プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

昨夜も0時近くにパソコンを切りました。
早く布団に入っても、結局は睡眠妨害で眠れないので段々と遅くまで起きている様になりました。
0時35分  布団に入る前に御手洗いへ行き、出ると バイクの走行音! 階段を上がり始めると ウ~!

起こされてラジオをつけると1時過ぎ、寝入ったと思うと直ぐに起こされていました。
落語が始まるので聞こうと思っていたのですが、眠らされました。
次に起こされると4時過ぎ、動物園の園長さんが話していました。

5時の時報 ピーポー! バイクが家の周り中で何台も走っている様な音!
重低音車も吹かし、足、背中が痺れて来ました。
ラジオも切られて聞こえなくなり、早く起きろという感じでした。

頑張って横になっていましたが5時47分に起きました。
階下で洗濯、食事の支度を始めると、いつも通りの加害が始まります。
右手が利かず、頭が上がらないので、食事をするのも大変です。

8時16分  髪を梳かし頭の防御、首の後ろに手が行くと ピーポー!
        防御を終わると ヘリ音! 頭の防御を少し変えるとヘリ
        音が消えました。
10時30分 お手洗いの掃除をする前に ピーピー! インターホンが
        鳴りました。
12時46分 食事の片付け洗い物、シンクの前に座ると 数台で鳴らす
        ピーポー!
12時55分 洗い物が終わると急に尿意、御手洗いに入ると ピーポー
13時46分 シンクへ手を洗いに行く前に ピーポー! 止めては又鳴
        らすの繰り返し!

今日の飛行機音 大!  13時10分~21時24分 11回
今日のヘリ音 大!    8時16分~17時頃 3回

以後、お風呂の支度を始めると狂った様にウ~ピーポーピーポー!
頭の防御、食事、歯磨き、洗い物、パソコンと ピーポーピーポー!
飛行機やヘリ様の音もいつも通りでした。

パソコンを始めると、家の横で家が揺れる様なドアバンッ!
バイクや車のウロツキも多く、加害も酷くなります。
カラスも毎日、変な声で鳴いています。

手足の痺れ、皮膚のピリピリした痛み。
細かい振動から、大きな揺れまで、様々な振動加害!
顎が胸に付いて顔が上げられず、右手が利かないので、何をするにも時間が掛かります。


今日のニュース 日刊アメーバニュース より引用

ドバイ首長が火星都市建設計画を発表 2117年までの100年計画
2017年02月18日 16時00分
提供:ガジェット通信

とても壮大な国家百年の計だ。アラブ首長国連邦(UAE)は、2117年までに火星に最初の都市を建設する計画を明らかにした。

“火星2117”と名付けられたこの計画は、世界中の専門家や科学機関と協力して、100年後の2117年までに火星に最初の都市を建設するというもの。今後数十年に渡って、火星への輸送手段、エネルギー生産、食料調達など、計画を実現するのに必要な科学的ブレイクスルーを達成するための準備に取り掛かるという。

ドバイのマクトゥム首長はこの計画を「我が国の若者たちの宇宙開拓精神を築くものであり、科学への情熱と進歩的知識に導かれた次世代が果実を獲得するための種である」と位置付ける。石油・天然ガス資源に依存した経済からの脱却を目指すUAEは、観光・金融・建設などの産業への投資を積極的に進めているが、これからの100年は若者の教育に注力する方針を表明したものと言える。

公開された火星都市のイメージCG。大きなドーム状の建物の中に緑の植物の生える都市空間が広がっている。火星探査の分野では、先行するNASAが2030年代までの有人探査計画を発表し新型ロケットの開発を進めているが、財政的な面で批判も根強い。経済成長著しい湾岸諸国が本気で取り組んだらやってくれそうな気がする! アラブの石油王の本気を見せてもらおうか。

https://twitter.com/HHShkMohd[リンク]
https://twitter.com/DXBMediaOffice?ref_src=twsrc%5Etfw

引用終わり


今現在、宇宙の事はどの位分かっているのでしょう。
地球人が、銀河系を出て行く日が来るのでしょうか。
その前に人間が自滅してしまうのでしょうか…。


スポンサーサイト

 | ホーム |