プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

被害報告集にも書きました。
その時は、台風で電車が止まったのですが、HAARPを思い浮かべるのは考えすぎでしょうか。

被害者の会に入り、定例会に参加したり、ボランティアに行ったりと電車に乗る事が多くなりました。
すると様々な理由で、電車が遅れたり、止まったりする事が多くなりました。

車内放送の説明
異常な信号を受信した(これは、あずさで長野へ行った時もありました)
人身事故
線路内に人が入った
非常停止ボタンが押された
架線に何かが引っ掛かった
鹿とぶつかった(小田急線)
前の電車が詰まっている

綾瀬からの帰りには、斜め向かいに座っていた若い男女4人の内、酔っ払いを装った男の1人が降り、走り出した電車の窓に取り付き、電車が急停車するという猿芝居にも遇いました。

何故、猿芝居か。
窓に取り付いた男は、私からは見えないホームの後ろに行き、そこへ駅員が走って行きましたが、一緒に座っていた3人は、全く何の反応もせず、動きもしませんでした。

とても不自然なので、ストリートパフォーマンスでしょう。

電車を遅らせる事により、私を付け回している付き纏い達は、ずっと私の近くに居続ける事になります。
時間稼ぎが目的ではないでしょうか。

私一人の為に、電車を止めないでしょうと仰る方、被害者がこの様な事に度々遇っている事を、他のブログでも見る事が出来ると思います。
集団ストーカーで検索して下さい。


今日のニュース J-CASTニュースより抜粋

JR東ケーブル、謎の連続火災 自然発火か失火、放火か、皆目分からず

JR山手線の恵比寿‐目黒間のケーブルで火災が発生した事件は、依然として出火原因が分かっていない。内部からの自然発火か、たばこなどによる失火あるいは放火なのか、さまざまな可能性が取りざたされている。

JR東日本では2015年8月に入ってケーブルでの火災が続いている。同社は直接の関連性は低いとみているが、いずれも出火原因は明らかになっていないままだ。

2か所のケーブル、燃え方が違っていた

8月27日に起きた、恵比寿‐目黒間ケーブルでの火災は20メートルほど離れた2か所で出火した。ケーブルは送電用の高圧線2本と通信用1本の計3本で、どちらも外側がカバーで覆われている箇所だった。

JR東によると、2か所とも外側のカバーが激しく燃えていて、ケーブルそのものには大きな損傷はなかった。ただ、送電用ケーブルは機能は保った一方、通信用ケーブルは使用できなくなるほど燃えたため、外側と内側のどちらから出火があったのか現時点では判別できていない。

また、出火した2か所の3本のケーブルのうち、燃え方が激しかったケーブルは異なっていた。恵比寿側の箇所では2本目の高圧線と1番下の通信用の下2本が、目黒側では上2本の高圧線がそれぞれ激しく燃えていた。

3本のケーブルはそれぞれ独立していて、つながっていない。高圧線に過電流が流れるなどして自然発火したと考えた場合、どうして燃え方が違ったのか疑問は残る。

失火や放火など、外部から燃やされた可能性もあり、警察は事件も視野に原因を調べているという。

抜粋終わり
スポンサーサイト

コメント

電車はお手の物

これは被害者の会に入ったとか、そういう事ではなく、
ターゲットにされたからそうなるんだと思います

私も何度も自殺で前の電車が止まったり、訳が解らず止まっていたことも多いです。
最初は西武線は自殺のメッカかよと思っていたりしましたが
乗っていれば乗っていたで、信じられないレベルで潰されたりして、腰、胸を長期間悪くしました

2015-10-19 02:32 | inputer #Gls.umQA URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |