プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2016年3月20日(日)に関西地区では初となる
『集団ストーカー・テクノロジー犯罪の周知・撲滅デモ』が大阪の梅田で開催されます。



お近くの皆様、是非ご参加下さい。
少し遠くの方も、ご協力をお願い致します。
遠くの皆様、応援よろしくお願い致します。

【目的】
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の社会認知と法整備の要求!

【主催】
集団ストーカー流し街宣の会

【日時】
2016年3月20日(日) 13:30集合 14:00出発 
※出発時間が変更する場合もあります。

【雨天決行】

【集合場所】
扇町公園(大阪梅田) 大阪府大阪市北区扇町1-1 地下鉄堺筋線 扇町駅 2-A 出口付近集合 
※大阪環状線 天満駅 徒歩3分
※阪急梅田駅 徒歩13分
※JR大阪駅 徒歩15分

【留意事項】
※デモ行程:梅田周辺を約1時間のコースを行進。歩きやすい靴でお越し下­さい。

※当日、デモ行進の様子をスタッフが撮影し、記録ムービーとしてネット公開する予定で­­す。
顔出しNGな方は、帽子、眼鏡、マスク(内、2点まで使用可)などを装着してご参加下­­さい。

※参加者のプライバシー配慮の為、当日は撮影スタッフ以外の方の個人的な撮影は一切ご­遠慮いただきます。

※悪戯や妨害目的での参加はご遠慮下さ­い!

※実行委員の指示に従って頂けない方は参加をお断りさせて頂きます。

※自作プラカードの持ち込み歓迎!

※デモ終了後、懇親会を開催予定!デモ参加者で、希望される方のみ受け付­けます。懇­親会からの参加は不可です。

※デモの詳細は下記へ
http://ameblo.jp/nagasigaisen/
http://ameblo.jp/jmuzujmuzu/
https://twitter.com/nagasigaisen
https://twitter.com/jmuzujmuzu?lang=ja



今日のニュース マイナビニュース より抜粋

東京理科大とNTT、煙の中でも1.4m先が見えるテラヘルツ波照明器を開発

周藤瞳美  [2016/03/17]

東京理科大学と日本電信電話(NTT)は3月17日、煙霧環境での視認性確保を可能とするテラヘルツ波照明器の基本構成技術を開発し、その効果を実証したことを発表した。

同成果は、NTTと東京理科大学 国際火災科学研究科 松山賢准教授らの研究グループによるもので、3月19日~22日開催の「第63回応用物理学会春季学術講演会」、および5月16日~17日開催の「平成28年度日本火災学会研究発表会」にて発表される。

テラヘルツ波は周波数軸上で電波と光の間に位置し、赤外線や可視光に比べると波長が長いため、塵や煙、炎の中を伝播しても、散乱されて減衰することがほとんどない。また電波に比べて四方に広がりにくいという特徴を有している。これまでテラヘルツ波を用いたイメージングでは、被写体からの熱放射を計測するパッシブイメージングが先行していたが、火災現場では、被写体の周辺にある高温の物質や高い温度の煙が熱輻射源となってしまい、パッシブイメージングで煙の中やその向こうを見通すことは困難であった。このため、観測者が自らテラヘルツ波を放射し、物体で反射して戻ってくる波から煙の中やその向こうを見通すアクティブイメージングを行える技術が求められていた。

抜粋終わり 下線は私


ウィキペディア より抜粋

ミリ波パッシブ撮像装置(ミリはパッシブさつぞうそうち)とは、ミリ波を応用した測定、撮影装置の一つである。直訳してミリ波スキャナーとも呼ばれる。人体から発生される電磁波(ミリ波)をキャッチして映像化する技術で、人体を対象とした全身スキャナーとして注目されている。

問題点
全身スキャナーとして評価される画像処理
人体に照射した場合、非常に精細な全身立体シルエット像を得ることができ、見ようによっては全裸に近いことから、プライバシーの確保と安全性の両立といった視点で物議を醸し出した。例えば、ポートランド国際空港では、スキャナー検査に対して衣服を脱いで抗議した男性が逮捕される事件も発生している

抜粋終わり 下線は私


私は外からは見えない様にしています。
雨戸も閉め切りです。
それでも、何処に居ても、寝る時に真っ暗にしても、的確に頭、心臓、陰部、どこでもピンポイントで狙って来ます。

被写体からの熱放射を計測して映像化するという事は、防ぐ方法がありません。
此処へ来てから、足先を熱くされる被害が続いていますが、階下からテラヘルツ波を照射して見ているのでしょう。

今日も一日中、足先を熱くされています。
マイクロ波を照射して暑くするのも、見やすくする為ではないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |