プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

隣が引っ越す

今朝は起きる前から「ウ~」「ピーポー」でした。
7時45分頃からアパートの階段を動く音がしていました。

被害ノートを書き始めると8時14分、東西に大きな車の入る音がして、人がウロツキ始めました。
インターホンの鳴る音は無く、ボソボソと声がしました。

その後は声立て、大きな笑い声を立てながら、階段を上り下りしていました。
タンスなど、大きな物を運んでいる様子はありませんでした。

10時頃に東西で車のドアバン、ピーピーと車の音がしたと思ったら、私が通販で頼んだ物を西濃運輸が持って来ました。

異常なタイミングです!
通販の物は時間指定が出来ず、このタイミングに合わせて持って来ました。

隣の引っ越しは終わった時の挨拶も無く、通常の引っ越しとは全く違います。
前の一戸建てに住んでいた時の裏の住人も、引っ越す様子も無く、いつの間にかトンズラしていました。

被害に気付かされる前に住んでいたマンションの隣に越してきた男は、夜中の10時過ぎに引っ越しをしていました。
翌日、挨拶に来ましたが、今思えば加害者です。

この様に、周りは全て不自然、異常です。

人や車が多い時は、さらに被害が酷くなります。
心臓に何度も照射され、不整脈様の加害も多数やられました。
笑いながら引っ越し作業をする男達も、通常では居ないでしょう。

この様に異常な日は、この後も「ウ~」「ピーポー」を何度も鳴らし、近い火災の時に鳴らす「ボゥ~」というサイレンのオマケ付きでした。
I市に住んでから、この「ボゥ~」というサイレンを何度聞いた事でしょう!!


今日のニュース 夕刊アメーバニュース より抜粋

戸籍上「存在しない」子供たちの現実――文字が書けない、友人ゼロ、将来の不安も…

2016年1月19日 16時11分  日刊SPA!

子供の貧困について考えるとき、忘れてはならない問題がある。それは「無戸籍者」の存在だ。日本で生まれたのに戸籍登録されず、学校に一度も通ったことがない。そんな過酷な環境で暮らす子供たちが、確かに存在しているのだ。

 元衆議院議員としてこの問題に取り組み、これまでに1000人以上の無戸籍者を支援、書籍『無戸籍の日本人』に彼らの現状をまとめた井戸まさえ氏に聞いた。

「親の虐待によってそもそも出生届が出されていなかったり、貧困のために出産費用が払えず、病院から出生証明書を受け取っていなかったりと、無戸籍の子供たちが生まれてしまう原因はさまざまですが、なかでも多いのは、夫のDVから逃げ出した女性が、籍を抜けられないままに別の男性の子供を妊娠するケースです。現在の法律では、離婚が成立しないうちに出生届を出すと、血のつながりとは関係なく、夫の戸籍に入れられてしまいます。しかし離婚の協議をしようにも、女性はDV夫に居場所が知られるのを恐れ、行動を起こせない。そのため、無戸籍のまま育てることになってしまうケースがあるのです」

 無戸籍の子供をめぐる大きな問題は、教育を満足に受けられないことだろう。無戸籍でも小中学校に入学することはできるが、親がその制度を知らず、自宅学習で育てられる子が少なくないのだ。

「そのため友人が一人もできず、コミュニケーション力に乏しいまま成長してしまうのです。これまで支援してきた人の中には、成人でも文字が書けない人もいました」

 もし小中学校に通えても、高校にまで進学できる無戸籍者はほとんどいない。そのため若くして働きに出る人が多いが、職探しにも困難が待ち構える。

「公的な証明書がなければアパートも携帯電話も契約できず、銀行口座も開けない。だから、身元の証明を求められない水商売やアルバイト、もしくは日雇い労働者くらいしか、働き口がないのです」

 さらに、マイナンバー制度の運用が始まることで、水商売やアルバイトでも、雇用先にマイナンバーの登録が求められる。だがそもそも、無戸籍者にマイナンバーは届かない。今後、彼らは限られた働き口さえなくしてしまう可能性があるのだ。「そうなれば、ただでさえ苦しい生活を強いられているのに、無戸籍者はますます困窮する」と井戸氏。

 成人の無戸籍者には子供がいる人もおり、恵まれた環境でなくとも必死に育てている。しかしこのままでは、無戸籍者たちはますます追い込まれ、貧困の連鎖が続いていくことになりかねない。それを防ぐためにも、戸籍制度の根本的な見直しが急務だ。

【元衆議院議員 井戸まさえ氏】

’05年より兵庫県議会議員を務め、’09年、衆議院議員に初当選。現在、NPO法人「民法772条による無戸籍児家族の会」代表。著書に『無戸籍の日本人』(集英社)など

<取材・文/小山田裕哉>

※1/19発売の週刊SPA!では「ルポ 子供の貧困」を掲載中

抜粋終わり


テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は戸籍を狙われていると言っている方がいます。
以前も記事にしましたが、日本にも戸籍の無い方が沢山居る様です。

無戸籍の方には何の責任もありません。
何故、何の手も打たずに放っておかれるのでしょうか。
無関心ではいけません。
皆様、戸籍の問題に関心を持って下さい。


スポンサーサイト

 | ホーム |