プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

仄めかし

被害当初、ほのめかしという言葉も馴染みの無い言葉でした。
近くに来た、全く知らない人が、私に関する事を聞こえよがしに言う。
恐怖を感じたのは、始めだけでした。

被害者の会で、仄めかしをされているという被害者が多いという事は、マニュアル通りの加害という事。
私の情報を盗み見て、盗み聞いて、それを私の近くで言う。
低劣で、馬鹿馬鹿しいと思い何も気になりません。

昨日の記事のスーパーで買い物中に、親子連れに仄めかされました。
私の近くを通り過ぎると同時に、父親が「心臓止まっちゃうかもね~」と言いました。

心臓に加害波を受けるのは、被害当初からでしたが、I市に住んでから、この攻撃が頻繁になりました。
毎日、何回も朝から夜中まで、一日中やるようになりました。

この仄めかしを、いつ頃されたのか調べてみないと分かりませんが、秋頃ではなかったかと思います。

昨年の12月14日、いつもの様に睡眠妨害で起こされると心臓がとても痛くて、どうしようもありません。
心臓には痛点が無いというのを聞いていたので、周りの筋肉が痛いのだろうと思いました。

病院に行ってもしょうがないので、じっとしていましたが我慢出来ません。
大きな声で「人殺し」と怒鳴っていると、どの位の時間が経ったか分かりませんが胸への照射は止めました。

起こされてから1時間位は苦しみ、照射が止んでからも胸の筋肉痛のような痛みは、朝になっても取れませんでした。

この加害は、この後も何度かやられました。
どうしようも無く、じっとしているしかありませんでした。

被害者の方が、使い捨てカイロで防御出来ると仰っていたそうなので、やってみました。
防御出来ているのか、加害者が止めているのかは定かではありませんが、以後はこの被害はありません。

スーパーの中での仄めかしは、この事を暗示したかったようですが、仄めかしをしようが、しなかろうが、加害に関係ありません。
今でも、仄めかしは、気にしない事にしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |