プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

被害に気付かされてからは、ストーカーがウヨウヨと出て来るので旅行にも行けないと思っていました。
被害に気付かされるまでは、旅行で泊まった事はありますが、個人の御宅へ泊めて頂いたのは、父の具合が悪かった時位です。

大阪の講演に誘って頂いたのが切っ掛けで、被害は無くなりませんが旅行にも行けそうかな?と思い始めました。

被害者の方と、被害者の御宅へ泊めて頂きました。
翌日、海へ行って、とても久しぶりに潮の香りを胸一杯に吸い込んで、水平線を眺めて来ました。
頭がスッキリしましたが、自宅へ帰ると元のようにボーッとなります。

ずしずし5

ずしずし4

以前の生活を壊されて何も出来ないと思っている被害者の皆様、やりたい事はやってみる価値がありそうです。
駄目元でやれば、思いは叶わなくても、それ程ガッカリしないで済みます。
Tryしてみた方が、後悔しないかも知れません。


NHKNEWSwebより引用

去年、仙台市の中学1年の男子生徒が自殺し、市が設置した専門家による調査委員会が調査した結果、「男子生徒は周囲の生徒から継続的にからかわれるなどしており、自殺はいじめとの関連性がある」と結論づけました。市は調査結果を受け、学校側の対応に問題があったとして保護者に謝罪しました。

仙台市によりますと、去年秋ごろ、仙台市の市立中学校に通う1年生の男子生徒が自殺を図り、病院に運ばれましたが、数日後に死亡しました。市の教育委員会は「生徒は以前からいじめを受けていた」とする保護者からの要請を受けて、専門家による調査委員会を設置して教員や周囲の生徒など、関係者からの聞き取りなどの調査を進めてきました。
仙台市によりますと、調査の結果、男子生徒は自殺の数か月前から周囲の生徒から仲間はずれにされたり、消しゴムのかすを投げつけられるなどしたとして、保護者から学校に相談が寄せられていたほか、継続的にからかわれるなどしていたことが分かったということです。このため調査委員会は「男子生徒の自殺はいじめとの関連性がある」と結論付け、調査結果を市に報告しました。そのうえで仙台市教育委員会は学校側の対応について、男子生徒と周囲との関係について注意深く経過を見る措置をとらなかったり、教育委員会への報告を行わず、いじめに関わったとされる生徒の保護者への連絡を怠ったりするなどの問題があったとして保護者に謝罪しました。

引用終わり


いじめ、嫌がらせの一つ一つは小さな事です。
消しゴムのかすを投げつけられても、どうって事無いと思われるでしょうか。
小さな事でも、継続的に延々とやられ続ける、防ぎようが無いのです。
手を差し伸べてくれる方がいないのです。

集団ストーカーは自殺強要ストーキング、ガスライティングです。
大勢で一人をターゲットにして狙います。
学校のいじめの問題と、集団ストーカーの問題は、同じではないかと思います。

家族に自殺をされた方がいる方、家族の方は、集団ストーカーの被害者ではなかったでしょうか。
集団ストーカー、自殺強要ストーカー、ガスライティングで検索して下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |