プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

昨日は、首が痛いのを心配して頂いた被害者の方に誘って頂き、一日中付き合って頂きました。
情報交換、楽しくおしゃべり、飲み食べ、あっと言う間に夜になってしまいました。

身体攻撃をされている被害者は、自宅が一番酷い事を御存知です。
家に居ると集中攻撃をされてしまう、それで声を掛けて頂きました。

被害者さん、ポスティングの時の参加者の皆さん、本当に感謝しています。

昨夜もパソコンを止めた辺りから総攻撃を始めました。
布団に入っていても下から背中を狙い、起きれば360度、どこからでも首、背中に照射を続けています。
足先も、ずっと熱くされています。

自分では首を支えていられず、下を向いたままで動かせません。
少しでも衝撃があると首、背中がズキンと痛みます。

他の方から見ると、首が前に出ているそうです。
せむしの様になっている…。

この身体攻撃は2月の初め頃からです。
肩甲骨の間が痺れるという症状から始まりました。
暫くすると、背中全体が痺れる様になりました。

これには様々な理由があると思われるのですが…。

此処のアパートも建て直す事になっています。
建て直す為に出なければならなくなった、その辺りから更に身体攻撃が酷くなりました。

背中から肩、肩から首へと痺れと痛みが広がりました。
むち打ち症の様な感じだと思っていましたが、その内に顔を上げている事が出来なくなりました。

2カ月以上、同じ所に電磁波照射を続け、首の骨が変形したようです。
首を通っている神経、血管、筋肉を圧迫しているので、体中に様々な故障が起きて来ました。

一戸建ての取り壊しの話が有った後も、加害がエスカレートしました。
「生かして此処から出すものか」という事だと気が付いたのは、大分後です。

このアパートも近くで、同じ稲城市、脱出出来ても身体障碍者にされました。

酷くなってから気が付いたのですが、体の後ろから照射されているのは、戸建ての時に心臓に照射されていたのと同じ物だと思います。
絞めつけられる様な痛さでどうする事も出来ず、防御方は見付けられません。

戸建ての時に頭を上からぎゅう~っと押される加害をされて頭の防御を始めました。
ここでは、ノートを書いている時に斜め上から頭に照射していたのですが、真上からでなかった為に気付けませんでした。
この為に首が変形したのでしょう。

加害が酷くなっているのは、首、背中だけではありません。
酷くなっている理由も此処を出る事だけではなく、他にも思い当たる節があります。

家に居ても嫌がらせも酷く、音、声、水道の検査、電気の検査、様々な理由を付けて私の近くをウロツキます。
玄関のドアが開けてあったり、ポストに何か入れる音がしても何も無かったりする事も多いです。

まだ引っ越し先は見付けられず、今後の見通しは立ちません。
この加害で、引っ越しの準備も出来なくなりました。


今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より抜粋

住民反対で保育園断念 千葉・市川「子どもの声は騒音」

2016年4月13日 朝刊

 千葉県市川市で四月に開園予定だった私立保育園が、近隣住民の反対で着工できないまま開園断念に追い込まれていたことが分かった。住民からは「子どもの声でうるさくなる」との批判もあった。運営主体の社会福祉法人(同県松戸市)の理事長は「理解を得られず残念。反対は住民エゴと思わない。早い段階から説明をすれば(結論は)変わったかもしれない」と話している。

 市や社会福祉法人によると、保育園の建設予定地は閑静な住宅街。木造二階建て、延べ床面積約五百二十平方メートルの園舎を建て、今年四月から〇~五歳児百八人を預かる計画だった。

 法人は昨年八月下旬、現地に開園を知らせる看板を立てたところ、住民から「子どもの声が騒音になる」「狭い生活道路が車や送迎の自転車で混雑し危険」などの反発が出た。法人は説明会を二度開催して理解を求めたが、住民が撤回を求める要望書を市長に提出したことなどを受け、今年三月下旬の理事会で断念を決めた。

 奈良女子大生活環境学部の中山徹教授(まちづくり学)は「保育園と関係ない人には、子どもの声も騒音に聞こえる。保育園が、地域住民にも役立つ施設にするため、もっと前の段階から議論を詰める必要があった」と指摘する。

 厚生労働省の昨年の調査では、園児の声を騒音と思うことに共感する人の割合は35%。都内でも保育園の建設計画を延期する例が相次いでいる。

抜粋終わり 下線は私


私が子供の頃は、近所の友達と外で毎日遊んでいました。
うるさいなどと叱られた事は一度もありません。
普通に遊んでいる子供の声、赤ちゃんの泣き声は騒音にならないと思います。

このアパートの北側は小学校です。
毎日、子供が「キャ~」「キー」「あー」と基地外の様に奇声を上げています。
授業中なのかどうかも分からない程しょっちゅうです。

外出しても私の周りでは奇声を発する子供が出て来ます。
集団ストーカーの嫌がらせです。

被害者は全国にいらっしゃいます。
多くの方が同じ被害を受けていると思います。

保育園の子供の声を騒音と感じる方は、集団ストーカーの被害者ではないでしょうか。
被害者の近くにいる一般の方も、この奇声を聞いている事になります。
一般の方は、どの様に感じているのでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |