プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

昨日はPCを始めると接続を切られたので、又かと思いましたが、その後は全く正常でした。

今日も、ここまでは何事も無く動作しています。
何の報復?だったのでしょうか?

今日も3時過ぎに起こされました。
ラジオを聞き始めるとピーポー。
すぐに眠った様で、次は4時50分に起こされて起きました。

連休という事なのか、いつもより静かでした。
階下へ降りると加害は同じ、右肩甲骨に鉄板でも付けられたように硬くなり痛くなります。

音は比較的に静かで、ウグイス、カラス、雀?等で鳴き方を替え、リズムを変えて使っていました。

連日の睡眠妨害で、午後に横になっている時に眠ってしまいました。
この様な時は、周り中で静かにしています。
眠っていると集中的に攻撃されるので、起きた時に具合が悪くなります。

起こされると茨城震源の地震でした。
襖がガタガタと派手な音を立てるので、大きくなるのかと思いました。

早くから大きなエンジン音の不審車がウロツキ回り、パソコンを始めてからも出入りしています。
ベランダからも高いラップ音が入っています。
ここまで打ち込むと、またピーポー!もう何度も鳴らしています。



今日のニュース SankeiBiz より引用

自走する「警備ロボット」が1歳男児に衝突 安全性の確保、懸念消えず

2016.7.16 18:34

隴ヲ蛯吶Ο繝懊ャ繝・convert_20160717204048
米サンフランシスコで接触事故を起こしたのと同タイプの警備ロボット(ナイトスコープ社提供・共同)

米西部サンフランシスコのショッピングセンターで、警備ロボットが1歳4カ月の男児と接触事故を起こしていたことが分かった。地元メディアなどが15日までに報じた。

 ロボットが身近なところで活躍するようになる中、十分な安全性が確保できているか懸念は消えない。事故発生でショッピングセンター側は、ロボット警備を中止した。

 ロボットの開発会社によると、ロボットは衝突を避けようと進路を変えたが、避けきれなかったという。男児は転倒、打撲などの軽いけがをした。

 ロボットは高さ約1・5メートルの卵形で重量は130キロ余り。車輪を使って走行し自動巡回する。センサーやカメラを搭載、不審な人や車について通報するという。(共同)

引用終わり


ロボットは所詮人間が作った物なので、不具合が出る、事故を起こす等は当たり前の事だと思います。
不審な人や車を通報するそうですが、不審者と認識するのはロボットがするのでしょうか?
私は警備員にも付き纏われますが、ロボットになっても不審者として通報されそうですね。



先日も動画を載せました、安保先生の動画です。
東北弁で、朴訥とした飾り気の無い話し方が大好きです。


安保徹先生『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |