プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

睡眠妨害は被害に気付かされる前から始まっていたと思います。
仕事が無くなり、頭も体も使わないので寝付きが悪くなったと思っていました。
稲城市の借家に越すと、睡眠妨害が始まりました。

行き止まりで大きな道路も無いので、音で起こされるのではなく何故か目が覚めます。
1時間毎に起こされる、午前3時、4時頃に起こされる、酷い時は一睡も出来ない事もあります。
深夜に起こされるので遅い時間に布団に入り、起こされるとラジオを聞く様になりました。

この様な睡眠妨害は現在も続いています。
引っ越して被害の証拠撮りを始め、そのビデオのチェックをすると眠らされる様になりました。
今の借家へ引っ越すと段々と酷くなり、現在は眠らせられる事で様々な妨害と加害をされています。


昨日はパソコン前で眠らされていたので切るのが遅くなりました。
通販サイトに接続すると【このページは表示できません】と散々妨害をされました。
日にちが変わって2時近くに布団に入りました。

身体の左側面、肋骨の横が痛くて起きました。
ラジオをつけると5時過ぎ、明るくなっていました。
5時55分に起きると、周辺はとても静かでした。

6時08分  食事の支度、テーブルの前に座ると ヘリ音!
6時52分  食事が終わる頃に 飛行機音! 食べ終わると、隣家の
         雨戸音! キ~ッ!
9時42分  ダシを作りに階下へ下りる前に 止めてはまた鳴らす
         ピーポー!
9時59分  飛行機音を立て続けているので頭の防御を少し変えると
        ウ~! 飛行機音の立て続け!
10時02分 お鍋に水を入れにシンクへ行く前に ヘリ音!
10時04分 コンロへお鍋を置きに行くと ウ~!
11時28分 食事の支度、お鍋に調味料を入れる前に ピーポー!
11時39分 サプリメントの蓋を取っていると ピーポー!
11時52分 食事を終わる頃に ピーポー!
13時38分 煮物のお鍋に調味料を入れる前に ピーポー!

今日のヘリ音 大!    6時08分~18時52分 13回
今日の飛行機音 大!  6時52分~18時頃 34回

起きて階下へ下りるとヘリ音を始めました。
ここから一日中ヘリ、飛行機音を多用!
メモも出来ない位に立て続けていたので、上記よりも多いと思います。

ウ~ピーポーもしょっちゅう鳴らしていたので、メモを忘れています。
夕食時からピーピー車がしつこくウロツキ、パソコンを始めると襖が揺れるドアバンッ!

ベランダに足底を向けてドライヤーを掛けていると、土踏まずに殺人波照射!
やはり加害波の所為で痛くなっているのが分かります。
夕食時も飛行機音を立て続け、ピーピー車がウロツキ、どんどん右手が利かなくなりました。

21時23分 ブログを書き終わる頃に ヘリ音! ピーポー!
音はレコーダーにあります。



今日のニュース 西日本新聞 より引用

「現場分かってない」、九州の捜査関係者 令状なしGPS捜査「違法」に
2017年03月16日 06時00分

最高裁が、令状を取らずに捜査対象者の車両にGPS端末を取り付ける捜査手法を「違法」と判断した15日、九州の現役警察官やOBには「捜査への影響が大きい」と衝撃が広がった。ただ、一部からはプライバシーの問題点から判決内容を冷静に受け止める意見も聞かれた。

 「裁判所は現場のことが何も分かっていない。捜査対象者の車はナンバープレートを次々変える。人間だけで追いかけるのは現実的じゃない」。元長崎県警幹部は驚きを隠さなかった。

 別の捜査関係者は「捜査対象者の行動確認をする上で、GPS捜査は有力な武器の一つだ。対象者の容疑が晴れる場合もある」と語った。

 福岡県警のある捜査幹部は、窃盗団や暴力団による事件は犯行グループの行動範囲が広域にまたがる上、複数のグループが連携して犯行に及ぶため、尾行や張り込みには限界があると指摘。「捜査に時間がかかり、被害者が増えるだけだ」と切り捨てた。

 治安か、プライバシー重視かという問題は、常に犯罪捜査に突き付けられる課題だ。「ぎりぎりでプライバシーを守りながら、捜査は公共の安全のためにやっている」と語る捜査幹部もいた。

 一方で、判決を一定程度評価する声もあった。福岡県警のある幹部は「GPSをつけた車を捜査対象者の家族が使った場合、プライバシーの侵害は避けられない。(判決は)ある意味で仕方ない。福岡県警は最近、GPSを使っていない」と話した。

 判決が今後もGPS捜査を実施するには「新たな立法措置」を求めた点については、評価が分かれた。複数の捜査員は「新しい法律が整備されるまで2~3年かかるだろう。その間は何もできないということか」と懸念した。

 GPS捜査の経験がある福岡県警OBは「車に機材を取り付けたりするので危うい部分はあった。通信傍受も法律の段階を踏んだので、GPSもそうした流れになればいいのではないか」と前向きに評価した。

=2017/03/16付 西日本新聞朝刊=    

引用終わり 下線は私


ブログ「南京だより」 より抜粋
http://mirushakai.jugem.jp/

 警察が裁判所の令状を取らずに容疑者の車などにGPS端末を取り付けて居場所を把握する捜査について、最高裁判所大法廷は「私的な領域に侵入されない権利を侵害するもので強制捜査にあたる」と指摘し、令状がなければ違法だという初めての判断を示しました。

 被告が受けた捜査は
 今回の捜査では、被告や仲間のほか、被告の交際相手が使用していた車なども監視の対象になりました。裁判の記録などによりますと、警察は平成25年5月から12月まで、被告などが使っていた合わせて19台の車やオートバイの見えにくい場所に手のひらに乗る大きさのGPS端末を取り付け、監視を行いました

抜粋終わり 下線は私 是非、元記事を御覧下さい。


集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者は24時間、365日、監視され続けています。
そうでなければこの犯罪は成立しません。
生活の全てを盗み見て犯罪者に仕立て上げる、精神科に誘導する、自殺に見せ掛けるなど、犠牲者は沢山いらっしゃいます。


                   
スポンサーサイト

 | ホーム |