プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけましたが時間が分からず、仕方なく懐中電灯を点けて時計を見ると2時10分でした。
すぐに眠った様で、次に起こされると5時でした。

熟睡した様に思ったのですが、途中で明るくした為か起きると体中が痛みました。
食事を始めると、近隣の音立てが始まり身体攻撃も酷くなりました。

7時5分過ぎ、髪を梳かし、頭の防御をするとピーポー!今日は此処から立て続けです。

早く出掛け様と思っていたのですが、8時45分頃になってしまいました。
近くからの付き纏いは無く、広い通りに出てから出て来ました。
治療所には何人も患者がいましたが、ほとんどは加害者の待ち伏せでした。

どちらかなぁと思う人が二人でした。
順番を待っていると、先日も後から来て近寄って来た男が又入って来ました。

一度私を確認して座り、すぐに棚から新聞を取って私の近くに来ました。
私は直ぐに移動してしまいましたが、毎回同じ事をやるのも理解出来ません。

今日も、良く説明して下さる方で、歪みが治れば頭を支える力が出て来ると仰いました。
家へ帰ると加害波を照射されるとは言えないのが辛いところです。

駅ビルへ入り、買い物を始めるとピーポーでした。

最寄り駅へ着き、銀行へ行こうと思ったのですが看板が見えませんでした。
ポスティングからの帰りに見付けたので、すぐに分かると思ったのですが…。
裏に当たるのかと思いビルの中を歩いている内に方向が分からなくなりました。

付き纏い、待ち伏せに聞く気にもならず、駅の周りを回って、やっと見つけました。

私が入った時、待っているのは二人だけでした。
私が終わって出ようとすると、道路まで並んでいました。

コンビニでもやられますが、私が入ると大量に動員されます。
そこら中に居る加害者が、一斉に押し寄せて来るのでしょう。
かわりに、帰りの付き纏いは少なかったようです。

なだらかな階段を上り始めるとガン音立てで、頭が酷く痺れました。
雨には降られませんでしたが暑さが酷く、家へ着くと息切れがしました。

不審バイク、車がウロツキ、夕食を食べ始めると喉の辺りを絞め付け、腹部も絞め付けます。
出掛けるとこのパターンの様で、具合が悪くなる前に止めました。
今もピーポー、飛行機様の音が続いています。


今日のニュース  J-CASTニュース より抜粋

「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到

2016/8/ 1 18:36

気象庁は2016年8月1日、「東京湾を震源とするM9.1の地震が発生」という誤った緊急地震速報を流した、と発表した。

この「誤報」は緊急地震速報と連動するアプリなどで一気に広まった。実際に地震は発生していないものの、ツイッターに「本気でびびってしまった」「心臓止まるかと思った」といった声が続々寄せられた。

誤報
数字が「大きすぎた」(気象庁の公式サイトより)

気象庁「原因は調査中」

発表によると、「誤報」の詳細はこうだ。地震の発生日時は17時9分。震源は東京湾で、地震の大きさを示すマグニチュードは9.1だった。千葉県南部、東京都23区、神奈川県東部、千葉県北西部、埼玉県南部が「震度7程度以上」を観測したと表示されている。なお、誤った地震速報は17時9分の1分間に3回流され、そのうち2回はマグニチュード9以上となっていた。

緊急地震速報を受け取った人々はツイッターに

“「本気でびびってしまった」
「死ぬかもって思った」
「心臓バクバクする」

と驚き、不安の声を寄せた。しかし、実際に揺れが来ることはなかった。

同庁の地震津波防災対策室の担当者は1日夕、J-CASTニュースの取材に「原因は現在調査中」としたものの、「速報をうったおよそ15秒後にキャンセル報を流した」と説明している。

また、「数字が大きかったので反響は大きい。(通知アプリ等を運営する)事業者からの連絡が鳴りやまない状況だ」と現状を明かした。

気象庁のサイトをみると、「キャンセル報」はトップページには見当たらず、トップページの「地震情報」をクリックし、さらに「緊急地震速報の発表状況」へ飛び、さらに「緊急地震速報(予報)の発表状況」を選択すると、誤報を流したのと同じ時間帯の17時9分のうちに「キャンセル報」を流したことが確認できる。サイトの深部に小さく掲載されている、といったところだ。

抜粋終わり


以前から感じていましたが、台風も地震も凄いのが来る、来ると脅されている気がします。
本当に大変な時に、狼少年にならない様に御願いしたいと思います。
このニュース、カルトな数字が並んでいますねぇ…。


スポンサーサイト

 | ホーム |