プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日は土曜日で小学校は休みですが、6時25分に起こされて着替えていると小学校との間の道を台車を押して大きな音を立て、声立てでウロツキ始めました。

小学校のイベント風に、食事をする前後のみにアナウンス、ホイッスル、騒ぎ声等をさせていました。

身体攻撃も頭、背中に照射し続け、痺れて痛いです。
一戸建ての時に頭を上から押し付けられる様な加害をされたのですが、それを横からやっている様な感じで頭と首が重くて動かない、何とも表現の仕様が無い痛さです。

不思議な事に、昨日一日中やっていた、足先の熱さは、この時間までありません。
何故でしょうか?

加害行為には、必ず何かの理由があると思うのですが。



以前、子供は生まれる時に親を選んで生まれて来ると聞いた事がありました。
生まれる前の記憶を持っている子供がいるという事も聞きました。

退行催眠では、生まれる時まで遡れると本で読みましたが、これは小説でしたので本当かどうかは分かりません。

映画は殆んど見ないので、この様な映画が有ったのは知りませんでした。
予告編だけでも、ほのぼのとする動画です。





今日のニュース dot. より引用

(更新 2016/2/ 6 09:22)
すやすや眠る赤ちゃんアシカ、海辺のレストラン座席で発見 米

縺ゅ@縺祇convert_20160206220724

米カリフォルニア州ラホヤの海辺のレストランで発見されたアシカの雌の赤ちゃん。ベルナール・ジュリアスさん提供(2016年2月4日撮影、5日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】米カリフォルニア(California)州ラホヤ(La Jolla)の海辺のレストランで、店内に迷い込んで眠っているアシカの赤ちゃんが発見・保護された。

 飢えて衰弱した雌の赤ちゃんアシカがいたのは、レストラン「マリンルーム(Marine Room)」の海が一望できるテーブル席。2日朝、清掃に入ったスタッフが座席にもたれかかるようにして眠っているのを見つけた。

「メニューを見せてもらえる?と言われたから、ご予約はお済みですか、と聞いたよ」と、同レストランを21年間経営しているフランス人シェフ、ベルナール・ジュリアス(Bernard Guillas)さんは冗談を飛ばした。

 レストランの通報を受け、近くのマリンパーク「シーワールド(SeaWorld)」のスタッフが赤ちゃんアシカを保護した。ジュリアスさんによると、本来なら18キロほどあるはずの体重は9キロしかなかったという。海洋では、気候変動に伴う海水温度の上昇によって食物連鎖の崩壊が警告されている。

 シーワールドの専門家は、左のまぶたがはれて目が開けないが、回復を待って海に帰したいと話している。
【翻訳編集】AFPBB News

引用終わり 下線は私


この赤ちゃんアシカが、無事に大海原に帰って元気で育ちますように。
これ以上、自然を壊して食物連鎖を崩壊させれば、人間も生きる事が出来なくなります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |