プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

酷い揺れ

昨日は、デモの反省会に参加して来ました。
会議室に入って座った時から揺れが酷く、震度2位でユラユラと揺れていました。

頭、足の痺れも酷く、ピンポイントの痛みも来たので、隣の椅子に移ったり、落ち着きなく動いていました。

椅子を変えて、暫くしてからです、隣の方が地震?と言ったのです!
私は、ずっと揺らされているので分かりません。

帰ってから気象庁の地震情報を見ると、関東地方に地震はありませんでした。
私の近くに居た方で、揺れを感じた方はこの被害者さんが初めてです。
私だけを揺らしたのではなく、床を揺らしたという事です。

家ごと揺らされた事が何度かありますが、狭~い範囲の人工地震?
同じ場所に何度も行くと、段々と被害が酷くなります。


今日は11日の留守中の音を聞いていました。
一昨日、カラスが鳴くと記事にしたのですが、11日のレコーダーに、私が家を出てから4時間位の間、カラスが鳴き声、鳴き方を変えて、大量に入っていました。

「ウ~」「ピーポー」も何度も、延々と鳴っている物もありました。
灯油売りの「たき火」の音楽も、小さい音から、家の横を通り大音量で入って、長く続いていました。

家の中でも、バシッ、カンッと、留守の間中入っています。
家の中の物が揺れているカタカタという音も、沢山入っていました。

一戸建ての時は、一定の大きさ以下は録音しない様に設定していました。
連続で、録音していたら、何が入っていたのでしょう…。



今日のニュース 西日本新聞より 抜粋

カフェイン常用 中毒死 「眠気覚まし」思わぬ危険も

2015年12月21日14時31分 (更新 12月21日 14時43分)

 「エナジードリンク」と呼ばれるカフェイン入り清涼飲料水を長期にわたって頻繁に飲んでいた九州の20代の男性が、カフェイン中毒で死亡していたことが福岡大学法医学教室の分析で分かった。男性はカフェインの錠剤も飲んでいたが、同教室は飲料の大量摂取が中毒の主な原因とみている。厚生労働省は「国内でのカフェイン中毒死は聞いたことがない」としており、常用による中毒死の報告は国内初とみられる。

摂取量カフェインの

同教室によると、男性は24時間営業のガソリンスタンドの従業員で、深夜から早朝に勤務。そのまま夕方まで起き、しばらく寝てから出勤する生活を繰り返していた。眠気を覚ますためにエナジードリンクを日常的に多用し、カフェイン錠剤も併用していたという。

 男性は昨年、帰宅後に吐いて寝込んでいて容体が急変。数時間後に同居する家族が気付き、救急搬送したが、手遅れだった。死亡の約1年前から体調不良を訴え、吐いて動けなくなることも数回あったという。

 警察の依頼で福岡大の久保真一教授(法医学)が男性を解剖し、カフェインの中毒死と判断、警察に報告した。血中に少量のアルコールが残っており、胃の内容物や血液、尿から高濃度のカフェインが検出されたという。目立った外傷などはなく、状況から自殺などの目的で故意に大量飲用したのではないという。

 海外では、若者を中心にカフェインの過剰摂取が問題化。2000年代からエナジードリンクが販売されている米国では、11年に14歳の少女がエナジードリンクを飲んだ後に死亡する事故が起きたと報道された。米国では、このほか十数件の死亡例が報告されているという。国内では死亡例の報告はこれまでなく、摂取許容量などの基準は国内にはないという。

 ▼耐性できやすく体に負担

 松本俊彦国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部長の話 カフェイン中毒の死亡例は国内では知られていないが、これまでにもあったはずだと思う。カフェインは心臓に作用して心拍数を上げる。利尿作用もあり、脱水気味なのに心臓にむちを入れることになる。疲れている人が大量摂取すると身体への負担が大きい。耐性ができやすく摂取量を増やしていかないと効かなくなるし、作用が切れたときの頭痛などの離脱症状も強くなる。身近なカフェインだが、多量摂取やアルコールとの併用は危険だ。

■「1日コーヒー3杯分」成人の目安

 コーヒー豆や茶葉などに含まれる食品成分のカフェインは、眠気を覚ます効用がある一方、多量に摂取すると不整脈や不眠、胃腸障害が出ることがあり、注意が必要だ。

 内閣府の食品安全委員会によると、現在、国内では食品中のカフェインの摂取許容量は設定されていない。海外のリスク管理機関などが目安として勧告している摂取量は、健康な成人で1日当たり400ミリグラム(コーヒーマグカップ3杯分)▽4~6歳の子どもで同45ミリグラム(355ミリリットルのコーラ飲料1缶分)▽妊婦は同200~300ミリグラム(コーヒーマグカップ2杯分)-など。

 国内で販売しているエナジードリンクのカフェイン含有量は多くて200ミリグラム程度。海外では300ミリグラム近いものもある。苦いコーヒーと違って甘い味付けなので子どもにも飲みやすく、気付かないうちに大量摂取してしまう恐れもある。個々のカフェインの摂取量範囲に従って飲むことを呼びかけているメーカーもある。

久保真一教授によると、カフェインを大量に摂取することで起こる中毒症状はめまいや動悸(どうき)などで、けいれんを起こすこともあるという。「刺激を求めてさまざまな種類のエナジードリンクを併用する人もいる。カフェインは用法用量をよく守り、注意して飲んでほしい」と話している。

【ワードBOX】エナジードリンク

 明確な定義はないが、効果効能を明確に表示することができない清涼飲料水の一種で、カフェインやアミノ酸などが含まれている。海外で開発され、眠気覚ましとして若者や運転手などで広がっている。メーカーによると、海外では、過剰摂取による中毒症状が年に数件報告されている。エナジードリンクとは別に、肉体疲労時の栄養補給を目的とする医薬品や医薬部外品として販売される栄養ドリンクもある。

=2015/12/21付 西日本新聞夕刊=

抜粋終わり


何でも、過ぎたるは猶及ばざるが如しの様です。
私も、コーヒーが好きなので気を付けたいと思います。

薬は、全ての物に副作用があると聞いた事があります。
医者に聞くと、副作用は無いと言いますが、それは影響が出るほどの副作用は無いという事だと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |