プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

パソコンを始めると、ウトウト、コックリコックリと眠らされて時間妨害をされています。
今日も0時過ぎに布団に入るとピーポー!

暫くすると何かが回転する様な小さな音がして、徐々に早くなると床が振動を始めました。
揺れはいつもですが、この音は始めて聞きました。

3時過ぎに起こされるとグループサウンズの特集をやっていました。
懐かしく聞いていたつもりでしたが、その曲が終わる前に眠らされてしまいました。
次に起こされると、うっすら明るくなっていたので起きると4時50分でした。

洗濯、食事の支度を始めると加害波照射!
いつも通りの酷い加害です。
飛行機様の小さな音も朝早くから立て続けです。

9時51分  掃除を始める前にピーポー! 飛行機音。
10時20分 掃除が終わるとウ~ピーポー! ウ~を間に入れながら
        鳴らすピーポーです。
13時40分 ベランダで明瞭な音がしたと思うとピーポー!
        雨戸は半分開けてありますが、防御を立て掛けている為
        にすぐには見えません。
17時5分  御手洗いから出て、二階に戻るとピーポー!

今日は、この後にパソコンのメールを受信するとピーポー!を鳴らしましたが、ハッキリと聞こえたのはこれだけでした。
後は小さくピーポー!
変わりに飛行機様の音を立て続けています。

加害は酷く、頭の痺れ、頭を支える事が出来ずに顎が胸を圧迫しています。
口を開けるのが大変で、食事に時間が掛かります。
喉を圧迫している為に、痰が切れずに咳が出て息苦しくなっています。


今日のニュース 産経 WEST より抜粋

2016.8.21 15:00更新

韓国の「報復スピーカー」なぜヒット?…軍の「対北拡声器」導入では疑惑噴出

韓国でなんとも変わった商品がヒットしている。その名は「報復スピーカー」。これは、マンションやアパートで上階の騒音に悩む下階の住人が対抗するためのスピーカーで、その効果は抜群といい、騒がしい上階の住人に“復讐”しようという市民らが買い求めているのだ。一方、対北朝鮮心理戦用の「対北拡声器」の追加導入をめぐっては、納入業者の選定などで疑惑が浮上。韓国国内では、種類の違う「スピーカー」がそれぞれ話題を振りまいているようだ。

大音量で復讐

 韓国のマンションやアパートでは、上階での物音が下の階に響きやすいとされる。韓国紙の朝鮮日報(電子版)によると、韓国ではこうした上下階の騒音トラブルを“解決”するための新グッズ「報復スピーカー」が売れているという。騒音元の住人に報復するためのハイテク機器だ。

 正式名称は「層間騒音対処用スピーカー」で、大きめのマグカップほどの円筒形をしたスピーカーだ。音の鳴る部分(コーン)を上にして、天井に設置できる。価格は13万8500ウォン程度(約1万2500円)から。

上階は怒り心頭

 天井に設置した後は、K-POPやデスメタルを大音量で流せば、好きなだけ上の階の住人に報復できるというわけだ。スピーカーにケーブル類はなく、音源とはブルートゥース(近距離無線通信)で接続可能というハイテクを利用している。

朝鮮日報(電子版)では実例として、工芸品製作教室をしている上階の住人に対して報復した下階の人物の話を紹介。教室の生徒らが皮にポンチと金づちで穴を開ける音がうるさいとして、下階の人物は報復スピーカーを使い、大音量の音楽でリベンジを果たした。

 しかし、上階の住人は「警察に通報する」と怒り心頭だといい、騒音トラブルの根本的な解決には至っていないようでもある。

ところが軍隊では…

 しかし、韓国で報復用スピーカーといえば、北朝鮮に向けて国境沿いに設置されている「対北拡声器」が最も有名だ。北朝鮮が軍事的挑発を行うたびに、韓国の経済発展などの優位性や、韓国語の歌謡曲などを大音量で流し続ける政治宣伝用の施設だが、今月に入って汚職疑惑が発覚した。

 8月17日、朝鮮日報(電子版)は、新型拡声器40台を導入するにあたり、「軍が特定の納入業者に有利になるようにスピーカー性能の評価基準を不当に調整した疑惑がある」と指摘した。

 この特定業者のスピーカーについて性能試験を実施したところ、聞こえる範囲は約3キロと、軍の要求の10キロを大きく下回っていた。ほぼ無人のDMZ(非武装地帯)だけで2キロの幅があり、3キロでは北朝鮮の民間人には聞こえない。

 東亜日報(電子版)などによると、この疑惑ですでに国防部の当該部署と関連会社が家宅捜索を受けたという。また事業費183億ウオン(約16億5000万円)にも水増し疑惑が出ているという。

抜粋終わり


以前、被害者の会でも報復の機械が話題になりましたがインチキなサイトが多い様です。
私は稲城市で加害者からウルサイと一戸建てでも、アパートでも言われています。
近隣は口裏を合わせますので、私が騒音おばさんに仕立て上げられます。
被害者の皆様、罠に嵌まらない様に気を付けて下さい。


スポンサーサイト

 | ホーム |