プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

だいぶ前から、全身の皮膚のピリピリとした痛みが続いています。
何かが触ると余計に痛みます。
水などが当たっても余計に痛みます。

これは筋肉を操作される事が頻繁になってから始まりました。
筋肉は脳から脊髄を通して送られる信号で動くそうです。
その信号は皮膚の表面で検出できるそうです。

この痛みは加害者が加害波を照射し、皮膚からその信号を盗っているのではないでしょうか。
病院へ行くと膠原病という原因不明の病名が付けられるでしょう。
膠原病は作られた病気だと思っています。

食事時に初めはお箸を使って食べています。
暫くすると飛行機等の目立つ音がして、右手が動かなくなって来ます。
これを何回も繰り返すうちに、首も手も動かなくなります。

下記は筋肉と皮膚の関係が分かると良いと思いコピーしました。
元も大変難しいので、興味のある方は皮膚電気活動で検索して下さい。
なぜ急に皮膚がピリピリして来たのか、謎が解けた様な気がします。


皮膚電気活動  より抜粋
推奨図書
Biofeedback Tutor CD  Core: History  Anatomy: Electrodermal  Hardware: Electrodermal  Clinical: Autonomic

汗腺活動に対応する皮膚表面の電気伝導性および抵抗率の 変化を 皮膚電気活動 (EDA).といいます。EDA センサーは、発汗に対応する皮膚の電 気的変化を測定します。EDAの方が一般的な用語ですが、皮膚電気活動に類似する 用語も多く使用されています。従来は、皮膚の抵抗率の測定は Luigi Galvani 博士 (イタリア人物理学者、 筋肉と神経細胞の電気的信号の発生を発見) の名をとって 皮膚電気反応(Galvanic Skin Response :GSR) と呼ばれていました。

抜粋終わり



今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎ、ロマンティックコンサートをやっていました。
外ではゴーゴー!ブーン!キーン!凄い音がしていました。

3時の時報。
近くからバイクが動き、すぐに止まりました。
テレサテンの特集を聞いていると、ラジオの音を操作されました。

大きな音にしている時にはバイクが暴走風に音立てをしていました。
左右の腕の付け根から肘の辺りまで、殺人波の痛さでした。
4時の時報、起きる時間になると外の騒々しさはピタリと止めます。

6時11分  髪を梳かし頭の防御、首の後ろに手が行くと ピーポー!
この後も何かといえばピーポーピーポー!
階下へ降りる度にピーポーを鳴らしているという感じでした。

9時25分  洗い物を始めると グ~ッ 押し付ける様な飛行機音 大!
日曜日は基本的に上空の大きな音は少ないので、今日も同じでした。
深夜が一番騒々しい、異常な所です。

今日も朝から多数の車がうろついています。
食事の支度を始めると車が動く、お手洗いに入るとまた動くという感じです。
ドアの音も無く、急にググググと変な音を出して動きます。

今日も朝から圧迫波、殺人派が酷くアチコチ痛みます。
痰が絡んで呼吸妨害、飲み込み妨害も一日中、今も咳が出ます。
手足の痺れも酷く、自分のものではない様な感じです。  



今日のニュース TーSITE より引用

「目が、目がぁ~! 」目を追尾してレーザーを照射する装置
2017年5月7日 (日) 12:10 配信 ギズモード・ジャパン

目
ギズモード・ジャパン

うぉ、まぶし!

世の中には、その存在意義を疑ってしまうような発明がありますな。トランプ米大統領のツイートをわざわざ印刷して燃やすロボットとか、M&M'sを色ごとに分けるマシーンとかね。そして、このたびMichael Reevesより、YouTubeに「目を追尾してレーザーを浴びせかけてくる装置」の動画が投稿されました。

DIY感がビンビンに伝わってくるダンボール製の筐体には、どこかで見たことのあるWebカメラとレーザーの照射装置、それに制御用のサーボを搭載。そしてこのマシーンはPCに接続されています。

PCでプログラムを動作させると…「Oh, Shit!」、早速レーザーが発明者の目を直撃です。顔認識ソフトウェアによって動作するこの装置の精度はそれほど高くありませんが、きちんと目を追尾できていることがわかります。

まぁ、それだけなんですけどね…でも無意味なものの中からこそ、有意義なものが生まれると思うのです。ええ。

・自分だけのミニスーファミを作る方法・届いたその日の夕方には完成できるDIYミニシンセキット「Macchiato」

image: Michael Reeves / YouTubesource: Michael Reeves / YouTube

(塚本直樹)

引用終わり


執拗に目を狙われる事があります。
瞼や周辺が痙攣することも度々です。
追尾して来るのでは、逃れようがありませんね。


スポンサーサイト

 | ホーム |