プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

パソコンを始めた時から極端に動作が遅く、すぐにネット妨害と思いました。
メールの送受信、ネットの検索、ブログ、悉く妨害されています。
何度も再起動をしていますが、昨日の更新プログラムはこの妨害の為に送って来たのでは?

南北でやっているドアバンッ!バイクの走行音、いつもより少なく、コソコソと鳴らしているピーポー等の合図で接続を切られます。
【このページは表示出来ません】【ブログ元で予想外のエラー】等と表示されます。
クロネコヤマトの再配達のサイトも【ネット内でシステムエラー】という表示が出て来ました。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると3時過ぎ、森繁久彌の特集、ウルフルズの歌を聞いている内に眠った様です。
すぐ4時過ぎにまた起こされました。

ここでは、すぐに眠れた様です。
5時のニュースで起こされると大雨の音が始まりました。
5時55分、少し明るくなったので起きようとすると飛行機音!

起きて燃やすごみのゴミを出しに行きました。
玄関を出ると風雨を強くされました。
行き止まりの家の車が無く、その向かいの家の玄関には灯りが点いていました。

7時24分  食事が終わると、数台で鳴らす ピーポー! 飛行機音!
9時12分  ピーピー工事様の車の音立て お風呂の掃除をして横に
        なり、起きようとすると ピーポー!
10時47分 段ボールの片付けに下りる前に ウ~ピーポー!
10時53分 台布巾を洗い、テーブル前に座ると ピーポー!
12時01分 御手洗いから出ると ピーポー! 延々! 止めるとクロ
ネコヤマトがインターホンを鳴らしました。
12時04分 門を開ける音も、車の音もしなかったので出ないと ピー
ポー!
12時12分 昼食の洗い物をする前に ピーポー!
13時01分 今朝も水道が噴水状態になりましたが、業者からの連絡
が無いので不動産屋さんに電話、携帯の電源を入れると
 ピーポー!
13時30分 クイックルワイパーを掛けようとすると バイクの走行音!
 掛けるのを止めると ウ~ピーポー!

ここでメモを止めました。
以後もいつも通り、お風呂、食事、歯磨きとピーポーピーポー立て続け!
飛行機音は少なく、近隣でアイドリング様の音、モーター音、キーン等はいつも通りしています。

首、背中は起きた時から痛いまま、何処に居ても頭を押されます。
横になると、下からの細かい振動、お風呂の湯船に入っても細かい振動が来ていました。
頭、手、足の痺れが続いています。



今日のニュース 中日新聞 CHUNICHI Web より引用

2016年11月11日 
TPP衆院通過 県内企業などから歓迎の声

環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案が十日の衆院本会議を通過し、輸出促進を期待する静岡県内の企業や団体からは歓迎の声が目立った。ただ、域内で最も経済規模の大きな米国の大統領選で、TPP脱退を主張する共和党のドナルド・トランプ氏(70)が勝利したため、先行きの不安も根強い。

 「鎖国的な保護貿易になりかねないという心配はある」。TPPで関税撤廃の恩恵を受ける可能性があるスズキの鈴木修会長は、トランプ氏の主張を不安視する。スズキは、リーマン・ショックの不況のあおりを受けて二〇一二年に北米での四輪車販売事業から撤退したが、二輪車や船外機の輸出は続けている。
 TPPが発効すると、米国が日本製の排気量七〇〇cc超の二輪車に課している関税(2・4%)が将来的に撤廃される予定で、国内メーカーにとっては追い風となる。鈴木会長は「世界の大国としてリーダーシップを取ってもらうように期待している」と話した。
 
河合楽器製作所はTPPの参加国ではない中国などへのピアノの輸出が順調に伸びていることもあり、金子和裕副社長は「TPPについて神経質にはなっていない」と説明。一方で、トランプ氏の経済政策への警戒感から株安や円高が進む可能性があることから「世界景気が冷え込み、消費マインドが低迷しないか懸念している」と語った。

 「やっとTPPが可決されて輸出が進む。これまでの保護政策では将来性が見通せなかった」と期待するのは、ミカンのジュースやドレッシングを製造販売する「フードランド」の中村健二社長(56)=浜松市北区三ケ日町。ただ、トランプ氏のTPP反対姿勢に「せっかくのチャンスも米国が参加しなければ意味もない。政府には米国の門戸を開かせるような粘り強い努力を期待したい」と話す。
 
TPPに対する危機感の強い酪農業界。国内最大の生乳産地の北海道はチーズなど乳製品の製造が多いが、関税撤廃などで安価な海外製品が増えると、牛乳の生産を増やすとの見方もある。競争力のある北海道産が市場を席巻すれば、ほかの都府県の乳業が影響を受ける可能性がある。
 県内ではブランド力向上を狙って乳業メーカー三者が手を組み、共同ブランド「みるしず」を十一月に発売した。みるしずに参加する函南東部農業協同組合(函南町)の片野敏和代表理事組合長は「農業団体はTPPに反対しているものの、流れとして受け入れざるを得ない。生き残るために六次産業化を進めている」と話す。

 一方、選挙戦で過激な主張を繰り返したトランプ氏には「日本との貿易でより厳しい条件を付けてくるのでは」と警戒。「衆院通過は日本が先手を打ったことになる」と歓迎した。

(西山輝一、赤野嘉春、山田晃史)

引用終わり


全て、お金が理由ですね。
食の安全などは気にならないのでしょうか?
子々孫々まで影響が出て来ると思われますが…。


スポンサーサイト

 | ホーム |