プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

先日の夜に、ドリルの様な音が何時間も続いていると記事にしました。
今日は、その時の被害ノートを書いていました。

ドリルの音をオリンパスのV22というレコーダーで録音していました。
このレコーダーは止めた時間が表示されるのですが、それが22時22分。

私が時間を見て止めた訳ではありません。

ドリルの音は、段々と近くでやっていました。
その音が良く聞こえたのが、レコーダーをONにしてから2時間20分を過ぎた所でした。

書いていて、不気味さを感じました。
このレコーダーに限らず、表示時間がゾロ目のカルトだったり、42分死に、49分死苦、44分死死等が多いです。

私が、そのタイミングで操作させられていると言われた事がありますが、そうかも知れません。
それも不気味です。

今日も加害が酷く、朝から飲み込み難くされ、背中は痺れて痛く、足を熱くされて、同じプログラムでやっているようです。

暖房が壊れましたが、3月なので買わずに済ませようと思いました。
ここ2.3日寒く、今日は夜になると暖房が無くては居られませんでした。

仕方なくエアコンをつけると、足からお尻、腰の辺りまで、全体に電磁波を感じます。

今日もベランダで鳥が大騒ぎをして、手すりにぶつかる音がしていました。
今日の私の行動を見通して、室外機に何かを仕掛けたようです。

昨日からブログの文字が変化していますが、設定を変えた訳ではありません。
勝手に変えられてしまいました。
直そうと色々見たのですが、分かりませんでした。


今日のニュース ガジェット通信 より抜粋

上空から農地を可視化する農業向け航空写真サービスに注目!

DATE:2016.03.13 17:50

上空から撮影した航空写真は、作物の生育状況のモニタリングや、害虫や病気による異常の早期発見など、農業分野においても有益な情報となりうる。

農業における航空写真へのニーズにいち早く対応したのが、米カリフォルニア州のスタートアップ企業「TerrAvion」だ。

農業に特化した航空写真の提供サービスを2014年2月にリリースし、現在、カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州およびグレートプレーンズを対象エリアとして展開している。

TerrAvionは、週1回対象エリアを上空から撮影し、その翌日には、航空写真のデータのアップロードを完了。

ユーザーは、スマートフォンやPCからTerrAvionの専用ポータルサイト「Overview」にアクセスすると、カラー画像、近赤外画像、熱画像のほか、植生の分布状況や活性度を示す正規化差植生指数(NDVI)を閲覧できる仕組みだ。

TerrAvionのように、デジタル技術を農業分野に応用したサービスが広がることで、農業のIT化がさらにすすみそうだ。

抜粋終わり 下線は私


被害者の行動は家の中に居ても全て盗撮され、的確に狙った所に攻撃されています。
赤外線で盗撮しているのではないかと言っている方もいらっしゃいます。
是非、近赤外線画像、熱画像で検索して下さい。


【Youtube】熱画像参考画像 ※40秒ほどから熱画像カメラが出てきます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |