プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勉強会でも話が出たのですが、光は物質を透過せず反射します。
が、稲城市の一戸建てに住んで、身体攻撃が酷くなり、外からは家の中が見えない様にしました。

暫くすると、閉め切った部屋の中に光がサーッと入って来てブライティングされる様になりました。

アパートへ引っ越すと、昼間の明るい時でも度々ブライティングされているのが分かる様になりました。
今現在、Y市も同じで、明るい時でも光が入って来ます。
これは、テラヘルツ波ではないかと思われます。


ウィキペディア より抜粋

テラヘルツ波(テラヘルツは)とは電磁波の一分類である。

周波数1THz(波長300µm)前後の電磁波を指す。範囲についての明確な定義はないが周波数100GHz~10THz(波長30µm~3mm)としたり、ミリメートル波の次に短波長の周波数300GHz〜3THz(波長100µm〜1mm)帯を指したりする。波長 mm以下のサブミリ波をほぼ含み長波長側はミリメートル波、広義のマイクロ波と重なり短波長側は遠赤外線と重なる。

光波と電波の中間領域に当たり、光学測定系の構築が可能と言う特長を持つ。また、分子結晶などの固有の振動周波数が存在する。発生と検出が困難であるため、非破壊検査や宇宙観測などでの応用にようやく緒がついたところである。なお、日本の電波法では第2条で300万MHz(=3000GHz=3THz)以下の周波数の電磁波を「電波」と定義している。

概要

赤外線もしくはマイクロ波は直進する。テラヘルツ放射はイオン化しないサブミリ波放射で導電体には侵入しない。布、紙、木、プラスチック、陶磁器を透過する特性がある。霧や雲をある程度透過するが金属や水は透過しない。

応用分野
非破壊検査 - X線写真のように内部を撮影できる

抜粋終わり


外からは見えない様にした為に、テラ波を照射し、非破壊検査の様に内部を盗撮しているのではないでしょうか。

今日は2時過ぎに起こされ、その後は全く眠れませんでした。
ラジオを掛けましたが、ゴーッという飛行機が飛んでいる様な大きな音がしていて眠れません。
変電所が近くにありますが、そんな音がするのでしょうか。

4時15分頃に起きましたが、起きるとゴーッという音は小さくなりました。
起こされた時から頭痛、その後も首、背中への照射、頭を押され、顎が胸に付いて顔が上がりません。

朝からウ~ピーポー、不審車も午前中から家の横に止まり、老若男女が空咳の立て続けでした。
やっている事は馬鹿馬鹿しいですが、身体攻撃は酷く続いています。



今日のニュース NETIB-NEWS  より抜粋

2016年07月04日 14:24 建設

耐力偽装、建築界に蔓延か?部材や鉄筋量を減らす操作~元・一級建築士からの警告

建物に必要な部材や鉄筋量を減らすために構造計算書を意図的に操作する耐力偽装が、長年にわたって多くの構造設計者の間で行われていたことを証言する1通の警告書(緊急提言)が7月4日、公表された。これは、元・一級建築士の仲盛昭二氏が公開したもので、耐震強度に換算して比較すると、基準に対して10~35%の強度が不足するとの内容だ。耐震偽装で衝撃を与えた姉歯事件から10年余、姉歯事件を上回る偽装に発展しかねない大問題であり、国民の生命と財産に与える影響の大きさを考慮して、警告全文を公開するとともに、仲盛氏に内容の核心を聞いた。

 警告にあたって仲盛氏は、「建築業界を去る決意」をした「元・一級建築士」であり、意匠設計事務所やゼネコン・工務店との「持ちつ持たれつ」の関係から離れているからこそ告発でき、現役構造設計者では公にできない事実だと語っている。
 仲盛氏は、「我が国の建物の構造設計に携わる構造設計者は、誰一人として指摘することができない極めて重大な問題だ」とする。「建築業界に関わる官、民、関係者が長きにわたって国民を欺き続けていた」と深刻な表情で語り、「すみやかに耐力の不足分を補強するほかに選択肢はない」と警告した。偽装行為は、2007年に改正建築基準法が施行され、建築確認審査への民間確認機関の参入が急激に増加するまで続いたという。

蟒コ遽牙」ォ_convert_20160704202256

抜粋終わり


この(緊急提言)という文章は16頁あります。
台湾の地震で倒壊したマンションと同じ状態の久留米のマンションの写真等も載っています。
是非、NETIB-NEWS で全文を御覧下さい。

耐震偽装は一時的に騒いだだけで、終わってもいなければ、以後の対策も取られていないのでしょう。
この方の提言が無駄にならない様にして頂きたいと思います。
金儲けだけを考えると、この様な工事になるのでしょうか…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |