プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

26日も0時過ぎに布団に入りました。

心臓に加害波照射と足先にマイクロ波を照射され、熱くて眠れません。
やっと眠ったと思うと、1時過ぎには起こされましたが、割に早く又眠りました。

今日も、0時過ぎに布団に入りました。
心臓と足先に加害、壁からラップ音が多数入ります。
揺れも酷くやっていました。

ウトウトと寝入りそうになるとゴーッと走行音で起こされます。
ベランダでも、私に分かる様に音を立てます。

ターゲットに一人暮らしが多いのは、何を言っても信じる人が居ない様にという事です。

私が、ベランダに人が入っていると言っても、信じて下さる被害者は少ないです。
一般の方は、ほとんど信じないでしょう。
だから、精神科誘導が出来る犯罪です。

やっと眠ったと思ったら起こされ、ラジオをつけると2時過ぎでした。

ベランダでゴソゴソとやり、表の駐車場で大きな音立てをしていました。
加害も酷く、ここからは全く眠れずに、6時まで待って少し明るくなった頃に起きました。

この加害者の悪辣な事は続きます。

今、パソコンを開くと眠くなり、ウトウトとさせられます。
何も進まず、ウトウトと無防備になったところに加害!頭が非常に痛く、クラクラとしています。

マイクロ波も度々照射、気持ちが悪くなっています。
何から何まで妨害、頭のてっぺんから足先まで加害、呆れ返る犯罪者です。


今日のニュース Gigazine より引用

2016年01月27日 13時22分00秒

「アルツハイマー病は人から人に移る」という新説に新たな調査結果

過去数カ月間に発表された研究で「アルツハイマーは特定の病気の治療中に人から人に移る」という可能性が示されていましたが、新たにスイスとオーストリアで行われた研究によって、仮説の真実味が増してきました。

Swiss Medical Weekly誌で発表された論文によると、チューリッヒ医大とウィーン医大の研究者らが異常型プリオンというタンパクの増殖によって引き起こされるクロイツフェルト・ヤコブ病によって死亡した患者を調べたところ、死亡する数十年前に硬膜の移植手術を受けた7人の灰白質や血管からアミロイドβによって生み出されたプラークが発見されました。一方、同じ年代でヤコブ病によって亡くなった人のうち、硬膜の移植手術を受けていなかった人々からはプラークが発見されなかったとのこと。調査の対象となった人々は28歳から63歳で、通常プラークが作られるには早いと考えられる年齢でした。

アミロイドβはアルツハイマー病を引き起こすと考えられいるタンパク質。今回の調査の対象となった被験者たちはプリオンに冒された死体から硬膜を移植するとことでヤコブ病を患ったものと見られていますが、それに加えてアミロイドβも移植手術によって移った可能性がある、とのこと。

ヤコブ病で死亡した患者のうちアルツハイマー病の症状が出ていた人はいませんでしたが、これはヤコブ病の進行が速いのに比べ、アルツハイマー病は加齢と共にゆっくりと進行するため、というのが研究者らの見解です。

2015年9月に発表されたユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究結果でも、遺体の脳下垂体から抽出して作られた成長ホルモンを投与され、ヤコブ病で死亡した比較的若年の8人のうち4人の血管や灰白質からプラークが発見されていました。

研究者らは「アルツハイマーは家族から移ったり、介護によって移ったりするものではない」と強調。また、死体から生成した調合薬や合成膜を外科手術で使用しないように呼びかけています

「アルツハイマーが人から人に移る」という仮説はまだ結論が出ておらず、死体から生成した調合薬に必ずしもアミロイドβが入っているというわけでもありません。ドイツ神経変性病センターのPierluigi Nicotera氏は「もしこの仮説が正しいならば、我々はゲノムモデル生物を使った系統的な研究を行う必要がある」と語りました。

引用終わり 下線は私


アルツハイマー病とクロイツフェルト・ヤコブ病をネットで検索して下さい。
どちらも、原因も様々で研究段階にあるのではないでしょうか。

私は認知症は作られた病気ではないかと思っています。
以前、年上の友人が同じ事を何度も言ったり車をぶつけたりしました。
私は、この友人が呆けてしまったのだと思いました。

暫くして、この犯罪の被害に気付かされ、この友人と連絡を取ると、ボケてなどいませんでした。

今は、私が友人から離れる様に、友人を痴ほう症に見せていたのだと思っています。
私を孤立させる為の演出でしょう。

コンビニに車が飛び込む事故が多いですが、テクノロジーを使えば誰にでも事故を起こさせる事が出来ます。
運転手さんは覚えていない、居眠り等と言うだけで、分からないと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |