プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今朝も3時過ぎに起こされ、また眠り、5時15分頃に起こされて起きました。
睡眠妨害は被害に気付かされる前からありましたが、これ程酷く続く事はありませんでした。

他の被害者の方も書かれていますが、睡眠妨害で一睡も出来ずに起きても、眠くも無く普段通りに動けます。
睡眠妨害が続いても、起こされると直ぐ覚醒し、倦怠感もありません。

睡眠時間が4時間あれば良い方です。
5時間連続して眠っているという事は、稀です。

稲城市に引っ越してから、どんどん痩せました。
私は、大食いの方ですが、食べても痩せて行きます。

歯は子供の頃から駄目でした。
それに輪を掛ける様に、歯医者へ掛かる度に悪くなったと思います。
現在も、歯医者に行かなければならないのは時間の問題と思いますが、どこへ行けば良いのでしょう。

一戸建ての時に頭を押されてから、在宅時には頭の防御をガッチリとやる様になりました。
汗を掻く為か、髪が抜けます。

睡眠時間が短くても覚醒状態、痩せる、歯が駄目になる、髪が抜ける。
まるで覚醒剤でもやっている様です。

被害者は、近隣、友人等に誹謗中傷を流されていますが、薬物中毒などというデマも流されていそうです。

今日は亡き父の誕生日です。
この様な日、加害者は余計に酷くなります。

寝ても起きても360度からの加害波、ピンポイントで照射する痛撃波、汗がドット出るマイクロ波、揺れ。

朝から顎が胸に付き、顔が上げられません。
首~背中への照射で全体が硬くなり、頭も痛くなります。

朝から飛行機音の立て続け。
重低音車、ダンプも朝から走り回っています。
ベランダも回数は少ないものの大きな音、コンコンという規則的な音がしています。

寝ていると上の防御をしている物を押し、体全体を圧迫します。
何かが、いつもより重く感じるという事がないでしょうか。
そんな時は圧力が掛かっているかも知れません。

稲城市に引っ越してから嫌がらせ、身体攻撃共に酷くなり、結局、首の奇形、痛みも取れなくなりました。
このアパートに入居の時は、加害者の誘導だろうと大家さんとも話していました。

大家さんの精神科誘導、私への奇形になるほどの加害は全くの想定外でした。

大家さんとの離間工作も、大小、様々にされましたが、お互いの誤解を解く様にすれば、なかなか離間もされない様です。

此処から次の引っ越し先へ、無事に脱出出来るのか分かりませんが、以後は被害記録として書いていきたいと思います。
被害ノートが書けなくなり、レコーダーも聞いていませんが、記録は残しています。


今日のニュース 日本經濟新聞 より引用

「Gジャン」をスマホ入力装置に 米グーグルとリーバイス

2016/5/21 7:21

 【シリコンバレー=小川義也】米グーグルと米リーバイ・ストラウスは20日、スマートフォン(スマホ)の入力装置として機能する「スマートGジャン」を発表した。導電性のある特殊繊維を織り込んだ袖の一部を指でなぞったり、たたいたりすると、スマホをポケットから取り出さなくても操作できる。衣料とIT(情報技術)を融合した「スマートウエア」がぐっと身近になりそうだ。

袖
袖のボタンホール部分に取り付ける着脱可能な小型端末「スマートタグ」

 すでに展開している「リーバイス・コミューター・トラッカージャケット」の新商品として、2017年春に発売する。価格は未定。

ジージャン
グーグルとリーバイスが共同開発した「スマートジージャン」

 グーグルとリーバイスは昨年5月にスマートウエア開発で提携。グーグルの先端技術研究部門「ATAP」が日本の繊維会社の協力を得て開発したハイテク繊維を使い商品化した。ATAPのスマートウエア開発計画「プロジェクト・ジャカード」の第1弾となる。

 袖のボタンホール部分にUSBメモリーほどの大きさの小型端末「スマートタグ」を装着し、スマホとのやりとりには近距離無線通信「ブルートゥース」を使う。小型端末を取り外せば、普通のGジャンと同じように洗濯できる。

 20日まで開かれたグーグルの開発者会議「グーグルI/O」では、タッチパッド機能を持たせた袖の一部をたたいて音楽を再生・停止したり、上下になぞって音量を調節したりするデモを披露した。

引用終わり


付き纏いは、ポケットに手を入れ、中で何かをゴソゴソとやります。
上記の様な物が出来れば、どんなに不自然な事をしていても平気ですね。
被害者が不自然な動きをすれば、異常という事になりますが…。


スポンサーサイト

コメント

ミクルって掲示板の『創価の実態』ってトピを見てる人へ

この文書を拡散中→『希代のワル、豚ダニの池田大作が作った公明党(創価)が、波動を悪用して、一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます

より多くの人に、この事実を知ってもらう事で、この犯罪は減って行きますから、メクラ滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

この犯罪は、総体革命といって、政界や財界や医療界やらの各分野に、創価信者を送り込んで、日本を乗っ取る革命で、それらに所属してる創価信者が、連携しながら指導してや ってる、国家犯罪です

公明党が与党になってから、精神科、心療内科が急増、障害者手帳を持つ人が急増、向精神薬の売り上げ急増、教師の長期休暇急増、精神障害になって労災請求する人が急増してます。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明党です。逆に言うと、公明党が野党に転落、もしくは政界から退けば、この卑劣な犯罪は激減するって事です

この犯罪は、人工衛星のGPSや遠隔計測法を用いて、人工知能が波動を使ってやるので、日本全国、世界各国どこに居てもピンポイントで痛みや病気を作れますし、どこに居ても監視盗聴が出来ます。遠隔からプラスチックを割ったり、袋に穴を開けたり、物を凍らせたりも出来ますから、当然地震すらも作り出せます。ちなみに熊本の地震は、このクソ共のしわざです

人工知能が、世の中のほぼ全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、その家庭の家族構成、生活スタイル、家庭環境等の情報を取り込んで管理し、創価の用途に応じて、それに適した人間を瞬時に選び出して、功徳や仏罰や嫌がらせに利用します

身近な例を出すなら、人工知能(AI)を搭載した、完全自動運転車をGoogleが開発してます。青信号では進む、赤信号では止まるって事はもちろん、事故らないように、車間距離をとったり、速度調節したり、360度全てに目が行き届いてて、それらを、人工知能が全て判断してやります

人工知能の技術も進歩してて、人工知能自身があらゆる情報から学んで、経験から学習して、その問題に、最も適した手を選びます

創価公明は、この技術を大規模化したもので、集団ストーカーやらノイズキャンペーンをしたり、病気を作ったり、痛みを与えたり、事故らせたり、殺人に駆り立てたりします。この世の災いの殆どは、このクソ共が作り出してます

あまりにも大規模かつ、高度のテクノロジー技術を使ってやるので、真相を教えても、SFやファンタジーの世界、非現実な絵空事、妄想が作り出した錯覚、キチガイの戯れ言にしか感じられない人が多いのが現状です

創価公明の嫌がらせの手法のひとつに、ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)てのがあるんですけど、救急車のサイレンで嫌がらせする為だけに、わざわざ重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て、人工知能が把握してますから、それに便乗して、人工知能が波動で警官を操って、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

くしゃみをした時の周波数と、同じ周波の波動当てると、人為的にくしゃみを出させる事が出来ます。アメリカがこれで特許取ってるんですけど、例えば、TBSラジオは90.5MHz(メガヘルツ)、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数、パニック障害に陥ってる時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波数を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。虫は、波長340~350nmの紫外線に引き寄せられやすいです。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、全て人工知能が、波動(周波数)を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、50Hzで生理痛、52Hzでてんかん、60Hzで痙攣、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

この、遠隔から痛みや病気を生み出す技術力を使って、主に公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家が病気にされます。病気になると信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになります。その為、活動家は定期的に病気にされます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

信者は、科学技術で病気にされてる事に、気付いてません。皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。病気だけじゃなく、事故に合わせたり、怒りの感情を高めさせて、家庭不和にしたりして、不幸を作りあげます。毎日が平和だと、仏にすがる必要がないので、皆ヤメちゃいますから、定期的に不幸を与える必要があるわけです

3桁、4桁、数百万円~数千万円、多額の財務(お布施)をする人程、重い病気になり、頻繁に事故に遭遇します。聖教新聞を何部も取り、折伏(勧誘)にも勤しむ熱心な信者ほど、多くの災いを呼び込みます。これが正直者がバカを見る宗教、創価の実態です

多くの人を病気にして来てるのに、この犯罪が、世間に全く漏れ出してない理由は、私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。つまり私生活に便乗して、不自然にならず、違和感を持たせず、痛みを与えたり病気にして来たから、今までバレずにきたわけです

創価は、創価に入って題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、どんな病気も治るって事を売りにしてます。医者が見放した不治の病も、題目を唱えれば治るっていう触れ込みで、信者を募ってます。確かに治るんですけど、それは波動を使って病気にしてるから、治せるわけです。科学技術で病気を作り出し、題目あげたら波動を弱め、題目で治ったように見せかけます

ウツ病が治らず入信する人、不眠症が治らず入信する人、腰痛が治らず入信する人等、苦しみから逃れるべく、最後の望みの綱で、創価に入信する人は枚挙にいとまがないです

これらは、入信させる為に作り出した病気です。創価公明は、学会員だけじゃなく、一般人をも長年に渡って病気にします。創価公明の特徴として、本人が嫌がる事を、何十年にも渡って徹底してやります

じゃあ創価に入信すれば、病気が治るかっていうと、入信しても完治はさせません。生かさず殺さず、良くしたり、時には酷くしたりして、蛇の生殺し状態にします。完治させたら、皆活動をヤめてしまいますから、定期的に病を浮かせたり沈めたりして、学会活動や選挙活動に、精を出させるわけです

創価の本尊を焼いた人は、家が火事になったり、灯油を自分にかけて焼身自殺したりします。あれも遠隔操作でやってます。波動で直接火事にすると証拠が残るので、火に鍋をかけてるのを忘れさせたりして、違和感を持たせずに火事にします

昔、ビートたけし氏が、顔の原形を留めないくらいの、バイク事故を起こした事がありましたけど、あれも創価の仕業です。たけし氏は事故に合う前に、創価の本尊にへのへのもへじを書いてます

創価は恐怖政治、恐怖支配の一枚岩で成り立ってるので、恐怖心を植え付ける為に、こういう事をします

この犯罪を取り締まる法整備が成されてませんから、法整備をせざる得ない状態にする効果、拡散する事での犯罪の抑止効果、何も知らずに創価に入信する情報弱者を減らす効果等を狙って、バラマキしてます』

http://mikle.jp/viewthread/2207632/p36/
2016-05-22 08:41 | 大規模犯罪の拡散 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |