プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

昨夜、レコーダーを入れようとするとメモリ残量がありませんでした。
レコーダーは切られた訳ではなく、メモリが無くなる事を知った上でのヘリ音立て続けでした。

私が気を付けてメモリカードを換えていれば、5時間もヘリ音を流す事は無かったと思います。
今後、あまりにも異常な時は確認しなければと反省!
加害者の方が、私よりも良く知っているという事ですが、スーパーコンピュータの成せる業でしょうか?

0時過ぎに布団に入るとピーポー!今日はここからスタートです。
起こされると4時10分過ぎで、まだ薄暗かったのですが眠れないので起きました。

家の何処に居ても酷い加害が出来る様になりました。
二階に居ても頭を押され、横になると低い位置からの照射で頭が痺れます。
アチコチから衝撃波、空気で蹴飛ばされている様な波が来るようになりました。

音は昨日に比べれば全く静か!

ピーポーをタイミングに合わせて使い、飛行機の音も小さく短く、バイクだけが派手な音を立てていました。
蝉も今日から聞こえ始めましたが、小さく数回聞こえただけでした。

数日に一度、この様な日があるのは何なのでしょう。
お休みを取っている加害者が多いのでしょうか?
身体攻撃はプログラミングされた様に酷く、顎が胸に埋まり重たくて仕方ありません。


今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

市民団体の紹介文、横浜・栄区が無断書き換え 「原発のない社会」→「再生エネ社会」

2016年7月24日 朝刊

横浜市栄区

今年三月、横浜市栄区の市民団体が区が枠を持つ地域紙に「原発のない社会を目指す」などと寄稿した文章が、区によって「再生可能エネルギー社会を目指す」などと書き換えられていたことが分かった。区は「特定の主張を排除する意図はない」とするが、市民団体は「脱原発と再生可能エネルギーの普及は全然違う。存在意義を否定された」と、経緯の説明と再発防止を求めている。 (志村彰太)

 団体は、二〇一一年十月結成の「ぶんぶんトークの会」。横浜市が運営する市民活動支援施設「ぷらっと栄」で、脱原発映画の上映会や勉強会をしている。

 区などによると、トークの会は今年一月、新聞折り込みなどで配達される地域紙「タウンニュース栄区版」のサークル紹介コーナーへの掲載を区に打診された。掲載依頼書の「活動紹介等」の欄に「原発のない社会の実現」といった文章を記し、メールで送った。

 その後、区から問い合わせはなかったが、三月に掲載された紙面では原発の部分が「再生可能エネルギー社会の実現」に変えられ、「『憲法カフェ』などのイベントも行いました」との記述も削除された。依頼書には「原文のまま掲載されるものではありません」といった注意書きがあり、区は、ぷらっと栄の臨時職員が上司と相談して書き換えたとしている。

 栄区は昨年六月に発行した市民向けの別の冊子でトークの会の紹介文を掲載した際も、「脱原発に向けてあらゆる方法を勉強し話し合い行動する会」との記述を、「再生可能エネルギー社会を実現するための学習会」と書き換えた。メンバーの集合写真からは「再稼働やめて!!」と書いたプラカードがカットされた。

 この時は、事前に職員からトークの会に連絡があった。メンバーの常石登志子さん(70)によると、職員から「受け入れられやすくするため、脱原発の言葉を書き換えては」と勧められた。「脱原発はまずいと暗に言われた気がして承諾した。ぷらっと栄との関係が壊れたら、活動しにくくなることも考えた」と話す。

 今回の書き換えについて同じくメンバーの岸本正治さん(65)は「内容を変えるなら毎回相談すべきだ。趣旨を変えるなんてだまし討ちだ」と訴えている。

 栄区地域振興課の早乙女誠一郎課長は昨年の書き換えについて「分かりやすく紹介するため。書き換えを勧めたのは職員の判断」と説明。今年分については「昨年の原稿とそろえて『再生可能エネルギー』とし、憲法カフェの記述は字数調整で削った。原文掲載しないとの注意書きを付けており、責任を持って仕上げる考えだった」としている。

◆明らかに検閲

 <戦前戦中の言論統制に詳しい静岡県立大名誉教授、前坂俊之さんの話> 脱原発と再生可能エネルギーの普及では、意味が全く異なる。内容を大きく変えており、明らかに検閲だ。国の方針に反することを載せて、クレームが来るのを恐れたのだろうが、内容まで変えてしまう書き換えをする権限はない。

引用終わり


言論統制、言論弾圧、監視社会、日本は大日本帝国に戻るのでしょうか。
集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者は1日24時間365日、何者かに監視されています。
被害者ではなくても、監視されているのかも知れません。


スポンサーサイト

コメント

証拠

自分も以前は撮っていたのですが、とにかくその管理、
編集の手間を考えると、ブサイク軍団に対抗する体力が
無くなることに気が付きました
今は何もやっていません

所でさきほど2chからたどり着いたHPにこんな記載がありました

 信平さん夫妻は、急発進した車に轢かれそうになる出来事に何度も遭遇しながら、挫けることはなかった。

これは池田蛙教の話のようです

急発進、ツケ回し、轢こうとみせかけて脅す
これ、セットだと思うので、関連性は高いのかもしれません
2016-07-24 21:22 | inputer #Gls.umQA URL [ 編集 ]

コメント、ありがとうございます

確かに管理が大変で、見て聞いて、ノートに書いてとやっていたのですが、今は首が変形したお蔭で何も出来なくなりました。
録りっぱなしですが、何かの時には役に立つかと…。

急発進されて、目の前を通られた事が何度かあります。
轢いたとしても業務上過失致死で何とも思わないのでしょう。
気を付けてはいますが、やる気だったら防げませんねぇ。
2016-07-24 22:57 | しゅうちょう #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |