プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日は火曜日

川崎正典さんのTwitterから引用です。

申し訳ございません。昨日ご紹介しましたNew York Times記事ですが、集団ストーカー被害者を精神疾患に誘導する側面が強いことが翻訳して分かりました。被害者の間で共有する価値もない記事です。お詫びして訂正させていただきます。

引用終わり


残念ですが、海外では、この犯罪を認めている報道もあります。
必ず、真実の分かる日が来ると信じています。


火曜日は、更に被害が酷くなります。
今日も3時過ぎに起こされ、ラジオをつけるとベランダで何かを叩く様な音を何度も立てていました。
しばらく聞いて眠った様で、次に起こされると5時13分とラジオで言いました。

すぐに起きましたが、やられたと思いました。
紙ゴミを出しに玄関を出ると、頭上でガンガンと大きな雨戸の音立て。

案の定、ゴミ捨て場には犬のウンチを取っているという設定の待ち伏せがいました。

犬の散歩をしていても不自然ではない時間に起こし、待ち伏せでした。
土曜日に回収の缶ゴミも置いてあり、このまま一週間置きっぱなしにするようです。
ここのゴミ捨て場は綺麗でしたが、加害者が介入すると、こうなります。

戻って洗濯、食事を始めると、細かく音を立てて合図をしていました。
頭を四方から押され、加害波を照射、横になったり起きたりの繰り返しです。

横になっているとベランダで目立つ音を立てていました。

ピーポーもしょっちゅう、今も鳴らしたのでレコーダーに録音しました。
飛行機の様な、ヘリの様な変な音を大きく流します。
何故かウグイスや鳥の鳴き声が、小さく、少なくなります。

お手洗いに入る度毎に、裏でドタドタと足踏みをします。
アパートの時は、下の男が階下のトイレに入り気持ちの悪い思いをしました。
それがドタドタに変わった訳ですが、毎回待ち伏せているという事でしょうか。

首、胸を絞め付け、何も飲み食べしていなくても喉が詰まりそうです。
横になっていると、体に何かが当たる様な衝撃波を何回も当てられました。

右の側頭部、左右の脇腹に延々と加害波を照射され、痺れと痛みが続きました。

稲城市で被害ノートを書いていて、被害が酷いというのは火曜日が多いと認識しました。
深夜のレコーダーを聞いて、被害届を出せるレベルの音がしているのも火曜日が多い事に気付きました。

何故なのでしょう。

稲城市の一戸建てに住んでいた時の裏の家の男は「カヨウ」と名乗りました。
偶然でしょうか?
ここまで打ち込むと飛行機音でしたが、録音するほどの音ではありませんでした。

今日も散々な一日が続いています。



今日のニュース Response より引用

出会い頭事故を起こした警官、「緊急走行だった」と虚偽の証言
2016年7月18日(月) 09時30分

6月下旬に福岡県宗像市内で発生したパトカーと乗用車の衝突事故について、福岡県警は14日、実際には緊急走行状態ではなかったにもかかわらず、運転の警官が「緊急走行だった」などと虚偽の供述をしていたことを明らかにした。

福岡県警・宗像署によると、問題の事故は2016年6月30日の午前2時ごろ発生している。宗像市くりえいと2丁目付近の市道(片側1車線の直線区間、交差点に信号機あり)をミニパトカーでパトロールしていた同署員が無灯火状態で走行するバイクを発見。追跡を開始したところ、交差進行してきた乗用車と出会い頭に衝突。このクルマを運転していた32歳の男性が軽傷を負った。

現場となった交差点に設置されていた信号機はパトカー側が赤色点滅状態で、パトカーを運転していた38歳の男性巡査長は「サイレンと赤色灯を使用した緊急走行状態だった」と供述していたが、負傷した乗用車の運転者は聴取に対して「サイレンの音を聞いていない」などと話しており、警察が詳細な調べを進めていた。

その結果、事故当時のパトカーは緊急走行状態ではなかったことが現場周辺に設置されていた防犯カメラの映像などから判明。巡査部長も「サイレンのスイッチを押したつもりになっていた。事故を起こしてしまったので、緊急走行ではなかったと言い出せない雰囲気になってしまった」などと供述。証言が虚偽だったことを認めている。

警察では改めて事故発生の経緯を詳しく調べ、巡査部長への処分も検討する方針だ。

《石田真一》

引用終わり 下線は私


この記事の下には、下記のニュースが並んでいました。
氷山の一角なのでしょう。
高知白バイ衝突死事故は、バスの運転手が冤罪を主張しましたが禁固刑が確定しました。
白バイ事故を御存知無い方は、是非ウィキペディアで検索して下さい。


緊急走行のパトカーが乗用車と出会い頭衝突
2016年6月3日(金) 13時30分

緊急走行中の救急車が事故、搬送中の患者ら負傷
2015年12月10日(木) 15時45分

緊急走行中の覆面パトカー、交差点で出会い頭衝突
2015年12月6日(日) 14時30分

緊急走行中の救急車が完全凍結路でスリップ、搬送中の患者が軽傷
2015年12月4日(金) 13時30分


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |