プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

昨夜も0時近くにパソコンを切りました。
片付けると0時過ぎ、御手洗いに行き、出ると ピーポー!
布団に入りましたが、なかなか眠る事が出来ませんでした。

起こされてラジオをつけると3時過ぎ、細川たかしの歌をやっていました。
後はウトウト、5時の時報、6時の時報で起きました。
今日も朝食の途中から首、肩胛骨に板を張られた様な痛さになりました。

今日の昼間はピーポーもウ~も、目立つ音は聞こえませんでした。
変わりに犬吠え、声立て、カラス、インターホンを鳴らす、飛行機様の音を使っています。
ウ~ピーポーは夕方、レコーダーを切ってから多用! 今も鳴らしています。

8時59分  洗濯を干し始めると声立て! 飛行機音! 続けて 地鳴
        り飛行機! 立て続け!
11時53分 食事が終わると、入った音も無い工事様の車が ピーピー
        ! 数メートル動き位置替え!
13時33分 お手洗いへ入ろうとすると ドアバンッ! 地鳴り飛行機! 
        午後は1回のみでした。

今日の飛行機音 大!  8時59分~9時10分 5回  
                 9時11分~18時32分 8回
 内、地鳴り飛行機     8時59分~9時11分 5回  
                 13時33分 1回
今日のヘリ音 大!    13時46分~17時30分頃まで 6回  
                 5回は16時を過ぎてから。

大きな音は上記の回数ですが、今日も何かと言えばレコーダーに入らないレベルで飛行機音!
夕方になると風が出て来たという事で、雨戸のガタガタ、コツコツ。
パソコンを始めると、雨戸のキッキツ!

今日も周辺では妙な音、変な音が沢山していました。
レコーダーは、静かな所でじっくりと聞かなければ小さな音は判別出来ません。
音の分析に出すと、超音波等、結構な事が分かる様です。

値段が高く、今の時点で被害者が分析を依頼しても正確な物が出て来るのか分かりません。
今迄の物には、キーン、キンキン、高い音は良く入っていました。
この先、どの様になるかは分かりませんが、とりあえず保存しています。

今日も朝から身体攻撃が酷く、後頭部が痛くなっています。
痰が絡み、咳が出て息がし辛くなります。
被害者の方のツイッターに目の間の間隔が変えられるとありましたが、同じ被害がありました。

前の眼鏡の幅を直そうとして折れてしまったので新しいのを買いました。
鼻で止まる金具の所が、目に掛かる様になっていて安定しません。
買っても同じで、眼鏡の所為ではなく、私の目の間隔が狂っている様です。

2日、3日のヘリ音は、時間からみて箱根駅伝の報道のヘリとは関係が無い様です。
不自然なので、ほとんどは音だけでしょう。
今またピーポー! レコーダーを入れると直ぐ止め、マイクロ波照射!


今日のニュース  YAHOO JAPAN ニュース より引用

軽井沢バス事故は原因が分からないまま書類送検で終了へ
国沢光宏  | 自動車評論家  1/4(水) 9:54

我が国の警察は交通事故(航空機や船舶の事故を含む)を解析する能力が低いと言われているけれど、軽井沢バス事故も原因を究明出来なかったらしい。「運転手の技量不足」という結論で終わりそうな流れになってきた。毎日新聞によれば「長野県警は来月下旬に技量の無いドライバーを雇用したということで社長ら2人を書類送検する」という。

航空機事故などにも言えることながら、事故原因を究明することによって次の事故を防ぐ方法を得られる。技術的な問題はもちろんのこと、ヒューマンエラーであっても事故に至る流れを掴むことで、体調不良なのか技量不足なのかミスしやすい操作系だったのか判明。エラー対策を打てる。航空機はそうやって事故を減らしてきた。

もちろん原因は様々。専門家の豊富な体験や知識を使っても時間掛かるケースだって少なくない。ただ軽井沢のバス事故は、難易度からすれば高くないと思われる。高い確率でブレーキが原因だと解っているからだ。警察も捜査途中でNHKに対し以下のような情報を流している(記事は削除されているため以下2016年7月15日のコピー)。

「大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から15日で半年となり、警察が記録計などを分析したところ、バスは坂を下り始めて200メートルほど進んだ事故現場のおよそ1キロ手前から転落直前までの間に、複数回、ブレーキがかけられたとみられることが警察への取材で分かりました。しかし速度は上がり続けていて、警察は、この1キロの間にバスが制御不能になったとみて事故原因の解明を進めています」

事故直後からブレーキ故障を疑うべきだった。1200m手前まで曲がりくねった山道だたったため居眠りの可能性は低く、同じくブレーキのフェード(過熱)も気温の低い冬場に下り勾配となって1200mで発生するとは思えない。そもそもバスを運転出来る大型二種は中途半端な技量では取得出来ない難関。

福岡で病院に突っ込んだタクシー事故で福岡県警はEDRのデータが出るまで、一番可能性低い車両のトラブルを疑っていた。これまたプロの推理とは思えない。プリウスのように多重の安全システムが構築されている車両において「ブレーキ踏んだらアクセル全開になる」可能性は、一つの安全システムで宝くじの1億円と同等。

それを4つの違うロジックで防止している。4回続けて宝くじ買ったら全部1億円当たるような確率。それを警察は一番大きい可能性として考えたというのだから驚く。軽井沢バス事故の場合、上記の状況からドライバーが原因の可能性は”ほぼ”無いとすぐ解る。

ではなぜ社長ら2人を書類送検なのか? 理由は簡単。原因不明だと保険が下りないからだ。亡くなった方に最大の責任をおわせ、その人を使った会社のミスにすれば書類上の事故処理は終了する。賠償も進むだろう。ただ捜査終了により、本当の原因解明は出来なくなってしまった。

海外からの観光客増加によりバス車両が慢性的足りず、老朽化は進む一方。同じ原因の事故が起きないことを祈りたい。

引用終わり


わざと究明しないという事はないでしょうか。
亡くなった方に責任を負わせて終了!の方が簡単なのでしょう。
NHKの記事は全て転載禁止ですが、すぐに削除してしまうんですね。

交通死亡事故で捜査の結果に納得が出来ず、遺族の方が目撃者を探しているという事も多いようです。
死人に口無し! 何とかならないでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |