プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年末年始は加害者の動員数が多くなる様で、酷い身体攻撃です。
頭が痺れ、背中から心臓を狙っている様で、左肩甲骨の下辺りが痛くなっています。
最近の加害で、足先だけを熱くされ、低温火傷の様な痛みです。

今日は、デモの反省会へ行った時の留守録を聞いていました。
近くでの声立て、音立て、家の中の水の音等は、いつも通りでした。

特徴的だったのは、スプレーで何かを吹き込んでいるかのような大きな音が入っていました。
台所へ置いたレコーダーなので、換気扇から何かを入れたのでしょうか。


市から健康診断の書類が送られて来ますが、一度も行った事がありません。
健康診断は、入社の時、どうしても受けなければならない時しか受けません。

例えば、脳ドックに入って頭の精密検査を受け、何も無かったとします。
でも、大腸癌にかかっているかもしれません。
全身くまなく調べる事は出来ません。

チェコリポートというのを、お聞きになった事があるでしょうか。
私は、最近YouTubeを見て知りました。
検診に行ってなくて良かったです。


船瀬俊介の本を紹介 より抜粋

「ガン検診を受けてはいけない」これは、チェコリポートという物が載っております。チェコリポートって何かっていうと、1990年チェコスロバキアで6300人の男性を2つのグループに分けて、それで肺がんの検診を受けさせたんです。検診を受けた方が肺がんにかからなかったと思うでしょ。ところが大間違いですね。肺がんの検診を受けた。どういう検診を受けたんでしょう。すなわち胸部X線撮影。これを3年間で6回受けた。それで検診を受けなかったグループは何もしなかった。

その後追跡調査したら何がわかったかというと驚くなかれ肺がんの検診を受けたグループの方が肺がんにかかり、そして肺がんの検診を受けた人の方が肺がんで多く死んでいたんです。1.36倍。36%も多く肺がんにかかって死んでる。そして驚くなかれ全体の総死亡率も検診を受けた人の方が多く死んでいるんです。これはチェコリポート。この驚愕のリポートは、全く世界のマスメディアから封印されたんです。なぜですか。真実だから。

抜粋終わり


毎日、電磁波を照射されて癌を作られている被害者ですが、免疫力を上げる事で癌も治るようです。
体温を上げて、血流を良くし、太陽を浴びる事が良いそうです。
怒ると血管が収縮し体温が下がり、血流が悪くなる。

私は、盗撮を防ぐ為に雨戸も閉め切りです。
近隣の、入れ替わり立ち代わりの嫌がらせで、毎日怒り心頭です。
この様な事でも、加害者は癌を作る事に一生懸命なのかも知れません。

HAARPの影響か?お天気の悪い日が多くなった様な気がしますが、なるべく太陽に当たりましょう。
近隣の嫌がらせにも怒らずに、鼻で笑えるように努力したいと思います。


安保徹先生『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |