プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ヤマト運輸の配達指定時間12時~14時が無くなってしまいました。
仕方なく、昨日は19時から21時という時間指定にしてみました。
すると13時頃から断続的にピーポーピーポー!立て続けでした。

なるべく同じ日時、同じ業者が来る様にと思うのですが上手く行かない様になっています。
首の状態が悪くなり、しかも高台に家があるので買い物に行けなくなりました。
今日は日本郵便なので以前と同じ12時~14時にしていました。

すると今日は8時15分、早い時間から13時頃まで断続的にピーポーピーポー!立て続けでした。
ここは極端に酷いですが、業者が来る日にはピーポーが鳴ると思ったのも稲城市からです。
借家の時には近くのダイエーへ買い物に行っていました。

アパートの近くにはスーパーが無かったので食材の定期宅配を取っていました。
この業者が来る木曜日もピーポーピーポー!と延々やっていました。
そして段々と身体攻撃が酷くなって行きました。

この現象は宅配業者だけではありません。
水道やガスの修理、点検などの業者が来る時も同じです。
ピーポーを鳴らし始めたのでそろそろ来るかなぁと思うと来ます!

稲城市のアパートから始まった足の熱感は、ここへ来た時には無くなりました。
近くに加害者が来た時だけ熱感を感じていました。
給湯器の修理に業者が来てから、いつも熱感を感じる様になりました。

そして現在の酷い痺れと痛みに繋がっています。
稲城市の借家の大家は近かったので、毎月家賃を払いに御宅へ行っていました。
ダイエーの帰りに寄ろうと思うと途中からピーポーピーポー!

私が業者(大家)に近付いてもピーポーピーポー!
一体、ピーポーは何なのでしょう。
稲城市からここまで、身体攻撃が酷くなったのは確かです。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
尿意で起こされて階下で時計を見ると2時33分でした。
布団に戻ってラジオをつけましたが途切れ途切れにしか聞こえませんでした。

3時の時報、息苦しくて防御を外しました。
青江三奈の特集が始まるとピーポーピーポー!立て続け!
左脇腹、背中が殺人波の照射で痛くなりました。

4時の時報で起きると足もビリビリに痺れています。
洗濯、食事の支度。
5時09分  食事を片付け手を洗うと近くからバイクが出ました。

8時14分  洗い物が終わると クィ~ン だらだら飛行機音!
8時15分  穴の開いた台布巾を捨てると ピーポー!
ここから断続的にピーポーピーポー!立て続けでした。

今日は日曜日なので大きな飛行機音は少な目でした。
いつもの日曜よりも目立つ飛行機音は多めでした。
ピーピー車も私の位置が大きく変わる度に、ピーピーと分かる様に位置替えをしていました。

朝から圧迫波が酷く、顎の付いている胸の所を圧迫骨折にされそうです。
トイレ誘導が酷く、しょっちゅうお手洗いに行かされています。
頭の防御を作り変えようと思っていたら夕方になってから眠らされてしまいました。



今日のニュース 楽天 WOMAN より引用

2017/07/01 19:00
ブラジル・リオデジャネイロ、ペットの整形手術禁止へ

ペット
ブラジル・リオデジャネイロ、ペットの整形手術禁止へ(画像はイメージ) ※海外メディア「YahooLifestyle」のスクリーンショット

ブラジル、リオデジャネイロでは整形手術が人気だが、この度犬や猫に対する整形手術を禁じる法律が承認された。ペットに対する整形手術の例としては、尻尾を切ることや猫の爪を取り除くこと、また犬の耳の形を整えることなどが挙げられる。海外メディアSBSが報じた。 今回の法律と関連する動きとしては昨年7月、ブラジルの獣医学における国民会議は公式文書で、動物に対する整形を違法とすること、またそのような処置を行った獣医の免許を剥奪することを強く要求する決議を発表。さらに、この1月にサンパウロ州では、薬品を除く化粧品の動物実験を禁止されている。

 なお昨年10月には、サンパウロ州のサン・ロケにある研究所で動物の権利保護団体が抗議行動を行い薬物実験に用いられる予定だった200匹のビーグル犬を解放するに至った。解放された犬たちの毛は短く刈り込まれており、うち1匹は液体窒素で凍らされたためすでに死亡していた。また数匹は体の一部を切断されていたという。

引用終わり


井上ひさしの『ドン松五郎の生活』を読んで断耳、断尾という言葉を知りました。
日本では今でもやっている様です。
動物実験も、私自身が実験対象かも知れないと思うと動物なら実験に使っても良いとは言えなくなります。


スポンサーサイト

 | ホーム |