プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

川崎正典さんの【集団ストーカー問題を克服する】というブログで、ASKAさんの早期退院を求める署名を呼びかけています。
ブログに署名の仕方も詳しく書かれています。

この犯罪による精神科誘導を無くす為にも、是非ご協力下さい。
私も署名させて頂きました。

メールアドレスは公開されません。
名前、コメント(任意)の公開、非公開も選べます。
是非、ブログ名で検索して下さい。


今日のニュース 河北新報 ONLAIN NEWS より引用

<アーカイブ大震災>SOS 世界に反響

米誌タイムは2011年4月21日、2011年版「世界で最も影響力のある100人」の一人に、福島第1原発事故での政府の対応をインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で批判し、世界に支援を訴えた福島県南相馬市の桜井勝延市長(55)を選出した。市長は防災服姿で11分13秒、切々と「SOS」を発信した。

002_size4_convert_20160131204440.jpg

「世界の100人」に選ばれ、取材に答える桜井市長。「世界中に支援を呼び掛けるため、動画サイトを活用した」=2011年4月21日、南相馬市役所

◎その時 何が(12)/市長とユーチューブ(南相馬)

 「南相馬市長の桜井勝延です」
 3月24日午後9時、南相馬市役所の市長応接室。桜井市長は「相馬野馬追」のポスターが張られた壁の前で語り始めた。
 「市職員は放射能汚染の恐怖と闘いながら、必死に市民の生活を支えている。自己責任でのボランティアの協力をお願いしたい」
 目の前にあるのは、ハンディカメラ。ユーチューブへ投稿する動画の収録だった。

 東日本大震災が発生した3月11日の夜、南相馬市役所は津波を逃れてきた人や、家族の安否確認に訪れる市民らでごった返した。桜井市長は、情報を求めるマスコミの対応に追われていた。
 翌12日、様相は一変する。福島第1原発1号機の建屋が水素爆発を起こした。14日には3号機建屋も爆発。政府は15日、原発から20キロ圏を避難圏、南相馬市の原町区を含む30キロ圏を屋内退避圏に設定し、外出を制限した。
 市内は危機的な状況に陥った。屋内退避は本来、数日間を想定した措置だが、原発事故が収束せず、解除される見通しは立たない。食料や燃料が届かなくなり、スタッフが避難した医療機関は機能停止寸前となった。
 津波の被害を受けた沿岸部の行方不明者捜索も進まない。「国に見殺しにされたようだ」と市職員の一人は嘆いた。
 理不尽な状態に、桜井市長は怒りを募らせていた。地域の実態を無視した国の区域設定。事故の状況を全く報告してこない東京電力―。
 「最初はあれだけいたマスコミも、潮が引くように姿を消した」。安全な場所から電話インタビューを申し込んでくるテレビ局に「メディアの本質を見た」とも感じた

 「ユーチューブ」への投稿は、市を訪れていた男性ボランティアのアイデアだった。「あらゆる手段で窮状を訴えたい」。迷いはなかった。
 タイトルは「SOS from Mayor of Minami Soma City」(南相馬市長からのSOS)。
 圧倒的な情報不足と、ガソリンがなく自主避難もままならない現状を「兵糧攻め」と表現した。
 「市内には約2万人の市民が残っている。食料は不足し、宅配しようにもガソリンがない。持ち込める方はガソリンを持ってきてほしい」
 海外での閲覧を想定し、英語の字幕を付けた。反響は期待していなかったが、投稿翌日から問い合わせが相次ぎ、海外メディアからの取材依頼が殺到した
 「あれで流れが変わった」。サイトを見た東京や新潟県のNPOが、大量の救援物資を運んで来た。ピーク時には700人近くのボランティアが訪れた。ネットの威力を実感した
 南相馬市は現在、立ち入り禁止の警戒区域、場合によって避難が必要な緊急時避難準備区域などに分断されている。
 警戒区域内への一時帰宅は始まったが、市内の避難所ではまだ400人以上が暮らす。子どもたちは区域外に開設された臨時教室にバス通学している。
 「世界の100人」に選ばれても、桜井市長に特別な感情はない。「市民生活の安定が第一。市の知名度が上がり、支援の輪が広がればそれでいい」。今後もネットを活用し、市の復興構想などを発信するという。(加藤敦)=2011年5月27日河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 5年の節目に際し、一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。

関連ページ: 福島 社会 アーカイブ大震災.

2016年01月31日日曜日

引用終わり 下線は私


ネットは世界中に発信出来る大きな力を持っています。
ネットに書かれている事は信用できないと言う方がいらっしゃいますが、メディアも都合の悪い事は書きません、報道しません。

情報を集めたら自分で調べ、納得出来るものを残して行く事しか出来ないと思います。

テクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪は、ネットの発達によって被害者が増えたのではないかと思いますが、同じネットによって、被害者同士も連絡が取れる様になりました。

私自身も嫌がらせに遭い、ネットで検索して被害者の会に辿り着きました。
一人では何も分かりませんし、何も出来ませんでした。

ネットを信用できない方も、検索して御自分で調べて下さるよう、お願い致します。


スポンサーサイト
今日のニュース SankeiBiz より抜粋

なぜ?不人気すぎる「軍用ドローン操縦者」 人手不足…精神を蝕む苦痛 (1/6ページ)

2016.1.30 17:12

霆咲畑繝峨Ο繝シ繝ウ_convert_20160130201052

米空軍が運用する軍用ドローン(無人機)RQ-1「プレデター」(米空軍HPより)

【軍事ワールド】

 米軍がシリアやイラクなどで偵察・攻撃に使う軍用ドローン(無人偵察・攻撃機)を遠隔操縦する「パイロット」が不足している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、空軍は年間約180人のドローンパイロットを訓練しているが、一方で年間230人が職場を去っているのだ。あまりの不人気ぶりに、米軍は5年間で12万5千ドル(約1500万円)の特別ボーナス支給を決定するほど。人手不足を招く不人気の背景には、パイロットの精神を蝕む2つの問題があるようだ。(岡田敏彦)

 ドローンの「操縦」

 米軍はイラクやシリア、アフガニスタンなどで偵察や地上目標の攻撃といった危険な任務に無人機を投入している。RQ-1「プレデター」やMQ-9「リーパー」が代表的だ。プレデターは全長約8・2メートル。赤外線カメラや地上攻撃用のミサイル「ヘルファイア」を搭載し、攻撃にも使える。

 これらはドローンというだけあってプログラムされた飛行ルートを自動で飛ぶのだが、特定の目標の追跡や攻撃が必要になると、衛星通信を介した遠隔操縦に切り替える。アメリカ本土にある誘導ステーションからドローンパイロットの資格を持つ兵士が無人機を操縦するのだ。

「戦争がテレビゲームのように行われる」との指摘を具現化したような光景だ

安全なのに不人気

 米本土からの遠隔操縦による攻撃は、1990年代の湾岸戦争時に問題となった「戦争がテレビゲームのように行われる」との指摘を具現化したような光景だ。“敵”を一方的に殺戮できるが、安全な米国本土にいる遠隔操縦者(パイロット)は決して銃弾を浴びることはない

 倫理的には問題だらけだが、少なくとも危険な任務ばかりの軍のなかでは人気職種になりそうなものだ。しかし、いま米軍内で「ドローンパイロット」は不人気職種の筆頭のひとつにあげられている。あまりの人手不足に、5年以上の勤務で約1500万円の特別ボーナスを支給するという“ニンジン”をぶらさげる始末なのだ。

なぜこれほど不人気なのか。同紙は理由のひとつに…

 逆に言えば、配置転換や退職を望んで去っていくパイロットが後を絶たないため、こんな破格の好待遇を用意せざるを得なくなったのだ。

 戦場と平和

 なぜこれほど不人気なのか。同紙は理由のひとつにストレスをあげる。

 空軍のドローンパイロットの多くは、ネバダ州ラスベガス近郊のクリーチ空軍基地に勤務しているとされる。時には1日約12時間も複数のコンピュータースクリーン画像を監視し、敵を発見し、上司の「ミサイルを撃て」という冷たい声の命令で画面上の人を殺す。

 とはいえ、これは冷暖房の効いたオフィスでの仕事。ドローンパイロットは仕事が終わると、基地のガレージに停めていた愛車に乗り込み、近所のスーパーで買い物をして帰宅。夕食を食べ、テレビ番組を見ながら家族との時間を過ごす。そして翌朝はまた画面の中の戦場に戻る-。

 こうした「日常と戦場の短期的な往復」が精神的に耐えられないのだ。

毎日人を殺しては牛乳を買って家に帰る異常さ

米ニューズウィーク誌は「毎日人を殺しては牛乳を買って家に帰る異常さ」という見出しで、ドローン操縦者の精神的苦痛を表現している。

 戦場には誰もが否定できないルールがある。「殺さなければ、殺される」。敵に向けて銃弾を放つ“殺人”の苦悩を解決する、最もプリミティブで分かりやすい自己正当化だ。しかしドローンパイロットは、このルールで自分を慰めることができない。自分は100%安全なオフィスにいるのだから。

 操縦士のピラミッド

 もうひとつの理由は、ファイター・パイロット(軍用機操縦者)の世界に厳然としてそびえ立つピラミッドにある。

 米軍パイロットの頂点は、新鋭機を試験するテストパイロットだ。米国の作家トム・ウルフが戦闘機パイロットあがりの宇宙飛行士の内幕を綴り、映画化もされた名著「ザ・ライト・スタッフ」では、戦闘機パイロットがいかに負けず嫌いでプライドが高いかが描写されている。

最初の宇宙飛行の際、危険性を考慮してロケットに…

最初の宇宙飛行の際、危険性を考慮してロケットに人間ではなくチンパンジーを乗せてテスト飛行したことで、元戦闘機パイロットだった宇宙飛行士たちは、他のパイロットたちから揶揄される。「最初の飛行は、サルがやったんだってな」。

 彼らがピラミッドの頂点とするテストパイロットの仕事は、何百億円という費用のかかった高価な試作機の性能の限界を探り、墜落させずにテストデータを持ち帰ることだ。

 突然エンジンが止まる。音速で飛んでいた最新鋭機がレンガのように落ちていく。さあ何をするべきか。補助翼で姿勢を立て直すのか、あるいは急降下で揚力を取り戻すのか、エンジンの再始動を試みるのか。重要なのは、「次に何をしたらいいのか」だ。

 狭い操縦席の座席にベルトで縛り付けられ、急激なG(加速)に苦しみながら、死や危険に臆さず正しい解答を導き出せる勇気と冷静さ、判断力、洞察力…。こうした“正しい資質”を持つのが最高のパイロットだというわけだ。

そんなパイロットの目に、ドローンの操縦者がどう映るか…

 俺は「パイロット」なのか?

 そんなパイロットの目に、ドローンの操縦者がどう映るか。パイロットたちが最も重視する「肝っ玉が据わっていること、男らしい度胸」(ザ・ライト・スタッフより)が不要で、操縦士でありながら空を飛ばない…。それは果たして「パイロット=操縦士」なのか。

 仲間にして最大の理解者であるはずのパイロットたちからは落伍者扱いされ、苦悩に見合った評価を得ることがない。これでは配置転換を望むのも当然だ。

 米軍ではボーナス施策のほか、空軍の航空学校の卒業生の一部を自動的にドローン操縦任務につかせることを決めたが、そもそもパイロットという職業を選ぶ人間は一人残らず、自分が空を飛びたいのだ。一方で軍の偵察や情報収集へのニーズは戦場以外でも高まっている。需要と供給のギャップを埋めるのは難しそうだ。

抜粋終わり 下線は私


戦争を続けて来た地球は徴兵制で兵隊を作って来ました。
日本でも子供が「兵隊さんになりたい」と言っていた時代があるようです。
憎しみの連鎖からではなく、心から軍人になりたい人はどの位いるのでしょうか。

米国では苦痛を取り除く、忘れる、その他様々な目的で兵士にマイクロチップを入れる事も研究しているという動画を以前に載せました。

どの国の兵隊にも犠牲者が出ています。
原子爆弾、マスタードガス、イペリットガス、枯葉剤、等々、戦勝国にも被害者は沢山います。
自分だけではなく、子孫にまで影響を残す物もあります。

上記のニュースには、たとえ自身が安全だとしても他人を殺す事に精神的苦痛を感じ、ストレスになるのではないかと言っています。
ゲームの様になら人を殺せるという方が狂っているのではないでしょうか。

テクノロジー犯罪の加害者は、自分は安全な所から被害者に向け加害波を照射し続けています。

集団ストーカーの加害者は、日常の事に見せ掛け、被害者に嫌がらせを続けています。

何故、この様な事を、自分とは全く関係の無い、それまで見も知らなかった人に続けられるのでしょうか。
加害行為を続けて、家に帰ると一家団欒で楽しく暮らしているのでしょうか。

この拷問の様な死ぬまで続く加害を平気で出来る、洗脳されている、マインドコントロールされているなどという事は理由になりません。

殺さなければ、殺される。
これも理由になりません。
これを理由にすれば、永遠に人殺しが続く事になります。

人殺しになるより、殺された方がずっとマシです。


マインドコントロールの事を度々記事にしています。
テクノロジー犯罪が被害者をマインドコントロールしたい為に加害行為をしていると思われるからです。

脳を操作出来れば、ターゲット自身を操る事が出来ます。
犯罪者にする事も、自殺をさせる事も、事故を起こさせる事も出来ます。

以前から、思っていたのですが、マインドコントロールをし易い人と、し難い人が居るのではないかと…。
催眠術に掛かる人と掛からない人が居るのと同じ様に…。

催眠術は、自分は絶対に掛からないと思っていると掛からないそうです。

催眠術は、自分が悪いと思っている事は命令されてもやらないと聞いた事があります。
自身の道徳感の方が勝つと聞きました。

被害者の中には、マインドコントロールの被害を訴えている方もいらっしゃいますが、その方がずっとコントロール下にある様には見えません。
自分の意識を持っていると、コントロールされ難いと聞いた事があります。

私も、無意識に字を書くと逆に書く。
電車に乗り間違える、乗り越す、等、被害に気付かされる以前には一度も無かった事が度々起こる様になりました。

初めは気が付きませんでしたが、何も考えないで動いたり、他の事を考えていると「ふっ」と勝手に動いているという感じでしょうか。
今は、気を付けているので無くなりましたが、気が緩むとやられそうです。

この犯罪は一日24時間365日、ターゲットを殺すまで続ける犯罪です。
生きている間中、気を抜かずに生活する事は出来ません…。


今日のニュース ワウコリアより引用

李世ドル九段 プロ棋士負かした囲碁ソフトと3月対戦

【ソウル聯合ニュース】囲碁で世界トップクラスの李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)が3月、人工知能(AI)のコンピューターソフト「アルファ碁」と賞金100万ドル(約1億2000万円)をかけてソウルで対局する。 アルファ碁は米グーグル傘下のAI開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)が開発した。ディープマインドは、アルファ碁が2013~15年の欧州チャンピオンで中国出身のファン・フイ氏と昨年10月に対局し、5戦全勝したと英科学誌「ネイチャー」に27日発表した。正式なフルサイズ碁盤の囲碁で、ハンディなしでAIがプロ棋士に勝ったのは世界初という。 李九段は同誌に「人間のプロ棋士に対等に挑戦するコンピューターと対局することになり、光栄だ。囲碁史における意味のあるイベントになるだろう」とコメントを寄せた。また「ディープマインドのAIが驚くほど強く、またどんどん進化していると聞いたが、少なくとも今回の対局には勝つ自信がある」とも語った。 ディープマインドによると、アルファ碁はほかの囲碁ソフトとの対局で勝率99.8%を記録した。 韓国棋院の梁宰豪(ヤン・ジェホ)事務総長(九段)は李九段との対局について「李九段は強いAIと対局したことがないため、コンピューターが1~2戦勝つことはあり得るが、全勝することはないだろう」との見方を示している。 stomo@yna.co.kr

2016年1月29日15時3分配信 (C)YONHAP NEWS

引用終わり 下線は私


出来る事は何でもやってしまうのが人間なのでしょうか。
その内、人工知能に支配される世の中にならないでしょうか。
SFではなく、現実です。


今日のニュース ジャックログより引用

【悲報】ASKAさんが精神病院に入院!ASKAさん「集団ストーカーのターゲットはついに私になった

一昨年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕、同年9月に執行猶予付きの有罪判決を下されたASKA(57)が、精神科病院に入院したと「週刊新潮」1月28日発売号が報じている。

 入院先は、JR高尾駅から車を走らせた場所にある。日中も静寂に包まれるこの施設は、閉鎖病棟を備えた「精神科病院」だ。

「入院は、周囲にもほとんど知らされていなかった。ただ、錯乱状態になったASKAが複数の知人に助けを求めたことで情報が広まってしまったのです」(音楽業界関係者)

 判決後、しばらく隠遁生活を続けていたASKAが、突如として沈黙を破ったのは今年の1月9日のことだった。自ら立ち上げたブログで、奇怪な文章を掲載したのである。

 女友達が〈集団盗聴盗撮に苦しんで命を絶ったと書き、

〈その集団盗聴盗撮の犯罪に気がついた私が次のターゲットになった〉

〈彼たちは、私へ宣戦布告してきた〉〈3年間作り続けて来た50曲もの楽曲が、何者かの遠隔操作で、すべて削除されてしまった

 と綴った。ASKAが入院したのは、それからまもなくのことである。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160127-00505225-shincho-ent

引用終わり 下線は私


被害者には、ASKAさんが精神科に誘導されたのだという事がブログの記事を見ていれば分かります。
一般の方には理解出来ないでしょう。

ASKAさんの精神科入院のニュースを取り上げているところのスレッドには、統合失調症に一般人を誘導して行こうとする加害側の書き込みが並んでいます。

悪意に満ちたもの。
おちょくっている様なふざけたもの。
集団ストーカーの被害者の事を精神科医が統合失調症と認めているかの様なもの。

加害者側の意図がよく分かります。

精神科にはアルコール中毒や覚醒剤中毒等、薬物中毒の患者さんも入院、通院をしています。
上記のニュースを見ると、覚醒剤ではなく奇怪な文章を掲載した為に精神科に入院したという様な書き方をしています。

この記事だけでは、措置入院ではなさそうですが、どの様な経緯で入院する事になったのでしょうか。
ご本人が納得の上の入院なのでしょうか。

芸能界にも、集団ストーカーの被害者は沢山いらっしゃいます。
清水由貴子さん、飯島愛さん、他の方は、名前を出して良いのか分かりませんので書きませんが…。
芸能界という事で、何も言えない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

この動画には、清水由貴子さんの訴えが残っています。
是非、お聞きになって下さい。


清水由貴子 自殺の真相




飯島愛さんのブログは閉鎖されてしまいました。

被害者の皆様、加害が酷くなっている方が多いですが、何か原因があるのでしょう。
必ず、この犯罪が明るみに出る日が来る筈です。
そうならなければ、地球が壊されてしまいます。
地球の行く末を見守りましょう。


26日も0時過ぎに布団に入りました。

心臓に加害波照射と足先にマイクロ波を照射され、熱くて眠れません。
やっと眠ったと思うと、1時過ぎには起こされましたが、割に早く又眠りました。

今日も、0時過ぎに布団に入りました。
心臓と足先に加害、壁からラップ音が多数入ります。
揺れも酷くやっていました。

ウトウトと寝入りそうになるとゴーッと走行音で起こされます。
ベランダでも、私に分かる様に音を立てます。

ターゲットに一人暮らしが多いのは、何を言っても信じる人が居ない様にという事です。

私が、ベランダに人が入っていると言っても、信じて下さる被害者は少ないです。
一般の方は、ほとんど信じないでしょう。
だから、精神科誘導が出来る犯罪です。

やっと眠ったと思ったら起こされ、ラジオをつけると2時過ぎでした。

ベランダでゴソゴソとやり、表の駐車場で大きな音立てをしていました。
加害も酷く、ここからは全く眠れずに、6時まで待って少し明るくなった頃に起きました。

この加害者の悪辣な事は続きます。

今、パソコンを開くと眠くなり、ウトウトとさせられます。
何も進まず、ウトウトと無防備になったところに加害!頭が非常に痛く、クラクラとしています。

マイクロ波も度々照射、気持ちが悪くなっています。
何から何まで妨害、頭のてっぺんから足先まで加害、呆れ返る犯罪者です。


今日のニュース Gigazine より引用

2016年01月27日 13時22分00秒

「アルツハイマー病は人から人に移る」という新説に新たな調査結果

過去数カ月間に発表された研究で「アルツハイマーは特定の病気の治療中に人から人に移る」という可能性が示されていましたが、新たにスイスとオーストリアで行われた研究によって、仮説の真実味が増してきました。

Swiss Medical Weekly誌で発表された論文によると、チューリッヒ医大とウィーン医大の研究者らが異常型プリオンというタンパクの増殖によって引き起こされるクロイツフェルト・ヤコブ病によって死亡した患者を調べたところ、死亡する数十年前に硬膜の移植手術を受けた7人の灰白質や血管からアミロイドβによって生み出されたプラークが発見されました。一方、同じ年代でヤコブ病によって亡くなった人のうち、硬膜の移植手術を受けていなかった人々からはプラークが発見されなかったとのこと。調査の対象となった人々は28歳から63歳で、通常プラークが作られるには早いと考えられる年齢でした。

アミロイドβはアルツハイマー病を引き起こすと考えられいるタンパク質。今回の調査の対象となった被験者たちはプリオンに冒された死体から硬膜を移植するとことでヤコブ病を患ったものと見られていますが、それに加えてアミロイドβも移植手術によって移った可能性がある、とのこと。

ヤコブ病で死亡した患者のうちアルツハイマー病の症状が出ていた人はいませんでしたが、これはヤコブ病の進行が速いのに比べ、アルツハイマー病は加齢と共にゆっくりと進行するため、というのが研究者らの見解です。

2015年9月に発表されたユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究結果でも、遺体の脳下垂体から抽出して作られた成長ホルモンを投与され、ヤコブ病で死亡した比較的若年の8人のうち4人の血管や灰白質からプラークが発見されていました。

研究者らは「アルツハイマーは家族から移ったり、介護によって移ったりするものではない」と強調。また、死体から生成した調合薬や合成膜を外科手術で使用しないように呼びかけています

「アルツハイマーが人から人に移る」という仮説はまだ結論が出ておらず、死体から生成した調合薬に必ずしもアミロイドβが入っているというわけでもありません。ドイツ神経変性病センターのPierluigi Nicotera氏は「もしこの仮説が正しいならば、我々はゲノムモデル生物を使った系統的な研究を行う必要がある」と語りました。

引用終わり 下線は私


アルツハイマー病とクロイツフェルト・ヤコブ病をネットで検索して下さい。
どちらも、原因も様々で研究段階にあるのではないでしょうか。

私は認知症は作られた病気ではないかと思っています。
以前、年上の友人が同じ事を何度も言ったり車をぶつけたりしました。
私は、この友人が呆けてしまったのだと思いました。

暫くして、この犯罪の被害に気付かされ、この友人と連絡を取ると、ボケてなどいませんでした。

今は、私が友人から離れる様に、友人を痴ほう症に見せていたのだと思っています。
私を孤立させる為の演出でしょう。

コンビニに車が飛び込む事故が多いですが、テクノロジーを使えば誰にでも事故を起こさせる事が出来ます。
運転手さんは覚えていない、居眠り等と言うだけで、分からないと思います。


科学兵器

テクノロジー犯罪には最新科学兵器が使われているのではないかと、以前から言われています。

被害者の思考を盗聴し、それに合わせて様々な加害行為をしてくる。
周囲に誰も居ないのに、声が聞こえる。
隣に居る人は揺れていないのに、私だけが地震の様な振動を感じる。

一般の方に話したら、精神病ではないかと思われる様な事ですが【電子洗脳】という本では、この様な技術は既に出来上がっていると書かれています。

人間は大昔から科学を使って人を殺して来ました。
科学技術は、人を殺す為に発達したのでしょうか。

度々物を落とすという被害が有るのですが、他の被害者も数人の方が同じ被害を訴えています。
何が原因なのかは分かりませんが、筋肉を操作しているのではないかと思ったりします。

脳をコントロールしているのなら、それで筋肉を動かす事が出来ます。

以下の動画では、神経ガスで筋肉を動かす事が出来なくなると言っています。
筋肉を麻痺させる事が出来るのでしょう。

被害者の中には、家の中に毒ガスが撒かれていると言う方も沢山いらっしゃいます。
以前スカパーに出演された方も訴えていました。
扇風機を家の周りに何台も付けていました。

私のレコーダーにも、何かをスプレーで吹き込む様な音の入っている時があります。

玄関のドアは、開けたら分かる様にしてありますが、お風呂場に居る時か夜中に開けた形跡がありました。
ドアチェーンが掛けてあるので、侵入はしていないと思います。
ドアポストの取り出し口が開けてあった事もありました。

ノズルで吹き込むだけなら、少し開けられれば何かを入れる事が出来ます。


抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集46




731部隊を御存知でしょうか。
学校では習いませんでした。
本で読み、日本がやっていた事に驚きました。

大戦中に作られた大量の毒ガスはどうなったのでしょうか。
様々な物を開発すれば、それを消費しなければならないでしょう。
科学技術兵器は、どんどん進んでいる様です。


今朝も起こされた時から、階下でバンッ音立てを始めました。
日によって、多い時と少ない時、思い切り戸が跳ね返っている様な凄い音の時、遠慮がち?の時が有るのは何故でしょうか。

音による嫌がらせは、被害に気付かされた当初からありました。

千葉に住んでいる時は犬が吠え立てるのと、通り掛かりに大きな音を出す位でした。
階下には従姉親子が住んでいて音立てをしていましたが、現在に比べると大分マシです。

I市に引っ越してしばらく経つと、近隣の音立てが酷く、ヘリやジェット機も凄くなり、異常だと思いました。
アパートに引っ越して、更に異常になっています。

嫌がらせ被害は、気にしなければ無くなると言う方がいます。
私の実感では、気にしなければ気にするまでやってやる!という感じで、毎日やられています。

階下のバンッも、私が何か反応してリアクションを起こすまで、執拗にやっている事が多く、加害のやり方と連動しています。
今日も音立てが多く、暴力団風の車も走り、身体攻撃を酷くやり続けています。

集団ストーカーの加害者は、嫌がらせをするとポイントになる、お金になると言われています。
被害者の反応が、賭けの対象になっている、ゲーム感覚でやっていると言っている方もいます。
ノルマがあり、やらないとリスクを受ける?そんな風に思える時もあります。

どれが正しいのか、全て当たっているのかも知れません。
被害者は、毎日加害に苦しみ大変な思いで生きています。
その様子を盗み見て賭けをしていれば、神様の罰が当たるでしょう。


今日のニュース テレ朝news より引用

“住所聞き間違え” 救急車遅れ搬送後に男性死亡
(2016/01/25 15:48)

住所を聞き間違え、救急車の到着が14分遅れました。

 東京消防庁によりますと、24日午前、立川消防署に「トイレ内で男性が倒れ、呼び掛けに反応がない」などと救急車を要請する電話が掛かってきました。署員がその内容を指令室に連絡し、救急隊が出動しましたが、署員が現場の住所について「柏町」を「栄町」と聞き間違えていたため、到着が約14分遅れたということです。男性は心肺停止の状態で搬送先の病院でまもなく死亡しました。東京消防庁は、到着の遅れと死亡原因の因果関係を調査する方針で、「あってはならないことで、再発防止に努めます」とコメントしています。

引用終わり 下線は私


テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は、家に居ても、外出しても、「ピーポー」の音を多数聞いています。
本当に救急車が走っているのでしょうか?

被害者に聞かせる為に、遠回りして走るなどという事はありませんよね。


テクノロジー犯罪、集団ストーカーの最終目的はターゲットを抹殺する事だと思います。
それまでの過程で、様々な身体攻撃、嫌がらせ、ガスライティング等の加害をしています。

被害者は、何故、何の為に自分がターゲットにされたのかを考えますが、確実に分かる方は少ないでしょう。

利権の為、人体実験、人口削減、これらの理由であれば、ターゲットは誰でもいい筈です。
財産目的、保険金狙い等、個人の資産を狙われている方は、お金持ちの方でしょうか。

アイデアを持っている、知恵がある等、頭脳を狙われている方も居ると思います。

大昔から、他人をコントロールしたい、支配下に置きたいと考えている人が存在していたようです。

この動画は、向精神薬で心を制御出来る可能性と言っていますが、現在はどの様になったのでしょうか。
食べ物に混ぜてしまうと、自覚無しに薬を飲む事になってしまいますが、まさかその様な事はないでしょうねぇ…。

記事のタイトルは、動画の中で言われている言葉です。



抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪62





今日のニュース livedoor´NEWS より抜粋

スマホを体に埋め込む未来がいよいよ近づいている

2016年01月24日 18時00分 提供:GIZMODO JAPAN

繧ケ繝槭・_convert_20160124210456

痛くないのかな?

アメリカのDARPAは脳でコンピューターを操る技術の開発に着手しましたが、脳とコンピューターの距離を近づけようとしているのはアメリカの機関だけではありません。

スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの調査によると、世界の産業界のリーダーたちは「体内埋込み型のスマホや自動運転の車、AI(人工知能)、3Dプリントなどが未来技術のトレンドになる」と答えているんです。頭にスマホを埋め込む…確かにいつでも電話に出たり友達とチャットができるかもしれませんが、夜中に職場から電話が頭の中にかかってきたら結構キツイですね…。

報告では、これらの新技術は数年以内には一般の人々にも受け入れられるとまとめています。確かにドローンによる配達は数年以内に、自動運転の車も2020年ごろには実用化する目処が立っています。そして、スマホの埋め込みが起きうるのは2023年まで。7年後には体内型iPhoneや体内型Xperiaが登場するのかな? 楽しみなような、怖いような…。

スマホを体内に埋め込めば通信だけでなく、健康情報のモニタリング、病気の通知などの機能も期待できます。ただし、もしスマホを埋め込むとしても安全性の確保と、強制サイレントモードの実装はきっちりおねがいしますね。

top image by Sebastian Kaulitzki / shutterstock.com
source: CNET

(塚本直樹)

ギズモード・ジャパン

抜粋終わり 下線は私


マイクロチップどころではない、恐ろしい事になりそうです。
脳でコンピューターを操る技術が出来れば、コンピューターで脳が操れる事になりませんでしょうか。
DARPAを御存知ない方は、ネットで検索して下さい。


私に合わせる

一昨日に部屋の防御を変えました。

もう、引っ越しはしないと決めた時から、何とか少しでも加害に対する防御が出来ないものかと、色々とやっています。
他の被害者の方に聞き、良いと思われるもので自分の手が届く事はやってみます。

無くなった被害もありますが、殆んどは余計に酷くされている様な気もします。

何故無くなったのかは分かりません。
酷くされているものは、出力を上げられたり、違う波動に変えられたりしているのでしょう。

私が何かを変えると、周囲の動きが変わります。
一昨日、昨日と「ウ~」「ピーポー」が極端に少なかったです。
近隣の音や声も少なく、目立つのは飛行機や車の走行音でした。

今日は、土曜日という事で東西でドアバンを窓が揺れるほどやっていました。

隣の引っ越しの荷物は運んだ筈ですが、午後は誰かが階段を上り下りしていました。
私の住んでいる階には、私しか居ません。

夕飯を食べて台所に出ると、窓にテールランプが映っていました。
裏は駐車場ではありませんし、普通は車は無い筈です。
待ち伏せ車という事でしょう。

そこから、声立てが酷く、東西をウロツキながらやっていました。
結局、車の出る音などは無く、ず~と何かをやっている様です。

防御を変えた為か、マイクロ波の照射を頻繁にやられています。
頭、背中、右の脇腹が痺れ、一生懸命に揺らしている様でユラユラとしています。
マイクロ波で熱くされ、暖房を止めると、直ぐに寒くなります。

