プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日も1時近くに布団に入りました。
トイレ誘導で起こされ、階下で時計を見ると3時02分でした。
布団に戻り、ラジオをつけると国会中継をやっていました。

次に起こされると、ラジオは聞こえなくなっていました。
寒くて寝ていられず、4時は過ぎているだろうと思い、起きると4時半でした。
雨戸を開けると隣家は電気が点き、ゴーゴーと音がしていました。

6時20分頃 子供「オトーサン」一声立て! 女男 声立て! 二階へ
         上がり始めると ワォ~ン犬! 大きな車数台、バイクが
         ウロツキ始めました。
8時18分  天気が悪く、暗いので玄関で賞味期限を見ていると ピー
        ポー!
9時20分  お風呂の掃除を終ると へり! ピーポー!
9時35分  押し入れから物を出し、それを仕舞う前に ピーポー!
12時01分~ 日本郵便が荷物を持って来ました。 頭の防御をやり直
        すと クロネコヤマトの荷物が来ました。 頭の防御をし始
        めると 前回持って来なかった荷物を 佐川急便が持って
        来ました。 私が今日の指定にしたのは、佐川急便だけで
        す。 後は日付指定が出来なかったのですが、今日に合
        わせられました。 日本郵便は一昨日注文すると昨日発
        送、今日届きました。 大体遅くされる事が普通なのに…
13時04分 食事の片付け、洗い物が終わると ウ~!

今日のヘリ音 大!    9時20分~18時半頃 6回
今日の飛行機音 大!  9時56分~19時33分 15回
今日のジェット機音     13時16分~16時半頃 5回

今日は早朝から大きな車がウロツキ回っていました。
配送様の車と共に一日中、まるで引っ越しでもしているかの様でしたが、荷物を運ぶ音などはありません。
音は電気的な音や、工事の様な音!

今日も頭を押され続け、顎が胸を押して大変痛いです。
手足の痺れが酷く、右手は動かず、皮膚もピリピリと痛いです。
排泄操作も酷く、脱力感も続いています。


此処へ引越して来た時は飛行機の音などあまりしませんでした。
ピーポーは、しょっちゅう鳴っていましたが今ほど不自然だったのかなぁ…?
昨年の9月頃からメモを元に記事を書き始めました。

飛行機もピーポーも工事も、不自然に始まり止める音が多く不審に思いました。
ここの音が異常な事は充分に分かったので、一応ここまででメモも止める事にしました。
記録はレコーダーに残しておきたいと思います。

身体攻撃もどんどんとエスカレート!
今迄なかった被害も始まり、酷くなって行きます。
排泄操作も酷い、痺れも右手の麻痺も、皮膚のピリピリ感も此処で始まった加害行為です。

ここは、悪意、殺意を感じます。
記事には書いていない嫌がらせも様々です。
信じられないでしょうが、何から何まで仕組み、そのプログラム通りに動いている感じです。

階段から落とされて骨折して動けなくなっている自分が見える様です。
気を付けて動いていますが、いつまで持つ事やら…。
一人暮らしの被害者さんはやられ放題ですから、気を付けて下さい。



今日のニュース Sankei Biz より引用

「半身不随にしてやろうか」 ヤマト運輸営業所のドライバー自殺で遺族が提訴
2017.3.31 17:15

 ヤマト運輸(東京)の長野県内の営業所で、従業員の男性=当時(46)=が上司に暴行や暴言などのパワハラを受け自殺したとして、男性の妻ら遺族が、同社と当時の上司に計約9500万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁に起こした。遺族側代理人の鏡味聖善(かがみ・まさよし)弁護士が31日、長野市内で記者会見を開き、発表した。

 鏡味弁護士によると、男性は平成元年に入社。県内の営業所でドライバーとして勤務を始め、同15年に同営業所のセンター長に就任した。その後、23年に被告が男性に代わってセンター長に着任し、24年秋ごろから暴言や暴力がなされたという。男性は「いつか殺されるかも」などと周囲に話していたといい、26年9月ごろに鬱病を発症したとみられる。27年1月に自殺した。

 男性が残した録音には、被告である当時の上司が「半身不随にでもしてやろうか」「その場で叩き殺すぞ」「組合でも何でも泣きつけ」などと暴言を浴びせる音声が記録されていたという。

 遺族は27年8月に労働基準監督署に労災を申請し、昨年3月に認定された。遺族側は労災給付では不十分として今年2月28日付で提訴した。録音のほか、暴行された傷跡を撮影した写真や医師による診断書が証拠として地裁に提出された。

「当時の上司が行ったことが不法行為であることは明らか」(鏡味弁護士)

 鏡味弁護士は記者会見で「当時の上司が行ったことが不法行為であることは明らかだ。社会を支える重要な企業で、過重労働以外にパワハラなどの悪質な労働環境があることを知ってもらいたい。同じことが二度と起こらないようにしたい」と述べた。

 第1回口頭弁論は4月28日に長野地裁で行われる。裁判では、暴言や暴力といったパワーハラスメントの事実、内容の程度、病気や自殺との間に因果関係が認められるかなどが争点になるとみられる。

 ヤマト運輸の広報担当者は「係争中のためコメントできない。弁護士と相談して対応する」としている。

引用終わり


私は集団ストーカー、テクノロジー犯罪と自殺には深い関係があると思っています。
鬱病になったとありますが、自殺をしたので欝病という病名を付けただけで因果関係はハッキリしていないと思います。
この方がこの犯罪のターゲットだったかどうかは分かりませんが…。


スポンサーサイト

 | ホーム |