プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去の事 41

特養ホームを併設した病院を辞めた頃には歳も取り、もう正社員では仕事が無いだろうと思いました。
辞めてからそれ程間を空けずに、カード会社の派遣の募集を見付けました。
お客様の依頼でギフトカードを梱包する仕事でした。

正社員が一人、契約社員が三、四人いたと思います。
仕事量に応じて派遣社員の人数が変わります。
この仕事は申込書に書いてある通りに梱包すれば良いので、私に向いていました。

同じ時期に入った人達とも親しくなり、退社後にも寄り道をしていました。
ある日の帰りにみんなで喫茶店に入りました。
話している内に肩が痛くなり、叩いたり揉んだりしていました。

翌日になると、痛くて腕が動かせなくなりました。
揉み返しという様な事を聞いた事があり、それかと思いました。
今思うと、これはテクノロジーの加害だったと思います。

普通では有り得ない痛さでした。
そしてすぐに治ってしまいました。
テクノロジー加害の特徴です。

ここでも嫌がらせをされる様な事はありませんでした。
父の所へ行く時には残業をしないで先に帰っていました。
父の所の最寄り駅近くのスーパーで買い物をして出て来ると、カード会社の契約社員の人が向かい側から来ました。

後で聞くと同じ小平市の住民でした。
この契約社員の人が私たちの仕事の采配役でした。
派遣社員の誰を呼ぶか、誰に何の仕事をさせるか…。

ここのただ一人の正社員、大卒の女性は寝てばかりいました。
一つの仕事を抱えて居眠りをしながら延々とやっていました。
みんな呆れて誰も相手にしませんでしたが、この人も被害者ではなかったのかと思っています。

電車の中で平気でたこ焼きを食べたという女性(付き纏いの中に何かを食べている奴が多い)。
時給より高くなるのにタクシーで来る女性。
仕事よりもおしゃべりをずっとしている女性など、不思議な人はいましたが加害者はいなかった様です。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると雑音で聞こえませんでした。
ダイヤルを回しているとピーポー!

尿意を起こされ、階下で時計を見ると3時21分でした。
布団に戻りラジオを操作していると手がビリビリと痺れて来ました。
足への加害も始まり、眠れそうもないので起きてしまいました。

階下で時計を見ると3時42分でした。
玄関に面している隣家の部屋には電気が点いていました。
すぐに圧迫波で頭は動かなくなりました。

5時40分  髪を梳かし、頭の防御を始めると ピーポー!
以後も午前中は何かと言えばピーポーピーポー!
午後は少し静かになりました。

10時14分 乾いた洗濯物を仕舞いに行く前に グ~飛行機音
洋間に入ると窓の向こうで行き止まりの家の雨戸音立て!
日曜日なので目立つ音はこれだけでした。

今日も朝からウグイス、カラス(夜中も)の変な鳴き声!
犬の吠え立て、集スト工事音!
クイックルワイパーを掛け始めると、近くで子供が泣き叫んでいました。

今日も朝から圧迫波、脱力感が酷く思う様に動けませんでした。
鼻が出て、痰が絡み息苦しくて咳が出ます。
何かを触ると、両手ともビリビリと痺れます。



今日のニュース livedoor・ NEWS より引用

先進国なのに…日本ではなぜたびたび放射性物質の事故が起きるのか―中国メディア
2017年6月11日 16時50分 Record China

2017年6月11日、中国のポータルサイト・網易(NetEase)は、茨城県大洗町にある原子力開発施設で作業員が被爆する事故が起きたことについて、日本のネット上で「日本は先進国なのに、なぜたびたび事故が起きるのか」との声が出ていると伝えた。

中国

事故が起きたのは、日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター。核燃料物質が入った金属製の容器を開ける際に、内側の袋が破裂し、放射性物質であるプルトニウム粉末などが飛散。被爆した作業員の肺からは、極めて高い数値の放射性物質が検出された。

原子力研究開発機構は、このビニール袋の破損は想定外だったとしているが、専門家からは、「ヘリウムガスがたまり、破裂した可能性がある」との指摘があった。また、26年間点検せず、記録もしていなかったことが明るみに出るなど、原子力研究開発機構の安全管理に深刻な問題があった疑いが浮上している。

記事は、日本のネット上でも「また『想定外』か」「26年もたてばゴムもビニールも劣化する」「あまりのずさんさに、言葉を失います」「危機管理、対策が全くできていない」など、原子力研究開発機構の安全管理を疑問視するコメントが相次いでいると、記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

引用終わり


先進国とはどんな国の事をいうのでしょう。
管理のずさんさに驚きますが、元々隠蔽体質だからでしょうか。
中国メディアに、こんな事を書かれない様にした方がいいのではないでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |