プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日も3時過ぎに起こされ、ウトウトして4時過ぎに起きました。

寝ている時にも下からの照射で、腰の辺りまで痛くなりました。
洗濯をしない時間だけ遅く起こす事で、後のタイミングを合わせやすくしている様です。

身体攻撃も同じで、洗濯を干す時間の分、殺人波を他の所で照射します。
直ぐに顔が上げられなくなり、顎が胸に付いてしまいます。
歯を磨き、口を漱ぐのも大変で、水を口に入れられません。

食事の片付けをして横になりました。
寝ても身体攻撃は360度から、頭の重さを首で支えないだけ、いくらかマシというところです。

今日は、被害記録の整理をしました。
引っ越しのドサクサに紛れて、無くなっては大変です。
痛いのを我慢しながら、何とか分かる様に出来たと思います。

この様な事をすると、直ぐに殺人波を首、背中、頭に照射して来ます。
威嚇する様な飛行機音や、重低音車、パイクを吹かしたりします。

以前に書いた物を整理している時に、平成25年に肩甲骨に照射され痺れていると書いてあるのを見付けました。
裏に若い夫婦が来た時から、背中に加害を始めていた様です。
ここから生体信号を盗み、今の奇形になる加害が出来るという事なのでしょうか?

比較的静かだったベランダが、元と同じに鳥が騒ぎ、ガタガタと大きな音を立てる様になりました。

パソコンを始めると、今迄はコツコツ、コソコソと音がしていた室外機とは反対側のベランダで、機械でも動かす様な大きな音がしています。

ベランダが静かだった間、大騒ぎをしていたお手洗い、お風呂場の向こうは静かになりました。
一体、何を目的としているのでしょう。
加害は一日中酷く、ちょっとした事をするにも首に響きズキンと痛みます。


今日のニュース zakzak by 夕刊フジ より引用

相次ぐ騒音殺人 “危険な隣人”にはどう対処すればいいのか

2016.05.23

ご近所トラブルが最悪の事態を招いた。19日、東京都江戸川区と兵庫県尼崎市で騒音を巡る争いが原因とみられる殺人事件が相次ぎ発生した。江戸川区ではアパートで、尼崎市では集合住宅で、どちらも1階の住民が2階の住民を襲撃。“危ない隣人”から身を守るにはどうすればいいのか。

 江戸川区東葛西2丁目のアパートで19日午前2時45分ごろ、男の声で「2階の男性を拳銃で撃った。これから自分の頭を撃つ」と110番があった。警視庁葛西署員が駆けつけると、1階の部屋に加害者の男(73)、2階に被害者の男性(54)が倒れているのを発見。いずれも頭部に拳銃で撃たれたような傷があり、死亡が確認された。

 それから約14時間後の同日午後4時45分、兵庫県尼崎市下坂部3丁目の路上で、母親(61)と娘(33)の2人が無職、豊島速夫容疑者(67)にハンマーで殴られたり、包丁で刺された。母親は重傷を負い、娘は後に死亡。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された豊島容疑者は、付近の集合住宅1階に居住し、被害に遭った母親は2階に住んでいた。

 「2件とも騒音をめぐるトラブルが事件の引き金となった。いずれも1階の住民が2階の住民を強い殺意を持って襲う点が共通している」(捜査関係者)

こうした事件に巻き込まれないためにはどうすればいいのか。

 「安心できない時代の生き方」(PHP研究所)の著者で防犯アナリストの梅本正行氏は「騒音をめぐるトラブルが殺人に発展するのは今に始まったことではない」と話す。この種の事件では、騒音に関して住民同士の認識のずれが解消されずに事態が悪化し、最悪の結末を迎えるケースが多いという。

 「騒音の“被害”は、受ける方が深刻に受け止めても音を出す方は鈍感になりがちだ。事件に発展するまでには、クレームの頻度が増すなどの予兆が必ずある。『人間は追い詰められたら何をするかわからない』としっかり認識しておくことが肝要だ。異変を感じたら、引っ越しをするのが一番の対処法。すぐに動けない場合は、しばらく自宅を空けるなどの冷却期間を設けるのも有効だ」(梅本氏)

 予兆を見逃してはいけない。

引用終わり 下線は私


私の引っ越しは、隣の家で朝から「南妙~」とずっと声立てを始めたのが切っ掛けでした。
次のマンションも、隣が夜中に引っ越して来、不特定多数の人が出入りし、夜中にドタドタと動き回り、カチャカチャと瓶が当たる様な音をたてながら出入り、私の家の窓の前に立ち、覗いている様な感じでした。

公団に引っ越すと、上階で足踏みドンドン、重低音の響く音楽をかけ、お手洗いに入ると上でラジオの音、お風呂に入るとチョロチョロとコップ一杯位の水を流す音がしたりと薄気味が悪く、公団内で引っ越しました。

ここで隣からの嫌がらせ、階下からのテクノロジー攻撃で、この犯罪に気付かされました。

千葉へ引っ越すと、階下で深夜にドン、バン、ギーッ等嫌がらせ音。
深夜2時頃にピアノの音、叫ぶ様な歌声でした。

稲城市に引っ越すと、近隣の嫌がらせ音、飛行機、ヘリ、重低音車、犬の吠え立て、布団を叩く音、近くでの大声立て。

アパートへ引っ越すと、上記に加え、バイク、急ブレーキ音、クラクション、鳥の大騒ぎ、笑い声立て。
小学校で大音量の音楽、アナウンス、太鼓、キーキー、キャーキャー等々。

上記のニュースの方達は、この犯罪に関係があるかどうかは分かりません。
この犯罪の関係者としても、どちらが被害者で、加害者か分かりませんが、殺すという事は、余程の事と思います。

防犯アナリストが【引っ越しをするのが一番の対処法】と言っていますが、とんでもありません。
引っ越しをしても、そこには加害者が待ち構え、余計に酷い加害を始めます。
被害者は引っ越すな!が鉄則です。

警察に相談しても全く動かず、下手をすれば精神科に誘導されてしまいます。

上記の様な事件を防ぐには、集団ストーカー、テクノロジー犯罪を解決するしか道はありません。
集団ストーカーの被害者を危険人物扱いにしていますが、組織的に嫌がらせをする人々と、どちらが危険人物でしょう。

このアパートでも騒音の苦情を言っているのは私の階下の男ですが、バンッ音立てを始めたのは階下です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |