プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

電池パック

電話には以前から不信感を持っていました。

携帯電話を持つ気がせず、必要も無いと思っていました。
千葉に引っ越した翌日から加害が再開し、階下には従姉が住んでいたので、すぐに又引っ越しを考えました。

この時に家に電話は引かず、携帯を持つ様になりました。
被害で取扱説明書を読む集中力が無く、必要に駆られた機能のみしか使えません。

同じ携帯を使い続けて5年と数カ月。
full充電をしても、すぐに電池残量が無くなる様になりました。
機種変更をするとスマホに変えなければならない様で、余計に解らなくなりそうです。

そんな話を被害者さんとしていると、充電池を売っていて、替えれば良いと分かりました。

古い携帯なので在庫があるか心配でしたが、ネットを見ると、携帯も電池パックも通販で買える事を知りました。

様々なサイトがありましたが、同じ品番の物は1店舗しかなく、そこへ注文しました。
発送日から翌日に来ると思っていたのですが、郵便が来たのは3日後でした。

電池を交換してみましたが、電源も入らず、充電も出来ませんでした。
不良品という事で業者に連絡を取り、返送もせずに処分して下さいとの事でした。

電池パックを探さなければなりません。

auの携帯なので上記の物を頼む前にもauのショップを探しましたがありませんでした。
昨夜もう一度見るとありました。

無くなると困るので注文して、さて住所を新、旧どちらにしようか迷ったのですが、今の住所で注文しました。
今日、auに電話をすると、この分はキャンセルして注文し直す様にとの事でした。

ネットに繋ぐと、キャンセル出来る状態にありません。
もう一度電話をすると、もう手続きが済んでいるので私にはキャンセルが出来ないと言います。

auの方でキャンセルして貰い、もう一度注文する事になりました。
送料が掛かるので高かったのですが、ポイントが溜まっていたので安くなりました。
そのポイントがどうなるのか聞くと、数日後に戻りますとの事でした。

在庫が無くなりませんかと聞くと、分かりませんとの事でした。
結局、引っ越してから買うか、ポイントを使わずに高く買うかの選択です。

私が探している時だけauサイトには無かったのでしょう。
他へ注文してから載せたのではないでしょうか。
度々、この様なゴタゴタになります。


今日のニュース Hazard lab より引用

膀胱がん多発の福井の工場 「発がん性物質の皮膚接触」日常的か?

 顔料メーカー、三井化学工業(東京・板橋区)の福井県の工場で働いていた従業員5人が相次いで膀胱がんを発症した問題について、厚生労働省は、発がん性物質の「オルト-トルジン」に直接触れる機会が日常的に多かった実態を明らかにした。

 この問題は、福井県白方町にある三井化学工場の原料製造工場の40〜50代の男性従業員5人が、2014年2月から昨年11月にかけて相次いで膀胱がんと診断されたもので、厚労省は昨年12月、労働災害とみて実態調査に乗り出した。

 福井県の労働局や労働基準監督署から依頼を受けた厚労省の労働安全衛生総合研究所が現場調査や関係者への聞き取り、従業員の尿検査などを実施。

 その結果、発がん性物質オルト-トルジンを取り扱う際、高濃度に汚染されたゴム手袋を洗浄しながら繰り返し使ったり、10年前までは夏場は化学防護性のない一般的な半袖シャツで作業し、作業着が濡れても、シャワーで洗い流さずに、そのまま帰宅する従業員も多かったことが判明した。

 また原料の移し替えや、製造設備のメンテナンス作業では、原料や汚染水に指先で直接触れる機会も多く、膀胱がんを発症した従業員も、これらの作業を担当していたことがわかった。

 一方、製品の有害性については、汗や胃液などと混ぜたまま長時間放置した場合は、発がん性物質が発生する可能性があるが、通常の使用の範囲内では問題性が確認されていない。

 厚労省は、膀胱がんの原因について、オルト-トルジンで汚染されたゴム手袋を長期間にわたって使用し続けることで、皮膚から体内に吸収されていた可能性があると結論付けた。

引用終わり


ウィキペディア より抜粋

顔料(がんりょう、pigment)は、着色に用いる粉末で水や油に不溶のものの総称。着色に用いる粉末で水や油に溶けるものは染料と呼ばれる。

顔料は、塗料、インク、合成樹脂、織物、化粧品、食品などの着色に使われている。多くの場合粉末状にして使う。バインダー、ビークルあるいは展色剤と呼ばれる、接着剤や溶剤を主成分とする比較的無色の原料と混合しするなどして、塗料やインクといった製品となる。実用的な分類であり、分野・領域によって、顔料として認知されている物質が異なる。

抜粋終わり 下線は私


癌や様々な病気になる原因の放射能、食品添加物、電磁波などは、すぐにその影響が出る訳ではありません。
長い間に蓄積されて病気という形になって現れるのではないでしょうか。
その時には色々な物が重なって、病気の原因が何なのかも 分からなくなっているのではないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |