プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

昨日も0時近くにパソコンを切りました。
今日、火曜日は紙ゴミの日なのですが雨予報!
段ボールも雑紙も溜まっていたので出さなければ重くなってしまいます。

0時過ぎにゴミ出しに行きました。
何処かでガシャン! 付き纏いは居ませんでしたがゴミのカゴの中は、箱を潰さずに積み重ねてある段ボール箱!

0時過ぎでも近隣の家は灯りが点いていました。
今日は段ボールを玄関に出していたので、門は閉めてありました。
思考盗聴で夜に出る事が分かっていたのか、いつもは道でエンジンを掛けっぱなしの車がありますが、今日は静かでした。

1時近くに布団に入った時も静かでした。
起こされてラジオをつけると天気予報、すぐに6時の時報で起きました。
朝も静か! こんな事は滅多にありません。

6時25分   お手洗いに入ると ピーポー! 食事中に、いつもの車
         がドアバンッ! ググググッという様な音を立てて位置
         替え!
7時59分   髪を梳かす前に ウ~! 暖房を止めると ピーポー!
         テーブルの前に座ると 数台で鳴らす ピーポー! 隣
         家の雨戸音! 頭の防御を始めるとピーポーを止め、首
         の後ろに手が行くと 襖ガタガタ! 防御を終わると 飛
         行機音! 
9時05分   洗濯を干し始めると 地鳴り飛行機! 立て続け!
         ピーポー! 部屋に戻ると止め、洋間へ行くと 数台で鳴
         らすピーポー!  部屋に戻ると ベランダでゴトゴト!
         以後、干し終わるまで 飛行機とピーポーの繰り返し!
9時38分~ 夕飯にシチューを煮込んでおこうと台所の灯りを点けると
         ピーポー! 飛行機 を立て続けに流し始め、近隣の声
         立て!ドアバンッ! ウロツキ始める。

上記でピーポーはメモも取れず、始めは時間を覚えていましたが立て続けているので分からなくなりました。
以後も、メモは止めました。

今日の飛行機音 大! 8時59分~9時19分 5回  9時24分~18
                時10分 27回
 内 地鳴り飛行機    9時01分~9時35分 5回  9時38分~12
                時51分 5回

夕食中には、狂った様に ウ~! を何度も!
お手洗い、パソコン中にはピーポーピーポー!
雨戸キッキツ!ガタガタ!

今日も朝起きて階下に下りる前から頭の圧迫、殺人波照射!
今度は背骨を圧迫骨折させられそうです。
ブライティングを多用、衝撃波、手足の痺れ、呼吸妨害も続いています。


今日のニュース WIRED より引用

2016.12.27 TUE 17:00
パイロットの12%がうつ病に苦しんでいる:研究結果

ハーヴァード大学が行った民間パイロットたちの調査によると、回答者の12.6パーセントが臨床的うつ病の診断基準を満たす状態で、「過去2週間に自殺的思考に駆られたことがある」と答えた人も4パーセントに上った。
TEXT BY BETH MOLE
TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO, HIROKO GOHARA/GALILEO

フランス機故意に
2016年3月に発表されたフランス航空事故調査局の調査報告によって、事故原因は「副操縦士による故意の墜落」と断定されている。PHOTO: REUTERS / AFLO

2015年、仏アルプス山脈で起きた故意の飛行機墜落事故により、ジャーマンウイングス9525便に搭乗していた150人全員が死亡した(日本語版記事)。

この事故の調査から、墜落した飛行機の副操縦士はうつ病に悩み、人知れず自殺願望を抱えていたという事実が明らかになった(1997年のシルクエアー事故や99年のエジプト航空事故など、パイロットが故意に墜落させたとされる航空事故は、それまでにも5件は起こっている)。

ハーヴァード大学公衆衛生大学院の研究チームはこのほど、パイロットのうつ病問題に焦点を当てる研究を『Environmental Health』で発表した。

3,485人の民間パイロットに対して無記名式のアンケート調査をウェブ上で行ったところ、メンタルヘルスに関する各質問に回答したのは1,848人だけだった。そして、これらの回答者のうち233人(12.6パーセント)が、臨床的うつ病(大うつ病性障害)の診断基準を満たす状態だった。さらに、過去2週間に自殺的思考に駆られたことがある、つまり「死んだほうがましだと思ったり、自傷を考えたりしたことがある」と報告した人は75人(4パーセント)に上った。

メンタルヘルスに関する質問に回答し、かつ、過去7日間に飛行機を操縦した1,430人に関しては、193人(13.5パーセント)がうつ病の診断基準を満たしていたという。

こうした結果は不思議なものではない。米国人の約21パーセントが、人生のどこかの時点で気分障害を患っている。さらに、パイロットの仕事はストレスが多く、長時間勤務を要求されることもしばしばであるため、メンタルヘルス障害発症のリスクが大きくなる恐れがある。

いっぽうで、大きなプレッシャーがかかるパイロットのような職業では、「自己回復力と独立心」が重視されており、このことが、自分にはうつ病的な問題があると認めることを困難にしている、と研究チームは述べている。

航空会社は従業員に、スクリーニングやモニタリングを定期的に行っている。しかし、「不適格の烙印を押され、『地上勤務』に回されるのではという不安」が、精神衛生上の問題を抱えていてもパイロットたちがそれをひた隠しにする傾向を促している可能性があるという。

今回の調査を行った研究者チームは研究論文のなかで、航空会社に対する提言として、メンタルヘルスケアの受診を標準化すること、メンタルヘルスに対する予防ケアを重視すること、そして、こうしたケアをパイロットに固有の困難やストレス要因に合わせて調整することなどを挙げている。

※ 米連邦航空局(FAA)は2010年に方針を変更し、特定の種類の抗うつ剤については、服用するパイロットが飛行業務に復帰することを認めた(日本語版記事)。これは、1987年のオーストラリアでの先例にならったもので、カナダにも同種のプログラムがあるが、ヨーロッパにはないという。

引用終わり 


川端康成の主治医だった栗原雅直先生は、電磁波が精神に悪影響を及ぼし、自殺の原因になったのではと言っています。
パイロットは電磁波の影響を受けるのではないでしょうか。
向精神薬の中には、自殺のリスクを負う物もあります。


向精神薬の動画です。

抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集 医療犯罪71



スポンサーサイト

 | ホーム |