プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

頭の防御

稲城市の一戸建てに引っ越してから、座椅子に座ると頭が痺れる様になり、上から頭を押される感じが始まりました。
何をされているのか気持ちが悪く、頭の防御をする様になりました。
被害者の会に入った時には、テクノロジー犯罪は電磁波が使われているという事で、その防御をしようと思いました。

私は科学も物理も苦手で、私のやっている防御に科学的な根拠がある訳ではありません。
被害者の会の情報、被害者さん主催の勉強会の情報、ブログやツイッターの情報を参考にさせて頂いています。
お金を使っても無駄になる事も多かったので、あまり高い物は買いません。

防御をすると、加害者は必ずそれ以上の攻撃をして来ます。
出力を上げるのか、加害波を変えるのかは分かりません。
それでも防御を続けるのは、思考操作、思考介入など、マインドコントロールをされたくないと思うからです。

一度に凄い防御をするのではなく、防御が効かなくなったら徐々に変えた方が良いと思います。
私は外出する時には防御が出来ません。
家の中では凄い格好なので、そのまま外に出る事は出来ません。

マインドコントロールは防御出来ているのか…。
ハイテクとしては、身体攻撃は酷いですが、音声送信はありません。
以前、被害ノートに開けるを閉める、男を女、赤を青等と逆に書いている所を沢山見付け、操作されているのではと思いました。

その時は、頭の防御はしていませんでした。
思考操作、思考介入は私の思考との見極めが難しそうで、絶対に無いとは言えません。
それでも、以前の私と比べて、それ程の変化は無い様なので、一応防御は続けています。

初めはアルミ箔で頭を被おうと思いました。
すぐにアルミを乗せるのではなく、綿の帽子とか手拭いを頭に巻いても良いかもしれません。
アルミは電気を帯びるので、その防止の為です。

アルミがずれてしまうので、アルミの上にも帽子です。
私は被害者の方が作って下さったシャワーキャップを、長い事使っていました。
宅配便が不審なので、シャワーキャップを被ったまま、防御のまま応対していました。

それでも痺れが酷くなり、アルミの上に小さい鏡を入れました。
鏡は光を反射するので、光の攻撃は防御出来ます。
割れない鏡というのを売っています。

今は、アルミ箔と使い捨てカイロ、ピップエレキバン(磁束密度の低い物)、エアパッキンが頭の上に乗っています。
鉄板で音声送信の無くなった方がいて、カイロは中が鉄粉なので防御出来るのではないかと…。
ピップエレキバンは、自分から出ている電磁波を混乱させる事が出来るのではないかと…。

アルミ箔には無数の小さな穴が開きます。
アルミの細片が沢山落ちているのは、打ち抜かれた穴からのようです。
エアパッキンは、中に空気が入っているので、加害波からのクッションになるのではないかと…。

ピップエレキバンは頭の近くに沢山あると、自分の脳が混乱してしまう事を考えて、頭から離した方が良い様です。
私は、たまたまあった発泡スチロールの蓋を帽子の上に乗せ、その上にピップエレキバンを乗せています。
エアパッキンは、所々に挟んでいます。

同じ事をやっていると、すぐに攻撃されてしまうので、少しずつ変えています。
エコロガが有名ですが、電磁波防止のグッズは売っています。
高くて、完全に防御出来たと言う方はいないので、私は買っていません。

私は現在、テクノロジー犯罪は電磁波だけではないと思っています。
超音波、重力波など、様々な物を使っていると思います。
人体実験なら、尚更でしょう。

今迄、完璧に防御出来たという話は聞いた事が有りません。
ネットのお蔭で情報の共有が出来、進んで来ている事もあると思います。
私のブログのコメントにも、防御の方法を下さっている方がいますので、是非御覧下さい。


深夜、0時近くにパソコンを止め、片付け始めると ピーポー!
今日も0時過ぎに布団に入りました。
滅多に無いのですが、御手洗いに起きました。

戻ってラジオをつけると、すぐに切れてしまいましたが、4時過ぎだと思います。
次に起こされると明るく、6時15分でした。
すぐプラゴミを出しに出ました。

ゴミは沢山出してあり、いつもは無い隣家の車がありました。
玄関に戻ると、いつもの様にカラス「カー」!
雨戸を開ける前に、隣家の雨戸音!

今日は午前中のピーポーは小さく、コソコソと鳴らしていました。
頭の防御の時は、私のセンサーを鳴らし、その後も多用!
掃除を始めた時は、声立てでした。

12時08分 昼食の洗い物を終ると ピーポー!
13時29分 洗面所のカーテンを閉めに入ると 
        ピーポー! 飛行機様の音! 二階
        へ上がり、横になると下からの衝撃
        波! 意識が朦朧となりました。

以後はピーポー立て続け!
夕食後に歯を磨く前にピーポー! 磨き始めるとピーポー! 歯間ブラシを使い始めるとピーポー! シンクへ行くとピーポー! と異常でした。

グ~ッと押し付ける飛行機様の音は朝から多用!
工事の車が入って来る音はありませんでしたが、14時近くから工事様の音が始まりました。
パソコンを始めると子供の「キャ~」で、ネットを切断されました。

今日は、食事中に度々むせさせられました。
湯船の中でウトウト、鼻と耳にお湯が入って起きました。
頭の圧迫波と殺人波は、工事の音が始まると酷くなった様です。



今日のニュース livedoor・NEWS より抜粋

宇都宮連続爆発 「秋葉原みたいな事件を」身勝手な元自衛官の素顔
2016年11月3日 8時0分  デイリー新潮

 リタイア後の「第二の人生」にあえぎ苦しんだ男は、あろうことか古希を過ぎて身勝手に終焉を導いてしまった。10月23日、栃木県宇都宮市で市民を震撼させた「連続爆発事件」。はた迷惑な自死を選んだ元陸自幹部は、いかにして“老後破綻”に至ったというのか。

 その日、市の中心部にある宇都宮城址公園は、祭りの只中にあった。およそ1万5000人の来場者で賑わう会場に、轟音が響き渡ったのは正午にならんとする頃だった。

「園内では『宇都宮城址まつり』と『伝統文化フェスティバル』が開かれていました。爆発は、櫓などが展示されている『清明館』の北側のベンチで起き、数分前には、近くのコインパーキングで乗用車が爆音とともに炎上。さらにその十数分前、南に8キロほど離れた住宅街の民家から出火、近隣に延焼していたのです」(栃木県警担当記者)

 園内の爆発で死亡したのは、市内に住む栗原敏勝(72)。燃えた車の持ち主でもあり、さらに出火した民家は栗原の自宅であった。

「帽子に冬物コートという格好でベンチに座った栗原は、爆発物を抱え込むようにして自爆したとみられます。腹部がすっぽり吹き飛び、地面にはちぎれた足。右足の靴下には『命を絶って償います』と記された遺書が入っていました。全焼した自宅からは大量の花火が見つかっているため、分解して火薬を調達したと思われます」(同)

蜈ィ辟シ_convert_20161103204914
全焼した栗原敏勝の自宅

「現場では、殺傷力を高めるビー玉や釘が見つかっている。あえて1万人以上の人出がある祭りの日を狙い、周囲を巻き込もうとしたのは明白。ベルト状の物体も発見され、導線を引いたベルト式の爆弾を腹に巻き、スイッチで起爆させた疑いが濃厚です」(同)

栗原の妹が振り返る。

「兄とのやりとりは、もっぱらフェイスブック上で行っていました。兄のたった4人の“友達リスト”に、私も入っていたのです。昨年秋には、兄嫁に裁判でことごとく負けたことを悲観して、『何年間もSOSを出してきたのに』『悔しくて涙が華厳の滝のように出てきた』などと投稿していました。『このまま車で人ごみに突っ込みたい』と書いていたこともあったのです」

 世間で繰り返されてきた無差別殺人を彷彿とさせるのだが、

「今年のお盆の頃にも“友達”だけに公開される書き込みに『秋葉原みたいな事件を起こしたい』とありました。以前から『自暴自棄だ』『死にたい』という書き込みを目にしていた私は『何の罪もない人を巻き込んではダメです』と返した。でも兄は『もう先祖にも、何があっても許して下さいって報告してある』と。その後も私は『天から見ていて悲しみます』となだめたのですが、『もう報告したから』の一点張りでした」

〈五体満足で定年退官した。しかし、家に帰ると妻から何故、殉職しなかったかと詰られた。嘘と信じられないと思いますが事実であります。離婚裁判になり、思い出して頭から離れません〉

特集「自作爆弾で不幸な老後を吹き飛ばした身勝手な『元自衛官』」より

「週刊新潮」2016年11月3月号 掲載
デイリー新潮

抜粋終わり


こんなに沢山の人が集まっている近くで家を燃やし、車を爆破し、自分も爆弾を抱えていて、誰もそれまで気付かず、騒ぎもしなかったのでしょうか?
不審な人がいると、警察に110番をする人がいてもいいのではないかと思いますが…。
秋葉原の事件を出したり、やはり被害者の様に思えて仕方ありません。


スポンサーサイト

 | ホーム |