティーの中心にすること
(2012-10-08 07:00 既載)
ある本は図書館から消えるであろう
モラルと社会的無秩序を増大させるための法改正
市街地に無法地帯を生み出すための麻薬の乱用の推奨
アルコール乱用の増進;旅行の制限
監獄の増大の必要性と監獄としての病院の利用
(2012-10-10 07:00 既載)
(テープ1巻おわり)

(第2巻)
変化
強まる統治
地球的相互依存:新しい構造を作るために、最初にあなた方が古いものを破棄しなければならない
愛国心は無駄になる
(2012-10-11 07:00の掲載)
失業:安全性の喪失
伝統を除去するための人口移動
世界市民:世界のスポーツ
狩猟
女子のためのスポーツ:女性らしさを重視しない
( 2012-10-14 15:30 既載)
娯楽:暴力、セックスそしてセックスに鈍感になること:人々を“人的被害”にする準備
我々に若さを与えよ
80年代、90年代:死神。旅行制限―国民ID-チップ、その他
(2012-10-15 14:47の掲載)
食糧のコントロール
気候管理
政治
人がどのように応答するかを知り、彼らをあなた方が思うようにさせる
偽造される科学的研究
(2012-10-16 07:00の掲載)
国連の受容:最後は、方法を正当化する
戦争はいい:あなたは砲弾の餌食となり、人口を減らし、英雄は死ぬ
テロリズム:コントロールのための偉大な道具
(2012-10-17 07:00の掲載)
お金と銀行業
政府や有力者がすべての人々を監視している:あなたがテレビを見ている間
個人で家をもつこと:“過去のことである”
2,3の最後の項目
(2012-10-18 07:00の掲載)
(テープ2巻おわり)

この講演は1969年だったが、クゥウォンティコ会議は1955年であった。そして1957年に「世界初の原爆による人工地震」の実験がネバダで行われたのである。

このことからも、ドゥンネガン博士が言っていたように、ドクター・デイはトップレベルの人物ではなかったのである。しかしそういうトップレベルの人とかなりの話ができた友達レベルの人だったわけである。

この「野蛮人のNWO計画」は、あきらかに「シオンの議定書」、「300人員会」の「世界人類牧場化計画」、「ロスチャイルドの行動計画書」の20世紀版である。したがって、欧米イルミナティーの思想や目標に向って、20世紀後半をどう動かすかということがテーマであり、そのための実施計画(こういうものを「アジェンダ」と呼ぶ。日本の政治家のものは単なる「希望的観測」にすぎない)であったというわけである。そして実際にほぼ100%その通りになってきた

デイ博士の内容はあくまで聴講者が医者であるために、医学的なものが主題だが、実際にはほとんどあらゆることに及んでいるのである。

さて、実は日本にも似たようなことをやった組織があったらしい。それが北朝鮮の息のかかった「朝鮮総連」というもので、この中に北からのエージェントが入り、そこで「学習組」という名の秘密結社を持っていたのである。そこで、偽ユダヤ人たちの「クゥウォンティコ会議」と同じように、戦後の日本をいかにして朝鮮人の国に乗っ取るかの行動計画書(つまり「アジェンダ」)が決められたというのである。これはそこを脱会した元学習組のインタビューというものに詳しい。だからすでに周知の事実である。おばかさんだけが知らないにすぎない。もしこういうことを知らなかったとすれば、もはや論外である。

そしてその結果が今の日本である

ところで、日本史や極東アジアの歴史に非常に詳しい、「ねずさんのひとりごと」というブログがあるが、その今日のものに
「朝鮮通信使」
という記事がある。これは一読の価値がある。朝鮮人も日本人も中国人もあらゆる人が真実の歴史とはいかなるものであったのかということを知るためには必読のものである。

現代も過去も朝鮮民族の歴史は「両班」の歴史であった。その有名な両班の実体とは、朝鮮進駐軍、朝鮮通信使などどんな呼び名や時代に関わらず、常にその時代の一番偉い人の「恰好」をしたヤクザ愚連隊組織であったということである。やることは略奪、強奪、強姦、暴行、殺人、破壊。自由勝って気ままにやりたい放題。可哀想だが、今も昔もまったく同じである。

しかし、その朝鮮通信使が当時の江戸時代の日本へやってきての感想というものを残したというが、それが結構興味深いので、それもここにメモしておこう。以下のものである。

●1764年1月22日 大阪

100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、 銅の屋根で、黄金の内装だ。
この贅沢さは異常だ。
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。信じられない。

支那の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
ソウルの繁華街の1万倍の発展だ。

北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」 と言っている。
穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
そして2000年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。
嘆かわしく、恨めしい。

●1764年1月28日 京都

街の繁栄では大阪には及ばない。
しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
悔しい。

「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
悔しい。
この犬のような倭人を全て掃討したい。
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。

●1764年2月3日 名古屋

街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。 凄い。
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さ、この旅で最高だ。
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。

人々の美しさも最高だ。
特に女性が美しい。 美しすぎる。 あれが人間だろうか?
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、
美しさを失うだろう。

(帰路にて)
名古屋の美人が道を歩く我々を見ている。
我々の一員は、名古屋の美人を一人も見逃さないように、頭を左右に必死に動かしている。

●1764年2月16日 江戸(東京)

左側には家が連なり、右側には海が広がっている。
山は全く見えず、肥沃な土地が無限に広がっている。
楼閣や屋敷の贅沢さ、人々の賑わい、男女の華やかさ、城壁の美しさ、橋や船。

全てが大阪や京都より三倍は優っている。
この素晴らしさを文章で表現する事は、私の才能では不可能だ。
女性の美しさと華やかさは名古屋と同じだ。
〜〜〜〜〜〜

この語り口は、今の韓国朝鮮人や在日朝鮮人のものとまったく同じなのである。

やはり「遺伝」やナア。

まあ、朝鮮人の話に脇にそれたが、いずれにせよ、NWOの計画によれば、我々アジア人は9割〜10割を削減されるという。それが「アングロサクソン・ミッション」というものである。核戦争で一気に絶滅させようという計画である。

まあ、そんなわけで、東日本大震災を見ても、福島第一原発を見ても分かるだろうが、「連中は本気だヨ」ということなんだが、馬鹿につける薬はない。「馬鹿は死ななきゃ治らない」、「馬鹿は死んでも治らない」というわけですナ。(東大の御用学者たちを見よ、空気中に放射性物質が飛び交っているのに何とも思っていないようですナ。)

転載 抜粋終わり 下線は私


隣が引っ越す

今朝は起きる前から「ウ~」「ピーポー」でした。
7時45分頃からアパートの階段を動く音がしていました。

被害ノートを書き始めると8時14分、東西に大きな車の入る音がして、人がウロツキ始めました。
インターホンの鳴る音は無く、ボソボソと声がしました。

その後は声立て、大きな笑い声を立てながら、階段を上り下りしていました。
タンスなど、大きな物を運んでいる様子はありませんでした。

10時頃に東西で車のドアバン、ピーピーと車の音がしたと思ったら、私が通販で頼んだ物を西濃運輸が持って来ました。

異常なタイミングです!
通販の物は時間指定が出来ず、このタイミングに合わせて持って来ました。

隣の引っ越しは終わった時の挨拶も無く、通常の引っ越しとは全く違います。
前の一戸建てに住んでいた時の裏の住人も、引っ越す様子も無く、いつの間にかトンズラしていました。

被害に気付かされる前に住んでいたマンションの隣に越してきた男は、夜中の10時過ぎに引っ越しをしていました。
翌日、挨拶に来ましたが、今思えば加害者です。

この様に、周りは全て不自然、異常です。

人や車が多い時は、さらに被害が酷くなります。
心臓に何度も照射され、不整脈様の加害も多数やられました。
笑いながら引っ越し作業をする男達も、通常では居ないでしょう。

この様に異常な日は、この後も「ウ~」「ピーポー」を何度も鳴らし、近い火災の時に鳴らす「ボゥ~」というサイレンのオマケ付きでした。
I市に住んでから、この「ボゥ~」というサイレンを何度聞いた事でしょう!!


今日のニュース 夕刊アメーバニュース より抜粋

戸籍上「存在しない」子供たちの現実――文字が書けない、友人ゼロ、将来の不安も…

2016年1月19日 16時11分  日刊SPA!

子供の貧困について考えるとき、忘れてはならない問題がある。それは「無戸籍者」の存在だ。日本で生まれたのに戸籍登録されず、学校に一度も通ったことがない。そんな過酷な環境で暮らす子供たちが、確かに存在しているのだ。

 元衆議院議員としてこの問題に取り組み、これまでに1000人以上の無戸籍者を支援、書籍『無戸籍の日本人』に彼らの現状をまとめた井戸まさえ氏に聞いた。

「親の虐待によってそもそも出生届が出されていなかったり、貧困のために出産費用が払えず、病院から出生証明書を受け取っていなかったりと、無戸籍の子供たちが生まれてしまう原因はさまざまですが、なかでも多いのは、夫のDVから逃げ出した女性が、籍を抜けられないままに別の男性の子供を妊娠するケースです。現在の法律では、離婚が成立しないうちに出生届を出すと、血のつながりとは関係なく、夫の戸籍に入れられてしまいます。しかし離婚の協議をしようにも、女性はDV夫に居場所が知られるのを恐れ、行動を起こせない。そのため、無戸籍のまま育てることになってしまうケースがあるのです」

 無戸籍の子供をめぐる大きな問題は、教育を満足に受けられないことだろう。無戸籍でも小中学校に入学することはできるが、親がその制度を知らず、自宅学習で育てられる子が少なくないのだ。

「そのため友人が一人もできず、コミュニケーション力に乏しいまま成長してしまうのです。これまで支援してきた人の中には、成人でも文字が書けない人もいました」

 もし小中学校に通えても、高校にまで進学できる無戸籍者はほとんどいない。そのため若くして働きに出る人が多いが、職探しにも困難が待ち構える。

「公的な証明書がなければアパートも携帯電話も契約できず、銀行口座も開けない。だから、身元の証明を求められない水商売やアルバイト、もしくは日雇い労働者くらいしか、働き口がないのです」

 さらに、マイナンバー制度の運用が始まることで、水商売やアルバイトでも、雇用先にマイナンバーの登録が求められる。だがそもそも、無戸籍者にマイナンバーは届かない。今後、彼らは限られた働き口さえなくしてしまう可能性があるのだ。「そうなれば、ただでさえ苦しい生活を強いられているのに、無戸籍者はますます困窮する」と井戸氏。

 成人の無戸籍者には子供がいる人もおり、恵まれた環境でなくとも必死に育てている。しかしこのままでは、無戸籍者たちはますます追い込まれ、貧困の連鎖が続いていくことになりかねない。それを防ぐためにも、戸籍制度の根本的な見直しが急務だ。

【元衆議院議員 井戸まさえ氏】

’05年より兵庫県議会議員を務め、’09年、衆議院議員に初当選。現在、NPO法人「民法772条による無戸籍児家族の会」代表。著書に『無戸籍の日本人』(集英社)など

<取材・文/小山田裕哉>

※1/19発売の週刊SPA!では「ルポ 子供の貧困」を掲載中

抜粋終わり


テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は戸籍を狙われていると言っている方がいます。
以前も記事にしましたが、日本にも戸籍の無い方が沢山居る様です。

無戸籍の方には何の責任もありません。
何故、何の手も打たずに放っておかれるのでしょうか。
無関心ではいけません。
皆様、戸籍の問題に関心を持って下さい。


今朝は4時過ぎに起こされました。
ラジオをつけると雪のニュースをやっていました。
確かに、いつものゴーゴーという走行音もバイクも走らず静かでした。

レコーダーに雪のニュースを入れておこうと思い、ラジオのボリュームを上げると階下でバンッ!!
車の音が使えなければ、朝の4時過ぎから階下が動き、アチコチで音立てをしました。

これで睡眠妨害、全く眠れませんが、起きても真っ暗なので6時まで布団の中に居てから起きました。

バンッ音立てを何度やるのだろうと数えていたのですが、20回を超えた辺りで分からなくなってしまいました。

音は、身体攻撃と直結しています。
雪で外の音が使えなければ家の中、車のドアバン、飛行機、声立て、等々、音が出れば何でも良いようです。

11時20分頃からは、立て続けにピーポーを大音量で何回も鳴らしていました。
雪で事故でも起こしたという設定なのでしょう。

背後から心臓、肺を狙い、右から肝臓を狙い、下からは足を通して全身を、下を向くと目を狙い続けています。
被害の酷い方が、どんな防御をしても無駄と諦めてしまう気持ちが良く分かります。
以前は、大雨の時に被害が減衰した事もありました。


今日のニュース zakzak by 夕刊フジ より引用

テニス、トップクラス16選手に八百長疑惑 四大大会優勝者も
2016.01.18

錦織もびっくりだ。ウィンブルドン選手権を含むトップクラスのテニスの試合で八百長が横行していると17日、英BBC放送(電子版)が報じた。

 男子ツアーを統括するATPが2007年に実施した八百長に関する調査文書をBBCが入手。世界ランキング50位に入ったことのある選手16人が、過去10年間に敗退行為をした疑いがあるという。四大大会優勝者も含まれている。

 調査によると、ロシアやイタリア北部などに本拠を置く組織が、八百長が疑われる試合に賭けて数十万ポンドを得ていた実態が明らかになった。その内の3試合はウィンブルドン選手権だったという。

 またBBCは、ブックメーカー(賭け屋)などが八百長関与を疑っている現役選手のリストも入手。8人は18日開幕の全豪オープンに参加している。ただし電話の通話記録や銀行口座の履歴など八百長を断定する証拠がないため、選手の名前は公表しないとした。


今日のニュース TBS Newsi. より引用

体操クラブで指導中に女子児童を転落させ、頭殴った疑い

 去年8月、静岡市の体操クラブで、段違い平行棒の指導中に女子児童を転落させて重傷を負わせ、頭を殴ったとして、クラブを経営する体操の元日本代表・寺尾直之容疑者(53)とインストラクターの寺尾直希容疑者(28)が逮捕されました。

 2人とも大筋で容疑を認めていて、直之容疑者は「女子児童が技ができなかったのでイライラしていた」と供述しているということです。(18日18:12)

引用終わり 下線は私



シオン長老の議定書 太田龍さんの翻訳より 抜粋

第13議定  [もくじ] 

●常に動揺している民衆が政治問題を論じるのを防止するために、我々は別の飼料として経済の問題を与えた。この問題ならば彼らがどれだけ騒いでもよろしい。大衆を政治問題から離れさせるためには、他の楽しみを与えなければならぬ。すなわち、例えばあたかも政治問題のように取り扱わせる経済問題などである。もともと我々自身がゴイム政府に対する我々の政戦において、大衆の支援を得るために経済問題を提起したのだ。
  彼らが独立的に何らの決議をしないように、賭博、見せ物、遊興場等の娯楽によって慰めるのである。そのうち我々は新聞の仲介によって、芸術、美術、各種のスポーツの範囲で優勝者の奨励を行なうことを始める。これらの娯楽は、我々が人民と争わなければならない政治問題から徹底的に民衆を方向転換させる。

抜粋終わリ 下線は私


ゴイムとは豚、家畜という様な意味です。
テレビを見て、スポーツ、音楽等で楽しんでいる内に、平和ボケになっていました。
スポーツも堕落させる為の手段なのでしょうか。


今日は、先日の勉強会に行った時の留守中のレコーダーを聞いていました。

特徴的なのは「ウ~、ピーポー」が一回しか鳴っていない事でした。
しかも、小さな音で!

当日は、小学校で【どんど焼き】をやるとの知らせが来ていました。
早朝から櫓を組み立てるとの事で、工事の様なカンカンという音をさせていました。
どんど焼きは、神社でやるものだと思っていました。

どんど焼きの時は、小学校のアナウンスを大音量で流したり、そうかと思うと小さい音になったり不審です。

いつもの様に、近くで大声立て、工事車両が入り込んだのか「ピーピー」と大音量で長く入っていました。
どんど焼きが終わると、近くで工事の様なカンカンという音が、ずっと入っていました。

後は、レコーダーに「ザー」というノイズを流していました。
大きな音で、ピーポーも聞こえないのかも知れません。

レコーダーを聞いていると外でクラクション、とレコーダーでもクラクションが鳴る!
キ~ッとやれば、レコーダーもキ~ッ!

加害者も同じ音を聞き、前もって鳴らすのは、以前から気が付いていました。
でも、一体何の為でしょう?



日本は精神科の病床数が世界一だそうです。
下記動画を是非、ご覧下さい。
精神医療のターゲットにならない様にしたいと思います。


抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪66




一戸建てから共同住宅に引っ越して、音立ても酷くなりました。
引っ越した当時は、前の狭い道を車が連なって走っている位でした。
飛行機も、たま~に飛んでいる所でした。

半年経った現在は、深夜に布団に入るとキ~ッとブレーキ音。
空気の塊を私に当てるように走る車、バイク、工事の様な音。
起こされるとキ~ッ、バイクが轟音を立てて走ったりしています。

朝、起きるとクラクション、着替え始めるとバイク、布団をたたもうと向きを変えるとキ~ッ!
食事を始めると階下でバンッ!珈琲を飲もうとすると裏のアパートの雨戸をガン!ガシャン!

髪をとかし、頭の防御をしようとすると、小学校の門をガチャガチャと、よくもこれだけ考えるものだと呆れ果てています。

少し向きを変えただけ、チョット下を見ただけ、で大きな音を立てられると目が痛くなったり、心臓に加害波が来ます。

音と加害は直結していて、音が多くなるほど身体攻撃も酷くなりました。
飛行機、ヘリ、何だか判別出来ない上空の変な音も、毎日凄い数になりました。


今日のニュース Business Journal  より引用

上昌広「絶望の医療 希望の医療」.

子宮頸がん患者を「見殺し」にする国と朝日新聞…安全ワクチンの危険性煽り接種禁止

文=上昌広/東京大学医科学研究所特任教授

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン問題が迷走している。国内では連日のように副作用について報道されているが、世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)に続いて、11月5日、欧州医薬品庁(EMA)までがHPVワクチンが安全であると声明を出した。この声明のなかで、「Review concludes evidence does not support that HPV vaccines cause CRPS or POTS」という強い論調で副作用の懸念を否定している。

 日本での迷走を尻目に、国連、米国、欧州の専門家がHPVワクチンの安全性を保証した。世界的なコンセンサスが確立したといっていい。ところが、原稿を書いている12月23日現在、これを報じた日本のメディアはなく、異様といえよう。

 子宮頸がんは欧米で「マザーキラー」と称されることもある病気だ。好発年齢が30-40代のため、多くの患者が子どもを残して亡くなるからだ。世界は子宮頸がん撲滅のため、さまざまな対策を講じてきた。そのひとつがHPVワクチンだ。

 日本の対応は、このような世界の趨勢と逆行している。いまのような出鱈目をやっていたら、子どもたちに被害を与えることになる。

マスコミの罪

 では、日本の何が問題で、どうすればいいのだろう。

 筆者はマスコミが報道を検証し、軌道修正すべきだと考えている。なぜなら、国内のHPVワクチン騒動は、一部マスコミが作り出した「冤罪」だからだ。筆者がもっとも問題だと思うのは、「患者を利用した」ことだ。
 
 この事件のきっかけは、神経症状で困っている少女がいたこと。そして、彼女はHPVワクチンを打った経験があった。それを見た誰かが「HPVワクチンが悪い」と言い出した。

 どんなワクチンでも副作用を生じることがある。HPVワクチンの副作用の可能性も否定できない。ただ、それは神経症状の可能性のひとつにすぎない。患者である少女のことを考えれば、先入観なく、医学的な議論が必要だ。ところが、そうはならなかった。
 
 問題がこじれたきっかけは、2013年4月8日付共同通信ニュース記事『子宮頸がん、ワクチン接種中止を―民間団体が嘆願書』だが、これ自体は適切な報道である。何か事件が起こった際、マスコミはまず被害者サイドにつくべきだからだ。
 
 この後、新聞各紙でHPVワクチンの扱いには随分と差が出る。特にワクチン叩きに熱心だったのは朝日新聞だ。5月末日までの約2カ月の間に11本の記事を配信している。ちなみに読売新聞は3本、毎日新聞は9本、日経新聞は2本だ。記事内容は以下例であり、全社を挙げてアンチ・HPVワクチンキャンペーンを張っていることがわかる。

・13年5月11日『(私の視点)子宮頸がんワクチン 安易な接種の推進やめよ』(池田利恵)
・同5月27日『(声)子宮頸がんワクチンに不安』

その後、朝日新聞でアンチHPVワクチン報道をリードするのは斎藤智子記者だ。これまでに24本の記事を書いている。論調は以下の通りである。

・14年4月9日『(記者有論)子宮頸がんワクチン 国の推奨再開、納得できぬ』

 日本の異様な議論を受け、WHOの諮問機関であるワクチン安全性委員会(GACVS)は13年12月にHPVワクチンの安全性に関する見解を出した。ところが、朝日新聞はこのような国際機関の動きを無視した。斎藤記者が自らの記事の中でWHOの声明に触れたのは2回だけだ。15年6月14日になって『接種後の痛み、未来に陰 子宮頸がんワクチン、推奨中断2年』という長い記事の末尾に「世界保健機関(WHO)は日本の状況を踏まえたうえで、ワクチン接種を推奨している」と申し訳程度に書いている。

 CDCやEMAの見解には一回も言及していない。これが真っ当な報道といえるだろうか。

 マスコミがこのような偏向報道を臆面もなく垂れ流す限り、まともな議論はできない。メディアが自ら、HPVワクチンに関する報道を総括すべき時期にきているのではないか。

日本政府の対応を批判

 世界は、日本の状況をあざ笑っている。15年12月17日、前出のGACVSは次のように日本政府の対応を批判した。

「専門家の副反応検討委員会は子宮頸がんワクチンと副反応の因果関係はないとの結論を出したにもかかわらず、国は接種を再開できないでいる。以前からGASVSが指摘しているとおり、薄弱なエビデンスに基づく政治判断は安全で効果あるワクチンの接種を妨げ、真の被害をもたらす可能性がある」

 HPVワクチン騒動は、マスコミの「過失」から始まった。繰り返すが、これは問題ではない。当時、誰もワクチンの被害などわからなかったからだ。さらに、メディアが患者に寄り添うのは「正しい」と思う。

 問題は、世界中でHPVワクチンの研究が進んだのに、そのことは一切報道せず、自分の信じていることを報じ続けたマスコミの姿勢だ。「誤報」となるのを恐れたのだろうか。これでは、従軍慰安婦報道から何も学んでいないことになる。

 朝日新聞などのメディア報道のために、本来、他に原因があるはずの少女たちが犠牲になっている。「何が何でもHPVワクチンのせいにしたい」大人の都合で無意味な闘争に巻き込まれているからだ。
 
 すでにHPVワクチンに関する世界のコンセンサスは確立された。朝日新聞は、そろそろ「反省」したらどうだろうか。これ以上やると「故意犯」になる
(文=上昌広/東京大学医科学研究所特任教授)

引用終わり 下線は私


ウィキペディア より抜粋

故意論

法学>刑事法>刑法>刑法総論>故意論

故意犯と過失犯は、社会的規範に対する違反の程度(行為無価値)において差があり、したがって、違法性の程度においても異なる(故意犯のほうが違法性が重い)。

結果発生を積極的に意欲していないが、結果が発生してもやむを得ないと認容している状態。
不確定的故意が認められる場合は、いずれも、故意犯が成立する。



このニュース記事を見て、酷い副作用で死亡者も出ているのにと思いました。
この教授は、他に原因があるはずの少女と書いていますが、どの様な原因なのでしょうか。

子宮頸癌の死亡率は、癌の中では低い方でした。
癌になる率、その癌で死亡する率と、ワクチンの副作用で学校へも行けなくなる率、どちらのリスクが高いのでしょう。

自己に関する事の選択は、犯罪を犯した場合以外は、その人自身に選択権があって良いのではないでしょうか。

テクノロジー犯罪の最終目的は、マインドコントロールなのでしょうか。
私自身は、声が聞こえる事も無く、ハイテク被害としては揺れ、遠隔からの身体攻撃でした。

最近になって、揺れは私だけが認識出来るものと、周りも揺れている時があるのを確信しました。

家ごと揺れるのは、何かの波動を当てているという事で、ハイテクでもなさそうです。
台風の時、強い風が吹けば家が揺れるのと同じです。

千葉に引っ越してから、被害ノートを書く時に、開けるを閉める、男を女と逆に書いているのに気付きました。
電車を乗り過ごしたり、いつも乗り換えている駅で迷ったりして、思考介入という被害を認識しました。

I市へ引っ越すと、私が加害者に対して都合の悪い事を考えると、近隣で大きな音を立てる事に気付きました。
私が思った事を読んでいる、思考盗聴です。

この犯罪の被害者には、プライバシーが全くありません。

ブレインジャックで検索すると、アニメの世界が出て来ました。
この最新科学技術を使った犯罪は、一般の方には信じられない先を行っています。

ブレインジャックをされた被害者の方は、大変です。
自分の考えではなく、動かされてしまうそうです。
自殺誘導も、犯罪者に仕立て上げる事も出来ます。

下記動画をご覧になって下さい。
2000年には生活の局面をコントロールできる、多数の化学物質が利用出来ると言っています。(3分過ぎ)

向精神薬が、精神病に見える症状を作っているのも良く分かります。
副作用についても言っています。
脳内の化学物質は測定出来ないそうです。


抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪78





今日のニュース livedoor´NEWS より抜粋

「おかしい、こんな運転荒いわけない」って

2016年1月15日 12時0分  日テレNEWS24

長野県の軽井沢町で15日午前2時ごろ、乗客・乗員41人が乗ったスキーのツアーバスがガケ下に転落した。14人が死亡、ケガ人が多数出ている。バスに乗っていてケガをした人が取材に応じ、以下のように話した。

 --左右どっちかわかんなかったんですけど、先に揺れた方とは逆に揺れて。急カーブすごい勢いで曲がった感じで。2回目の揺れでちょっとおかしいな、こんな運転荒いわけないよな、となって。

 おかしいなと思ったら、衝撃とか覚えてないんですけど、ガタガタガタって揺れて、道路から外れた道走り出した感じで揺れて。その時に悲鳴が起きて、そこで記憶がなくて。

抜粋終わり


乗客の方が異変を感じています。
ルートを変更して走ったそうです。
死人に口なしで、運転手さんに責任を押し付ける事無く、取り調べをして頂きたいと思います。


物を落とす

被害が酷くなると、あれもこれも酷くなりました。
数十年も前から、しょっちゅう手に持った物が落ちました。
軽い物でも、重い物でも関係ありません。

まるで、地球の重力に吸い付けられるように落ちて行きます。
これが被害だと分かったのは、被害者の会に入って他の被害者さんの話を聞いた時です。

その方も同じ被害で、物を持つ時には注意をして持つとの事でした。
今日も、被害が酷く、朝から様々な物を落としては拾い、そんな事にまで時間が掛かってしまいました。

テクノロジー犯罪は筋肉も操るので、指を弛緩させるのでしょうか。
時には包丁を落としそうになったり、結構危険な被害です。

電磁波攻撃が酷いと、呂律が回らなくなります。
これも、筋肉でしょう。

頭を防御する物を少し変えると、余計に加害行為をされています。
背中も痺れ、足先だけ熱く、頭はクラ~ッとしています。
先程は、部屋全体が西側から風圧で揺れる様な振動がありました。


今日のニュース GIZMODO より引用

「重力波の直接検出に成功」の噂でサイエンス系ネットが騒然

震源は物理学者のツイッター、でも期待!

今週、「重力波が史上初めて直接検出されたらしい」という噂でサイエンス系ツイッター界隈が騒然となりました。重力波とはアルベルト・アインシュタインがその存在を予言した時空の波動ですが、それを直接検出した人はまだ誰もいません。世界中の多くの研究機関が大がかりな装置を使ってその検出に取り組んでいて、もし本当に確認できたなら、100年に1度レベルの大発見になりそうです。

巨大な物体を急に動かしたり、ふたつの巨大な物体を急激に衝突させたり、または超新星爆発などがおこると、静かな池に石を投げ込んだときのように、時空の波が生まれます。物体が大きければ大きいほど周りの時空への影響は大きく、そこでできる重力波も大きくなります。アインシュタインはその存在を1915年に一般相対性理論の中で予言していましたが、それを実験で確認することは不可能だと考えていたようです。

今回その不可能を可能にしたと言われているのは、米国のLIGO(Laser Interferometer Gravitational Wave Observatory、レーザー干渉計重力波観測所)というプロジェクトです。マサチューセッツ工科大学やカリフォルニア工科大学など米国の大学が共同運営しており、2015年には以前より3倍検出感度の高いAdvanced LIGOへとアップグレードしていました。

実はそのアップグレード直後にも、Advanced LIGOによる重力波検出の噂が出回っていました。アリゾナ州立大学の物理学者、ローレンス・クラウス氏が「LIGOで重力波を検出したという噂だ」とツイッターでもらしたのです。とはいえクラウス氏も、それが事実である可能性は「10~15%の確率」だとしていましたし、ネイチャーにコメントを求められたLIGOのスポークスパーソンも「現在データを分析中」だと言うだけでした。

でもその噂が今、クラウス氏のツイッターから再燃しているんです。

引用終わり 下線は私


科学技術は、どんどん進みます。
進む過程で、人体実験などに悪用されていないでしょうか。

物理が苦手なので笑われてしまいそうですが、被害者の方が重い物が勝手に動いて落ちたと言うのを聞いた事があります。
車がコンビニに飛び込んで、運転手は居眠り等と言いますが、昔はこんな事故は聞いた事がありませんでした。

重力波は、防御出来ないそうです。


精神医学とは

精神科で事務員をしていた時には、精神病という病気が存在していると思っていました。
医師のカウンセリングで診断する訳ですが、時間を掛ける医師で、初診の時に1時間位だと思います。

心理テストという物がありますが、これで精神病の診断が出来るのだろうかという疑問はありました。

何故、精神病と思ったのかというと、患者さんの症状が、精神病に見せていたのです。
向精神薬は、精神病の症状を作っていると思います。

テクノロジー犯罪の被害に気付かされ、様々な事を調べると、精神病に見えていた症状をテクノロジー技術で作り出せる事が分かります。

集団ストーカー、ガスライティングは、心理学を使い精神病に見せ掛ける事が出来ます。

下記の動画を見ると、幼い頃からテレビを見て、安全で平和な日本という神話の中でボケ、知らない内に私自身がマインドコントロールをされていたのだと思います。

被害に気付かされるまでは、自分のことしか考えていなかったのです。

事件が起きても、その時だけ、後は無関心、他人事。
一般の方の殆んどが、そうではないのでしょうか。
その方達に、被害者が体験している世界を感じて頂くには、どうしたら良いのでしょう。

抗ガン剤となっていますが、精神医学の動画です。
是非、ご覧頂ければと思います。


抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪83





今日のニュース FNN より引用

近所住民にわいせつな言動繰り返した疑い 81歳女逮捕 大阪
01/13 19:09

大阪・八尾市で、近所でわいせつな言動を繰り返した疑いで、81歳の女が逮捕された。
大阪府迷惑防止条例違反の疑いで、12日に逮捕された無職・庄子 ますえ容疑者(81)は、2015年、近所の女性に、わいせつな言動を繰り返した疑いが持たれている。
また、庄子容疑者は、深夜や早朝にフライパンをたたいて騒音を出すなどの異常な行動を繰り返していた。

嫌がらせは、およそ30年続いていたということで、調べに対し、「わいせつなことは言っていません」と、容疑を否認しているという。

引用終わり 下線は私


以前にテレビで大々的に騒いだ、布団叩きオバサンと同じようです。
TBSの動画にはありませんが、FNNの動画では容疑者が「南無妙法蓮華経」と言っています。
どちらが加害者で、どちらが被害者でしょう。


3.11

昨日は、テクノロジーの勉強会に参加して来ました。
講師の方の説明が分かり易く、少しずつ理解出来る所が出て来ました。
頭が付いて行きませんが、丁寧に説明して頂き感謝しております。

本格的な物理の話になると、やはり苦手で駄目ですが、どんどん進んで行く科学に、面白さもあります。
自分の被害と照らし合わせて、妙に納得出来たりします。


ネットサーフィンをしていて見付けました。
気の弱い方は、見ない方が良いかも知れません。

3.11の大地震の時に、この津波のニュースを見ていたのか覚えていません。
もっと遠い映像で見ていた様に思い、YouTubeを見て驚きを新たにしています。
忘れてはいけないと思い、貼らせて頂きました。

不自然に動く物は何でしょう。
鳥にも見えません。
この様な事が、当時話題になっていたのでしょうか。


津波の中で何かか走り抜けていく.flv



311津波映像に白い何かが異様な速度で動いているのを見ましたが......



3.11津波映像に不気味な物が映ってる…東北大震災





今日のニュース livedoor´NEWS より抜粋

NHK大揺れ 塚本アナが危険ドラッグ所持で逮捕 アナウンス室も家宅捜索 ファクス1枚で幕引き

2016年1月12日 17時9分  ZAKZAK(夕刊フジ)

NHKの現役アナウンサーが危険ドラッグを所持して逮捕されるという前代未聞の事件が起きた。同局のアナウンス室には家宅捜索も入り、衝撃は広がるばかりだが、NHKでは、このところ、不透明な土地購入計画や子会社の社員による着服が発覚するなど不祥事が相次いでいる。「組織が緩みきっている」(専門家)。日本を代表する公共放送の信頼が大きく揺らいでいる。

 耳を疑うニュースだった。危険ドラッグを所持したとして医薬品医療機器法違反の疑いで、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された同局アナウンサー、塚本堅一容疑者(37)。

 逮捕容疑は、東京都文京区の自宅マンションで10日、若干量の指定薬物を含む液体(小瓶2本)を所持していた疑い。薬物は性的興奮を高めるという「RUSH(ラッシュ)」とみられ、吸引などの方法で摂取していた可能性がある。

 麻薬取締部は10日、塚本容疑者の自宅を家宅捜索し、任意同行した上で逮捕した。同容疑者は「自分で使うものだった」と容疑を認めている。

 麻薬取締部は翌11日、勤務先のNHK放送センター(東京)のアナウンス室なども家宅捜索。12日午前、同容疑者を送検した。

 NHKなどによると、塚本容疑者は千葉県出身。明大文学部を卒業後、2003年4月に入局。京都、金沢、沖縄の各放送局をへて、昨年2月に東京アナウンス室に異動し、総合テレビの「ニュース シブ5時」でリポーターを担当していた。

 公式プロフィルは、すでに同局のホームページから削除されているが、趣味は歌舞伎などの舞台鑑賞、特技はロールケーキなどの洋菓子作り。リフレッシュ法は〈一人夜中にコンビニデザートを食べながら見る宝塚〉と明かしている。

 現役アナウンサーが違法薬物で摘発される事態を受け、NHKは11日、「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者や関係者に深くおわびします。事実関係を調べた上で、厳正に対処します」とコメントした。

 NHKをめぐっては、子会社のNHKアイテック(東京)で昨年12月、本社と千葉事業所のいずれも40代の男性社員2人が工事などを架空発注し、計約2億円を不正に受領していたことが発覚。今年1月にも同社九州支社の50代の男性副部長が業務の架空発注などで計約500万円を着服した疑いが判明した。

 NHKの関連会社9社が東京都渋谷区の広大な土地を約350億円で購入しようとし、手続きの不透明さが昨年12月に明るみに出て、計画を断念する騒動も起きている。

 薬物逮捕を受けての報道機関へのコメントは、わずか1枚のファクスだった。

 緩みきった公共放送に自浄作用は働くか。

抜粋終わり


被害者と言う立場から世の中を見ていると、同じ事をしても、罪に問われる人と、何もされずにスルーしている人が居ると思うのですが、如何でしょうか。

芸能界は以前からドラッグで問題になる人が多く、主婦層にもドラッグが蔓延しているというのを耳にしますが、それにしては売っている方も、使っている方も、それ程捕まっていない様ですが…。



ホメオパシー

ホメオパシーを御存知でしょうか。
私は、最近YouTubeで知りましたが、大変興味深く、面白いと思いました。

同種の物を希釈して与えるという事なので、減感作療法と同じ様なものかと思いましたが違いました。

10の60乗で希釈した物で病気の治癒を目指すという事ですが、これだけ希釈すれば元の物は1分子も残らないそうです。
何故、治る場合があるのかは海外では研究しているそうです。
波動医学、量子医学に通じているようで、これから解明されて行くでしょう。

日本では、公的保険の適用もありませんし、否定的だった様ですが、任意団体もあり、利用者の動画もありました。
西洋医学でも医療事故もありますし、治らない病気もあります。

今後、海外で研究が進めば、色々な事が明らかになるでしょう。
日本は、この様な面でも遅れています。
是非、ホメオパシーで検索して下さい。


ウィキペディア より抜粋

ホメオパシー (漢字表記では同質療法、同種療法、 独: Homöopathie、英: homeopathy, homoeopathy、 homœopathy) とは、「その病気や症状を起こしうる薬(やもの)を使って、その病気や症状を治すことができる」とする18世紀末から19世紀初期にかけてザムエル・ハーネマン(英語版)(1755-1843)が唱えた臨床医学観である。ホメオパチーとも。

ホメオパシーの理論は、ドイツの医師ハーネマンが確立した。「健康な人間に与えたら似た症状をひき起こすであろう物質を、その症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論、およびそれに基づく治療行為であるとされている。「その病気や症状を起こしうる何か(成分、薬など)を使って、その病気や症状を治すことができる」という考え方に基づいて、具体的には、極度に希釈したその成分を投与することによって、病気の治癒をめざす

希釈度は最終的に10の60乗となり、現代科学の知識体系ではすでに元の物質は残っておらず、ホメオパシーの「レメディ」は砂糖玉でしかない。

抜粋終わり 下線は私



今日のニュース livedoor´NEWS より引用

妙な噂も 火災の歌舞伎町ラブホは未解決殺人の舞台だった

2016年1月10日 10時26分  日刊ゲンダイ

7日午後6時半ごろ、東京・歌舞伎町の「ホテルまつき」で発生した火災。宿泊客の女性(63)が煙を吸ったことによる一酸化炭素中毒で死亡したが、出火の原因は不明だという。

「火元は1階のフロント周辺とみられます。捜査員は放火の線は薄く、事故との見方を強めています」(捜査事情通)

 現場はラブホテルが立ち並ぶ繁華街の一角。原因が分からないだけに、歌舞伎町周辺やネット上では妙なうわさ話が飛び交っている。

「『まつき』は創業40年ほどになるラブホです。普段は1泊6000円の格安ホテルとしてデリヘルの利用客らが使っていますが、『心霊スポット』としても有名でした。実は1981年にあった『歌舞伎町ラブホ連続殺人事件』の“舞台”のひとつだったのです。10年ほど前から『幽霊を見た』といううわさが広まり、心霊マニアの間で話題になりました。確かに建物は古く、幽霊が出そうな雰囲気はあります。今回の出火も『幽霊のせい?』なんて言う人もいますよ」(歌舞伎町関係者)

 歌舞伎町連続殺人は、3カ月にわたって、歌舞伎町にある3カ所のラブホテルで3人の女性が殺害された凄惨な事件。未解決で終わっただけに、余計に尾ひれが付いたみたいだ。ただ、こんな話もある。

「実は10年ほど前から、まつきには立ち退き話がくすぶっているようです。まつき周辺の土地を持つ人物が、ビルを建てようとしたんですが、土地が足りなかった。そのため、まつきに譲ってほしいと頼んだのですが、まつきのオーナーはかたくなに断り続けてきたそうです。それで誰かが心霊スポットという悪評を流したのでは、なんてうがった見方をする人もいる」(別の歌舞伎町関係者)

 歌舞伎町の闇は深い。

引用終わり


何だか恐ろしい話です。
テクノロジーで幽霊を見せる事が出来ます。
テクノロジー犯罪、集団ストーカーは、利権、土地、財産も狙っています。
火事は証拠隠滅でしょうか?


««前のページ  | ホーム |  前のページ»»