プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

物を落とす

被害が酷くなると、あれもこれも酷くなりました。
数十年も前から、しょっちゅう手に持った物が落ちました。
軽い物でも、重い物でも関係ありません。

まるで、地球の重力に吸い付けられるように落ちて行きます。
これが被害だと分かったのは、被害者の会に入って他の被害者さんの話を聞いた時です。

その方も同じ被害で、物を持つ時には注意をして持つとの事でした。
今日も、被害が酷く、朝から様々な物を落としては拾い、そんな事にまで時間が掛かってしまいました。

テクノロジー犯罪は筋肉も操るので、指を弛緩させるのでしょうか。
時には包丁を落としそうになったり、結構危険な被害です。

電磁波攻撃が酷いと、呂律が回らなくなります。
これも、筋肉でしょう。

頭を防御する物を少し変えると、余計に加害行為をされています。
背中も痺れ、足先だけ熱く、頭はクラ~ッとしています。
先程は、部屋全体が西側から風圧で揺れる様な振動がありました。


今日のニュース GIZMODO より引用

「重力波の直接検出に成功」の噂でサイエンス系ネットが騒然

震源は物理学者のツイッター、でも期待!

今週、「重力波が史上初めて直接検出されたらしい」という噂でサイエンス系ツイッター界隈が騒然となりました。重力波とはアルベルト・アインシュタインがその存在を予言した時空の波動ですが、それを直接検出した人はまだ誰もいません。世界中の多くの研究機関が大がかりな装置を使ってその検出に取り組んでいて、もし本当に確認できたなら、100年に1度レベルの大発見になりそうです。

巨大な物体を急に動かしたり、ふたつの巨大な物体を急激に衝突させたり、または超新星爆発などがおこると、静かな池に石を投げ込んだときのように、時空の波が生まれます。物体が大きければ大きいほど周りの時空への影響は大きく、そこでできる重力波も大きくなります。アインシュタインはその存在を1915年に一般相対性理論の中で予言していましたが、それを実験で確認することは不可能だと考えていたようです。

今回その不可能を可能にしたと言われているのは、米国のLIGO(Laser Interferometer Gravitational Wave Observatory、レーザー干渉計重力波観測所)というプロジェクトです。マサチューセッツ工科大学やカリフォルニア工科大学など米国の大学が共同運営しており、2015年には以前より3倍検出感度の高いAdvanced LIGOへとアップグレードしていました。

実はそのアップグレード直後にも、Advanced LIGOによる重力波検出の噂が出回っていました。アリゾナ州立大学の物理学者、ローレンス・クラウス氏が「LIGOで重力波を検出したという噂だ」とツイッターでもらしたのです。とはいえクラウス氏も、それが事実である可能性は「10~15%の確率」だとしていましたし、ネイチャーにコメントを求められたLIGOのスポークスパーソンも「現在データを分析中」だと言うだけでした。

でもその噂が今、クラウス氏のツイッターから再燃しているんです。

引用終わり 下線は私


科学技術は、どんどん進みます。
進む過程で、人体実験などに悪用されていないでしょうか。

物理が苦手なので笑われてしまいそうですが、被害者の方が重い物が勝手に動いて落ちたと言うのを聞いた事があります。
車がコンビニに飛び込んで、運転手は居眠り等と言いますが、昔はこんな事故は聞いた事がありませんでした。

重力波は、防御出来ないそうです。


スポンサーサイト

 | ホーム |