睡眠妨害も酷く、明け方の走行音も異常でした。


今日のニュース livedoor´NEWS より抜粋

「死の危険も」、暴風雪に厳重警戒呼びかける ワシントン

2016年1月23日 10時29分 CNN.co.jp

(CNN) 週末にかけて記録的な降雪が予想される米首都ワシントンでは、人々が屋内に待機し、「生死を争う事態になる可能性がある」とされる嵐に備えている。

ワシントンでは22日午後から雪が降り出し、すぐに勢いが増した。ミュリエル・バウザー市長によれば、23日夜にかけての積雪は約80センチに及ぶ可能性もある。市長は住民に対し、生死を分ける危険のある悪天候だと認識するように促し、屋内に待機して車を運転しないよう勧告した。

今回の嵐は南部や中部大西洋岸を襲った後、北上しワシントンを直撃した。進路には8500万人以上が住んでおり、うち3000万人に暴風雪警報が出ている。米南東部では12万7000世帯が停電した。

各地の自治体が再三、一般道、高速道ともに車の運転を控えるように呼びかけている。

メリーランド州ボルティモアでは約45~53センチの積雪を記録する恐れがあるとして、ステファニー・ローリングブレーク市長は、自動車での移動は危険な状況だと述べた。ワシントンと同様、交通機関は週末の運転を見合わせている。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、23日の午前8時から深夜にかけて、非常事態を宣言。自動車の運転を控えるよう住民に呼びかけた。現時点で公共交通機関の運転を見合わせる予定はない。

米国立気象局は22日朝、暴風警報の範囲をフィラデルフィアやニューヨークにまで拡大した。

抜粋終わり


日本も
“最も強い寒気、大荒れ予報 沖縄上空で氷点下6度”
“23日夜から天気大荒れ 兵庫県南部でも積雪恐れ”
“都内でも降雪予想”
大荒れの天気予報のニュースが沢山です。

世界中で異常気象、弱いものから犠牲になります。
HAARPの影響は無いのでしょうか。
HAARPを御存知ない方は、ネットで検索して下さい。


昨日は、ずっとやろうと思っていた部屋の防御をしました。
大掛かりにやり、大変でした。
なかなか思う様には出来ません。

掃除も思う様には出来ないので、掃除も兼ねました。
外されていた室外機の蓋も、嵌めて頂きました。

部屋、玄関の入り口は綺麗になりましたが、被害は酷くなりました…。
睡眠妨害も酷く、3時間位しか眠れなかったと思います。
「そんな事をしても無駄」と加害者の嘲笑う声が聞える様な気がします。

今までもそうですが、防御をすると余計に強くするのでしょうか。
それとも、使用している科学武器を変えられるのでしょうか。
頭~お尻までが酷く痺れ、耳鳴りも酷くなっています。

音は加害と直結していますので、大きな音だけではなく、小さな様々な音もしています。
サイバーテロもやられているようで、メールが届いていないようです。



ADD/ADHDの事を言っている動画です。
子供達の未来が少しでも良くなりますように。


抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪82



ウィキペディア より抜粋

注意欠陥・多動性障害

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である。

日本の現状

診断・治療環境

ADHDという分類が妥当であるのかということはADHDの概念を確立したアメリカでも論争が続いている状況である。日本においては、ADHDの特徴については未だ明確に定義化されていない

その他

ADHDを障害としてではなく、生物の進化の過程で発現した個性であると捉える枠組みもある。薬物による治療が社会適合性を改善する反面、個性をつぶすことにつながるのではとの懸念もあがっている。ADHDだけに限らず、精神的・身体的に他の人とは異なった人たちも、プライドもあれば夢もある個人として扱われるべきであり、障害も含めた個性としての認識をするというアプローチもありうる。

障害を理解したうえでの適切なヘルプは必要ではあるが、本人が問題を起こす理由が障害によるものなのか、単に本人の人生経験などの不足が原因で問題が起きているのかについては客観的な視点から判断することは難しく、それだけをもって線引きをすることが容易ではないという問題もある(後者は後述の「自称ADHD」にあたる可能性がある)。
米国では、ADHDと診断された児童450万のうち100万人が不適切な診断、誤診である可能性が指摘されている

抜粋終わり 下線は私



精神病は何を持ってその診断になったかという事が不明な事が多いと思います。
テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は、多くの方が精神科誘導され統合失調症という診断を受けています。

客観的に診断出来ない病気を診断する根拠は何なのでしょうか。
是非、ネットで検索して下さい。
日本は、精神病床数が世界一だそうです。


 | ホーム |  前のページ»»