プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日も3時過ぎに起こされました。
渡辺真知子、八神純子の歌を聞いていたつもりだったのですが眠っていた様で、気が付くとラジオで聞いた事の無い番組をやっていて、外は明るくなっていました。

起きて時計を見ると4時55分でした。
それでも熟睡したという感じは無く、いつもの様に疲れた~と思いながら階下へ行きます。

食事の支度、洗濯を始めると直ぐに加害波照射。
食事を終えて二階に上がり、横になって休んだり、動いたりの一日が始まります。

頭の防御を外して髪を梳かし、頭の防御を始めるとピーポー。
今日は、ここからでした。
三連休という事で声立て、犬の吠え立ても多く、身体攻撃もいつも通り酷く続いています。

パソコンを始めるとピーポー立て続け。
加害者に都合の悪いYouTubeに接続すると【このページは表示出来ません】と接続を妨害されました。

この後は接続を切られていないのですが、今もピーポーは鳴っています。
これから何かを調べたり、通販サイトに行ったり、加害者が聞きたくないYouTubeに接続しようとすると切られるかも知れません。
今日も不審車が入っています。



今日のニュース Infoseek 楽天 NEWS より引用

新免疫研究から丸山ワクチンに注目 半世紀前から有効性に気づいていたのか

J-CASTニュース / 2016年7月16日 16時30分

がんに対する免疫研究が進んでいるが、その関連から日本の「丸山ワクチン」が注目を集めている。丸山ワクチンは、日本医科大学の丸山千里教授(皮膚科)が開発した結核菌抽出物質で、国の正式な認可を得ないまま約50年前から多くの患者に使われている。

2016年7月10日、日本医学協会主催の医療問題懇談会が東京で開かれ、高橋秀実・日本医科大学教授(微生物免疫学)が「丸山ワクチンの作用機序と展望」と題し、最新の状況を講演した。

樹状細胞の変換を誘導している可能性

高橋さんによると、最新免疫学は、2011年にノーベル医学生理学賞を受けた米ロックフェラー大学のR・スタインマン博士が約40年前に発見した樹状細胞が焦点だ。免疫の中心と見られたキラーT細胞のがん細胞攻撃力が弱いため、がん細胞を殺すには毒性の強い抗がん剤しかないと考えられてきた。ところが研究が進み、実は樹状細胞が免疫の中心細胞で、キラーT細胞の指令役とわかってきた。正常細胞とは異なるがん細胞のマークを樹状細胞がキラーT細胞に示すと、キラーT細胞ががん細胞を攻撃する。2種類ある樹状細胞の1つを活性化すると攻撃力が高まることもわかった。

高橋さんらは、丸山ワクチンは樹状細胞を活性化させて効くのではないかと考え、動物実験や分析研究を始めている。結核菌にはたしかに樹状細胞を活性化させる作用があり、とくに脂肪分に有効性があった。実験では脂肪分を24時間ごとよりも48時間ごとに与える方が、がん抑制効果が高かった。

丸山ワクチンは結核菌の免疫活性物質を精製したものだが、脂肪分も残っている。丸山ワクチンは濃度の違うワクチンを1日置きに打つが、高橋さんは「濃度を変えたり、1日置きに打つ方が効果が高いことをひょっとすると丸山先生は気づいていたのではなかったか。いずれにせよ、丸山ワクチンが樹状細胞の変換を誘導している可能性があり、もっと研究を進める必要がある」と強調した。(医療ジャーナリスト・田辺功)

引用終わり


母は昭和59年に癌の再発で亡くなりました。
再発した時に、丸山ワクチンの選択肢は有ったのですが、厚生省が認可していなかった為に有効性が信用出来ず使いませんでした。

集団ストーカー、テクノロジー犯罪に気付かされてから様々な事を自分で調べ、丸山ワクチンに有効性がある事、代替療法にも様々な物があり、末期癌からの生還者も沢山いらっしゃる事を知りました。
厚生省の酷さも知りました。

今、母が生きていたら助ける事が出来たと思っています。



冤罪についての動画です。
冤罪にも、集団ストーカーの被害者の方がいらっしゃるのではないかと思っています。


160630第一部トークより




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |