プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日は1時近くに布団に入り、3時近くに起こされました。
少し眠って4時過ぎに起こされ、4時50分頃に起きました。
毎日このような睡眠にされていますが、深夜に起こされた時には眠気は感じません。

一睡も出来なくても、起きると通常通りに生活していました。
お昼寝などしなくてもウトウトとするなどと言う事はありませんでした。
毎日数時間の睡眠が続いても、この様な状態でしたがこれも異常な事でしょう。

いつ頃からか、ビデオチェックなど加害者が嫌がる事をやると眠らされる様になりました。
何らかの遠隔からの照射で眠らされています。
睡眠操作は脳波を操る事で、容易に出来る様です。


昨夜もパソコン前で眠らされ時間妨害!
0時過ぎにパソコンを切りました。
私の時間を返して欲しい!

0時34分  パソコンを片付け終わる頃 ピーポー!
1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると歌が終わったところだったので、4時近くだと思い起きました。

雨戸を開けようとしたのですが、何故か時間が気になり懐中電灯で時計を見ると3時前でした。
いくら何でも、この時間に起きても仕方ありません。
また布団に戻りました。

これも意識介入だったのでしょうか…。
一応、身支度をしたので布団の方の防御がおろそかになりました。
暗い中で元通りには出来ず、仕方ありません。

眠れないと思いましたが、眠っていました。
次に起こされると4時過ぎ、ラジオは直ぐに聞こえなくなりました。
4時50分過ぎ頃に起きました。

7時32分  髪を梳かし頭の防御、額に手が行くと ピーポー! 止め
        てはまた鳴らすピーポー! (次は首の後ろに手が行くの
        で鳴らし続け)
10時01分 二階で紙ゴミを纏めていると 工事カンカン! ピーピー
        車! 隣家のガスボンベ交換!
13時09分 昨日の荷物を片付け始めると 数台で鳴らすピーポー!
13時18分 御手洗いへ入ると ピーポー! 出ると 数台で鳴らすピ
        ーポー!

途中、メモするのを忘れている様です…。
以後もお風呂、頭の防御、食事、パソコン、ピーポーピーポー!
今日もカラスが大活躍!

今日の飛行機音 大!  12時04分~16時頃 20回
今日のヘリ音 大!    13時26分 1回
早朝から飛行機様の音を流していましたが、大きな音はこの時間に集中していました。

今日も朝から頭を押され、首、背中、胸に殺人波照射!
朝から夜まで、明るくても暗くてもブライティング!
手足の痺れ、痛み、皮膚のピリピリした痛み、右手が利かずに不自由です。



今日のニュース ITmedia NEWS より引用

2017年03月06日 13時00分 更新

VRを悪用すれば「相手を洗脳できる」「数千人を嘔吐させられる」 「サマーレッスン」開発者がリスク指摘

「サマーレッスン」開発者の原田勝弘さんが、政府のサイバーセキュリティ啓発イベントでVR技術に潜むリスクを説明。ユーザーを嘔吐させたり、洗脳したりできる可能性があるという。 [片渕陽平,ITmedia]

「VR(仮想現実)を悪用すれば、相手の視覚をジャックできる」――PlayStation VR用ゲーム「サマーレッスン」を開発した、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘チーフプロデューサーが3月4日、政府のサイバーセキュリティ啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」(ベルサール秋葉原)で、VR技術に潜むリスクについて話した。VRを悪用すると、端末を装着したユーザーを嘔吐(おうと)させたり、洗脳したりできる可能性があるという。

「VRは近い将来、ゲームやエンタメに限らず、何らかの形で生活の中に存在するものになる」と原田さんは話す。例えば、Web会議システムにVR端末を導入して臨場感を高めたり、トラウマをVR世界であえて追体験し、徐々に慣れて克服したり――など、さまざまな用途が見込まれるという。

 一方「VRゲームを研究する間に、さまざまな悪用の恐れを発見した」とも。「PCやスマホと同じくVR機器も“マシン”なので、同程度に危険がある。VRならではの悪用手段も予想される」(原田さん)。

「数千人を一斉に嘔吐させる“嫌がらせ”は簡単」

「数千人を一斉に車酔いさせ、嘔吐させることも可能」――原田さんは、そんな悪用方法を紹介する。VR端末がネットに接続し、リアルタイムで映像をストリーミング再生できるようになると、装着しているユーザーを一斉に“3D酔い”させ、行動不能にできる可能性があるという。

 「これは非常に簡単。10分見続ければ、ほとんどの人が『もうだめだ』と言ってしまう映像コンテンツを作れる」と原田さん。人によっては6時間ほど影響が残り、食欲を失うケースも考えられ、経済損失は計り知れないという。「VR端末が広く普及し、誰でも使うようなれば、こうした嫌がらせを仕掛ける人も出てくるだろう」。

この嫌がらせへの対抗手段は「両目もしくは片目をつぶること」。しかし「VRは没入感が高いので、すごく怖い映像が流れていても、なかなか目をつぶらないユーザーもいる」という。

洗脳も可能に? 「通販番組の購入率をアップできる」

 「嘔吐させる」以上に、原田さんが警戒するのが「洗脳」だ。テレビのようなモニター画面に比べると、VR端末は現実世界が見えなくなり、ヘッドフォンを装着すると外の音も聞こえなくなるため「外界遮断効果が高く、瞑想(めいそう)の効果が高まる」という。
 「オカルトな話ではなく、科学的根拠がある。洗脳したり、詐欺をしたりに使われる可能性は否定できない」

 一方、ポジティブな見方をすれば、トラウマを緩和したり、洗脳を解いたり、通販番組の購入率を向上させたり――などの活用方法も考えられるという。「ただでさえ、テレビの通販番組を見ていてもミシンやアイロンが買いたくなってしまうのに、VR端末越しに巧みなトークをされると、目の前で即売会が開かれているかのように感じるかもしれない」。

 さらに原田さんは「研究段階なので断言はできないが」と前置きしつつ、人間の危険察知能力を悪用されるリスクもあると指摘する。

洗脳
人間の危険察知能力を悪用されるリスクも

危険察知能力とは、例えば、高速で何かに衝突しそうになったとき、光景がスローモーションに見えるといったものだ。原田さんによれば、この現象は、脳が衝突時の衝撃と出血に備える処理に集中し、視覚処理を一時的に怠ることで起きるという。「フレームレートが、秒間200コマから秒間15コマくらいに落ちているようなもの」。

 危険な状況をVR世界で再現すれば、リアルな生理反応を誘発できる可能性があるという。「VRのゲームで、クルマにぶつかりそうになると、思わず体が仰け反る。あくまで仮説にすぎないが、VRで生理反応を引き起こし、健康被害を与えられる可能性もある」。

「悪用されるが、それ以上に恩恵は大きい」

 原田さんによれば、テレビのようなモニターかVRかを問わず、映像には(1)学習効果を高める、(2)イメージトレーニングしやすい、(3)めまいや酔いを誘発させる――などの効果があることが確認されているという。VR映像では「モニターの比にならないレベルで、視覚を司る脳が錯覚を起こす」と原田さんは強調する。

 「サマーレッスンでも、目の前に女の子がいるVR映像を見せると、本当は出していないのに『吐息が当たった』と触覚を感じてしまうユーザーもいた」

 そうした危険性はあるものの「最新のテクノロジーは悪用手段になり得るが、忘れてはいけないのは、それ以上に恩恵が大きいこと」と原田さんは言う。ポリゴンやGPSなど、もともと軍事目的で研究されたものが社会に広く普及したケースも少なくないという。

善悪用
VRは善悪どちらにも有効な諸刃の剣

 原田さんの開発チームは2012年からVR技術の研究を始め、14年に「サマーレッスン」を発表。同年には1000人を対象に、サマーレッスンのVR映像が与える影響などを調べる臨床実験も行っている。「1000人規模となると十分に有意差が出る実験。こうしたデータを、サイバーセキュリティなどに生かしていきたい」という。

 「VRの高い効果は、善悪どちらにも有効な諸刃の剣と言える」(原田さん)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用終わり 下線は私


公表されない軍事技術では、もう端末を装着する必要も無いのではないでしょうか、それがテクノロジー犯罪…。
いくら恩恵が大きくても、悪用されるほうは堪りません。
テクノロジー犯罪には、最新科学兵器が使われているのではないかと言われています。


スポンサーサイト

 | ホーム |