プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎ、すぐに眠った様です。
次に起こされると5時過ぎ、ラジオが急に聞こえなくなりました。

音量を替えたり、周波数を合わせたり、乾電池を回したりしている内に聞こえる様になりました。
6時、起きる時間が近付くと全身が痺れて来ました。
木曜日はプラスチックゴミの回収日で雨! 溜まっているのですが雨予報だったので出しませんでした。

7時47分  顔を洗いにシンクへ下りる前に ピーポー! 鳴っては止
        めの繰り返し!
8時08分  髪を梳かす前に ピーポー!
8時30分  髪を梳かし、頭、首、耳の防御を終ると 飛行機音! ピ
        ーポー!
9時30分  洗濯物を干し終わり、横になって休み、起きると ピーポ
        ー! ジェット機! (煮物のダシを作りに下りる前)
10時41分 洗剤を詰め替える前から ドリル音(小) 佐川急便の車が
        数メートル動く音! インターホン! 洗剤の詰め替えを
        終るとドリルの音は止めました。
13時30分 乾燥機の水を捨てに下りる前に ピーポー! 飛行機
        音!

以後は、お風呂に入り湯船から出て体を洗う前に ピーポー! お風呂から出て、二階に上がると同時に 飛行機音! ドライヤーを掛けていると ピーポーを鳴らし始め、防御をする時まで立て続け! 終わると 飛行機音! 3回!
パソコンを始めると、小さな音、録音しない程度の音で度々ピーポー!

今日のジェット機音 大! 8時~9時12分 5回  9時半~11時50分 10回  13時22分~17時40分 5回  
今日の飛行機音 大!  11時5分~13時15分 10回  13時半~17時40分 20回  18時~ 2回 (録音無し)
今日のヘリ音 大! 15時~17時40分 5回

18時34分 メールを打っていると、入った音もしていない配送車様の
        車がドアバンッ!出て行きました。 (録音無し)
19時01分 お手洗い小用から出ると大きな車が数メートル動く音! 
        二階に上がるとインターホンが鳴りました。 佐川急便に
        再配達依頼もしていませんが、また来たようです。 (録
        音有)

今日は朝から横になると頭の痺れが酷く、パソコン前でも左後頭部が痺れています。
湯船から出ると呼吸困難、食事中も痰が絡んで飲み込めなくされました。
それでも、近隣の工事の音がしていないと、被害はいくらかマシな様です。

稲城市で上空の音が酷くなった時に大家に聞くと「横田基地から来ている」との事でした。
ここも数日間酷い上空の音が続いていますが、米軍の設定でしょうか?
大統領が替わると、この様な物は変わるのでしょうか?


今日のニュース 日本經濟新聞 より抜粋

欧州最貧国の苦闘 東西勢力争いの陰で金権支配
モスクワ支局 古川英治
2016/12/1 6:30

 旧ソ連・モルドバの首都キシナウ。11月半ば、大統領選の不正疑惑に抗議する若者ら数千人が街を行進して叫んだ。「我々に未来を」――。

モルドバ国旗
「我々に未来を」と叫ぶ若者ら(11月14日、キシナウ)

11月13日の大統領選の決選投票ではロシアとの関係強化を主張した野党・社会党のイーゴリ・ドドン元経済相が勝利した。反汚職と財閥支配の打破を目指す親欧・改革派の野党「行動と連帯」のマイア・サンドゥ候補との得票差は7万票足らずだった。

■改革勢力の大統領当選阻止か

 サンドゥ氏の支持者が多い欧州の在外投票所では投票用紙が十分に準備されず、一部有権者は投票できなかった。モルドバ領内で親ロ派が独立を主張して実効支配する地域から多くの有権者が組織的に動員された疑いもある。中央選管は不正疑惑に対するサンドゥ陣営の訴えを退け、ドドン氏勝利を確定した。

 大統領より強い権限を持つモルドバ政府・議会は14年に欧州連合(EU)と連合協定を締結し、欧州への統合方針を掲げる。親欧米か親ロか。モルドバに対する国際的な関心は東西の勢力争いに向かうが、投票所で有権者に話を聞くと、こんな声が大半を占めた。「地政学なんて関係ない。最大の問題は政府の腐敗だ」

与党の支持表明がサンドゥ陣営にマイナスに働いたことは確か。投票所では、サンドゥ氏をプラホトニュク氏と一体視してドドン氏に投票したとする有権者もいた。在外投票所での投票用紙不足など、政府・与党が行政を通じて選挙に介入した可能性も指摘される。

■「腐敗と戦うのが先」

 「改革にまったく手を付けない政府がいう“親欧米”に幻滅感が広がっている」とサンドゥ氏はいう。モルドバの1人当たり国民総所得は2500ドルと、欧州の最貧国に沈む。国連によると、過去10年で同国の労働人口の3割が海外に流出した。10億ドルが失われた事件の影響で通貨の対ドル相場は4割下落した。「まず腐敗と戦わなければ何も始まらない」
(キシナウで)

抜粋終わり


三色旗は何を現しているのでしょうか?
国旗には様々な意味があると思うのですが、調べても分かりませんでした。
被害者にとっては、偶然?と思う色ですが…。


スポンサーサイト

 | ホーム |