プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

昨日は久しぶりに、被害者の方とおしゃべりをして来ました。
ゆっくりと、楽しい時間を過ごしました。
この妨害の為に、数日前から酷い加害をしています。

昨日も0時過ぎに布団に入りました。
防御が終わると ピーポー!
起こされてラジオをつけると3時過ぎ、越路吹雪の特集を気持ち良く聞いていました。

4時の時報でラジオの音を小さくすると、周辺で変な音がしていました。
変電所は音がするのでしょうか?
5時の時報の後に眠らされ、起こされると6時でした。

階下へ下りて、食事の支度を始めると ウ~! 延々!
8時10分 侵入防御を作り始めた時から ウ~! 延々! ピーポー! 延々! 横になって休んでいる時だけは止めて、作り始め、貼り始めると、又 ウ~! ピーポー! を延々と鳴らし、9時47分まで続けました。

11時53分に家を出ましたが、小雨!
これだけウ~ピーポーを立て続けたので、東電の角を曲がると、付き纏いがウヨウヨ!
広い通りに出ると、待ち伏せもウヨウヨでした。

雨は直ぐに止み、被害者さんとも無事に会えて楽しんで来ました。
帰りの電車、帰り道も待ち伏せ、付き纏いはウヨウヨ!
なだらかな坂を上り切ると、すぐ後ろで足音! 中学生?の付き纏いでした。


今日は、布団に入る前に御手洗いへ下りると ピーポー! 延々!
起こされてラジオをつけると星野哲郎の特集、ラジオがすぐに切れてしまいました。
次に起こされると明るくなっていたので、起きました 6時10分頃でした。

9時34分  お風呂の掃除を始める前から、数台で鳴らす ピーポー!
        延々!
10時54分 食事の支度を始める前、階下へ下りると ピーポー! 違
        う事を片付けて、食事の支度を始めると ピーポー!
12時01分 ブラゴミを纏めると ピーポー!
12時10分 お豆腐の水切りをしておこうと、シンクへ行く前に ピーポ
        ー!
12時40分 昼食の洗い物をする前に、数台で鳴らす ピーポー!
13時29分 洗面所のカーテンを閉めに行くと ピーポー! 止めて、
        段ボールの片付けをしてから洗面所へ行くと ピーポ
        ー! 

以後も、いつもと同じタイミングで ウ~、ピーポー立て続け!
飛行機は少なめでしたが、上記の時刻の所を打ち始めると大きなヘリ音でした。

朝から頭の圧迫! 殺人波照射! 飲み込み難く、呼吸もし難くなり、足の熱感も続いています。
横になると、頭から足まで痺れ、筋肉がピクピク!
全身の皮膚が、低温火傷でもした様にピリピリと痛みます。

ブログを書く前には、朦朧とさせ、ドアバンッ! で起こす!を繰り返していました。
昨日は火曜日で、昨日の分まで嫌がらせをしたい様です。
12時過ぎにはピーピー工事様の車も入り、酷い加害を続けています。



今日のニュース The Huffington Post  より抜粋

過労自殺で揺れる電通、「働きやすい企業」認定を返上
The Huffington Post | 執筆者: 吉川慧
投稿日: 2016年11月02日 11時38分 JST 更新: 2016年11月02日 11時52分 JST

2015年12月に新入社員の女性が過労自殺した電通が、労働時間の短縮や子育てする社員へのサポートに取り組んだ働きやすい企業に認定されていたことについて、電通は11月1日に厚生労働省・東京労働局に認定の辞退を申請し、承認された。

【関連記事】厚労省は、電通を「働きやすい企業」と過去3回も認定していた なぜ見逃したのか?

この認定は「くるみん認定」と呼ばれ、厚労相が「次世代育成支援対策推進法」に基づき、女性従業員の育児休業の取得率が高いことや、残業削減などに取り組んでいるなど一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」として認定する。

「くるみん認定」を受けた企業は、広告などに「くるみんマーク」を表示でき、高水準の労働条件の実現に取り組んでいる企業であるとアピールできる。2016年6月末現在で2570社が認定を受けている。

髮サ騾喟convert_20161102201427

電通は2007年、2013年、2015年にの3回にわたって「くるみん認定」を受けていた。

ただ、電通をめぐっては、2015年12月に新入社員の女性が過労自殺したほか、違法な長時間労働をさせたとして2014年6月には関西支社が、女性社員が自殺する約4カ月前の2015年8月には東京本社がそれぞれ是正勧告を受けていたことも発覚している。

こうした事態が起こっていながら、電通を働きやすい「子育てサポート企業」として認定していたことで、厚労省の責任を問う声も出ていた。

■田村前厚労相「正しかったかどうか、私も反省する」

電通が2回目のくるみん認定を受けた当時、厚労相だった田村憲久氏が30日にNHK「日曜討論」に出演。田村氏は「(電通に)くるみんマークを出したこと自体が正しかったのかどうか、私も反省しなければならない」と、認定に問題があったとの認識を示した。その上で、「是正勧告をすれば(くるみん認定を)とり消すなり、これからも考えなければならない」と述べた。

■過労自殺認定から「くるみんマーク」返上まで1カ月以上

女性新入社員が2015年12月に過労自殺した件について、労災が認定されたのは2016年9月30日。その後、厚労省が電通に「くるみん認定」をしていたと報道があったのが10月26日だった。

過労自殺が労災認定された時点で「くるみん認定」を返上する考えはなかったのだろうか。ハフポスト日本版は電通広報部にメールで取材を申し込んでいる。回答があり次第、記事を更新する。

Also on HuffPost:

抜粋終わり 下線は私


色々な認定がありますが、それをすぐに信じる様な事は無いと思うのですが…。
宣伝文句は良い事ばかり書いてありますから、やはり自分で調べなければ騙されてしまう事もあります。
電通は、パワハラも大きな問題なのではないでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |