プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

マインドコントロールの事を度々記事にしています。
テクノロジー犯罪が被害者をマインドコントロールしたい為に加害行為をしていると思われるからです。

脳を操作出来れば、ターゲット自身を操る事が出来ます。
犯罪者にする事も、自殺をさせる事も、事故を起こさせる事も出来ます。

以前から、思っていたのですが、マインドコントロールをし易い人と、し難い人が居るのではないかと…。
催眠術に掛かる人と掛からない人が居るのと同じ様に…。

催眠術は、自分は絶対に掛からないと思っていると掛からないそうです。

催眠術は、自分が悪いと思っている事は命令されてもやらないと聞いた事があります。
自身の道徳感の方が勝つと聞きました。

被害者の中には、マインドコントロールの被害を訴えている方もいらっしゃいますが、その方がずっとコントロール下にある様には見えません。
自分の意識を持っていると、コントロールされ難いと聞いた事があります。

私も、無意識に字を書くと逆に書く。
電車に乗り間違える、乗り越す、等、被害に気付かされる以前には一度も無かった事が度々起こる様になりました。

初めは気が付きませんでしたが、何も考えないで動いたり、他の事を考えていると「ふっ」と勝手に動いているという感じでしょうか。
今は、気を付けているので無くなりましたが、気が緩むとやられそうです。

この犯罪は一日24時間365日、ターゲットを殺すまで続ける犯罪です。
生きている間中、気を抜かずに生活する事は出来ません…。


今日のニュース ワウコリアより引用

李世ドル九段 プロ棋士負かした囲碁ソフトと3月対戦

【ソウル聯合ニュース】囲碁で世界トップクラスの李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)が3月、人工知能(AI)のコンピューターソフト「アルファ碁」と賞金100万ドル(約1億2000万円)をかけてソウルで対局する。 アルファ碁は米グーグル傘下のAI開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)が開発した。ディープマインドは、アルファ碁が2013~15年の欧州チャンピオンで中国出身のファン・フイ氏と昨年10月に対局し、5戦全勝したと英科学誌「ネイチャー」に27日発表した。正式なフルサイズ碁盤の囲碁で、ハンディなしでAIがプロ棋士に勝ったのは世界初という。 李九段は同誌に「人間のプロ棋士に対等に挑戦するコンピューターと対局することになり、光栄だ。囲碁史における意味のあるイベントになるだろう」とコメントを寄せた。また「ディープマインドのAIが驚くほど強く、またどんどん進化していると聞いたが、少なくとも今回の対局には勝つ自信がある」とも語った。 ディープマインドによると、アルファ碁はほかの囲碁ソフトとの対局で勝率99.8%を記録した。 韓国棋院の梁宰豪(ヤン・ジェホ)事務総長(九段)は李九段との対局について「李九段は強いAIと対局したことがないため、コンピューターが1~2戦勝つことはあり得るが、全勝することはないだろう」との見方を示している。 stomo@yna.co.kr

2016年1月29日15時3分配信 (C)YONHAP NEWS

引用終わり 下線は私


出来る事は何でもやってしまうのが人間なのでしょうか。
その内、人工知能に支配される世の中にならないでしょうか。
SFではなく、現実です。


スポンサーサイト

 | ホーム |