プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされると2時過ぎ、ラジオをつけてウトウトすると3時過ぎになっていました。
そこから少し眠った様で、起こされると少し明るくなっている様なので起きると4時半でした。

気管に痰が詰まっている様な感じで、呼吸困難、レコーダーに時刻を言おうとすると声が出ませんでした。

治療に行こうと思っていたので、洗濯はせずに食事の支度を始めると近隣の音立ても早く始めました。
加害は同じ、頭を押され、加害波照射、休みながら出掛ける支度をします。

侵入防御を作り始めるとピーポー!
8時50分頃に家を出るまで、数回鳴らしました。
この間に車が近くに停まったり、近隣でペットボトルを踏み潰す大きな音を立てたりしていました。

家を出ると男の声立て!道に出ると工事車両と男が二人待ち伏せていました。

台風の風が酷かったのですが、急な階段から駅に向かいました。
付き纏いは、広い通りに出てから、前を歩く人は無く、後ろから数人が出て来ました。

月曜日は患者が多く、いつも待たされるので覚悟をして行きましたが、待っているのは女二人でした。

一人は明らかに工作員で、私がいつも座る所に対応して待ち伏せていました。
私が別の所に座ると立ち上がり、扇風機の前に行ってから座り直しました。

トイレから女性が一人出て来て、治療を終った男性が治療室から二人出て来ました。
工作員が呼ばれると、私の横へ来て団扇を台の上へ置いてから治療室へ入って行きました。

私が治療をして頂いている時に、男が治療室に入って来ました。
すぐに出ましたが、明らかに工作員でしょう。
この様な事にならないように、受付の女性がいるのですが…。

工作員の女は、妹と同じ名前でした。
工作員の男は、稲城市のアパートの大家さんと同じ名字でした。
私は仄めかしは馬鹿馬鹿しくて気にならないので、あまりやられませんが、これって仄めかし?

今日の担当の先生は、この位置で支えると真っ直ぐと背中を押されました。
私の感覚では、体が相当前に倒れている感じがしました。

肩甲骨が痺れ始めた時から背中を押され、それに対処する為に重心が後ろに行っていたのでしょうか。

買い物をして駅へ着くと少し体が軽くなった様に思い、銀行へ行って家賃の振込みをして来ました。
なだらかな階段を上り始める前にピーポー!
延々と鳴らすと、付き纏いが次々と出て来ました。

家への最後の角を曲がると、付き纏いの車が追い越し、私の家の前に止まりました。
工事のドリルの音がしていましたので、付き纏い車の運転手に聞きました。

空き家の玄関でドリル音がしていたので、どの位掛かるのか、誰か引っ越して来るのかと聞いてみました。

工事は今日だけ! もう、とっくに入っている!
ポスティングの時も参加の皆様と空き家を見ています。
引っ越している様な音も声も聞いていませんし、生活をしているという実態も分かりません。

帰るとピーポーを立て続け、工事の音立て、風が強い設定で、襖をガタガタと揺らして音立てをしています。

留守中にも大きな音を立て、家宅侵入をしたのではないかという心配が出て来ました。
侵入していれば、レコーダーに不審な音が入っていると思います。

今日、特徴的なのはゴ~ッというジェット機の様な大きな音が、家の裏から出て来た事。
飛んで来た訳ではなく、急に大きな音で始まりました。
これが2回。

パソコンを始めてからもピーポーを立て続け、風は止んだようです。

軽くなった気がした体も、家へ帰れば加害波照射で元の木阿弥です。
気管支に空気や痰を詰まらせる様で息苦しく、飲み食べしていなくても咽て咳が出ます。


今日のニュースは朝日新聞デジタルに掲載されていたのですが、朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じますとの事なので、少し前の記事を引用します。  livedoor´NEWS より抜粋

【海外発!Breaking News】ジカ熱の流行、遺伝子組み換えされた蚊が原因か(ブラジル)

2016年2月1日 13時34分  Techinsight

デング熱撲滅の第一歩として開発された遺伝子組み換えされた蚊。蚊を生殖させないことで種を全滅できるのではと期待されてきたが…。『theantimedia.org』が伝えている。

中南米だけでなく、アメリカやカナダでも猛威を振るっているジカ熱。今回このジカ熱と関係が指摘されているのは、英国のバイオテクノロジー企業「オキシテック(Oxitec)」社がデング熱を媒介する蚊を駆除するために開発した「OX513A(遺伝子が組み換えされた雄の蚊)」の放出である。このOX513Aと雌が交配して生まれた蚊は、成虫になる前に死ぬように遺伝子がプログラムされており、熱帯病の流行を抑える秘密兵器として期待されていた。このたびのジカ熱もデング熱の原因となったネッタイシマカによってもたらされている。

しかしながら、研究者のあいだではOX513Aの広範囲な使用に関して懸念する声が早くからあがっていた。遺伝学専門のリカルド・スタインブレカー博士は、2010年9月の段階で「遺伝子を組み替えても3~4%の蚊は何らかの形で生き残る。この生き残った蚊が生態系にどのような影響を及ぼすのかさらに詳しい調査が必要である」と指摘していた。だが意見は反映されることなく、遺伝子組み換えされた蚊の放出が許可されてしまった。

オキシテック社がブラジル北東部ジュアゼイロにOX513Aを放つ実験を行ってからすぐの2015年7月の報告では「最初の数か月でデングウイルスを持つ蚊の地域個体群が95%以上減少した」としていた。しかし、このOX513Aが放出された地域こそジカ熱が蔓延した地域と重なるのだ。ブラジル保健省によると、2015年10月以降だけでブラジル北東部では「小頭症」と呼ばれる胎児の先天性の疾患が4000件以上確認されており、現在ブラジル全土での感染者は150万人に上ると発表。アフリカで1万1000人が死亡したエボラ出血熱を超える脅威になりかねないとしている。

出典:http://theantimedia.org (TechinsightJapan編集部 A.C.)

抜粋終わり


朝日新聞デジタルの記事は、この遺伝子改変した蚊で野生の蚊の駆除を米国で計画、賛否問い住民投票へというニュースでした。
人間は、それ程先の事は見通せないのではないでしょうか。
遺伝子を組み替えた物が、その後どの様になっていくのか、結局は自然を壊す事になるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

被害

突然のコメント失礼します。
自分も電磁波と集ストの被害を受けてます。
少し記事を読ませてもらいました。
しゅうちょうさんも被害が大変みたいですね。
電磁波を防ぐ機械の開発をどこかへ頼めないかと思ってます。
できれば力を貸してもらえないでしょうか。
お願いします。
2016-08-09 11:01 | カイブキ #- URL [ 編集 ]

電磁波防御の機械

ブログを読んで頂き、ありがとうございます。

電磁波防御の機械の開発との事ですが、私は物理も苦手ですし、知識もありません。

電磁波を防御する物を売っている会社はあります。
電磁波を防ぐ布等ですが、それを沢山使って防御をしても、完全には防御出来ないそうです。
この犯罪の加害に使用されているのは、電磁波だけではないと、私も以前から思っていました。

では、どうしたら世界中で起こっている、この犯罪の被害を無くす事が出来るのか…。
被害者の方達と話をして、それぞれが出来る事をやるという事で、アレコレ活動をしています。

解決の為のアイデアの情報発信を続けて下さい。
よろしく、お願いします。
2016-08-09 20:31 | しゅうちょう #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |