プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去の事 ⑬

係長が変わって間もない頃でした。
全員にロッカーにカギを掛ける様にとの事でした。
更衣室は最上階にあり、一般の人は入れません。

殆どの人が鍵など掛けていませんでした。
皆で、何故掛けなければならないか、面倒だと抗議をしました。
兎に角掛けろという事で、各々ダイヤル式の鍵を付けました。

今考えると、誰かが何か無くなったと言ったのでしょう。
今迄その様な事が無ければ、新しい人が疑われる!
集団ストーカーの手口、被害者を疑わしく見せるという、私をターゲットにしたものだった様です。

学会員の同期と帰っているので、初めての冬だと思います。
乗換駅で降りようとして、電車とホームの間に落ちました。
持っている物も全て投げ出して、腰の辺りまでスッポリと嵌まりました。

ホームで待っていた人が引き上げてくれ、荷物も拾ってくれました。
学会員は先に乗り換えホームへ行っていました。
その時は偶然だと思いましたが、これは仕組まれていた加害でしょう。

どこへ乗るかが決めてあり、そこに加害者が待ち伏せていたのでしょう。
私が降りようとすると乗り込んで来る人がいて、押し戻された感じでした。
昔ですから、テクノロジーではなく人的な物だと思います。

幸い若かったので大きな怪我もせずに済みました。
大きな痣が出来て、赤から紫、真っ黒になって治って行きました。
冬で厚く長いコートを着ていたのも幸いしたようです。

この様にして1年が過ぎて行きました。
サービス残業は当たり前、有休も夏休みだけ、年末も31日まで働きました。
他の所を知らないので、それが普通だと思い変だとも感じていませんでした。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
尿意で起こされました。
ラジオをつけると岩崎宏美の歌、2時の時報でした。

知らない洋楽だったのでラジオを消すと眠れた様です。
次に起こされると天気予報、4時の時報。
いつもの時間に起こされ、同じ加害プログラムの開始です。

6時42分  階下への階段を下り始めると ピーポー!
10時16分 階段にクイックルワイパーを掛けながら下り、玄関に着くと グ~ッ低周波の飛行機音! 大!
今日初めてのピーポーと目立つ飛行機音を同じ場所で使っています。

以後、宅急便を受け取った後からピーポーが増えました。
飛行機音は朝から、不自然なヘリ音と共に夜中も立て続けています。
車、バイク、ピーピー車は今日もウロツキ回っています。

圧迫波、殺人波も頻繁に照射されています。
皮膚のピリピリとした痛み、足への照射も酷いです。
睡眠操作、排泄操作も酷く、自分の生活が出来ません。



今日のニュース CNN.co.jp より引用

ロシア版ターミネーター? 銃2丁操る人型ロボ開発
2017.04.27 Thu posted at 18:27 JST

ロボット
銃を手に射撃を行うロシアの自律型ロボット「FEDOR」

(CNN) ロシアのドミトリー・ロゴジン副首相は27日までに、標的に銃撃したり車を運転し、道具を使いこなせるなどの機能を持つとする人型ロボット「FEDOR」のビデオ映像をツイッターの自らの公式アカウントに掲載した。

自律的な性能を持つこのロボットは、ロシア政府機関「ロシア先端研究事業基金」が開発。ソフトウエアはコンテストを開いて競わせているという。

ビデオ映像にはFEDORが銃2丁で標的を撃つ場面も含まれたが、同副首相は物事の即座な判断能力を養う訓練と指摘した。

必要ならFEDORの操作担当者の動作を真似する動きも可能だという。映像には歩行、腕立て伏せや床面をはう能力を示す場面も含まれた。

同副首相はツイッターで「我々は人工知能(AI)を創出したのであって、ターミネーターではない」とも述べた。

CNNの取材に応じた同基金は今回のビデオ映像が本物と認めたが、このロボットに関する他の詳細は公にしなかった。

引用終わり


元記事には動画がありますが、コピー出来ませんでした。
是非、元記事を御覧下さい。

どこの国でも人を殺す為に大量の予算を使っているのでしょう。
天敵が居なくなった人間は、お互いを殺す様になったのでしょうか。
誰も殺されずに済む日は来るのでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |