プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

千島学説を御存知でしょうか。
血液は骨髄で作られているというのが常識ですが、造血器官は小腸と言っている方です。

これを調べていてソマチッドという物に行きつき、大変面白いと思いました。
文字で表すのは大変難しく記事にしなかったのですが、動画を見付けたので、是非ご覧になって下さい。

ウィキペディアも、千島学説で検索して頂き、全文を御覧下さい。
STAP細胞とも関係があるかも知れません。

あなたの中にもいる未知の生物?血液を24時間放置するととんでもない事が!何とも神­秘的な姿を捉えた貴重な映像(あなたの知らないオカルト医学B面話)




ウィキペディア より抜粋

千島学説は以下の8つの原理から構成されるとしている。
1.赤血球は体細胞の母体である(赤血球分化説または赤血球一元論)
2.体細胞と赤血球は可逆的に分化する
3.病原体は自然発生する バクテリア・ウイルスなど病原体は、親がいなくとも有機物の腐敗の状態から、その有機物を母体として自然に発生するとの主張。
4.細胞新生説
5.造血器官は小腸絨毛である
6.獲得形質は遺伝し、生殖細胞は血球に由来する
7.従来の進化論の否定と共生説の提唱
8.生命弁証法


ソマチッドとの関わり

「ガンの特効薬」に関する裁判などでフランスを追われカナダに落ち着いた医学者ガストン・ネサンは、ヒトの血液中には極微小な生命体ソマチッド(ソマチットとも)が存在し、人間の病気や健康に大きく寄与していることを発見したと唱えたが、日本でも牛山篤夫が独自にそれを発見したとされ、千島学説がソマチッドと関係していると判断するものもある。 ネサンや牛山の研究を踏まえ、2005年に日本ソマチッド学会が発会された。(外部リンク参照)

出典・参考:『古代生命体ソマチットの謎』(宗像久男・福村一郎共著、冬青社)

抜粋終わり 下線は私



今日のニュース Engadget 最速ガジェット&技術ニュース より抜粋

投稿日: 2016年02月06日 14時17分 JST

ワイヤレス充電式のバス、公道を走る。 どんなしくみ?

o-BUS1-570_convert_20160207202323.jpg

早稲田大学と東芝などの研究グループは、ワイヤレス充電に対応した先進電動バス『WEB-3 Advanced』(WEB-3A)を開発したと発表しました。2月1日より川崎市と羽田空港周辺にて、同車両の公道を使った実証実験が開始されています。

また、高頻度となる充電作業を短時間かつ安全に行うために、東芝が開発した磁界共鳴型ワイヤレス充電装置を搭載。電源コードを接続する必要なく、運転席からのボタン操作だけで充電が可能です。

今回の公道実証試験は、川崎市殿町のキングスカイフロント地区と、羽田空港周辺の地域で、2016年度末まで実施される予定。近くを通れば、ワイヤレス充電対応のエコな電動バスを見かける機会があるかもしれません。

(2016年2月5日 Engadget日本版「ワイヤレス充電対応EVバスが公道を走る。早稲田大学のWEB-3 Advancedが川崎市と羽田空港周辺で実験走行を開始」より転載)

抜粋終わり


ここのところ、深夜の騒音の中に、とても変な走行音が録音されています。
電気自動車ではないかと思っているのですが…。
朝起きると体中が痛いのは、これも関係しているのではないかと思えます。

IHもそうですが、電磁波の危険性には全く触れません。
便利にはなりますが、その為に忘れてしまったり、捨ててしまったりしたものは大きいのではないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |