プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけましたが聞こえませんでした。
乾電池は変えたばかりですが、昨夜から小さな音しか出なくなり、今日は全く聞こえませんでした。

真っ暗でしたので4時前である事は確かだと思います。
ラジオの操作をしているとピーポー! 早くからスタートです。
次に起こされると5時15分、明るくなっていたので起きました。

食事を終え、二階に上がろうとすると近隣でガチャン! 心臓加害とマイクロ波照射でした。
7時10分、髪を梳かす前に近所から大きな音でピーポー!
いつも同じ頃にピーポー!です。

7時55分、洗濯を干し始めると近隣で雨戸音立て、ピーポー! ここから立て続けです。

8時59分、裏の家との間が狭い、台所の壁の所で片付け物をしていると飛行機音。
今日もここからヘリ様の音も混ぜながら、立て続けです。

最近は寝ている状態になると、頭頂部に加害波が来て痺れる様になりました。
やる事が決まって来ると、それに合わせて身体攻撃をして来ます。
今日も散々な一日です。



今日のニュース Gigazine より抜粋

2016年08月15日 10時22分00秒
自分にぺたっと貼るだけで体をスマホ操作可能なタッチデバイスなどに変えてしまう「DuoSkin」

繧キ繝シ繝ォ_convert_20160815213737

小型化・高性能化が進むコンピューターが行き着くところの1つがちとも言われていますが、そんな将来を感じさせるデバイスが発表されています。MIT(マサチューセッツ工科大学)とMicrosoft Researchが発表したDuoSkinは、まるでタトゥーシールのように皮膚の上から貼り付けるだけで、自分の体にポインティングデバイスや表示ディスプレイ、さらにはNFCによる通信デバイスを組み込むことが可能になる装置です。

DuoSkin | MIT Media Lab
http://duoskin.media.mit.edu/

DuoSkinの使用例はこんな感じ。皮膚の上に、金箔を用いた薄い導電性の膜を貼り付けることで、指で触って操作が可能なタッチパネルを自分の体の上に搭載することが可能になります。

以下のようにLEDを埋め込むことすらできる様子。
繧キ繝シ繝ォ・ャ・・・、縲€_convert_20160815214116

つまり、DuoSkinは自分の皮膚を「インプット(入力)」「アウトプット(出力)」「コミュニケーション(通信)」の3つとして利用できるようにするデバイスというわけです。シールのように貼り付けるだけなので、人体に対する影響が少ないと見られるものの、連続使用に対する耐久性がどれほどのものか気になるところではありますが、身近なUIや、ひいてはファッションとテクノロジーの融合としての可能性が感じられる技術といえそうです。

抜粋終わり 下線は私


人体に対する影響が無いのではなく、少ないと見られるそうですが、ファッションの方が大事という方もいらっしゃるのでしょうか。
近い将来、チップを埋め込み考えるだけで通信出来る「人間の体との統合」なんて事になるでしょう。
これは便利なのでしょうか?



三井環事件の動画です。

偽装社会 法務検察の闇を斬る 三井環さん「検察が迷い込んだ"けもの道"とは何か」 裏金問題で政権に弱みを握られた検察が迷走する仕組み CFRと日米合同委員会に操られる検察 不条理な社会の本質




スポンサーサイト

コメント

検察だけでなく、最高裁まで裏金のうわさがあります
情けないやらアホらしいやら
2016-08-18 01:44 | inputer #Gls.umQA URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |