プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

昨夜もパソコン前で散々眠らされました。
数分眠らせては起こしの繰り返しで、具合が悪くなります。
ブログを書いてからゴミ出しに行き、更に遅くなりました。

通販サイトで探し物をしましたが結局見付かりませんでした。
1時頃にパソコンを片付け、1時半頃に布団に入りました。
数日前から肩、腕の付け根、脇の下辺りに殺人波を照射されています。

こんな所が思わぬ痛さで本当に拷問の様です。
寝ても起きても狙われ、眠ったのは相当経ってからだと思います。
起こされてラジオもつけずに、何故か4時頃だと思った様です。

雨戸を開けて少し変だと思い時計を見ると3時55分でした。
何故ラジオもつけずに起きたのか不思議でなりません。
ゴールデンウィーク中に車がウロツイて脳の信号でも盗られたのでしょうか。

半覚醒状態の時は操作がしやすい様に思います。
思考介入、思考操作などをされない様にしなければ…。
認知症に見せ掛ける事も簡単に出来るので気を付けたいと思います。

8時30分  頭の防御の一部が落ちてしまい、それを探していると グ~ッ 押さえ付ける様な飛行機音 大!
以後もポイントで不自然な飛行機音、ヘリ音を立てていました。
18時頃から変なヘリ音を大音量で立て続けられました。

10時57分 食事の支度をテーブル前で始めると ピーポー!
今日もピーポーは少な目、小さ目でした。
パソコンを始めてからも少な目です。

今日は早朝から大きな車が南北をうろついています。
ピーピー車、配送様の車も何回もウロウロと位置替え!
これに近隣の車が加わります。

この様に近くをウロツくのは何かの目的があるからでしょう。
今もバイクが走行音を立て、チマチマと眠らされています。
昨日も今日もブログを書いている時だけ雨戸のキッキッ合図!

今日も起こされた時から圧迫波、殺人波が酷く、アチコチ痛くされています。
手足の痺れが酷く、手袋と靴を履いたままで生活している、そんな感じです。
倦怠感、脱力感が酷く、何をやっても重労働になります。



今日のニュース マイナビニュース より抜粋

舞台「キャプテン翼」では、演出に併せリアルな振動をお届け!高橋陽一も興奮
[2017/05/08]

高橋陽一原作による舞台「超体感ステージ『キャプテン翼』」の制作発表会が、本日5月8日に東京・Zeppブルーシアター六本木にて開催された。

発表会には高橋と、総合演出を手がけるEBIKEN(蛯名健一)、脚本と演出アドバイザーを担当する加世田剛、振付を担当する松永一哉、さらに本日発表された大空翼役の元木聖也、若林源三役の中村龍介、日向小次郎役の松井勇歩、岬太郎役の鐘ヶ江洸、三杉淳役の鷲尾修斗、松山光役の反橋宗一郎、早田誠役の土井一海、新田瞬役の加藤真央、次藤洋役の皇希が登壇。まずはキャスト陣がデモンストレーションとしてダンスパフォーマンスを披露した。

パフォーマンスを舞台袖から観覧した高橋は、「これに磨きがかかってどうなるのか、今からすごく楽しみですし、実写版で翼の世界が描かれるのは初めてなのでわくわくしています」と期待をふくらませる。少年時代、サッカーが嫌いだったはずが、「キャプテン翼」を読んだ翌日にはサッカーを始めていたというEBIKENは「いまのパフォーマンスは2日で仕上げてもらったんです」とタイトなスケジュールだったことを明かしながら、「僕のこれまでの知識はもちろん、周りのスタッフにも色々なアイデアをもらっているので、それをまとめて総合的に誰が観ても楽しめるような舞台を作っていきたい」と意気込む。

運動神経の高いキャストが集結したという「超体感ステージ『キャプテン翼』」。片足で宙返りを行うアクロバティックな空中技「コークスクリュー」を元木が壇上で披露し、その身体能力を見せつけると、高橋は「劇中では実際にはできない、アクロバティックなプレーばっかり描いているんですけど、それが再現できる人が集まっているっていうのはすごいと思います」と称賛した。

また特注のウェアを装着することで、舞台の演出に併せてリアルな振動を体感できる触覚提示技術(ハプティクス技術)を採用している本作。実際にウェアを着用し、その技術を体感した高橋は「(振動が)リズムよくきましたね」と興奮気味に語った。触覚提示技術を使用したプレミアム体感シートは、毎公演計87席が用意される。

その後の登壇者への質問コーナーでは、「劇中の必殺技を舞台ではどのように再現するのか」という質問に対し、EBIKENが「たとえばドライブシュートは映像を使うことになるんじゃないかな。スカイラブハリケーンに関しては、リアルでやってもらいたいなと考えています」と回答。舞台で描かれるエピソードについては加世田が「まだ控えさせてください」と濁しながらも、「オリジナルストーリーになります」とコメントした。

「超体感ステージ『キャプテン翼』」は8月18日から9月3日まで、東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。チケットは5月9日から5月14日、5月18日から5月22日、5月26日から5月30日まで抽選での先行販売を実施した後、6月4日より先着順での先行販売を行う。その後6月11日に一般販売がスタートする。

超体感ステージ「キャプテン翼」

日程:2017年8月18日(金)~9月3日(日)全23回公演予定
会場:Zeepブルーシアター六本木
料金:プレミアム体感シート1万2800円、プレミアム席1万800円、一般席7800円

抜粋終わり 下線は私


ウィキペディアより抜粋

ハプティクス(英: haptics)とは、利用者に力、振動、動きなどを与えることで皮膚感覚フィードバックを得るテクノロジーである。触覚技術(英: haptic technology)とも。そのような機械的刺激をコンピュータシミュレーション内で仮想オブジェクトを作る補助として使うことができ、仮想オブジェクトを制御したり、機械などの遠隔制御(テレロボティクス(英語版))を強化したりできる。「視覚におけるコンピュータグラフィックスと同じ役割を皮膚感覚で果たす」と説明されてきた。ハプティクスを応用したデバイスは、そのインタフェース上にユーザーが与える力を計測するセンサを組み込んでいることもある。
ハプティクスを使って微妙に制御された触覚を伴う仮想オブジェクトを作ることができ、それによって人間の触覚がどのように働くのかという研究を可能にした。そういったオブジェクトで、それまで困難だった人間の触覚機能を体系的に精査できるようになった。そうした研究ツールは、触覚とその背後にある脳機能がどのように働くのかを理解することに貢献している。

遠隔操作とシミュレータ
遠隔操作 (teleoperation) や遠隔制御ロボットで、接触力が操縦者側で複製される場合、「触覚遠隔操作」(haptic teleoperation) と呼ぶ。世界初の電気駆動の遠隔操作機械は、1950年代にアルゴンヌ国立研究所のレイモンド・ゲルツ(英語版)が放射性物質を遠隔から取り扱うために開発した。その後、水中探索機などのさまざまな遠隔操作機械でフォースフィードバックが広く使われるようになっていった。

研究
高速振動などの刺激を使い、様々な触感をシミュレートする研究がなされてきた。

抜粋終わり


振動被害、触覚被害、遠隔操作など、この犯罪に結び付く様な技術です。
実験でしょうか、悪用されているのでしょうか。
ハプティクスで検索して下さい。


スポンサーサイト

 | ホーム |